2014_06
13
(Fri)08:00

スペイン RENFE予約方法 (改訂)

Hola.  

最近、スペインネタも尽きてきたので、昔訪れた ”イタリア” の話でも書こうかなぁ~なんて思っています。
いま、昔の資料などをひっくり返したりして、いろいろネタ集めをしているところなので、イタリアのお話はもう少々お待ちくださいね。

ということで、今回はそのイタリアのお話の前に、、、
スペインのRENFE(国有鉄道)の予約サイトのフォーマットが若干変更になっていましたので、その様子をご紹介しておきたいと思います。
今後、スペインをご旅行される際、 AVE(スペイン高速)の事前予約・購入 などをされるときにお役立てくださいね。

では、まずその前にお断りを。。。
★このブログでは、私がこれまでに何度か手続きを行って成功してきた事例・経験をご紹介するものですので、皆さんが私と同じように手続きをした場合にも、確実に手続きを完了できるという保証はありません
ですので、この方法で手続きを進めるにあたっては、 必ずご自身の責任のもとに進めてください
何か不具合などがありましても、私の方でご相談にはのれますが、その責任については一切負いかねますので、その点はご了承ください。
あくまで ”参考“ ということで。
よろしくお願いいたします。


では、早速はじめましょう!

-----<RENFE予約手順 ご指南>-----
ほとんどは、以前のフォーマットと同じですが、入力がちょっとだけ面倒になっています。
ですので、今回は部分的な改定だけでも良かったのですが、折角ですので、初めての方にもわかりやすいように、全編を通して説明していくことにしました。
手続きはかなり長いですが、我慢してお付き合いくださいね。
では、早速始めま~す。

まず最初に、事前購入される際には、次の準備をしておいてくださいね。
 (1)クレジットカード会社の ”本人認証システム” に登録しておくこと。
 (2)利用する人全員分(購入者、同乗者など)のパスポート番号、連絡先メールアドレス電話番号
 (3)クレジットカード
その準備ができたら、いよいよRENFEのサイトへレッツ・ゴーです!

RENFEのサイトにアクセスすると、まずは次のような画面が出てきます。
(※画像が小さい場合には、その画像をクリックすることで大きくすることができます。)
 Renfe予約 201 ←RENFEのページ

ここで、①の部分に入力して②のComprar(購入)をクリックすれば、購入手続きを始めることができます。
(※このブログでは、スペイン語表記画面を使って説明を進めていますが、『英語なら大丈夫!』という方は、画面右上にある ”Welcome”をクリックすれば、英語表記画面で手続きを進めることができます。)
 ・ida y vuelta :往復、 または  ida :片道
 ・Origen :出発地
 ・Destino :目的地
 ・Salida :出発日(すぐ右のカレンダーマークをクリックすると、簡単に入力することができます。)
 ・Regreso :帰りの日 (片道の場合は入力不要)
   (※Slida、Regresoともに、特に時間を入力しなくても大丈夫です。)
 ・利用人数の数値を記入 → Adultos :大人、 Ninos 4-13 :子供(4~13歳)、 Ninos <4 :4歳未満 
で、入力し終えたら、Comprar(購入)をクリックします。
ここで ”購入” ボタンをクリックしたからといって、すぐに支払わなくてもよいので、安心して手続きを進めてください。 
支払い手続きは、もっとずっ~~~と先。 手続きの一番最後に行うようになっていますから。 

また、このページの③をクリックしても同じように予約できるようになっています。
上記①の入力&②のクリックをしておけば、こちらの方は飛ばして進むことができますよ。
(※③は、”Horarios y Precios :時刻表と価格” の一覧表が見られるようになっています。)


--<参考>--------------------------------------------------------------------------
参考までに、③をクリックした時の様子をご紹介しておきますと...
最初にこのような画面が出てきます。
      Renfe予約202
この画面の④に、出発地(Origen)、目的地(Destino)、利用日(Dia)、月(Mes)、年(Ano)を記入して、右の⑤”Buscar”(探す)をクリック!
すると、次に下の画面が出てきます。 これが、目的地までの列車の発車時刻表です。
(※今回は、マドリッドからセビージャまでを例にしてみました。)
     Renfe予約203
この表の一番上には、入力した出発地、目的地、利用日が示され、その下には左列から次の内容が表示されています。
 ・Tren/Recorrido:列車の種類と番号
 ・Salida:出発時間
 ・Llegada:到着時間
 ・Duracion:所要時間
 ・Precio desde:(Consultar y comprar) 価格と購入 
 ・Prestaciones:サービスの内容
 ・Accesible:インフォメーションなど
この時刻表から、ご自分が利用したい列車を選び、右の方にある”Consultar y comprar”をクリックします。 そうすると、次の画面のようになるはずです。
     Renfe予約204
この画面では、Turisutaクラス(二等)が75.5ユーロ、Preferenteクラス(一等)が127.2ユーロであることを示しています。
購入を進める場合には、すぐ上の”カートのマーク”をクリックします。
すると、一番最初の画面に ”行先、目的地、出発時間などが入力された状態” で戻ると思います。

----------------------------------------------------------------------------


ということで、面倒な方は上記の手続きはしなくても大丈夫なんです。
興味のある方は、やってみても良いかもしれませんけどね。

ちなみに、、、
すべての手続きは、画面下の ”Volver”(戻る)ボタンをクリックすれば、前の画面に戻ることができます。
それと注意しなければならないのは、 ”あまり入力に時間がかかりすぎると、エラーになってしまう” ことです。
慌てて入力する必要はありませんが、何も入力しないまましばらく(5分ぐらい?)放置しておくと、次の手続きができなくなります。 このときは、一旦RENFEの画面を閉じ、最初からやり直してください

さて、一番最初の画面で ”Comprar” ボタンをクリックすると、次の画面に切り替わるはずです。
(画面は、2014年6月9日 マドリッド発セビージャ往きの場合の例)
 Renfe予約205


この画面になったら、自分が利用したい列車を見つけ(例:マドリッド8:00発のAVE 02080の列車の場合)、その段の右の方にある "F" とか "P" とか表示してあるところの丸にチェックを入れます。
下の画面の例の場合、赤枠で囲んだ部分の中のどれかの白丸にチェックを入れるということです。
 Renfe予約2050

それぞれのマークには次のような意味を表しています。
また、すぐ横の数字はそれぞれの ”価格” を示しています。
     4Mマーク :2×2の向かい合わせの席
     Pマーク :座席の指定、変更、キャンセルができない席
     P+マーク :座席の指定ができ、変更、キャンセルの場合にはお金がかかる席
     Fマーク :フレキシブル予約席 (座席の変更が可能で、小額でキャンセルも可能。)

このほかに、往復で購入す場合には、次のマークも出ます。
     Iマーク :往復購入者のための割引チケット
片道利用の場合、オススメは座席指定ができてそこそこリーズナブルな ”P+” がオススメでしょうか?

そして、この例の場合、Turistaクラス(2等)の列にはFマークしかありませんので、このクラスに他の設定はないってことですね。
一方、Preferenteクラス(1等)には、4MマークPマークP+マークFマークと、いろいろな設定があるようです。
そして、この列車には、さらに上のClubクルブ(特等)の設定のあるようですね。 こちらは、PマークP+マークFマークの設定があるようです。
Preferennte(1等)とClub(特等)クラスは、食事、飲み物、個人用音楽、ビデオなどのサービスがあります。 また、AVEラウンジがある駅では、そのラウンジも利用できるそうですよ。(私は利用したことがありませんが...)
ちなみに、列車には食堂車(バー車両)がありますので、そこに行けば飲み物や軽食をとることもできますよ。
それぞれ値段も大きく違うので、ご自身の利用の目的にあったものを選んでくださいね。

で、○をクリックして●にしたら、画面一番下にある続けるボタン ボタンをクリック。
 

--<参考>--------------------------------------------------------------------------
ここでちょっとご参考情報。
先ほどの表の中で、8:35のマドリッド発(LD-AVE 99812)の一部分が、グレーになっていたのお気づきでしたか?
この列車は、途中乗り換え(Con Transbordo)が必要な列車を表しているんです。
 Renfe予約2051 ←赤枠部分

このような列車を予約する時は、まずこの段にある青矢印(赤丸で囲んだところ)をクリックします。
 Renfe予約2052

すると、さらに次のような画像になります。
 Renfe予約2053
新しく出たグレーの部分には、左側にClase(クラス)、右側にTarifa(運賃)と表示されます。
そして、その各々の下には、Turista - Turista、 66,00 Fマーク と表示されています。
これは、列車の乗り換え前も乗り換え後もTrurista(トゥリスタ)クラスの列車で、運賃は66ユーロ、座席はすべて ”フレキシブル” であることを示しています。
ちなみに... 
このようなフレキシブル設定の座席で予約したところ、座席は自由に選べず、適当に指定されてしまいました。
もしかしたら、気に入らなかったらそのあと変更できるのかも。。。 
申し訳ありませんが、その辺のところまでは詳しくわかりません。    

----------------------------------------------------------------------------


さて、”Continuar” ボタンをクリックすると、次の画面が表示されます。
 予約
この画面には、まず予約した切符の乗降車駅の名前利用予定日(ここでは6/20になっています)、利用予定の列車名発車時間(AVE 02390、 発車時間=19:30)などが表示されます。

さらに、ここでは二名で乗車する場合を例としたので、二名分のチケットの種類(列車のクラス、運賃、座席の種類)が表示されます。 (※Promoto+とは、P+マークのこと)

以上の部分を確認できたら、画面ちょっと下の部分にある ”Seleccion de Asiento” の□にチェックを入れます。
ここにチェックを入れないと、あとで座席が選べなくなってしまうので、忘れずにチェックを入れておきましょう!
 Renfe予約210

以上、このページの確認とチェックが終わったら、またページ下の続けるボタンボタンをクリックして、次の画面へと進みます。

さて、このところが一番厄介なところです。
ここでは、ご自身同乗者、および運賃を支払う人の個人情報を入力しなくてはなりません。
画面にある ”Viajero1”がご自身で、 ”Viajero2”が同乗者の記入欄です。
もちろん、同乗者が何人もいれば、その分Viajero3, 4, 5... と記入欄が増えていくはずです。
 Renfe予約211
まず、Tipo documento(ドキュメントの種類)のところの↓をクリックして、”Pasaporte/....” を選びます。
 yoyaku.jpg
あとは、以下のところを記入すればOKです。
 ・Documento :パスポート番号
 ・Nombre :名前(記入例:TAROU)
 ・Apellido 1 :姓・ファーストネーム(記入例:YAMAMOTO)
 ・Email :e-メールアドレス
 ・Telefono :電話番号
(※基本的に、(*)マークの部分だけが記入必須箇所なので、そこだけ記入すればよいかもしれません。)

これを乗車する人の分をすべて記入し終わったら、次は切符購入者の情報(Identificacion del Comprador)を入力します
画面下の方にあるこの記入フォーマットに記入してくださいね。
 Renfe予約212

ではまず上の欄から。
<Datos Personales:個人データ>
 (*)マークの付いた部分は記入必須。
  ・Tipo de Documento :Pasaporteを選択
  ・Documento :パスポート番号を記入
  ・Tratamiento :性別 Sr.(男性)、 Sre.(女性) どちらかにチェックを入れる。
  ・Nombre :名前
  ・Primer Apellido :ファーストネーム(姓)
  ・Nacionalidad :国籍(Japanを選択)
    ※ここでJapanを選択すると、自動的にSegundo Apellido(ミドルネーム)の記入必須マーク(*)が消えます。
  ・Fecha de nacimiento :誕生日 (※横のカレンダーマークから選択可能)

引き続いて、連絡先(日本)の記入です。
<Contacto:連絡先>
  ・Pais :国 (Japanを選択)
  ・Provincia :都道府県名 (日本名をローマ字で。 例:東京都)
  ・Poblacion :区市町村名 (日本名をローマ字で。 例:渋谷区)
  ・Domicilio :町名など (日本名をローマ字で。 例:宇田川町)
  ・Numero :番地 (例:1-1)
  ・Codigo Postal :郵便番号 (ハイフンなしで数字を続けて記入)
  ・Prefijo :市外局番 (+81のままでOK)
  ・Telefono Movil :携帯電話番号 (そのまま記入)
  ・Correo electronico :e-メールアドレス

すべてが記入・確認できたら、また画面下の続けるボタンボタンをクリックします。

※ここで、記入項目が未記入だったり間違っている場合、もしくは記入に時間がかかりすぎた場合には、それぞれエラーが表示されます。
 記入項目が足りない・間違っている場合には、その項目が赤く表示されますので、そこに正しいデータを記入します。
 タイムオーバーの場合には、error表示が出るはずですので、その表示が出てしまったら、お手数ですがもう一度最初からやり直してください。 (お疲れ様です。。。)

すべての項目に正しく情報が記入されますと、下のような画面が表示されます。
この画面は、支払いするクレジットカードの情報を記入する画面です。
 Renfe予約213
まず、上の絵に示した部分には、購入する予定の切符の情報が出ますので、まずここが正しいかを確認します。
正しかった場合、その下にある ”Forma de Pago(支払い方法)” の欄にある ”Tarjeta Credito / Debito (クレジットカード/デビットカード)” の方の○にチェックを入れます。
(※Puntosは、何かのポイントで購入する方法のようなので、私たちには利用できません。)

○にチェックを入れると、そこに以下の欄が表示されます。
ここでは、赤枠で示したところにカード情報を記入します。
 Renfe予約214
  ・Numero de Tarjeta :カード番号 (12桁をハイフンなしで続けて記入)
  ・Titular de la Tarjeta :カードの名義人名 (例:TAROU YAMAMOTO)
  ・Fecha de Caducidad :カードの有効期限 (月、年の順に、カードにある数字を記入)
  ・CVV / CID :カードのセキュリティコード番号 (通常、カード裏面に記入されている数字の一部)

すべてが記入できたら、画面下の方にある ”Conformidad” の欄にある□にチェックを入れます。
(これは、『個人情報の取り扱いなどに関するRENFEの規約に同意しました。』 という意味のチェックです。)
たぶん、これにチェックを入れないと先に進めないと思います。 (やったことはありませんが...)
 Renfe予約215
※”Tarjeta TEMPO” の欄には、何も記入しないままでOKです。

□にチェックを入れたら、画面右下にある ”Comprar”(購入)ボタンをクリックします。
※ちなみに、ここまで来てもまだ支払いは済んでいませんのでご安心を。。。

すべてが確認されると、列車の座席の絵が出てきますので、ここで自分が予約したい座席をクリックしてチェックします。
チェックされた場所は、座席が黄色に変わります。
赤矢印は列車の進行方向、×の付いている座席は予約済みの座席です。 
中には向かい合わせの席もありますので、座席の向きなどをよ~くチェックしてから選んでくださいね。
 Renfe 予約06

座席を選び終わったら、右下の ”Aceptar”(受諾) のボタンをクリックします。
往復(Ida y Vuerta)で予約した場合、帰りの分の座席指定画面が出ますので、同じように席を選んび”Aceptar”(受諾) ボタンをクリックして、画面を閉じてください。

少し大きい文字ここまでくると、カード会社から ”本人認証システム” の確認要請が来るはずです。
ここで、ご自身のパスワードを記入すると、支払いが行われます。 
ここでやっと支払い完了です!

支払いが無事完了すると、最終画面に切り替わります。
この画面では、ご自身の予約購入した切符の情報がすべて表示されます。
そして、安心のため
Su compra se ha realizado correctamente, su localizador es : ” に続く、数字とアルファベットであらわされたコードをメモしておいてください
このコード(localizador)が、ご自身の予約コードになります。
何かあったとき(切符を無くした時など)、このコードさえあれば予約の確認と切符の再発行が可能になります。

そして、最後にプリントボタンをクリックし、切符をプリントします。
乗車の時には、このプリント提示することになりますので。
 プリントボタン ←プリントボタン
ちなみに、支払いが済んでしばらくすると、ご自身のメールボックスにRENFEから連絡メールが届きますので、そちらからでも切符のプリントは可能です。

ということで、無事予約が完了しましたら、この切符(プリント)を忘れずに持って楽しいご旅行へ出発してくださいね~。
まあ、万が一忘れたとしても、localizadorコードさえ覚えておけば、現地で出力することもできますけどね。

ここまで長々と手続きの方法を説明してきましたが、途中 『どうやったらよいのかわからない。』 とか 『うまくいかない。。。』 などありましたら、いつでも気軽にご相談ください。
  
では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2014_06
06
(Fri)01:51

飛行機の座席指定について

Hola a todos.  

今更ながらと思う方もいらっしゃるかもしれませんが...

昨年の11月末より、ルフトハンザの事前座席指定が有料となりました。
(他の航空会社はどうなんでしょ?)

具体的には、、、
東京-フランクフルト間を往復する場合、¥3600×2(往復)/一人当たり=¥7200かかります。
また、マドリッドまで往復ご利用される方は、さらに¥1400×2(往復)=¥2800かかります。
ということで、マドリッドまでの行程をすべて座席指定すると、¥10000の追加料金が必要となります。
こうなると、たとえ基本運賃が安くても、燃油サーチャージ料金(現在、欧州まで¥50000ぐらいかかる)などと合わせると、相当な額になっちゃいますよね。
まあ、『座席はどこでも良いよ。』という方は別ですけど。

ちなみに。
チケットには、最初から事前座席指定できるものできないものがあります。
事前座席指定できないものでも、あとで料金さえ払えば座席指定できるようになります。
また、インターネット・チェック・イン飛行場のカウンターでのチェックインのときに座席を変更するのであれば無料でできますが、そのときに空いている席の中での変更ということになるので、人気の高い ”通路の傍の席” に変更するのはほとんど無理。
そうなると、二人並んで席をとることなどはまず不可能に近いです。
こういう場合、たぶん3人掛けの真ん中の席になってしまう可能性が一番高いですね~。 
一番人気がないですから。。。
なので、複数人でご旅行をされる際には、事前座席指定をお勧めします。

ちなみに、こういう事前座席指定のされていない(できない)チケットは、航空会社の人が ”調整席” と呼んでいるようですよ。 いわゆる、 ”座席指定されていない残りものの席を埋めるチケット” という意味で。。。

私も以前チェックインの際に、カウンターで言われたことがあります。 『お客様の席は調整席となっております。』 って。 
そのときは何のことかよくわからなかったのですが、今思えばそういうことだったんですね~。

さらに問題なのは、インターネットで格安チケットなどを販売しているサイトなどでは、どのチケットが座席指定できるチケットなのか明らかになっていないこと。
このようなところでチケットを購入したら、すぐに航空会社に連絡し、自分のチケットが座席指定できるのかどうかを含め、座席の確認を一度おこなった方が良さそうですよ。
まあ、、、『座席はどこでもいいよ』 という方は別ですけど。。。

ということで、以前、出発時に早めに航空会社のカウンターに行って座席の変更をお願いすれば、係りの人が調整してくれることもありましたが、いまではそのようなことはほとんど無理なようですよ。
ご存じなかった方は、要注意です。

※現在確認したところ、ANAやJALはまだ無料で事前座席指定ができるようです。
 利用する航空会社を選定する際の判断の一つ要因になりそうですね。

では。  23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2013_06
22
(Sat)08:30

ようやく切符の予約が完了!

! Hola a todos !

今日は、スペイン散策計画のお話しをしま~す。
というのも、先日、ようやくスペインの鉄道(RENFE)の予約が完了したからなんです!

予約したのはマドリッド -> オビエド 間と、レオン -> マドリッド間のチケットです。
最近は、2~4週間先の列車しか予約できないので、旅行者にとっては結構困りものですよね。
(早く予約を済ませたいのに...)
も、『今回はバスで行くことにしようか。』なんて半ばあきらめていたところだったのですが、なんとか予約できてホッとしました~。

さて、その予約の方法についてなのですが、RENFEのHPから予約する際、最後に記入する電話番号が、 ”+81を入れた番号でないと認証されない” ようになっていたので、報告しておきます。
(以前、”うにゃ”さんからご連絡をいただいた通りでした。ありがとうございます!)
   ↓ 画像はクリックで拡大します。
 カード記入変更1

また、チケット購入の際、列車ごとの値段表示のところに、最近”P”とか”P+”などのマークがつくようになりました。
これは、それぞれ列車の座席指定に関するマークのようです。 
”P” は、予約時に座席を自由に選べないもので、”P+” は座席を自由に選べるもののようです。 
若干お値段に差がありますが、2人以上でのご旅行される場合には、座席指定の出来る ”P+” の方が良い(安心)かもしれませんね。
座席を自由に指定したい場合には、チケット予約を確定させる以下の画面で、赤矢印で示したマークのチェックボックスをクリックし、マークしておいてください。
(現在はちょっと画面は違うかもしれませんが、”Select Seat”マークは同じです。)
 08 確認 ←一番下にあるマークです。

ここにチェックをしておくと、あとでこのような画面が出てきますので、予約したい座席にチェックを入れれば、予約の完了です!!! 
(下の例は、レオン-マドリッド間を走る ”ALVIA” という列車の、座席指定画面です。)
 座席指定FMT
ちなみに、座席に×がついている席は、すでにどなたかが予約された席ということです。

※初めて予約される方は、まずこちらの手順をご覧ください。 → RENFE予約  

さて、みなさん、国内での旅行というと”列車での旅”をイメージしがちですよね。
”列車に乗って旅をしたい” なんて人も多いのではないでしょうか?
しかし、スペインでは、列車よりもむしろバスの方が便利な場合が多いんですよ。
特に、列車の走る本数が少ない地域や、列車の走っていない地域などへ行くには便利!
また、古い町などの場合、駅を街の郊外につくらざるをえなかったため、駅から街中まで遠く、不便な場合が多いんです。 その点、バスはかなり街の中まで入っていけるので、とっても便利ですよ。
今回も、”列車がダメだっらたバスにしようかな” なんて考えていたのもその理由からです。
では、なんでバスを使わないかっていうと...
的には、かなり長距離を移動するときは、列車の方にしちゃってます。(みんさんもそうでしょ?) 
だって、バスの場合、走っている間はずっと座席に座っていなければならない(途中で休憩がある場合もあります)し、 トイレなどにも気軽に行けないですもんね~。
一応、長距離バス場合、ちゃんとトイレがついていますが、使う時には、運転手さんのところまでいってトイレの鍵を借りてくる ようなシステムになっています。
”これからトイレに行ってきます!”って感じで...ちょっと気が引けちゃいます。

ということで、の場合、長距離は列車で、中距離/近距離はバスを利用して移動することがほとんどです。
みなさんも、スペインではいろいろな交通手段を使って、上手く旅を楽しんでくださいね~。

ちなみに。
は、そのうちスペインでレンタカーを使ってみたいと思ってますよ。
電車やバスの走っていないところに行く旅行者にはとっては、大変便利ですよね。
いまのところ、旅行プランに合わないので使っていませんが、是非そのうち使ってみようかと思います。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

!cid_02@120409_073415@__N704imyu@docomo_ne.gif
2012_11
13
(Tue)07:47

リーガのチケットをゲット~!!!

! Hola, amigos !  

今週末に行われるリーガの レアル vs ビルバオ 戦のチケット予約が完了しました~。
先日、ネットでの一般チケット販売が始まったので、ようやく予約することができたってわけ。
これまでは、高価なVIPチケットのみの販売だったですからね~。 
でも、なんだかんだ言ってやっぱり高いなぁ。。。

それにしても...
チケット代行などにお願いすると、チケット代は手数料が上乗せされて 1.5~2倍の値段になってしまうので、庶民には全く手が出ない値段になってしまいます。。。 
(レアル戦だと、だいたい2万円/人になっちゃいますね。)
そう思うと、できることならやっぱり自力で予約するのが一番です!
※日程が詰まっているツアーなどで行かれる方は、本方法ですとチケット受け取りなどに少々手間取りますので、多少高くても代行会社をご利用された方が確実ではあります。

ということで、ここでちょっとその予約方法について紹介しておきますね。
(以前も書きましたが、ちょっと画面なども変わっているので、あらためてご紹介しておきます。)

では、始めましょう! 
! Vamos !
 illust1099_thumb.gif

まずは、最初の画面。
チケット予約サービスの ”ServiCaixa” のHPにアクセスするとこの画面になります。
 SC01.jpg
ここではスペイン語(カスティーリャ語)の表示画面ですすめていきます。
英語が得意な方は、画面右上にある ”English" をクリックすれば英語画面に切り替わりますので、そちらですすめて下さい。
ちなみに...もう一つある ”Catala” は、バルセロナのあるカタルーニャ地方の言語”カタルーニャ語”です。

この画面が出たら、上の ”Deportes” の部分をクリック!
すると、こんな画面になります。
 SC02.jpg
今回は、レアル・マドリードのチケットということで、レアルの部分(赤枠で囲った部分)をクリック!

すると、、、レアルに関するいろいろなチケットを販売する画面に切り替わります。
 SC03.jpg
一番上にある”Partidos en el Santiago Bernabeu”は、サンチャゴ・ベルナベウスタジアムでの一般のサッカーのチケットを売っているところです。
ちなみに、2番目は”Entradas VIP en el Bernabeu:VIPチケット”、3番目は”Tour Bernabeu:スタジアム見学ツアーチケット”の販売を行っているところです。
ですので、試合のチケットを購入する場合には、 ”Partidos en el Santiago Bernabeu” の項目にある ”Comprar entradas” (入場券購入)をクリック!
ここではまだまだ支払いにはならないので、安心して先に進んでね~。

すると、サンチャゴ・ベルナベウ・スタジアムで行われるいろいろな試合が表示されます。
ここでは、日程順にリーガの試合CL(チャンピオンズ・リーグ)の試合とがごちゃ混ぜになって表示されますので注意してくださいね。
 SC04.jpg
日程ごとにリーガの試合とCL(チャンピオンズ・リーグ)の試合とがごちゃ混ぜになって表示されます。

今回は、今週末の試合ということで、"Sabado 17 noviembre 2012" (2012年11月17日土曜日)の項目の ”22:00 Iniciar compra” (購入開始)をクリック!
すると、ここから座席の指定手続き画面に入ります。
 SC05.jpg
まず、この画面では、欲しい枚数を赤枠で表示した部分で決定。
そして、 ”Continuar”(続ける)をクリック。

画面は、スタジアムの座席を表す画面に切り替わりますので、場所と値段を見ながら気に入ったところ(色の部分)をクリックします。 
 SC06.jpg
このへんは、以前に書いた通りのやり方になります。 → 以前のチケット予約方法

今回は、赤枠で囲った部分の座席を見てみましょう!
ここをクリックすると、さらに細かいエリアごとの残り座席数が表示されます。
 SC08.jpg
で、そのエリアをクリックしていくと、また細かいエリアでの残りの座席数が表示されます。
 SC09.jpg
残り座席数が少ないエリアは、複数人で行く場合、席が隣り合わせにならない可能性が高いですよ。

次に、この中の気に入ったエリアの部分をクリックすると、エリア内の座席を表す画面に切り替わります。
 SC10.jpg
”白の座席”は空席。 ”グレーの座席”は予約済みの席。 ”グリーンの座席”は予約しようとしている席を示しています。
画面が切り替わった直後は、適当なところにグリーンの席が表示されていますので、白で表示された空席部分をクリックすれば、そちらに変更することが可能です。
自分の好きな座席に変更したら、画面下の ”Continuar”(続ける) をクリック。
すると、購入予定の内容を示した画面が出てきます。
 SC11.jpg
具体的には、座席の場所とチケットの値段などが示してあります。
上の画面では...
座席の場所: Lateral este(ラテラル東)にあるセクター043711列目座席番号002と004
チケットの価格: 一般チケット(Entradas de publico general)の価格(Precio)120ユーロ2枚
手数料(Gastos de gestion): 1枚あたり2.5ユーロ ×2
支払い総額: 245ユーロ
と表示されています。 
この内容で良かったら、画面下に表示されている”Continuar”(続ける) をクリック。

すると、次の画面が現れ、購入手続きに入ります。
ですので、購入予定のない方は、入力しないでくださいね~。
 SC12.jpg
この画面では、以下の項目を入力します。
 ① Nombre(名)
 ② Primer apellido(性)・・・※Segundo apellidoは記入必要なし。
 ③ E-mail(電子メールアドレス)
 ④ Telefono movil(携帯電話番号)・・・日本の番号のままで良いみたい。ハイフンなども必要なし。
 ⑤ Numero de tarjeta(クレジットカード番号)
 ⑥ Fecha de caducidad(カード使用期限): Mes(月)、Ano(年)
 ⑦ Codigo de seguridad(カードのセキュリティコード)
※わからない方は、項目横に青色で表示してある Mas informacion をクリックして見てください。
 ⑥ Acepto las condiciones generales(全体条件に同意)のボックスにチェックを入れる。

以上の項目を入力をしたら、最後にもう一度確認して、”Continuar”(続ける) をクリック。

あとは、カード会社からメールで ”本人認証” の確認連絡が来るので、それを確認してご自分のパスワードを入力すれば、支払い&購入の完了で~す!

しばらくすると、チケット会社 ”ticketmaster” からメールが届きます。
そこには、購入したチケットに関する内容が書いてありますので、今一度ご確認ください。
また、チケットの受け取りは、購入した際に使用したクレジットカードが必要となりますので、必ずそのカードをご持参ください。
受け取りは、現地の街中にあるLa Caixa銀行の ServiCaixaのターミナル を使うか、スタジアムの発券機で引き出すことになります。
La Cixa銀行などにある受け取り時のターミナルの操作はちょっと面倒ですが、L基本的には以下のような操作手順になっています。
1.購入時に使用したクレジットカードを投入
2.画面上にある ”Entradas espectaculos”を選択。
3.次に、“Recogida de entradas”を選択。
4.購入したチケットの種類が表示されます(いくつか購入した場合には全て表示されます)ので、印刷したいチケットを選択。
5.チケット印刷する音が聞こえ、しばらくして取りだし口に印刷済みのチケットが出てきますので、これを受け取れば完了!です。
ときどき(結構)使用できないターミナルなどがありますので、そんな時は根気強く他のターミナルを探してください。
 CaixaTerminal.jpg  
ただ、一番確実なのはスタジアムにあるターミナルかもしれないですよ。

最後に...
ここまで書いておきながらなんなんですが、クレジットカードの種類によってはServiCaixaで受け付けないものがあるようなので、いろいろと試してみてください。
また、チームによって購入できたりできなかったり等もあるようです。(私の場合、レアルとアトレチコはいけますが、バルサやその他はダメでした。。。) 原因はよくわかりませんが...まあとりあえずいろいろと試してみてくださいね。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_05
17
(Thu)07:35

AVEのネット予約方法 (訂正情報)

! Hola !  

昨日、来月予定しているスペイン訪問のスケジューリング、ホテルなどの予約をほぼ完了することが出来ました~。
今回は、マドリッドセビージャ(+カルモナ)アルコス・デ・ラ・フロンテラマドリッド とまわってくる予定です。

もちろん、航空券の予約はだいぶ前に済ませておいたので(その方が安い!)、 今回した予約は、滞在するホテルの予約(4件分)移動に使う鉄道(往復)の予約 です。

鉄道予約(RENFE)の方は久しぶりだったので、以前にこのブログでお知らせした自分の記事を参考に予約手続きをすすめていました。
ところが、、、
実際に書かいた手順通りにやっても最終段でなかなか予約が完了しないことが判明!!!
よくよく調べて見ると、『プライバシーポリシーの同意する』の欄にチェックを入れていなかったため、手続きが出来ないということが分かりました。
ご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした~。  
記事の方は、すぐに訂正をしておきましたので、今後もご活用ください。 → 訂正記事
  11 カード情報入力 ←一番下のチェックボックスをチェックし忘れてた!
今度こそ、この手順通りやれば、RENFE(AVEを含む)の予約が出来ます!

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_01
10
(Tue)09:25

リーガチケット販売情報! (レアル・マドリッド)

! Hola !  

リーガのチケット販売情報のお知らせです。

先日、 『レアル・マドリッドのチケットを予約したいのですが。』 というお話をいただきまして、レアルのチケット販売情報をウォッチしていました。
その結果、いくつか様子がわかってきましたので、それについてここに記載しておこうと思います。

まずは、ServiCaixaのチケット予約のページで対戦カードの発売が開始されると、一般購入者に対しての ”VIPチケット” の発売が行われます。
VIPチケットは、 軽食付き といった特典はあるものの、席が限定されている上、値段もかなり高いものとなっています。(200ユーロ以上)
  VIPのみ販売 ←VIPチケット販売(ServiCaixa HPより)

その後、試合開始日の直前になると、一般席の販売が開始されます。
  一般チケット販売 ←一般席のチケット販売(ServiCaixa HPより)
この発売のタイミングは、1~2週間前だとは思うのですが...正確なところはわかりません。
(たぶん、試合の対戦相手によって変わるのかも。。。もちろん、クラシコなどの試合は例外です。)
このタイミングで予約をする場合、値段はかなり安くなりますが、 ”複数人数で隣り合わせの席の予約はできない”と思った方が良いです。
対戦カードなどによっては運良く予約できるかもしれませんが...やっぱり難しいでしょうね。

ということで、、、
確実にレアルのチケットを予約したいのであれば、かなり高いですけど、VIPチケットがおすすめになっちゃいますね。
『そうはいっても、やっぱり安く済ませたい。』と思う人は、試合日の直前まで待って(日本出発ギリギリのタイミング?)購入する方が良いと思います。
あとは、チケット予約の業者を利用する方法ですかね~。
ただ、こちらだとだいたい”一般販売の2倍の価格”というのが通例ですから...そうなると、個人予約したVIPチケットと同じぐらいの価格になっちゃいます。
でも、確実に予約してもらえますよね。

最後に。
先日、日本で行われたクラブワールドカップで優勝したFCバルセロナの試合を、『是非現地(カンプ・ノウ)で見てみたい!』『3年連続バロンドールを受賞したメッシのプレーを、もう一度見てみたい!』と思われる方も多いでしょう。
私が入手した情報では、現在のところ ”バルサの試合(ホーム戦)は日本から個人予約できない”となっているようです。
以前、私がトライしてみたところ、ServiCaixaの予約サイトの支払いの部分で、 『スペイン国内で発行されたクレジットカード以外は使えません。』 との表示が出ていました。 これは、バレンシアの試合(ホーム戦)を予約する際も同じでした。

半年近く前のことなので、いまはどうかわかりませんが...
もし、『予約出来ましたよ。』という方がいましたらご一報いただけますと助かります。

ちなみに、レアルとアトレチコの試合は日本から予約することが出来ましたよ。(2011.9時点)

ということで、これから『リーガの試合を見に行きたい!』と思っている方がいましたら、是非ご参考に。
また、チケット予約に関するいろいろな情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非情報をお寄せください。
お待ちしてま~す。

では。
! Viva, LIGA !
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
2011_03
04
(Fri)09:08

緊急! LIGAチケット購入

! Hola, amigos ! 

緊急のアナウンスです!
以前紹介しました『LIGAのチケット購入方法』なんですが、どうやら事情が変わってきているようです!

今回、訳あって3/20のアトレチコ VS レアルの試合のチケット販売状況をしばらく前からチェックしていました。
『なかなか販売されないなぁ...』と思っていたら、実は一部の人にはすでに販売が開始されているようなんです!!!
発見したのは、チケット販売をやっている『ServiCaixa』のサイトから。
現在、通常な流れで行くとこのような画面が出てきます。
標準

ただし、この画面が出るちょっと前、ホントの一瞬(目で内容を確認出来ない時間)だけこのような画面が現れていました!!!
隠れ販売

通常販売画面では、まだ3/5分の試合のチケットしか販売できないようになっていますが、裏では4/10分までのチケットが購入可能になっているんです。
pan003

で、アトレチコのオフィシャルのホームページを確認したら、すでに販売は開始されている様子。
クラブ販売
ただし、この画面からチケット購入をする場合も、結局さきほどの『ServiCaixa』のページに行き着くので、やっぱり3/20の試合のチケットは購入できないんです!!!

クラブのHPではしっかり販売をアナウンスしているので、ソシオの方だけに対する販売ではなく、スペイン国内に在住する方だけに限定した販売のような気がします。(ServiCaixaが制限をかけているのか?)
そうすると、とても残念です...
これからは、メチャメチャ高い(通常価格のほぼ2倍)チケット予約販売にお願いしなければならないのかもしれません。。。
pan006

実は、今回バレンシアを訪問する際、バレンシアCFのホーム『エスタディオ・メスタージャ』でのゲームのチケット予約をしようと思っていたのですが、最終的な支払いの場面で、『スペイン国内のクレジットカードでないと利用できません』の文字が出てきて、結局予約出来なかったんです。
使ったカードはセゾンカードのVISAです。

昨年はこのカードを使って予約出来たんですけど。。。
昨年予約した方法 ←クリックして見てください。

最近、もし同じようなことを経験されている方がいらっしゃったら、是非ブログコメントにご連絡をお願い致します。
pan004

では。
2011_01
14
(Fri)15:24

AVEのネット予約完了!

! Hola, Buenas tardes ! 

突然ですが、昨日、ついにスペイン新幹線(AVE:Alta Velocidad Española/スペイン高速)のネット予約を完了することができました!!!
pan015

今年からこのAVEが、念願の?マドリード - バレンシア間が開通しましたので、今年はこの路線を利用してバレンシアに行ってみることにしたんです。

しかしながら、昨日までなかなか予約ができず(エラー表示が連発!)に困っていました。
ネット上の情報をみても、皆さんいろいろ苦労されているようすが伺えます。。。

今回、ようやく予約完了することができたので、ここに備忘録として残しておくとともに、もし私と同じように予約で困っている方への助けになればと思います。
ネットで予約すると、正規料金の半額ほどで購入できますからね~。やらない手はないですよ!!!

では、さっそくその方法を紹介します。


●用意するもの
①クレジットカード (私の場合、セゾンカードのVISAを使いました。)
②パスポート (パスポート番号が必要になります。)
③PDFビューワー (Adobe Acrobat Readerなど :無償ダウンロード)

以上3つです。


●準備しておくこと
事前にクレジットカード会社の「本人認証サービス」に登録しておく必要があります。(必須です!
この「本人認証サービス」に登録しておかないと、チケットの支払いの時にカード認証エラーの表示が出てしまうので、支払い/予約を完了することができません。
私はこれをやっていなかったため、なかなか予約ができませんでした。
また、「本人認証サービス」を受ける際には、「カードの暗証番号」が必要となりますので、もし忘れてしまっている場合には、事前にカード会社に連絡し、カードの暗証番号を確認しておかなければなりません。(時間がかかります。)

「本人認証サービス」を受ける方法は、各カード会社によって違うと思いますが、基本的にはカード会社のホームページでできると思います。
セゾンカードの場合、ここでできます。
15 本人認証サービス登録 ←セゾンカードのHP「Netアンサー」

さて、ここまで準備できたら、あとは予約手続きに入ります!


●予約内容の記入
AVEの予約は、スペイン国鉄(renfe)のHPから行います。ここでは、AVE以外の列車も予約出来ますよ~。
アドレスはこれです↓
renfe  (http://www.renfe.com/viajeros/index.html)

HPはスペイン語表示ですが、画面上の「Welcome」をクリックすると、英語表記に変更できます。(スペイン語でチャレンジされる方は、そのままでどうぞ!)
01 スペイン語画面 ←最初の画面。スペイン語で表記。

02 英語画面 ←英語表記に変更!
画面中の空欄に必要事項を記入します。(今回は例として、マドリッド-マラガ間AVE往復切符の予約を想定してやってみました。)
1.往復の予約か?片道の予約か?を選択。
2.出発駅の名前を選択(例:Madridを選択)
3.到着駅の名前を選択(例:Malagaを選択)
4.利用人数を選択(例として2人にしました)
5.出発日と帰りの日(往復の場合)をカレンダーから選択
03 発駅 ←出発駅の選択
04 着駅 ←到着駅(復路の場合の出発駅)の選択

すべての事項を記入し終えたら、画面右下の「Search」をクリック!
05 入力完了1

すると、次に、予約日で予約内容に該当する全ての列車(時刻表)が表示されます。
06 列車選定
往復の予約のが場合、左表が”往き”の時刻表で、右表が”帰り”の時刻表です。
もちろん、片道の場合には、往きの時刻表しか表示されません。

表を見ておわかりの通り、ここには、列車名、出発・到着時刻、所要時間、座席クラス、価格が表示されています。
この中で、自分が予約したい列車の価格部分の○をチェックします。(例:図中ので示した部分)
図は、
往路(マドリッド→マラガ)
・10:35発車/ AVE 02112
 Turistaクラス(二等)、価格35.10ユーロ
復路(マラガ→マドリッド)
・09:00発車/ AVE 02093
   Turistaクラス(二等)、価格52.60ユーロ
を選んだことになります。
図はあくまで例としてやっているので、間違えて全く同じところに印をつけないようにご注意くださいね!

ちなみに、割引チケットは、「W」が付いているWeb割引と、「★」が付いているEstrellaの二種類があります。
Web割引の方がより安いです。
で、各々の違いは、、、
Web:出発日の15日前までに購入すると、最大で60%の割引。予約後の日程変更不可。予約キャンセル料は50%の手数料が必要。
Estrella:出発日の7日前までに購入すると、最大で40%の割引。予約後の日程変更には、予約日と同じなら15%、別の日への変更は20%の手数料が必要。
もちろん、Web予約とEstrella予約の両方が設定されている場合には、Web予約の方から早く無くなる傾向にあります。

予約する列車の選択が終わったら、その画面をスクロールして下へ行き、右下にある「Continue」をクリックします。
すると、予約内容の確認画面が出てきます。
07 ステップ2へ ←Continueをクリック。

08 確認 ←予約内容の確認画面。
ここでは、予約日、予約した列車(発車時間など)、座席の種類、価格などを確認します。

そして、ここで忘れないようにしたいのは、下の方にある「Select Seat」をチェックしておくこと。
ここをチェックしておくと、あとで自分の好きな席を選ぶことができます。
何人かで一緒に行くときには、隣り合わせ/向かい合わせなどで席を予約しておくことができますよ~。(席が空いていればの話ですが...)

この画面で予約内容の確認をしたら(間違いがなかったら)、また右下にある「Continue」をクリックします。
※予約内容に間違いがあったら、ここで戻ってください。
ここまで来たら、続いては「個人情報」の入力です。


●個人情報の入力
ここでは、以下の内容を記入します。
①Eメールアドレス (このアドレスに、予約内容確認メールが届きます。)
②氏名 (もちろん、アルファベットで。
③パスポート番号 (たぶん、現地で予約者本人かを確認するため)
④住所 (パスポートに記載されている市町村名と県名)
⑤電話番号 (日本で使っている番号をそのまま入力。局番の間などは空けないで!)
   ※携帯の番号でどうかはわかりません。トライしてみてください。
⑥国名を選択
09 個人情報入力 ←個人情報の入力
(*)マークのついているところの入力は必須です。その他の項目は記入しなくてもOKです。

ちなみに、Type of documentで「Passport」以外で出てくるものは、、、
ID No.:スペインの国籍を持っている方のIDの番号です。
 (=DNI:Numero del Documento Nacional de Identidad)
NIE:外国人専用のID No.(居住許可番号)です。
 (NIE:Numero de Identidad de Extranjeros)
の意味です。
私たち?はこれらを持っていないので、「Passport」を選択します。

★ここでは個人情報を入力するので、気になる方は駅のカウンターで直接予約されることをお奨めします。

入力が完了したら、また画面右下の「Continue」をクリックします。


●座席の指定
このタイミングで座席指定の画面が出たかどうかわかりませんが、とりあえずここで説明しておきます。
予約内容の記入時に、「Select Seat」をチェックしていなかった場合、この画面は現れないと思います。

座席指定の画面が出たら、列車内の座席の絵が現れますので、予約したい座席を必要数クリックするとその席がチェックされます。
変更した場合には、チェック済みの座席をもう一度クリックすれば、チェックを解除できます。

座席のチェックがすんだら、たぶん右下にある「Continue」のボタンをクリックします。
往復の場合、行きと帰りの両方の座席を指定します。


●カード情報の入力
ここでは以下の項目を入力します。
①支払いの種類 (クレジットカード/デビットカード or AVEポイントカード)
②カード番号
③カードの所有者の氏名
④カードの有効期限
⑤カードのセキュリティコード(CVV / CID)
11 カード情報入力
 ←カード情報の入力画面

10 CID ←カードのセキュリティコード(CVV / CID)の表記場所

この画面では、予約内容が表示されていますので、もう一度ここで予約内容を確認しておきましょう!
で、全ての記入が終わったら、画面右下の「Buy」のボタンをクリックします。

★ここではカード情報を入力するので、やっぱり気になると思う方は、駅のカウンターで直接予約されることをお奨めします。
金額は約2倍になりますが、「安全を買う」という意味では良いのかもしれません。。。

Buy」のボタンをクリックすると、次にカード会社の「本人認証画面」が現れます。
21 認証画面
これは、renfeがカード会社に「このカードで支払いをお願いします」と言ってきたことにより、カード会社が「このカードで支払いをされるのは本人ですか?」と確認を求めてきたのです。
この画面が出たら、カード会社のWebサービスのパスワードを入力します。

すると、予約完了の画面が現れます!!!
そしてしばらくすると、、、あなたのメールにrenfeから”予約完了”のメールが送られてきます!

しかし...
ここで安心してはいけません!!
次のことをやっておきましょう!

①チケットのプリント予約完了の画面の右下に「Print」もしくは「Imprimir」というボタンがありますので(印刷の意味)、これをクリックします。
すると、チケットのPDFファイルが開きます。
20 Ticket ←チケット
ファイルが開いたら、これを必要数プリントします。
予備の分を含めてプリントしておくと良いです。

②PDFファイルの保存送られてきたチケットのPDFファイルは、念のため自分のPCに保存しておくと良いでしょう。
無くしてしまった場合にも対応できます。

...まぁ、最悪やっておかなくても大丈夫ですけど...やってくことを薦めます。

で、最悪プリントなどを忘れてしまった場合...
以下の手順で、予約内容の確認/チケットのプリントができます。
①renfeから送られてきたメールを開く。
②メールの中で、"Localizador"と書かれている部分のコードを書き留めます。これが、あなたの予約コード番号です。
renfeのHPを開きます。
④画面内の「My Journeys. Print Tickets」または「Mis Viajes - Imprimir Billetes」をクリックします。
30 チケットプリント画面 ←クリック位置

次に、予約内容の入力画面が現れるので、ここに必要事項を入力します。
(下の画像を参考にしてください)
チケット確認プリント01

で、必要事項を入力したら、赤矢印で示したボタン「Buscar」をクリックします。
すると、「予約確認画面」が現れますので、ここで右下の「Print」もしくは「Imprimir」というボタンをクリックすると、先ほどのPDFファイルが開かれてプリントできるようになります。

あとはプリントした紙を忘れずに持っていけばOKです!
...のはずです。
(まだ使ってないので。行ってきたらまたご報告します!)

ということで、最後にお断りをさせてください。
★この方法は、私が実際にやってみて成功した方法ですので、もしかしたらこの通りにやってみてダメな場合(予約出来ない)があるかもしれません。でも、もしお困りでしたら、この方法を試してみる価値はあります!!!でしょ? 
★また、何らかの失敗で損害をしてしまった場合、残念ながら責任は負えません。ごめんなさい。あくまで困っている方への参考情報という形で掲載していますので、最終的には自己責任でお願い致します。

では、よろしくお願い致します~。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

2010_10
29
(Fri)12:18

リーガチケットを入手できました!

! Hola. Buenos Dias !

今日は、番外編と言うことで、『個人でのリーガ・チケットの入手方法』について書いてみたいと思います。

ただし、私も今回 個人でチケットを入手したのは初めてで『こうすれば絶対チケットは入手出来ます!』とも言えないです。
あくまで『私はこうやって入手しました』という経験をお話しさせてもらうだけです。
ですので、私がお話しした方法でチケットが入手出来なかったとしても、責任は負えませんのでそれだけはご了承くださいね。

さて、早速リーガ・チケット入手の話ですが、、、

みなさん、スペインに行ったら、せっかくなのでスタジアムでサッカーの試合を見てみたいと思いますよね?
『でも、なかなかその入手方法がわからなくて。。。』という方が多いのでは?
で、私もその入手方法をネットで調べてみました。
すると、だいたい4-5社ぐらいのチケット代行業者を見つけることができます。
(私も、以前ガイドブックに載っていた『チケット代行業者』にお願いしたことがあります。)

そこで、もしあなたが...
①自分でチケット予約をする方法がわからない。
②現地でチケットを入手する時間がない。(ツアーなど)
③スペイン語が全くわからない。

などの場合、多少金額が高くても、このチケット業者にお願いすることをおすすめします。

業者さんにお願いすれば、確実に入手してくれるでしょうし、チケットを宿泊しているホテルに届けてくれる場合もあるので便利です。
また、現地でチケット代行をしている人たちの生活に貢献してあげるのも必要ですしね。。。
(私も、スペインに行ったら、こういうのも生業の一つにするのも良いかもと思っているので。。。)

しかしながら、ネットで購入する場合、
『(チケット購入時に)カード番号とか個人情報とか、こんなに出しちゃっていいの?』、『本当にこの業者は信用できるのか?』とか『ちょっと高すぎるなぁ。。。自分で何とかできないかなあぁ。』などと思っている人は結構いるようです。チケットには高いお金を支払いますからね~。
(※業者によっては、電話でお願いできるところもあるので、前者の問題はクリアできますよ。)

今回私たちの場合、特に人気のカード(アトレチコ vs バルサ)だったので、チケットもそれなりに高額! 業者さんに見積もりをお願いしたら、\30,000-\40,000/人という値段でした。二人分で\60,000-\80,000ですよ!
ネットでは、『現地でダフ屋を使って。。。』なんて話にもよく目にするのもわかる気がします。
でも違法らしいですから。。。それは。

ということで、必死でチケットをゲットする方法を探してみました。

すると、一つの方法が!
そう、リーガのクラブチームの公式ホームページでチケット予約をしているんです。
ただし!日本語の公式ホームページでは、チケット販売はやってないです。(たぶん...)
http://www.fcbarcelona.jp/ ←ちなみにバルサの日本語HPにはありませんでした。

実は、スペイン語版のHPにはあるんです!!!
参考に下のサイトを見てみてください。
FCバルセロナ
レアルマドリッド
アトレチコ・マドリッド

スペイン語がわからない場合、Googleの翻訳機能を使っても良いですが、それが難しい方は
次の単語(スペイン語)を見つけてすすんでくださいね。

・チケット(入場券) → entradas
・チケット販売    → Venta entradas
・チケット購入    → Comprar entradas

私の見た限り、主要なチームのサイトには、必ずチケット販売『entradas』があります。
各チームのサイトの中の『entradas』をクリックすると、そのチームのチケット販売のページへいくことができます。
特に、リーガの主要チーム(アトレチコ, バルサ, レアルマドリー, エスパニョール, バレンシア)は、全て『ServiCaixa』というページへつながります。
実はこの『ServiCaixa』は、スペインの銀行『La Caixa』がやっている『チケット販売業務』を専門に扱っている会社なんです!銀行なので信用はあるでしょ?
http://www.servicaixa.com/nav/es/index.html ←ここのページです。
(※注:バルサのサイトでは、独自販売もやってるみたいです。)

ちなみに、、、
この『La Caixa』は、スペインのバルセロナに本部を置いている銀行で、場所はFCバルセロナの本拠地『カンプ・ノウ スタジアム(Estadi Nou Camo)』の近くにあります。地下鉄のMaria Cristina(マリア・クリスティーナ)駅を降りてすぐのところです。
barcelona la caixa←写真中の左の黒いビルです。

で、このHPにアクセスし、ページ左側の『 Deportes(スポーツ)』の欄で、チケットの欲しいチーム名をクリックすれば、、、もう各チームのチケット予約のページにはいることができます!!!

例えば、アトレチコの試合のチケットが欲しい場合、このような手順でいけばよいですよ。

①次のページで、ページ左側の上から三つ目の『comprar entrada: Alt. de Madrid』をクリック。
②そして次のページでは『Recintos』のタグをクリックしてから、『Estadio Vicente Calderon 』をクリック。
 続いて、『CLUB ATLETICO DE MADRID,S』クリック。
③次のページでは、見たい試合の青字になっている部分『OO:OO Iniciar compra』の部分をクリック。(訳:OO時発売開始)
④?Cuantas entradas quieres?(何枚必要ですか?)が表示されるので、Numero de Entradas(入場券枚数)をプルダウンして必要枚数をクリックして決定する。
 終了したら、ページ右にある『Continuar』(続く)をクリック。そして次のページへ。
⑤このページでは、スタジアムの席と値段が表示されます。
 スタジアムの予約したい席の位置にマウスをもっていってクリックすると、更に細かいエリアでの『空席数』が表示されます。
 空席があるエリアをクリックすると、
 Libre:空席、Ocupado:予約済席とともに、予約が指定された席としてAsignado:が表示されます。
 空席を自分でクリックして選ぶこともできるのかも知れませんが、、、私はできませんでした。
 もし、他のエリアの席に変更したい時は、『Volver ....』(戻る)と表示してある青文字の部分をクリックすれば、前の画面に戻ることができます。
 席が決まったら、『Continuar』(続く)をクリック。
⑥すると、次に支払いの合計金額が表示されます。これでOKであれば、更に『Continuar』(続く)をクリック。
⑦次のページでは、カードの願号などを入力します。
 
 ・Nombre 名前
 ・Primer apellido 姓
 ・Segundo apellido 
 ・E-mail 電子メールアドレス
 ・Telefono movil 携帯電話番号
 ・Numero de tarjeta カード番号
 ・Fecha de caducidad (カード使用期限) Mes(付き), Ano(年) 
 ・Codigo de seguridad (CVV) :セキュリティーコード番号
  
  ※Mas informacion (カードのセキュリティコード番号の)表示位置
  ※Cerrar 閉じる

この入力が終了したら、更に『Continuar』(続く)をクリック。
これでチケットの購入は完了です!
pan015
(のはずです。。。もしかしたら『Comprar』(購入)をもう一回クリックする必要があるかも?)

購入手続きがすると、しばらくしてあなたのメールに、
ServiCaixaから
『ServiCaixa - Confirmacion compra entradas para Club Atletico de Madrid, S.A.D』
(アトレチコのチケット購入に関する情報)が送られて来ます。↓
mail

ここには、次のことが書かれているはずです。

Evento イベント名
Recinto 開催場所
Dia 開催日
Sesion 対戦表
Atencion 注意事項
Cantidad 購入枚数
Zona ゾーン
Asientos 座席位置
 Sector セクター
 Fila 列
 Asientos 席番号
Recogida de entradas チケットの受け取り


で、チケット(バーコード/QRコード)の受け取り方法は、次の三つの方法があります。

①現地(スペイン)の自動発券機でチケット受け取る。
La Caixa CD billete fotbol

②携帯電話にスタジアム入場用のQRコードが送られてくるので、これでスタジアムに入場する。
2010 la caixa phone

③PCにEメールでQRコードが送られてくるので、それを自宅のプリンタで出力すると、それが直接入場券となる。

La Caixa print

でも、たぶん、、、①しかできないようになっていると思います。

なので、スペインにいったら、街中で『La Caixa』銀行のオフィスを探し、自動発券機(たぶんCD機と兼用)で発券してください。

一番確実なのは、スタジアムにある発券機を使うこと。そうすれば近くの人に聞いても発券の仕方を教えてくれますから。
↓自動発券機は、上の写真以外にもはこんなもののあるみたいですよ。
http://www.servicaixa.com/nav/landings/es/recogidadeentradas/index.html
↓街のどこに発券機があるかは、ここで検索できますが、これはちょっと難しいです。
http://portal.lacaixa.es/apl/localizador/cajeros.index_es.html

発券をする時、この自動発券機の液晶画面をタッチして操作していきます。
英語ができる方なら、英語バージョンでの説明を選べば大丈夫です。
スペイン語(単語)で操作される方は、、、
entradas チケット/入場券
recoger 受け取り
tarjeta de credito クレジットカード

の単語を頼りに進んでいけば何とかなると思います。が、もしスペイン語の翻訳機をお持ちなら、持って行かれた方が無難です。
このとき、くれぐれも『日本でチケット予約した時のクレジットカードを持って行くことを忘れずに!!!

ということで、多少の難関はあるかもしれませんが、値段を考えたら絶対やってみる価値はあります!!!
また、なにか疑問・ご意見などありましたら、このブログへお寄へください~。

では。
! Hasta luego !

注! 
今、スペインの街中で買い物をする際、クレジットカードの使い方が変わっているのでご注意ください!!!
以前は、①カードと②パスポートもしくはそのコピーの提示、そして③サインをする必要がありましたが、現在は①カードと②カードの暗証番号の入力が必要です!!!
もし、クレジットカードの暗証番号をお忘れの場合、日本で暗証番号の確認をしてから行かれることをおすすめします!!!
全て現金でも良いですけど。。。危ないですからね。

にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2010_09
09
(Thu)14:21

とうとうゲット!....できたけど...


! Hola !

昨日はすごい雨でしたね!
電車も結構止まっていたようで。。。
でも今日はまた暑い日が帰ってきました。
そろそろ涼しい日がきて欲しいですね~。

さてさて。
今日は、以前から気にかけていたサッカーのスペインリーグ(リーガ・エスパニョーラ)のチケットの予約をしてみました。
前回は日本の代理店にお願いしてみようかといろいろ探してみたのですが、値段があまりに高い(二人で6万円ぐらい。)のと、予約時に入力する個人情報が多すぎたり、予約後は現地の会社に任せっぱなしだったりと、あまり信用できないので予約はしませんでした。
今回は、直接オフィシャルのホームページにアクセスして予約を試みてみました!
(今日からネット予約開始と聞いていたので。。。)

すると、、、、なんと!もう予約が始まっているではないですか!!!
しかも! 人気カード(アトレチコ・マドリ 対 FCバルセロナ戦)ということもあってか、ほとんどの席は予約で埋まってしまっていました!!! (うぇ~ん...涙...)

で、慌てて予約シートに記入して、チケット予約をしてみましたら。。。
できましたぁ!!!
連番の席でゲットです!!!
値段も、以前の半分以下!(それでもちょっとお高いですよね~。)

残念なのは、座席位置。
端っこの方なんです。(下のスタジアムマップ参照。)
「このあたり」と書いてあるところを予約しました。
sutadium

このスタジアム(ビセンテ・カルデロン・スタジアム)は、マドリッドの南側にあり、スタンドの一部(上の図の紫色部分)が高速道路の上に出ているのが特徴です。
 ↓詳しくは、下のアドレスで。
http://waka77.fc2web.com/studium/603spain/02Calderon.htm

ちょうど私たちの予約した座席は、その高速道路の真上に当たるところです!!!
サッカー観戦にはちょっと遠い席ですが、特徴的な席なのでけっこう楽しめそうです!

もちろん、試合にはワールドカップを賑わせた超有名選手が出ますよ!
ご存じの通り、ホームのアトレチコ・マドリッドは、
・ディエゴ・フォルラン (ウルグアイ:ワールドカップでMVPをとりましたよね~)
・セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン:マラドーナ監督の娘さんの旦那さんでもあります。)
・シモン (ポルトガル)/レジェス(スペイン)
あたりが有名です。

対するFCバルセロナは、ご存じの通り、
メッシ、ビジャ、シャビ、イニエスタ、、などなど。
ワールドカップで活躍したメンバーがたーくさんいるんです。

そんな素晴らしい試合何ですが、、、
不安なことが。

実は、、、予約は出来たのですが、チケットはどこで受け取ったらいいのか???
わかってないんです。
予約完了の返信メールは来たのですが、全てスペイン語で書かれているので。
(多少スペイン語は理解できるつもりですが、、、これは難しいです。)

これから、メールの内容を訳してみて、どうしてもわからなかったら。。。宿泊するホテルで聞いてみようかと思っています。
まだ、出発までは日があるので、それまでになんとか調べてみます~。
わかったらまたブログに掲載しますので、楽しみにしていてください~。

では。