2014_04
03
(Thu)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン

! Hola !  

今日は、ポンフェラーダの街からレオンに戻ってきてからの夜の様子を報告しようと思います。

ポンフェラーダからバスでレオンへ到着したら、いったんホテルに戻り、しばらく休憩してから夜の散策へと出かけました。
すると、近くの広場でちょっとしたお祭りみたいなものが行われていましたよ。

ステージ上では民謡?を奏でる楽団と踊る人たちがいました。
観光客も踊ってるようです。 でも、踊っているのは皆さん女性だけですね~。
 2532 Plaza San Marcelo

地元の方と観光客とがペアになって踊ってるみたいです。
 2534 Plaza San Marcelo

ここでしばらくお祭りを見てたら、すぐに終わってしまいましたので、そのあとはバルへと行くことにしました。
 2533 Plaza San Marcelo

この夜向かったのは、街のバルが集まっている ”ウメド地区” にある ”サン・マルティン広場” です。 
ここはガイドブックにも載っている有名な場所です。
昼時はそうでもないのですが...流石に夜になると人がたくさん集まっていて、どの店も混んでいましたね~。

で、私たちが選んで入ったのが、”Puerta Sol(プエルタ・ソル)” というお店です。
外のテラス席はかなり混んでいるので、人のあまりいないカウンターでいただくことにしました。
(店の奥にもレストラン席はあります。)
飲み物は、ビールとティント・ベラーノ。
 2537 Cerveceria Puerta Sol 2536 Cerveceria Puerta Sol

突出し(お通し)としては、こんな感じのタパスが出てきました。
タパスが出てくるってことは、レオンのあたりがタパスとピンチョスの境界になるんでしょうかねぇ。。。
 2535 Cerveceria Puerta Sol

これに加えて、イカのリングフライをいただいてみました。
以前に食べたふわっふわの美味しかったのが忘れられなくって...。 
でも、ここのはそうでもなかったなぁ。 ごく普通でした。
 2538 Cerveceria Puerta Sol

バルで一杯やったあとは、ちょっと周辺を散歩。
こちらは、マヨール広場の様子です。
 2539 Plaza Mayor

次の日は、今回の旅の最後 マドリッドの街へと戻りまーす。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2014_01
29
(Wed)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:レオン散策 その4 夜のレオン

! Hola a todos !  

今日は、夜のレオンの街の素敵な景色をご紹介しちゃいましょう!

まずは、観光客がたくさん往来する アンチャ通りの景色から。
人通りはそんなに無いようですね。
 2174 Calle Ancha

で、ライトアップといえば、最初に訪れたいのはここ ”カテドラル” です。
やはり、観光客の皆さんも、まずはここを目指して来るようです。
 2182 Catedral de Leon

正面から見るのも綺麗ですね~。
 2184 Catedral de Leon

で、続きましては、 ”サン・イシドロ教会”のライトアップです。 う~ん...カテドラルより、ちょっと寂しい感じですね。
 2191 Real Colegiata de San Isidoro

ちなみに、カテドラルからサン・イシドロ教会の間の一角には、かなりの数のバルがありました。
昼間は閉まっていてその雰囲気がわからなかったのですが、夜になるとあちこちのバルやレストランが開き、若い人たちでごった返しています。 (写真は、シッド通り沿いの様子)
 2196 Leon

そして、こちらは、あのガウディが設計したという ”カサ・ボティーネス” がライトアップされた様子です。
こちらはなかなかきれいにライトアップされてますね~。
 2202 Casa Botines

カサ・ボティーネスのお隣にある ”ロス・グスマネス宮殿” もこんな感じでライトアップされてますよ。
 2204 Palacio los Guzmanes

こんな感じで、レオンの街のあちこちを散策。
散策したらそろそろのども渇いてきますよね? で、そんな時は早速バルへ!
今回は、路地裏の雰囲気のあるバルに入ってみました。 お店の名前はわかりません。
確か...ルア通りを入ったところにあったと思います。
 2214 Bar ←店内の様子

中に入ると、結構お客さんでいっぱい。 地元の人がちょっと飲みに立ち寄る感じのお店です。
飲み物はいつものビール。 で、飲み物について出てきたのは、鶏手羽を煮込んだようなもの。
シーフードが売りのお店のような感じがしたのですが...まあそういうことなんでしょう。。。(4ユーロ)
 2211 Bar 2212 Bar

ビールで喉を潤したら、またしてもあちこちぶらぶら。。。
昼間訪れた ”コン・デ・ルナ宮殿” のあたりを巡ってホテルへと戻りました。
夜になるとまた違った雰囲気になりますね~。
 2215 Palacio del Conde Luna

ということで、今回はここまで。
次回からは、レオンから少し離れたところにある、”ポンフェラーダ”という街をご紹介します。

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
27
(Mon)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:レオン散策その3

! Hola a todos !  

今日は、レオンの夕暮れ散策の様子と、バルの様子をご紹介します。

ホテルからサン・イシドロ教会方向へ、シッド通りを歩いて行きます。
すると、途中にこんな感じの公園がありますよ。
 2106 parque ←シッド通りにある公園

名前はよくわかりませんが、市民がのんびり憩える公園になっています。
で、公園の中には、何か縁のある方の像などが建てられています。
左が音楽家のAngel Barja(アンヘル・バルハ)さんの像で、右がニカラグアの駐スペイン公使Ruben Dario(ルベン・ダリオ)さんの記念碑です。 
 2100 parque 2105 parque

ところで、この広場には、サン・イシドロ教会のところからの城壁の続きが残されています。
ここの城壁は、階段がついていて上に上がることが出来るようになっているので、登ってみることにしましたよ。
 2102 parque ←城壁の上へ

城壁の上に登ってみると、こんな景色が広がっています。
右写真は、ガウディの設計したカサ・ボティーネスの裏側と、レオン博物館の裏手の様子です。
 2104 parque 2103 parque

この時間は夕暮れちょっと前の時間。
このタイミングで城壁に登って行くと、上では若い人たちやカップルがイチャイチャしているので...訪れる時間にはちょっと注意した方がいいかも。。。

で、こちらはサン・イシドロ教会の前の広場で見かけたお菓子屋さんの車。 ちょっと可愛らしいので撮影してみました。
 2108 parque ←レオンのお菓子屋さんの車

また、この広場の一角で、柱の上に何やらうごめく生き物が...
 2126 Plaza San Isidoro ←サン・イシドロ教会前の広場の一角

で、よ~く見てみると、柱の上にはコウノトリがいました~。
せっせと巣作りをしているようです。 
コウノトリはもっと南の方にいるのかと思ってたら、レオンあたりでもいるんですね。
 2125 Plaza San Isidoro

さて、今回この辺をブラつきにきたのは、散策中に見つけたこの博物館を訪れるためでした。
最初は、ここがサン・イシドロ教会の博物館だと思ってたんですよね~。
 2130 museo y exposicion ←散策で見つけた博物館の入口

到着して早速中へと入ってみると、なかはこんな感じの中庭が拡がっていました。
よくよく辺りを見回してみると...ここはホテル(HOTEL REAL COLEGIATA DE SAN ISIDORO)の入口になっているようです。
ここもなかなか良さそうなホテルですね~。
 2131 museo y exposicion ←ホテルの中庭

で、そのホテルの一角が博物館...展示会みたいな感じになっているようです。
 2134 museo y exposicion ←博物館になっているホテルの一角

入口は鉄製の扉で閉まっていたのですが、開けて中に入って見ると、そこでは展示会が開催されていました。
入口で早速切符を購入してみると...
 billete de Museo y Exposicion 02 ←入館券
これには、”アレキサンダー大王”の東方大遠征に関する展示との記載が。。。
あとあとになってわかったのですが、これはレオン大学が毎年行っている夏期講座の一環のようです。
個人的にはあまり興味がなかったんですが...とりあえず2ユーロ分はちゃんと見てきましたよ。(笑)
ただ、やっぱりスペイン語ができないと...見ても難しいですよね。 残念。

とりあえず、この展示会を一通り見て回ったあとは、また街の散策の続きをすることにしました。
そろそろ小腹も空いてきたので、ブラブラとバルが集まっている方へと足をすすめましたよ。

で、こちらはその途中のサント・ドミンゴ広場で見つけたアート。
 2145 Plaza Santo Domingo

ここは結構人通りが多いところなのですが、訪れた人はこの像の中に入り混んで写真を撮ったり、座って休憩したりしてましたよ。 
 2146 Plaza Santo Domingo ←みんなお腹のところに座ります。

この広場からオルドーニョ2世通りを渡って、バルが集まる場所へ。
私たちも、良さそうなバルを見つけて早速中へ入ってみました。
こちらがそのお店。 ”Bar PB” って名前みたいです。
店内はこんな感じで、お客さんはほとんど外のテラス席にいます。 中は意外にガラガラ。。。
 2155 Cafe PB ←Bar PR

で、早速飲み物を注文しました。 今回はビール(カーニャ)とティント・ベラーノです。
右写真のピンチョスは、みんな飲み物についてきました。 これでしめて3ユーロ。。。 安っ! 
 2152 Cafe PB 2150 Cafe PB

ピンチョスとお酒でちょっと良い気分になったら、スペイン流にバルのはしごをしてみました。
で、続いて訪れたのがこのお店。
う~~~ん、お店の名前は...覚えてません。 バリオ・ウメドの中にあったバルです。
カウンターの前は何にもないのですが、注文をお願いするとちゃんと出てきます。(当たり前か。。。) 
 2161 Bar ←二件目のバル

店内の奥にはテーブル席もあって、お昼にはレストラン的な営業もしているようです。
今回は、ビールとクラーラ(軽めのビール)とカジョス(スペイン風モツ煮込み)をいただいてみました。 
 2159 Bar
写真の一番手前にあるのがカジョスで、奥の白いのがパタタス・アリオリです。

ほんとはこのあともう一軒ぐらいバルをまわりたかったのですが...少しヨレヨレになってきたので、一旦ホテルへ引き返し、少し休んでからまた夜の散策へと出発することにしました。
で、その様子はまた次回ご紹介ということで。

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
23
(Thu)07:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:レオン散策その2 お昼ご飯

! Hola a todos !  

今日は、スペイン、レオンの街の”ブラブラ散策”の様子を引き続きご紹介します。

レオンの街といえば、一番のランドマークはやっぱりカテドラル
細い路地から見える姿も美しいです~。 
 2027 Calle Mariano Dominguez Berrueta ←路地から見えるカテドラル

路地を抜けると、カテドラルが目の前に見えました。
前にもご紹介しましたが...何度みても良いなぁ。 
ちなみに、右の写真は後ろ側から見た姿です。
 2028 Catedral de Leon 2029 Catedral de Leon

そして、こちらはカテドラル裏にあった教会。 ちっちゃくて可愛らしい感じの教会です。
でも、名前はビッグ! "Iglesia de San Pedro:サン・ペドロ教会" と言います。
 2030 Iglesia de San Pedro ←サン・ペドロ教会

そして、こちらが旧市街西側にある城壁。 前にもご紹介しましたね。
城壁の塔と塔の間に建物をつくちゃってます。 うまいことやったもんだ~。
 2034 muralla ←旧市街東側の城壁

そして、ブラブラした後に、バリオ・ウメドのサン・マルティン広場へとやってきました。
ここはレストランなどがたくさんあるので有名なところですからね~。
でも、まだお昼ちょっと前なので、それほどお客は多くないようです。
 2037 Plaza San Martin

で、私たちもここで食事を取ることにしました。
入ったお店は、 ”El Botijo” ってお店です。 日替わりメニューの様子を見て決めました。
ちなみに、”botijo”っていうのは、 ”素焼きの水差し”のことをさすようです。
お店の外のテラス席からの景色はこんな感じです。
 2038 Plaza San Martin 2039 Plaza San Martin

で、食事の最初にやっぱりビール!   暑い日には最高!
 2040 El Botijo ←飲み物はビール!

スペインでは野菜不足になりがちなので、積極的にサラダを食べるようにしてます。
以前にもお伝えしたと思いますが...
こういう時、スペインではドレッシングなんてかかってきません。 
テーブルにある塩・コショウ・ビネガー・オリーブオイルを好きな量だけかけていただきます。
 2041 El Botijo ←サラダは必ず。

こちらはメインのお皿。 日替わりでは一般的な感じかな?
ちょっと揚げ物系とポテトが多いですよね。
左は、鶏の手羽とコロッケ、目玉焼きにポテト。 右は、小魚を揚げたものにポテトです。
 2042 El Botijo 2043 El Botijo

で、こっちはデザート。
レモン風味のムースみたいなものでした。 あっさりしていて美味しかったぁ。 
 2044 El Botijo ←デザート

そして最後はアイスコーヒーで〆。
 2045 El Botijo ←カフェ・コン・イエロ
お店の給仕のおじちゃんも気がよい人で、楽しくお食事できました~。

さて、ゆっくり食事を楽しんだら、また散策の開始!
今度は、バリオ・ウメドのちょっとディープなところを歩いてみました。 
...とはいっても、バルなどのお店がたくさん建ち並ぶ路地に入っただけなんですけどね~。
みなさん、こんな感じの路地を歩いて行くんですよ。
 2053 Leon 2054 Leon

このお店は、路地にあった乾物屋さん。 フルーツの干したのとかナッツ系のお菓子とかを主に売っているお店でした。 2055 Leon ←ウインドウにはナッツ類がたくさん並んでます!

この路地をしばらく歩いて行くと...
前回の記事でご紹介した、市場近くのバルのところに出ま~す。 なんだかんだで一周して来ちゃいました。
 2056 Leon

このあとは、一旦ホテルへ撤収!
しばらくシエスタをした後、涼しくなった夕方頃にまた散策へ出発しまーす!
その様子は、また次回でね。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
22
(Wed)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:レオン散策その1

! Hola a todos !  

今日は、前回ご紹介したレオンの二つ目のホテル(ラ・ポサーダ・レヒア:女王様のお宿)の周辺の様子をお届けしようと思います。

で、まずは早速これ。 街の市場です。
観光客目的がメインの市場ではありませんので、マドリッドのサン・ミゲル市場やバルセロナのサン・ジュゼップ市場と比べると華やかな感じではなく、地元の人たちのための非常にシンプルで実用的なつくりになっています。
 2002 mercado de Leon 2003 mercado de Leon

訪れたのはもうお昼に近い時間だったので、お店はほとんど閉まっていますね~。
 2004 mercado de Leon ←市場の中の様子

中に入って見ると、肉屋さんなどはまだ結構やっているようです。
左下の写真のお店は、乾物などを売っているお店です。 右は、精肉というよりは、ハムやソーセージなどを中心に売っているお店です。
2006 mercado de Leon 2007 mercado de Leon

この市場の近くには、マイナーですが歴史的な観光場所もありますよ。
ここはその ”Palacio del Conde Luna:ルナ伯爵宮殿” というところです。 左写真に見えるのは、宮殿に付属している塔ですね。
塔とはいっても、鐘はついていなさそうなので、鐘楼ではないようです。
 2012 Palacio del Conde Luna 2008 Palacio del Conde Luna
この宮殿は、14世紀にドン・ペドロ・スアレス・デ・キニョーネスとその妻ドニャ・フアナ・ゴンサレス・デ・バサンの依頼で建てられました。
ここは、長年 ”異端審問裁判所”として使われてきましたが、19世紀後半に入り、アルバレス・カルバージョ一家に売却されたそうです。
建物の見どころは、14世紀につくられたムデハル様式のファサードと、広場の隅にある16世紀に作られたです。
ここは、中に入って見学することも出来るようになっています。
(月曜休館。10:30 ~ 13:30, 17:00 ~ 20:30)

さて、早速ですがちょっとここでカフェタイムです。。。
今回は、市場の近くにあったこのバル ”ラ・リンコナーダ” に入りました。
ちなみに、スペイン語でリンコナーダとは、”角”とか”隅”という意味になります。
確かに、通りの角にお店がありますもんね。。。 
 2013 Bar La Rinconada ←Bar La Rinconada
店内は地元の人でごった返していたので、今回は外のテラス席でいただくことにしました。
まぁ、このあたりにはあまり観光客はいないので、ほとんど(たぶん全員...)地元の人ばかりです。
 2015 Bar La Rinconada ←今回もアイスコーヒをいただきました。

こんな景色を見ながらアイスコーヒーをいただいてますよ~。(旅人目線で...)
 2017 paisaje por cafe

バルの前のお店は、左側(下左写真)にチーズ屋さんがあって、右側(下右写真)には冷凍食品のお店?(congelados)があります。
 2020 paisaje por cafe 2019 paisaje por cafe ←冷凍食品屋ってなに?
お店を見たときは "FURUTAS:果物" とか、"FRIGO(有名なアイスの会社)" の表示があったので、デザートみたいなものを売っているのかと思ったのですが...
後でよくよく見ると、入口の張り紙には、 "BACALAO(鱈)" とか "PULPO(蛸)" とか書いてありました。。。
ごちゃ混ぜで、一体何を売っているのか... ちゃんと見てくりゃ良かったなぁ~。(後悔...)

って感じで、周りの様子を楽しみながら休憩をした後は、また街の散策に出発です!
街にはまだまだ面白いものがいっぱいありますよ!
こちらは、お土産屋さんの前にあったセクシーなマネキンさん。 意外とリアルで、ビックリするわぁ。
 2026 Calle las Varillas ←お店の前のセクシーマネキン

写真の通りは、レオンで一番の観光通り(アンチャ通り)です。
この通りは、レオン駅からカテドラルまでを結んでいますので、観光客もほぼこの通り沿いに集まっています。
これはこれで、観光地らしい雰囲気があっていいでしょ? 
 2025 Calle Ancha ←アンチャ通り

ということで、今回はここまで。
次回もレオンの街の散策が続きます。 お昼ご飯をいただいたところなども紹介しちゃいますよ~。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
18
(Sat)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:オテル ”ラ・ポサーダ・レヒア”

! Hola a todos !  
今朝はまた一段と寒いですね~。 shie samui
天気予報では、今夜遅くに雪が降るかもって言ってます。
今日も明日も最高気温は7℃にしかならないらしいので、暖かくしてないと、また風邪がぶり返しちゃいそうです。。。


さて、今日はレオンでの新しいお宿を紹介します。
2泊したパラドールから、今度は旧市街にある次のホテルへと移動しましたよ。
その様子をご紹介しますね。

早朝散歩から帰ってきたら、荷物をまとめてホテルをチェックアウト。
ちょうどホテルを出る頃、レセプションの前のスペースでイベントをやっている様子。。。
よくよく見ると ”ニンニク祭り” って書いてある~。 なんかお料理もちょっと出てるみたいです。
どんな人が来るんでしょうねぇ~。
 1970 Parador de Leon 1972 Parador de Leon ←ニンニク祭り

ホテルを出たら、スーツケースをコロがして次のホテルへと移動。
次のホテルは、旧市街の真ん真ん中にあります。 
ですので、主要な観光場所にもすぐ行けますよ~。 名前は、 ”Hotel la posada regia:オテル・ラ・ポサーダ・レヒア” って言います。
 次のホテル

観光客の多い通りから脇道に入って行くと...
 1980 Hotel La Posada Regia ←もう右手すぐに...
すぐに見つかりました~。
この赤い建物が オテル・ラ・ポサーダ・レヒア です。
 1981 Hotel La Posada Regia

中に入ると、すぐ左手のところにこぢんまりとした受付があります。
受付のカウンターでは、パスポートのチェックなどの手続きがされたあと、部屋番号などを教えてもらいます。
今回利用する部屋は、この建物ではなくて、離れ(別館)の建物にあるそう。。。
で、ここからさらに路地を入っていきます。
 1984 Hotel La Posada Regia ←この路地を入ったところにあります。

路地に入って20mぐらい行ったところにその建物は有りました~。
結構良さそうでしょ?
 1985 Hotel Posada Regia ←今回宿泊した別館

建物に入るのも部屋のカード必要。 カードをかざすと自動ドアが開きます。
セキュリティもバッチリですね!
入るとすぐにロビーがあるのですが... 受付みたいなカウンターもついていて、以前はここも独立したホテルだった感じのつくりになっています。
 1986 Hotel Posada Regia ←別館の方のホテルのロビー

入口左手の方はこんな感じになっていて、寛げるようなスペースもあります。
 1987 Hotel Posada Regia
更にその奥には、こんな感じの小部屋もあります。 ちょっと無駄に広い感じもありますねぇ~。
 1988 Hotel Posada Regia ←ここでネットをやっている人もいました。

で、こちらが私たちのお部屋で~す。
ちょっとどぎつい感じの赤で、場末のスナックみたいな感もありますが...一通りの設備などちゃんと整っています。
もちろんセーフティボックスもあるし、冷蔵庫もついてます。
Wifiも自由(無料)に使えますよ。(パスワードはフロントで聞いてね。)
 1990 Hotel Posada Regia ←ベッドルーム

バスルームの方も結構スペースがとってあります。 バスタブの形もちょっとオシャレ。
 1991 Hotel Posada Regia ←バスルーム

お風呂の蛇口なんかもオシャレにしているみたい。。。
 1992 Hotel Posada Regia ←オシャレだけど...ちょっと使いづらい。 
んで、こっちが洗面台。
パラドールの時もそうだったけど、洗面台の流しが必ず2つあるんですね~。
ちょっと便利ですよね。 ただ、鏡の位置は、日本人の女性にとっては高すぎるかも。。。
 1993 Hotel Posada Regia
流しに水が一杯にならないようにするための排水溝のところ...穴の形が三日月と星の形になってます。
ちょっとしたところもおしゃれな感じになってます。
 1994 Hotel Posada Regia ←洗面台もオシャレです。

ホテルの部屋は、いろいろなところがオシャレになっていて、女性を意識したようなつくりになっています。
そういえば...ホテルに入ってから、男性の従業員を見てないですねぇ。。。
もしかしたら、全て女性が運営しているホテルなのかも?!
なので、あちこちに気配りが行き届いているような気がしました。

新婚さんが泊まるには良さそうなホテルですね~。 オススメです!

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
16
(Thu)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:城門

! Hola a todos !  

今回散策したルートはこんな感じ。
”サン・イシドロ教会”から”城壁”あたりまでのご紹介です。
 レオン早朝散歩マップ

サン・イシドロ教会から東の方の城壁へと向かって歩いて行くと、途中このような建物があります。
 1933 Leon

で、この建物の壁をよ~~く見ると... なんと! 壁に”虫”のオブジェが貼り付けてあるではありませんか!
 1934 Plaza Puerta Castillo ←ハチというよりはハエだね。

そして、この建物の面する広場には、 ”岩をつり上げたクレーン” みたいなのもあります~。
 1937 Plaza Puerta Castillo ←現代アートなんでしょうが...何これ?

さらに、このつり上げてある岩みたいなものをよ~~く見ると、岩の先に”白い角”が生えています!
もうここまで来ると、何がなんだかわかりまへん。
 1940 Plaza Puerta Castillo ←岩の先には白い角が生えてます

で、ここまで来ると、もう目の前に城門があります。
 1945 puerta castillo

この”城門(Puerta Castillo)”は、もとは4つあった城門の内の一つで、”刑務所のアーチ”と呼ばれていた時代があります。
それは、城壁内に刑務所として使われていた頃、この門を通って連れて行かれたことに由来するそうです。

で、この城門に似つかわしくないものがあるので、よーく見てみると...
ここにも ”雲を吐き出す人” みたいなオブジェが取り付けてあります!
このあたりは、現代アートを展示しているエリアなんですかねぇ~。
 1947 puerta castillo ←雲を吐き出す人?

ということで、とりあえず城門をくぐって外の方へと行ってみることにしました。
外から見るとこんな感じです。 外はロータリーになっているので、車がひっきりなしに通っていました。
 1950 puerta castillo

ここには、こんな水飲み場(飲むのかなぁ)やライオンのマークが入ったところ(消火栓?)があります。
 1951 muralla 1952 puerta castillo ←消火栓か水道の元栓か?
そして、良くわかんないけど、こんな感じに”人の足型”が埋め込まれています。
まわりに説明は一切無かったんですが...これもアートなのかも?
 1957 Plaza Puerta Castillo ←なぜに足型を?

ところで、レオンの街(旧市街)は、昔はぐるりと城壁で囲まれていて、北側にはこの城門が残っていますが、西側は先日紹介したサン・イシドロ教会あたりの城壁と繋がっていて、
 1861 muralla ←西側城壁の一部
南側は、以前にご紹介したこの城壁に繋がっていきます。
 1418 muralla de Avenida Independencia 1414 muralla de Calle las Cercas
で、まだご紹介していない東側の部分は、こんな感じになっています。
 2035 muralla ←東側の城壁
東側の城壁(ロス・クボス通り)の特徴的な点は、半円形の小塔と小塔の間が住居として利用されていることです。
この城壁は、1931年から歴史的記念碑として保存されているそうですよ。

さて、もう一度城門をくぐって旧市街に入り、中の散策を続けます。
城門から南へセラーノス通りを歩いて行くと、道が分かれるところに、旗が立てられた建物があります。
建物には、 "Colegio Publico PONCE DE LEON" って書いたプレートが貼ってありました。 何かの学校みたいですね~。
 1960 Leon ←Colegio Publico PONCE DE LEON

さらに、引き続きセラーノス通りを歩いて行くと、左手に教会らしき建物が出てきます。
この建物は ”Parroquia de Santa Marina la Real” って言うらしいです。 
 1962 Parroquia de Santa Marina la Real
以前は”サン・ミゲルと聖天使教会”と呼ばれていて、イエズス会の大学の礼拝堂として建てられた(1571年)ものだったそうです。
扉は堅く閉められていて、残念ながら中に入ることは出来ませんでした~。
で、ちょっと離れてみてみると、上には鐘のついた塔があるようです。
反対側の通りにも入口がありそうなのでそちらの方へも行ってみたのですが...そちら側から入るところはありませんでした~。
 1965 Parroquia de Santa Marina la Real ←教会の鐘楼

ということで、ここら辺でそろそろ早朝散策は終了し、ホテルに戻ってチェックアウトしま~す。
 1966 Leon ←テラスは花で飾られてます。

次回は、レオンで宿泊した二つ目のホテルをご紹介します!
なかなか良いホテルだったので、楽しみにしていて下さいね。

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ 
2014_01
15
(Wed)10:00

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:サン・イシドロ修道院

! Hola a todos !  

今日は、レオンの町のサン・イシドロ修道院のご紹介...といく前に、こちらの修道院前に建っている建物をご紹介します。

こちらは、グスマン・エル・ブエノと呼ばれる方の生家。
グスマン・エル・ブエノというのは、軍人・レオンの貴族でメディナ・シドナの家の創設者である ”アルフォンソ・ペレス・デ・グスマン” という方のニックネームだそうです。
この方は、1275年に起きた北アフリカ侵略やモロッコ内紛などで功績をあげた方で、それによって豊かになった後、シエラ・デ・トレブヘナというところで亡くなりました。
建物は、現在 検察局・レオン県の裁判所・第八地方裁判所として使用されているそうです。
 1909 Casa de Guzman el bueno 1910 Casa de Guzman el bueno
以前にご紹介した ”Palacio de los Guzmanes(グスマネス宮殿)” も、このグスマン・エル・ブエノと関係がある...んでしょうね~。きっと。
 1200 Palacio de los Guzmanes ←グスマネス宮殿

ちなみに。
このグスマン・エル・ブエノという方の像が、大聖堂からレオン駅へと向かうオルドーニョ2世通りからパレンシア通りへと繋がるロータリーのところに建てられていますよ。
 2262.jpg ←グスマン・エル・ブエノ像

さて、では今日のメインの ”サン・イシドロ教会:Basilica de San Isidro” の紹介をしましょう。
サン・イシドロ教会の正面の外観は、このような感じになっています。
 1911 Real Colegiata de San Isidoro

この教会は、セビージャの大司教イシドロさんに捧げられた教会です。
11世紀末に建物の建設が行われ、その後も増改築が施されたので、ゴシックやルネッサンスなど各様式が混在しています。
教会の前は、大きな広場になっていて ”サン・イシドロ広場” と呼ばれています。 広場周辺には、レストランやバルも何軒かあります。
 1912 Plaza San Isidoro ←サン・イシドロ広場

広場には、こんなブロンズ像も建てられていましたよ。
 1913 Plaza San Isidoro ←これはイシドロさん?

で、こちらが教会入口のファサードの部分。
 1914 Real Colegiata de San Isidoro 1915 Real Colegiata de San Isidoro
入口すぐ上の部分には、キリスト教の ”イサクの燔祭(はんさい)”(写真左)という場面が描かれていて、てっぺんにはイスラム教を撃退するイシドロさんの騎馬像(右写真)があります。
 イサクの燔祭 聖イシドロ騎馬像
ちなみに、イサクの燔祭(イサクのはんさい)とは、旧約聖書の『創世記』22章1節から19節にかけて記述されているお話し。
神が、アブラハムという男の信仰心を試すため、不妊の妻サラとの間に年老いて生まれた一人息子のイサクを、神の生贄として捧げるよう命じられてしまいます。 
アブラハムは、盲目的に神の言葉に従い、イサクの上に刃物を振り上げた瞬間、天から神の御使いが現れてその行為を止めさせられます。
そして、このときアブラハムが周囲を見回すと、茂みに角を絡ませた雄羊がいたため、彼はそれをイサクの代わりとして神に捧げたということです。

この試練を乗り越えたことにより、アブラハムは模範的な信仰者として讃えられているんです。
確かに、左写真の彫刻には、息子イサクに刃物を振り上げたアブラハムの様子がみられますね。

さて、入口から中に入ってみると、教会堂内部のつくりはこのような感じになっています。
 1917 Real Colegiata de San Isidoro

正面の主祭壇には、中央に銀の聖遺物箱がおかれ、その中にサン・イシドロの遺骨が納められているそうです。
そして、その上の方にはキリストを抱いたマリア様がいて、周囲はキリストの生涯を描いた絵で飾られています。
 祭壇 ←主祭壇の様子

次に、左手奥の方へ進んで行くと、奥に小さな建物があります。(下写真中央にある石積みされた部屋)
 1920 Real Colegiata de San Isidoro

この建物の中には、中央に十字架に貼り付けられたキリストの像が置かれた礼拝堂になっていました。
 1918 Real Colegiata de San Isidoro ←礼拝堂のキリスト像

更に奥に進むともう一つ礼拝堂があります。
ここは、”La capilla dse Santo Martino:サント・マルティーノ礼拝堂” です。
祭壇中央にいるのが、サント・マルティーノさんでしょうか?
 1919 Real Colegiata de San Isidoro

以上で教会堂内部の様子は終わりなのですが、この教会には他にも見どころがあります。
それは、レオン王国の一族が眠る”パンテオン(王家の霊廟)”というところで、別名「ロマネスク美術のシスティーナ礼拝堂」と呼ばれています。
霊廟への入口は、教会堂への入口とは別にあり、正面に向かって左手の方にあります。
教会堂への入り口付近にも何も書いてないので、注意してないとわかりづらいかもしれません。
 2140 Panteon Real Museo ←入口には、Panteon Museo って書いてあります。

ここを中に入ると、そこはお土産屋さんみたいになっています。
この奥にその霊廟があるのですが、中には入れる時間(スケジュール)が決まっていて、その時間にならないと入口の扉が開けられませんので、注意してください。(一定人数しか入れないみたいです)
お土産屋さんのカウンターでチケットを買って中に入ったら、霊廟の天井に描かれたフレスコ画に注目です。
ここでは写真撮影が禁止されていますので、皆さん礒の様子をお伝えするため、入口のお土産屋さんでポストカードを購入してきました~。 中はこんな感じになっていますよ。
 Museo de San Isidoro 2 ←霊廟内部のフレスコ画(ポストカード)

霊廟内部にはこの他にもたくさんの石棺があり、それらはみなレオン王国の王様などのものらしいです。 
また、狭い螺旋階段を上がっていくと教会の宝物室があり、そこには聖イシドロの遺骨を納めた聖遺物箱や、有名なドニャ・ウラーカの聖杯などが展示されています。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2014_01
14
(Tue)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:早朝散策

! Hola a todos !  

さあ! 今日は久しぶりにスペイン散策の記事の再開です!
今回は、スペイン北部の町 ”レオン” の街の散策の様子をお届けします。

この日は、レオンで滞在したパラドールの最後の日。
この日の晩からは、違うホテルに移動します。

ということで、まずはホテルの朝食を楽しみま~す!
相変わらず朝食から食べすぎ。。。
でも、おいしいんですよね~。 
 1850 Parador de Leon 1851 Parador de Leon

朝食を終えたら、チェックアウトの時間まで、街の散策をします。
 1852 Parador de Leon ←巡礼者像

あ~、今日が滞在の最後だとはちょっぴりさびしいですね~。
 1854 Parador de Leon

レオンの街は、この旅行でちょっと前に滞在したオビエドの街と同じくらい素敵な街。
こういった道路のサークルにも、アーティスティックな像がありますよ。 
 1855 Plaza San Marcos

今回は、ホテルから東の方へと歩いていきます。
しばらく歩いていくと、FEVEと呼ばれるスペインの地方鉄道の駅があります。(下左写真)
駅のそばには、水車のようなものもありましたよ。
 1857 estacion de FEVE 1858 estacion de FEVE

さて、そこからさらに歩いていくと、レオン旧市街の城壁が現れます!
城壁の先には、なんだか塔がみえますね~。
 1860 muralla 1861 muralla

こちらは街の風景。 みんな何かを待って並んでいます。 
 1864 Leon

城壁に沿って進んでいくと、こんなものが建てられていました。
どうやらこれは昔の城壁に使われていたブロックを展示・説明している様です。
 1871 Leon ←昔の城壁に使われていたブロック?

こちらはその近くにあったレオンの街の紋章。 街のいたるところにライオンのマークがあります。
 1866 Leon ←レオンの街のマーク

そして、城壁にくっついていた塔はこんな感じ。 サン・イシドロ修道院の塔だったようです。
近くで見ると結構でかいなぁ~。 
 1867 Torre de San Isidoro

ここにもブロンズ像が立てられてました。
これは、3人の女性の像ですね~。
 1873 Leon ←女性のブロンズ像

こちらもこの場の近くにあった像。 鉄製なのか、、、錆もいい感じで出ています。
 1879 Leon

ということで、今日のところはここまで。
次回は、サン・イシドロ教会の様子をお届けします。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
2013_12
21
(Sat)08:30

スペイン・レコンキスタの原点を見に行く! レオン:レオンの夜1

! Hola a todos !  
? Como estas ?

今日は、レオンの街のお散歩の様子をお届けします。

まずは、パラドールの近くにあった建物。
これは、 ”カスティーリャ・イ・レオン州の州庁舎” だそうです。
州都はバジャドリードらしいのですが...なぜここにあるのかはわかりませ~ん。
 1781 Junta de Castilla y Leon ←州庁舎

こちらは、レオンの街の公会堂。 ちょっとおしゃれな形をしてますね。
 1782 Auditorio ciudad de Leon ←レオンの公会堂

そして、街をブラブラしたあとはスーパーへ立ち寄り、そのあとバルへ入ってみました~。
立ち寄ったのは ”RIVER” というお店。 名前からして英語圏の雰囲気を感じます。
 1783 Bar River ←バル・リバー(スペイン語読みでは”リベル”です)

中に入ると、やはりイギリスのバル風なつくり。 ギネス・ビールとか出てきそう。。。
お店では、ちょっと一杯飲んで行くだけなので、今回もカウンターで。
カウンターにいたお店の方は、アジア系の女性。 
多分、中国の方だと思うのですが...顔立ちは結構日本人に近かったです。

で、早速ビールを注文。
そして、タパスも一皿ついてきました~。
今回出てきたのは、ベーコンがちょっと入ったような ”パタタス・アリオリ” でした。
まあ日本風にいうと、”ちょっとニンニクの効いたポテトサラダ” みたいなモンかなぁ。
これは、意外とお酒のおつまみにもいけますよ。 
 1785 Bar River 1787 Bar River

さんも隣でグビッっとやってます。 
 1789 Bar River

バルで一杯やったあとは、ホテルに帰ってお食事。
この日は、アストルガまで旅行をしてきたので、部屋でゆっくり飲みながら食事をいただくことにしました。

ところで、皆さんにとってスペインで晩ご飯をいただく時、ちょっとタイミングが合わないって思うことが多くないですか? (スペインの晩ご飯は、9時過ぎから食べることが多い。)
特に、『早めにご飯を食べて、明日の観光に備えよう~』なんて時、外のお店がまだやってなかったりすることもありますよね~。

そんなとき、スーパーでいろいろ買い物をしてホテルの部屋でいただくっていうのがオススメです。
うちは、生ハムやサーモン、アスパラ(缶入り)、オリーブ、そしてカットサラダなんかを買ってくることが多いかな。 もちろんワインも買ってきますよ。 あとはパンがあれば十分!
部屋に備え付けの冷蔵庫とかあれば、ジュースとかヨーグルトなんかも買ってきたりします。
デパ地下などではお総菜も売っている(ちょっとお高めですけど)ので、それを買ってきてもいいですよね。
バルセロナでは、エル・コルテ・イングレスの地下で、フィデウア(パスタでつくったパエジャ)を買ったりしてました。 お味もなかなかいイケましたよ!
   
さて、この日はパラドールに宿泊する最終日。
明日からも引き続きレオンに宿泊するのですが、また違ったホテルに宿泊する予定です。
なので、食事をしたあと、暗くなってから外へ出て、ライトアップされた建物を撮影しました~。 
 1806 Parador de Leon

とっても素敵ですよね。 
名残惜しいけど...明日からは別のホテルに宿泊です。
 1808Parador de Leon 1809 Parador de Leon

では。 
23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ