2014_12
04
(Thu)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ

! Hola !
Buenos dias.
  

今日は、サンティポンセの街の紹介と、今回訪れた最後の観光スポット ”サン・イシドロ・デル・カンポ修道院” をご紹介します。
まずは街の様子から。
写真は、街中のとある交差点の風景。 
拡大してみるとわかるんですが...手前の案内板が逆さまなんですよね~。 なんでだろ?
 サンティポンセの街の様子 01

こちらは、街の中を走る通りの一つの様子。
凄くカラフルですね~!  それにしても...これに何か意味があるのかな?
 サンティポンセの街の様子 04

アンダルシアにしては珍しい...黒く塗られた扉の家。 何か特別な意味があるのかも。。。
 サンティポンセの街の様子 02

このあたりの街路樹は、みなオレンジ!  でも、見た目だけで美味しくないものがほとんどらしい。。。
ちなみに、これらは基本的に街のものなので、勝手にとってはいけないそうです。 
 サンティポンセの街の様子 03

ちょっと路地に入ったところで、サボテンの木を発見! たくさん実がなっていましたよ。
 サンティポンセの街の様子 05

おっ! こんなところでも ”サンチャゴ巡礼(カミノ・デ・サンティアゴ)” の目印を発見!
...って、ここからじゃ相当遠いでしょ。 
サンチャゴの巡礼路にはいくつかルートがあるのですが、これは ”銀の道ルート” の目印のようです。 
サンチャゴ巡礼、いつかはやってみたいなぁ。。。
 サンティポンセの街の様子 06

街の散策をしながら歩いて行くと、しばらくして ”サン・イシドロ・デル・カンポ修道院” に到着しました。”
 サン・イシドロ・デル・カンポ 01 サン・イシドロ・デル・カンポ 02

中に入れそうな入口を探して歩いていると、修道院の庭らしきところに出ました。 
こに庭にある木は、すべてオレンジの木のようです。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 03

ただ、まだ色が真っ青ですねぇ~。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 04

修道院に、どこから入るのかも、入れるのかもわからないので... とりあえず、全景を写真におさめてきました。
それでも、近くまで来ちゃうとうまく撮りきれないですね~。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 05

遠くに見えるあの鐘楼みたいの... 何でしょうねぇ。。。 入ってみたいなぁ。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 06

ということで、ここでこの修道院についてちょっとご説明を。
この”サン・イシドロ・デル・カンポ修道院”は、1301年に”グスマン・エル・ブエノ”とその妻”マリア・アロンソ・コロネル”により建てられました。
この方...レオン出身の貴族で、スペインでは有名な方のようです。
もともとこの場所には、モサラベ(レコンキスタ時代のキリスト教徒)の礼拝堂があり、言い伝えによると、その礼拝堂にはサン・イシドロさんが埋葬されていたそうです。 その後、1063年にレオンの ”サン・イシドロ教会” へ移されました。  
*レオンを訪れた時の記事も見てね! → 『スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:サン・イシドロ修道院』

で、そのあと、その息子さんが両親のためにこの教会(修道院)に隣接してあらたに教会を建てたので、ここは ”双子の教会” として有名なんだそう。。。
上の写真ではわかりずらいですが、下の画像のように、離れて見ると建物の違いがわかりますよ。
 サンティポンセ修道院
*画像は、グーグル・アースさんからお借りしました。

で、そんな修道院・教会なんですが、結局中へ入る入口は見つからず... 中の見学はできませんでした。
下右写真が入り口なのかもしれないですが... 扉は固く閉ざされていました。
案内書きによると、 『面会時間:10時~14時』 って書いてあったので、観光では入れないのかもしれないですね~。 それに、訪れた時間も14時を回っていたかもしれませんし。。。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 07 サン・イシドロ・デル・カンポ 08
現在、ここは神学校として使用するための改装中だそうです。

たしかに...改装中ってのもわかりますね~。
結構寂れてる...  
この建物は修道院のオレンジの庭あたりにあるんですけど、昔はカフェか何かをやっていたように見えるけど、今はこんな感じ。。。 お花は綺麗ですけどね。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 09

そして、こちらも修道院の一角。
広い道路側にあった入口(門は閉ざされていた)から覗き込んでみたのですが... 屋根はぼろぼろで、いまは使われていないみたい。 以前は、このトロッコみたいのを使って、観光客に街を案内していたんでしょう。。。
 サン・イシドロ・デル・カンポ 10
こういう歴史ある施設は、私たちからすると ”もったいない!” って思いますが、これを修復して使えるようにするには、かなりのお金がかかるようです。
ここもパラドールみたいにして使うと良さそうなんですけどねぇ。 セビージャの街にいくのも近くて便利ですし。

ということで、残念ながら中の様子を見ることはできませんでした~。
まあ、観れるかどうかはわかりませんでしたしね。。。

さて、ここまでご紹介してきたサンティポンセの街もこれで終了。
最後は、またバスに乗ってセビージャに帰ります。

そのバスが来るまでの時間、街のカフェで一休みをしました。
お店の名前は ”カフェ・ディ・ローマ”。 ローマ遺跡のある街 ”サンティポンセ” らしい名前ですね~。
 サン・イシドロ・デル・カンポ カフェ 02

お願いしたのは、アイスコーヒー(カフェ・コン・イエロ)。 
何度もご紹介していますが、スペインではアイスコーヒーをオーダーすると、熱いコーヒーと氷入りのグラスが出てきます。
 サン・イシドロ・デル・カンポ カフェ 01
まず、熱いコーヒーに砂糖などを入れてかき混ぜ、その後、氷入りのグラスへと移します。 
出来上がりはこんな感じ。 左がクリーム入りで、右がブラックです。
 サン・イシドロ・デル・カンポ カフェ 03サン・イシドロ・デル・カンポ カフェ 04

サンティポンセの街... セビージャ近郊の田舎町って感じでなかなか良かったなぁ。。。
ただ、イタリカ以外は中を観ることができなかったのでちょっと残念でしたけどね。
ここは、セビージャからバスで30分もすれば来ることができるので、半日もあれば十分に回ることができますよ。
もし機会がありましたら、皆さんも是非訪れてみてください。
 サンティポンセの街の様子 11

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2014_11
29
(Sat)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ

! Hola a todos !  

今日は、イタリカへの入り口前にあるバルのご紹介。
暑い中、イタリカの散策をしていたので、お腹がすいた上に喉がカラッカラ~。
ってことで、イタリカを出てすぐにバル・レストランに入りました。

イタリカへの入口の前には二軒のバル・レストランがあるのですが、一軒は主に観光客が入っているお店で、もう一軒は地元の人がたくさん入っているお店でした。
今回は、さんの希望により、地元の人がたくさん入っていた方のお店に入ることにしてみました。
そのお店はこちらで~す。
 20140715-230 Santipoce

名前は、 ”Ventorillo Canario” といいます。
メインはホテルみたいで、私たちが入ったのは、そのホテルに併設されているバルみたいです。

で、こちらがそのお店の中の様子~。
 20140715-223 Santipoce

テーブル席もありますが、私たちはもちろんこちらのカウンターの方でいただきました。
 20140715-224 Santipoce

店内には、お決まりのこういったゲーム機もあり... 外のテラスでも食事できるようになっています。
 20140715-227 Santipoce 20140715-229 Santipoce

そして、席に着いたらまずは飲み物をオーダー。
暑い日で喉がカラっカラだったので、まずはビールをお願いしました~。
一口目からうまいのなんのって... すぐに二杯目をオーダーしちゃいました!
 20140715-220 Santipoce

つまみはオリーブとイベリコの生ハム、そしてエビのサラダです。
 20140715-222 Santipoce

そして、セビージャ近郊の名物の小魚のフライ。
ふわふわに揚げてあってとっても美味しいですよ。 
 20140715-228 Santipoce

これらをパンと一緒に食べてたら、結構お腹がいっぱいになっちゃいました。
炭水化物をそんなに摂っていないので、日本にいる時より意外と健康的な食事かも。 笑

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_11
27
(Thu)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(イタリカ その4)

! Hola a todos !  

今回は、イタリカのご紹介の最終回です。
今回ご紹介するのは、下の地図の赤枠で囲んだ場所。 だだっ広いばかりで、見どころはあまりありません。
 イタリカ マップ4

その広々とした場所をご紹介~。 (笑)
なんかまだ発掘中みたいです。
 20140715-131 Santipoce

こちらもそうなんですが、昔(2000年前ぐらい)の街の区画みたいのがちゃーんとわかりますね。
 20140715-132 Santipoce

このひろーいところの中で、入口から最も遠い場所にあるのが ”Las Termas mayores” 。 所謂、大公衆浴場です。
以前に、イタリカの外にある公衆浴場 ”Termas Menores” をご紹介しました。 こちらはそのおっきいバージョンです!
そして、下の図がこの大浴場の平面図です。
 20140715-200 Santipoce

右手の赤矢印がメインの入口で、うすむらさき色の部分が低い温度の浴室(area fria)で、オレンジの部分が暖かい浴室(salas templadas)、赤い部分が熱い浴室(salas calidas)になっています。
そして、”horno” が ”たき口” です。

こちらは、メインの入り口部分の跡です。 (上図の赤星印の部分から観た様子です。)
 20140715-134 Santipoce

遠くに見える浴場部分と釜(たき口)の部分ですよ。
 20140715-135 Santipoce 20140715-137 Santipoce
最近は、 ”テルマエ・ロマエ” という映画が上映されたので、こういう部分にも興味が湧いちゃいますね~。

さて、こちらはこのエリア内に残されている建築物の基礎跡部分になります。
プラネタリウムの家” って呼ばれているところみたいです。
 20140715-139 Santipoce 20140715-144 Santipoce

こちらがその名前のもとになったモザイク画。
中央に描かれているのがビーナス(金星、美と愛の神)で、手前側から時計回りにジュピター(木星、全能の神)、マーキュリー(水星、商人や旅人の神)、マーズ(火星、戦いと農耕の神)、ムーン(月、月の女神)、ヘリオス(太陽、太陽の神)、サターン(土星、農耕の神)となっていますよ。
 20140715-140 Santipoce

更に、この一角の別のところには、”ディオニソス(バッカス)信仰” をあらわしたモザイク画があります。
 20140715-142 Santipoce
 中央には、ディオニソスと彼の妃とされるアリアドナが描かれています。
 またその周囲には、ディオニソスの従者であるケンタウロスサテュロス、そしての絵が描いてあります。
 
ということで、長々続いてきたイタリカのご紹介はこれで終了です。 
 20140715-138 Santipoce

次回からは、またサンティポンセの街の様子をお届けする予定です。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_11
23
(Sun)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(イタリカ その3)

! Hola, benos dias !  

今日は、イタリカの中の赤枠で囲んだ部分の場所の様子をお届けします。
ちなみに...黄色枠で囲ってある部分は、後から作られちゃった街の墓地です。  
一応、墓地は遺跡とアクセスできないようになっています。
 イタリカ マップ3

まずはこちらの像から。。。
たぶんローマ時代につくられたもの(レプリカかも?)だと思うんですが、頭も足の一部も無くなっているので、何が何だかわかりませぬ。
 20140715-118 Santipoce 20140715-119 Santipoce

こちらから、先日ご紹介した ”Termas Menor”(ローマ浴場) の方を見ると、こんな風に見えます。
溝みたいに見えるところは、昔、道路だったところでしょうねぇ。
 20140715-124 Santipoce

そして、この地域でも、モザイクタイルのある場所があちこちにあります。
まずはこんな感じ。。。
 20140715-125 Santipoce

こちらは、この地域にある宮殿跡のような場所。
ここにもちょっとまとまってあります。
 20140715-127 Santipoce

この場所は、通路みたいなところだったのでしょうか?
蜂の巣みたいな模様ですね~。 
 20140715-188 Santipoce ixy

左は、上写真の右下の場所で、右はその向こうに見えている場所のものです。
 20140715-126 Santipoce 20140715-187 Santipoce ixy

こちらはその別の一角にあるモザイクです。
 20140715-189 Santipoce ixy 20140715-190 Santipoce ixy

先日からモザイクばかり紹介しちゃっているのでちょっと食傷気味でしょうか...
次回もちょっとそんな様子が続いちゃいますが...もう少し我慢してね。
 20140715-129 Santipoce

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_11
18
(Tue)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(イタリカ その2)

! Hola a todos !  

最近はますます寒くなってきましたね~。
布団から出るのが辛い季節です。
     shie samui

寒いと言えば...
最近の日本の政治も寒いですね~。
消費増税先送りとかで選挙をやるらしい...。 
私としては、やはり消費税はあげてくれない方が嬉しいんですけどねぇ。

でも、意外にも皆さんはそうではないみたいです。
メディアのインタビューなどでは、『消費税をあげなきゃいけないことは理解しています。 なので、あげるならサッサとあげて欲しいです。』 って。。。
ホントに消費増税を理解してるの???
一般的には、お金が無くなったらまず節約するのが最初じゃないのかなぁ。 
でも、実際には相変わらず税金の無駄遣いは続いていますし、国の歳出は相変わらず過去最高額を更新しています。
これは、まさに ”穴のあいた桶に、一生懸命水を入れている状態”。 こんなことしたって、いつまでたっても赤字は解消しそうにないですよね。
こういった穴(税金の無駄遣い)のあいた桶を水で一杯にするには、穴から出る水の量よりも多い量を常に入れてあげなければなりません。
これ(国の赤字)を消費税で補っていこうとすると、試算では...20~30%程度の消費税が必要になるとのこと。 まあそうでしょうな。
みなさんは、そうなったら 『やるならサッサとあげて欲しい。』 なんて言えるんでしょうか?

それに、普通お金を借りたい(増税をしたい)んだったら、まず支出を減らす努力をすること、次に収入を増やす明確な施策・プランを提示して、貸し手に納得してもらうことが必要ですよね。 
そんな常識的な順番をすっ飛ばして、ただ 『赤字だから増税させて欲しい』 って... 私にはそれを理解している人が全然信じられないです。   ”もしかして、こういうインタビューをTVで流すのも、政府による心理操作の一環か?” って勘繰りたくなりますよ。

ただ...世の中には  ”親が子供に対する無償の愛 ってのもあるから、そういう人たちは国も自分の子供同様に愛していて、理由はなんであれ(無駄遣いしていようが)お金を出して協力したいという気持ちなのかも。。。  
昔から馬鹿な子ほどかわいいって言いますしね。

そして、が一番気に入らないのは、消費税を8%にあげるときの言い訳で(メディアで取り上げられていた)、 『海外の他の国で消費にかかる税金は日本より全然高いです。』 っていうのがあったこと。 
それって、その国にはその国なりの事情があるからじゃないの?
『他の国が高いから日本も高くするべき。』 って、なにそれ? 意味わからん!
またそれを平気で伝えてるメディアもどうかしてるし、それを本気で信じちゃってる人たちもどうかしてますよ。

まぁ、そう考えると...
この政策は、消費増税で得する人たち(皆さんもある程度分かってるとは思いますけど。)によって世の中(アホな国民)が操作され、結局、利益を得られる人たちの懐がますます温まるというものなんでしょうなぁ。。。
残念ながら、私はその増税での利益にあずかれなさそうですし... どう考えても現状では増税に反対だな~。
だって、想像してみて!
¥10,000のものを買ったら¥1,000も税金払うんですよ!!! ぞっとするなぁ~。
よくわからないけど... みんな、よっぽど裕福なんだね。  
そんなにお金が余っているなら、私に無償で投資してくれないでしょうかねぇ。 ふふふ。。。
      banknote_2_20141118093306db0.gif

さて、そんな気分の悪くなる話はここまでとして。
今日も、スペインサンティポンセにある ”イタリカ” の様子をお届けします。
今回お届けするのは、下の地図に赤枠で示したところです。
このエリアは、昔作られたモザイクタイルがたくさん残されているところです。
 イタリカ マップ02

前回お届けした ”円形闘技場” から左手に進んで開けた地域へ来ると、大きなメインストリートへと出ます。
ここは、ローマ時代からある石畳の通りです。 
当時は、たくさんの人がこの通りを歩いていたんでしょうねぇ。
 20140715-100 Santipoce

こちらは、通りの左手に広がる遺跡のエリア。
このあたりは、基礎部分しか残ってないようです。
 20140715-101 Santipoce

中央には、何本かの石柱が残されています。
このエリアには、トレーニングジム・温泉・商業施設・住居施設などの機能を兼ね備えた建物があったみたいです。
今でいうところの高級ホテルみたいのものだったのかも。。。
 20140715-102 Santipoce sp

早速、ここでモザイクタイルの一部を発見!
これが2000年程前に作られたものなんですね~。 
でも、野ざらしでボロボロじゃん。。。
 20140715-104 Santipoce

おっ! こっちは結構ちゃんと残ってますよ!
こちらは幾何学模様ではなくて、絵になってます。
 20140715-106 Santipoce

中央部分をよくみると、三叉槍(トリアイナ、トライデント)を持ったポセイドンが描かれていますね~。
 20140715-107 Santipoce

また、少し離れた場所には別のモザイクタイルがあります。
こちらは、4つに分かれていますね。
 20140715-110 Santipoce sp

一番手前にあるのは、こんな感じの幾何学模様。
 20140715-111 Santipoce ixy

その向こうにあるのは、いろいろな描かれたモザイク。 人や動物、花柄などが描かれています。
 20140715-112 Santipoce

その隣にも幾何学模様のタイル。 一番最初のと似ていますが別物です。
 20140715-113 Santipoce

おしまいは、こんな感じの迷路みたいになっているもの。 中央に描かれているのは、花の模様でしょうか?
 20140715-114 Santipoce

さらに、近くの別の場所にも、ポツポツとモザイクタイルが残されているところがありますよ。
それにしても...モザイクとはいえ、保存状態が良くないですねぇ~。 せっかくなのにもったいない。。。
 20140715-120 Santipoce 20140715-150 Santipoce ixy

ここイタリカでは、こういったモザイクタイルの遺跡がたくさんあります。
このあともたくさん紹介していきますので、楽しみにしていてくださいね~。
 20140715-417 Santipoce

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_11
14
(Fri)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(イタリカ その1)

¡ Hola a todos !  
¿ Qué tal ?
¿ Cómo estais ?

ここしばらく体調が良くなかったのでブログの更新もお休みしていたのですが...
これでサボり癖がついちゃったのか、体調が回復してからも何かやる気が出ず、このブログも久しぶりの更新になってしまいました~。 
それに、あまり気負いすぎちゃうと書くのが面倒になってしまうので、気楽な感じで続けていかないといけないですね。

さてさて。
ブログをサボっているうちに、季節は秋を通りすぎて冬みたいになってしまいましたね~。
ついこの間まで 『秋ものの洋服がないなぁ。。。』 なんて思っていたのに... もうコートが必要になってきてますよね。
今年は紅葉もまだ見に行ってなかったのに。。。

そんな寒さになってしまった今日この頃ですが...
私のブログでは、まだ夏のスペインの様子をお届けしてま~す!
寒さが苦手な方!
このブログを呼んで、少しでも夏を感じてくださいね~。

ということで、今回も引き続きセビージャ近郊の街 ”サンティポンセ” の様子をお届けして行きます。
今回からは、街のメインの観光スポットであるローマ遺跡 ”イタリカ” のご紹介です。

イタリカの場所は、サンティポンセの街の北側で、 ”エクストレマドゥーラ通り” 沿いにあります。
セビージャの近くとはいえ、結構な田舎町なので車はあまり走ってませんね。(笑)
 20140715-077 Santipoce ←エクストレマドゥーラ通り

その ”イタリカ” の全景はこんな感じになっていますよ。
大体下の地図の赤線で囲った部分ぐらいあります。
広さは ”ドーム何個分?” って言われてもわかりませんけど、結構広いです。
 イタリカ マップ0

こちらが入口のゲート部分の様子。
頑張って朝一(9時)で来たとき、 開園(10時)の一時間前だったとは。。。
 20140715-078 Santipoce

疑ってたわけじゃないけど...ちゃんと開園時間が書いてありました。 とほほ。。。
 20140715-079 Santipoce

二つ上の写真にある小屋が切符売り場になっていて、そこで入場券を買って中に入りまーす。
で、ここでチケットとパンフレットをもらったような気がするんですが... あとで探してみても見つかりません。 無くしちゃったみたいですね。 

で、早速中に入ってみると...
まず正面にこんな感じの石を積んだ景色が見られます~。
 20140715-082 Santipoce

ということで、まずはそちらの方へ。
行ってみると、ローマ時代の ”円形闘技場” でした~。 
そう。 映画 ”グラディエーター” か何かででてくる、人間同士や、人と動物なんかが戦ったりする...ローマのコロッセオみたいなものですね。
ご覧の通り、中の広場へは柵で仕切ってあって入れないようになっています。
 20140715-086 Santipoce

中央にある溝は、きっと動物や剣闘士などの控え場所かなにかだったんでしょうねぇ。lion_king.gif
 20140715-083 Santipoce

ということで、今回はこの闘技場をご紹介しますね。
私たちの観光経路とはちょっと違うのですが、、、下の地図にあるように時計回りでご紹介していこうと思います。
 イタリカ マップ1

まず、先ほど観た正面入り口から左手の方に回ってみます。
こちら側は林みたいになっていて、闘技場の様子はよく見えません。 こちら側見るのは一切ダメみたいです。     
ということで、さらに進んで、正面とちょうど反対側の場所までいってみます。
     くまねこあるき
この辺に来ると、林も少し途切れてきて、中の様子が少し見えるようになってきます。
 20140715-099 Santipoce ixy

その途切れてきた部分を降りてもう少し近づいてみます。
それでも見えてこのぐらいかなぁ。。。 もちろんマナーを守りながらですからねぇ。
 20140715-100 Santipoce

向こう側に、先ほど私たちが居た正面の入口の部分が見えますね。
ということで、その部分をズーム! boys_detective_2014111409244824b.gif
今は、10人ぐらいの人がいるのが見えますね~。 
 20140715-148 Santipoce

ここからさらに時計回りに闘技場の周りを散策。
写真は、ちょうど正面右手の部分になります。 
こちら側からも土手が邪魔して中の様子はあまり見えないです。。。 
 20140715-155 Santipoce

で、もうすぐ最初にみた正面入り口に到着... という直前で、闘技場内に入れる入口を発見!!!
最初から、反時計回りに回っていけば、すぐに中に入れる入口が見つけられたようですね~。
まぁ、そのおかげでいろいろな角度から闘技場を見ることができましたけどね。
 20140715-159 Santipoce

この入口から入ると、私たちも正面右手側の観客席に入って闘技場を見ることができます。
正面から見たときは良くわからなかったですけれど、中央の溝部分のところには何本かの柱が立てられていたんですね~。
 20140715-164 Santipoce

その中央の溝の部分はこんな感じになっています。
 20140715-165 Santipoce

ここには、さきほど正面入口あたりにいた人たちも入ってきました~。
この方たちは、結婚式のビデオ・写真撮影をしているようですね。 
お仕事中のようでしたので、声をかけて一緒に撮らせてもらうのはちょっと遠慮しました。
でも、ちょっと離れたところからその様子を... 
 20140715-168 Santipoce

このように、結婚式のビデオ・写真撮影などで訪れる方もいるようですが、ほかにローマ時代の服装をして訪れているお客さんもいましたよ。
当時の人になりきりながら、楽しそうに写真撮影をしているようでした。
日本のお城などでやっているように、甲冑などを着て写真を撮ったりするのと似てますね。 真田幸隆
 20140715-163 Santipoce

ということで、イタリカの闘技場をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
以前訪れた ”メリダ” の街にもこのようなローマ時代につくられた闘技場が残されていましたが、こちらの方がきちんとした形が残っているように思います。
『お城や絵画などには興味があるけど、遺跡はねぇ。。。』 という方は別として、”遺跡好き”の方々にはたまらない場所ですよね。
 20140715-161 Santipoce

さて次回は、イタリカのその他の部分をご紹介します。

では。
23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_11
02
(Sun)17:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(その3)

! Hola amigos !  

昨日から三連休。
皆さんはお休みをどうされてますか? 
天気があまり良くないので、家でのんびりしている方も多いかもしれませんね~。
それにしても、今はちょうど紅葉の時期だけに出かけられないのはちょっと残念。
今度の週末に天気が良ければ...ですかね。 


さて、今日は前回に引き続き、サンティポンセの街の様子をお届けします。
前回は、ローマ劇場をご紹介しましたが、今回はそのあとに訪れた ”ローマ浴場(Termas Menores)” の様子をご紹介しますね。
ここの浴場は、ローマのトラヤヌス帝の時代につくられたものだそうで、場所は現在の住宅街の真ん中にあります。

また、その名前に ”Menor” とある通り、共同浴場といってもこちらはちっちゃい方の浴場です。 
なので、別に大きい方の浴場もあり、そちらは ”Termas Mayor” と呼ばれています。
こちらは、この後で訪れる予定のイタリカの遺跡の中にあります。 そちらの方の様子は、後日またご紹介しますね。

まずは、フアン・セバスティアン・エルカノ通りの坂を登って行きます。
すると、坂の途中から右手にイタリカの遺跡が見えてきます。
ただ広いだけに見えますが、ここにはきちんと区画整理された街があったそうですよ。
 20140715-053 Santipoce

こちらは街のメイン通りだったのでしょうか?
この通りの向こうにある丘には、今でも昔の街の面影が残されています。
 20140715-054 Santipoce

通りをしばらく行ってから左手に曲がり、トラハノ通りへと入ります。
この通りに来ると、すぐにローマ浴場の遺跡が見えてきます。
で、これがその浴場の跡です。 確かにこじんまりした感じだわ~。
 20140715-063 Santipoce

このアーチがある部分が、 お湯を沸かしていた場所(ubicacion de hornos) です。 
そのすぐ右手が 一番熱いお風呂(sala calida) で、湯沸かしの場所から対角線上に一番遠い場所にあるのが 暖かいお風呂(salas templadas) 。 そして、写真のアーチの向こう側にあるのが 温度低めのお風呂(sala de temperatura fria) です。
 20140715-062 Santipoce ←湯沸かし場所

昔は、湯沸かし場所から順に各お風呂へとお湯を回し、近いところから徐々に温度が下がるようにしていたようです。
こちらがその説明板。 これによると、サウナらしき部屋もあったようですね~。
 20140715-086 Santipoce

ってことで、ここはこれだけ。 外からしか見れないんです。
まぁ、中に入ってもなんてことはないとは思いますけど。。。

ここで、そろそろイタリカの開園時間も近くなってきましたので、早速入口の方へと向かうことにします。
 20140715-072 Santipoce ←イタリカの丘

通りにはハイビスカスの花も咲いていました。
 20140715-073 Santipoce

次回はいよいよ、イタリカの遺跡の様子をお届けします!

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_10
29
(Wed)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(その2)

! Hola a todos !  

今回は、サンティポンセの ローマ劇場(テアトロ・ロマーノ) のご紹介です。

このサンティポンセのローマ劇場は、アウグストゥス皇帝の西暦30~37年に、3段階に分けて建設されました。
2世紀の初めには、女神イシス(豊穣の女神)に捧げる神殿も建てられたそうです。
その後、蛮族に侵略された間には破壊されてしまい、中世には墓地として使用されたりもするようになりました。 
ここは、街のイタリカの丘(ローマ遺跡)とは離れたところにあったので、1937年にFrancisco Collantes de Terán y Delormeという方によって発見されるまで、存在が知られていなかったようです。
そして、1970年に最初の発掘にとりかかり、1979年からは本格的な復旧作業が開始されました。

このローマ劇場は、バスを降りた ”イタリカ” のバス停から500~600mぐらい歩いて行ったところにあります。
 Mapa de Santiponce

建物の全体像(Googleさんによる空撮映像)はこんな感じになっています。
 ローマ劇場空撮

私たちは、歩いて建物の北側(ラ・フェリア通り)の方から行ってみました。
北側部分は、こんな感じになっていて、駐車場のような広いスペースになっています。
 20140715-007 Santipoce

上の写真の中央部分に入口があるのですが、鉄柵の門で締め切らていて中には入れませんでした。
とりあえず、門の隙間から写真だけ。。。 でも、良くわかりませんね~。
 20140715-006 Santipoce

で、道に沿って東側へ移動。 こうなるとちょっと雰囲気がわかりますね。
 20140715-011 Santipoce

さらに東側へと移動。
でも、こちら側からは写真は撮れません。(苦笑)
 20140715-025 Santipoce ixy

そのままぐるっと回って南側へ。  
ここまできてようやく史跡としての看板が。。。 きっとみんなこうやって建物の周りをぐるぐる回ってるんでしょうね。
 20140715-012 Santipoce

そのままさらに西側へと移動。
すると、少しずつ劇場部分が見えてきましたよ~。 なんかステージ用のライトが設置されてますね。
 20140715-013 Santipoce

ここまできてようやく劇場部分が見えてきました!
座席部分も含め、かなりの部分が復元されていますね。 いまでもイベントなどで使われているようです。
 20140715-019 Santipoce

金属製の緑の柵が邪魔だったので、レンズの小さいコンパクトデジカメで、柵の間から撮影してみました。
う~ん...やっぱりいまいちだなぁ~。
 20140715-029 Santipoce ixy ←コンデジで撮影

こんな感じで、建物の周りをぐるっと回ってみたのですが、これが精いっぱい。。。
発掘中なので、やっぱり中には入れないようになっているようです。

このあと、西側のシエテ・レブエルタス通りの方からもアプローチをしてみたのですが、やはり良く見えるところはありませんでしたね~。 残念。。。
写真は、シエテ・レブエルタス通りの方にある展望広場?の様子です。 ちなみに、こちらも鉄柵で仕切られています。
 20140715-247 Santipoce

こちらの広場から、このローマ劇場を見学する方も多いようで、広場の片隅にはバル・レストランもありました。
 20140715-051 Santipoce

ということで、いまいちその様子をご紹介できませんでしたねぇ~...残念。。。
全体としては、半円形の劇場が西側にあり、それに隣接した東側に神殿があったように見えます。
ですので、劇場の方を観てみたい方は、まず最初にシエテ・レブエルタス通りの奥にある展望広場の方を訪れた方が良いみたいですよ。
(※下写真は、散策中に見つけた”サン・アントニオ”の像が祀られているところです。)
 20140715-016 Santipoce

次回は、ローマ浴場と外から見たイタリカの風景をご紹介する予定です。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_10
28
(Tue)08:30

スペイン ”アンダルシアの旅 2014”  サンティポンセ(その1)

! Hola, buenos dias !  

今日から、セビージャ近郊の街 サンティポンセ という街をご紹介していきます。
この街はガイドブックにもあまりのっていません。 
あの有名なガイドブック ”○○の歩き方” の中で ”イタリカ” という名前で紹介されているのみです。

この街がちょっとだけ有名なのは、街の北に ”ローマ時代の遺跡” があるからなんです。
で、その遺跡の名前が ”イタリカ” っていうらしいですよ。

ここに街が造られたのがローマ時代の紀元前200年頃
もともとは、ローマとカルタゴの戦いで傷ついた兵士たちを治療・療養させるために作られたのが街の始まりと言われています。

その後、徐々に療養地から基地として発展していき、神殿劇場浴場などがつくられ、街としての機能が大きくなっていったようです。
そして、なんといっても、ローマ帝国の第二代皇帝トラヤヌス(マルクス・ウルピウス・ネルウァ・トラヤヌス・アウグストゥス)を輩出した地としても有名なんですよ。
(※第14代皇帝ハドリアヌスもこの地の生まれと言われますが、実はローマで生まれたとの説もあります。)
ということで、街の見所は劇場や浴場などといったローマ時代に作られた建築物がメインになります。

さて、その”イタリカ”のあるサンティポンセの街はどこにあるかというと、セビージャから北へ6~7kmいったところにありますよ。
 サンティポンセの位置

近いのでタクシーでも行けると思いますが...バスの方が格安で便利です。
サンティポンセ行きのバスは、セビージャの ”プラサ・デ・アルマス” のバスターミナルから頻繁に出ています。 
バス番号はM-170AもしくはM-172です。

バスの乗り場は、ターミナル内の掲示板に表示されるので、その場所に行って乗ってください。
チケットは、運転手さんから購入します。  
街中を走っている普通の路線バスと同じタイプのものですのでお間違いなく。。。
 サンティポンセ バスチケット01 ←バスチケット
お値段は、ご覧の通り1.55ユーロです。

バスに関する詳しい情報は、セビージャ近郊の交通情報をお知らせするこのサイトをご覧ください。
→ http://www.consorciotransportes-sevilla.com/
※このサイトにアクセスして、画面左側の ”Lineas” をクリック。開いた画面の一番下にある1~7の数字の5番をクリックし、さらに左から二列目の ”Linea” の列の中の 1720~1723をご覧になれば大体分かると思います。

サンティポンセまでの所要時間は大体30分ぐらい。 
イタリカのバス停は、サンティポンセの街を通りすぎた先にあるので、お客さんはほとんどいなくなっちゃいます。

こんなバス停なので、道路左側にこの景色が見えたら降りてくださいね。
(右手にガソリンスタンドがあるので、それも目印です。)
 20140715-001 Santipoce

バスを降りると、すぐ隣(50mぐらい?)にイタリカの入口があります。
 20140715-002 Santipoce

で、早速その入口へ。。。
でも、入口へ行ってみると門が閉まった状態。 
『あっれ~おかしいなぁ。やってないの?』 と思って近くにいた警備員らしき人に聞いてみると...
『まだ開門までは1時間あるよ。』 って笑われてしまいました。 Munc.gif Gaan.gif

『事前の調べでは、 ”朝9時から” ってあったのに。。。 だまされたぁ~。』
よくよく見ると、受付のところに ”開門時間は10時” って書いてある。。。
せっかく早起きして勢い込んできたのにぃ~!!!
     pan006

警備のおじちゃんには、『時間までバルででも休んでおいで。』 って勧められたのですが、ここは気を取り直して別の観光スポットを目指すことにしました~。
 20140715-003 Santipoce ←サンティポンセの街を散策くまねこあるき

ちなみに、サンティポンセの街の観光スポットは、大体こんな感じになっています。 
(地図中の一番下にあるのは鉄道の駅です。)
 Mapa de Santiponce

ということで、次回は別の観光スポットである ”Teatro Romano:ローマ劇場” をご紹介します。
 20140715-004 Santipoce 

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_07
16
(Wed)11:17

ただいまスペイン散策中! その2

! Hola, amigos !  

クマネコただいまスペイン散策中! くまねこあるき
こちらスペインは、相変わらず良い天気。
今は、アンダルシアの暑い日ざしを感じています。

さて、そんな素敵な天気が続く中、昨日は路線バスに乗って、セビージャ近郊の町 ”サンティポンセ” というところに行ってきました!  
     
この街は、落ち着いた雰囲気のある町なんですが、なによりも ”ローマ時代の遺跡が残っている街” ということで有名なんです。
ローマのコロッセオオほど立派じゃないけど、こーんな大きな闘技場も残ってるんですよ~。
 IMG_1610.jpg

他にも、ローマ劇場や浴場跡なども残っているのですが...
その辺は、また帰国してからご報告します。

今日は、たくさん楽しんだセビージャの街を出発し、ロンダという街へと向かいます。
以前、一度ツアーで訪れたことのある街なんですが、そのときは2時間ぐらいの観光でしたので、街のあちこちをゆっくり見てまわることができませんでした。
今回はロンダを含めてその近郊の町をゆっくり見てまわろうと思います。

では!
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村