2012_09
28
(Fri)08:30

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その6)

! Hola, amigos !  

今回は、カルモナのお昼ご飯とセビージャまでの帰り道の様子をお届けします。

パラドールまで行ってみたものの、街のまわりにはひまわり畑は皆無...
ガッカリしながらも街を散策し、サン・フェルナンド広場まで戻ることにしました。

こちらはその途中で発見した宿屋。 レストランもやっているようです。 (Molino de Romera) 
  0925 Calle de la Puerta Marchena ←15~17世紀に建てられたもののようですね。

通りの名を表すタイルも綺麗につくってありますね~。
  0927 Calle de Sor Angela de la Cruz ←ソル・アンヘラ・デ・ラ・クルス通り

このあたりは、アンダルシア地方らしい白い壁に囲まれた小道が続きます。 天気が良くて青空が出ていたらよかったのですが...
  0931.jpg 0932.jpg ←カルモナの白い道
コルドバに近いだけあって、パティオも綺麗に飾られています。
写真中央にあるピンク色の花は、鉢植えの紫陽花です。
  0933.jpg ←街中の家のパティオ。
街の雰囲気を楽しみながら歩いていると...
街中の空き家らしき建物の中に、子猫を発見!
  0935.jpg ←こんにちは~。
更に歩いて行くと、ベランダにこんな飾りを付けたところがありました。
なにかのお祭りのための飾りなんでしょうか???
  0942 Calle de Martin Lopez ←しかも何でつくってあるんだろ??shie hatena

ようやくサン・フェルナンド広場に戻ってきました。
広場には、タイルで装飾されたこんな建物がありますよ。 ここは、バル・ゴヤ(Bar Goya)と言うらしいです。
  0944 Bar Goya ←タイルで飾られイスラム調になってますね。

広場まで戻って来たところで、お昼ご飯にしました。 
お店を探すのも面倒くさいので、先ほど休憩したお店にしちゃいました。
お願いしたのは、”日替わり定食”×2。 安く済ませちゃいました。
でも、安くなった分、ビール飲んじゃったんですけど... 

で、最初のお皿は野菜系。。。
まずはサラダと茄子を揚げたのにナッツがかかってるもの。
  0945 Bar Plaza 0946 Bar Plaza ←最初の一皿目。

その次は、お肉系の物とイカの揚げ物。 魚介系の揚げ物はアンダルシア地方の名物です。
でもイカはちょっと揚げすぎで、少し固かったなぁ~。 ほんとはフンワリした感じなんですけどね~。
  0947 Bar Plaza 0948 Bar Plaza

最後のデザートにはメロン。 メロンというよりは、ただの”瓜”に近いかも。。。
  0949 Bar Plaza ←デザートの”瓜”
ビールも何杯か飲んでくつろぎの昼ご飯をいただきました~。
食事をしている他のテーブルの人たちも、他の店に行ってアイスを買ってきて食べたり...かなり自由に過ごしているようでした。

お腹いっぱいになったら、あとはバスで帰るだけ。
帰りのバス停まで、ぶらぶらと歩きながら帰ります~。
で、これがバス停あたりからの景色。 サン・ペドロ教会セレソと劇場が見えますね。 サン・ペドロ教会の先頭の上には、女性の”風見鶏?”がついているんですね~。 セビージャのヒラルダの塔と一緒です。
  0952 Iglesia de San Pedro 0958 Iglesia de San Pedro ←サン・ペドロ教会

そして、のんびりとバスを待っていると、近くの建物の上にコウノトリがとまっているのを発見しました!
”スペインにはコウノトリがたくさんいます。” とは聞いていたものの...
生で見るのは初めてです~
  0956 Carmona ←コウノトリ発見!!!

そんなこんなしているうちにバスが到着。 バスで切符を買ってセビージャまで戻ります。
帰り道では、ところどころひまわり畑があったので、車内からそのひまわり畑を撮影しましたよ。 
カルモナではまったく見られませんでしたからね~。
 0964 Carmona-Sevilla
↑ バスからはこんな感じで見えますよ~。
動きながらなのでだいぶブレちゃってますね。 
こんな感じのところもあります。
  0961 Carmona-Sevilla 0969 Carmona-Sevilla
カルモナで見られなかった分、もう一枚のせちゃいます~。
 0970 Carmona-Sevilla
『たくさん見れたじゃない!』って思うかもしれませんが...実際のところは所々にしかありませんでした。
カルモナに行くより、途中の方が1杯ひまわりが咲いてたなぁ。。。

と感じているうちに、バスはセビージャのサン・ベルナルドに到着です~。 
  0982 San Bernardo
サン・ベルナルドからは、ホテルまでぶらぶらと歩きながら帰りました。
途中で、昔の駅舎みたいなところを見つけましたよ~。 入口に”Mercado”って書いてあったので、市場として使われているんですね~。
後で調べて見ると、"Mercado Puerta de la Carne(肉の門市場?)" という名前の市場でした。
  0983 Mercado Puerta de la Carne 0984 Mercado Puerta de la Carne
もうしばらく歩いて行くと、ヒラルダの塔が見えて来ました~。
なんか『帰ってきた~』って感じで、ホットするなぁ。。。
  0986 Avenida de Menendez Pelayo ←ヒラルダの塔
そして、Calle Demetrio de los Rios:デメトリオ・デ・ロス・リオス通りまで来ると、こんな趣のある橋がありました。。。
ちなみに、橋はありますが川はありません。 
  0989 Calle Demetrio de los Rios
こんな街かどの景色が見られるようになると、さらにセビージャに帰ってきた感が増してきます。。。
  0990 Calle Santa María la Blanca
ここまできたら、もうホテルまではすぐです。

この日の散策はここまで。
あとは休養して、明日の散策に備えました~。

では。     
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012_09
26
(Wed)08:00

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その5 パラドール)

! Hola, amigos !  

今日は、スペイン・カルモナの街の パラドール(国営ホテル) をご紹介します。

では、早速『このパラドールのご紹介!』...といきたいところですが、その前にやっぱりこの街の歴史を少しお話ししておかなければならないでしょう。
  rakugoka_lay.gif
このカルモナという街は、地形的にちょっとした高台の上につくられているため、大昔(ローマ時代以前)から軍事的な要衝として発展してきました。
イベリア半島をイスラム教徒(モーロ人)が支配していた時代には、既に現在のパラドールのある場所に要塞が築かれていたそうです。
  
そして、このカルモナの街がスペインの歴史上に登場したのが、14世紀のカスティーリャ王ペドロ一世(Pedro primero)が統治していた時代。
この地に、ペドロ一世がイスラム教徒がつくった要塞を改築して宮殿にしたことがはじまりです。
この宮殿には、ペドロ一世自身と愛する女性マリア・デ・パディーリャ(Maria de Padilla)とが住んでいました。 当時の宮殿の大きさは、現在パラドールとして使われている部分の4倍ほどの大きさだったそうです。
ちなみに、このマリア・デ・パディーリャという方は、正妻(政略結婚させられたブランカ・デ・ボルボン) ではないのですが、一生涯ペドロ一世の寵愛を受けていた方だそうです。
現代風にいうと”愛人”ってことになるのでしょうが、、、政略結婚が多い時代で当人同士の意志が尊重されなかったでしょうから、まぁこういうことも仕方がないことだったのかもしれません。
  angel_2.gif

このカルモナの街に宮殿をつくった ペドロ一世 という方は、スペインでは ”残酷王(Pedro el Cruel)” という呼び名で有名です。
なぜそう呼ばれたかというと...
簡単にまとめると、次の二つのことが原因のようです。

・ペドロ一世は幼くしてカスティーリャ国の王様になったため、身内の権力争いに巻き込まれ、王位を守るために何人もの異母兄弟を殺害したから。
・私利私欲に走る王族や貴族から土地や特権を取り上げて貧しい人たちに分け与えたりした。このため貴族などから恨まれる結果になった。

一方、民衆に対しては貧しい人々を救済したり、法に基づいた政治を行ったりして、腐敗していた世の中を立て直したりしたため、国内の治安は良くなったそうです。 このため、民衆からは 『正義王』 とも呼ばれ、親しまれていたそうですよ。
   king.gif

ペドロ一世は、セビージャを中心として国を治めた方で、現在のセビージャの アルカサル を完成させた方です。 このためアルカサルは別名”ペドロ一世宮殿”とも呼ばれているんですよ。(もとはイスラム時代につくられた宮殿でした。)
また、このペドロ一世という方は、 『ターバンを巻いていないアラビア人』 と言われるぐらいイスラム文化を愛した方ですので、居城であるアルカサル(アラビア語で”城”の意)も全体がイスラム調(ムデハル様式)でつくられています。
ここを訪れた事がある方は、きっと『ここはグラナダのアルハンブラ宮殿に似てるなぁ~。』と思われたはず。。。
それもそのはず、このアルカサルは、ペドロ一世がグラナダからアルハンブラ宮殿の建設に携わったイスラムの職人などを呼び寄せてつくらせたものだからです。
(後日、このアルカサルもご紹介しますね~。)

そして、今回のカルモナの宮殿。
すでに荒れ果てていたイスラムの要塞を、アルカサル同様にペドロ一世がイスラムの職人を呼び寄せて改修させ宮殿にしたところ。 そんな歴史のある宮殿が、現在ではパラドール(国営ホテル)になっています。
もちろん宿泊できますので、興味が湧いた方は一度お泊まりになってみてはいかがですか?
(最近では、カルモナのパラードルでの宿泊がツアーに組み込まれているものもありますよ。)

ということで、そんなカルモナのパラドールを紹介していきま~す。

ここがパラドールへの入口です。 石造りの大きな城門です。
  0865 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←パラドールへの入口
堂々としたつくりですね~。 近くに行くとパラドールの看板が見えて来ました。
  0868 Parador Alcazar del Rey don Pedro 0867 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←パラドールの看板

この門の中で上を見上げると、天井にはイスラム時代に描かれた模様を見ることができます~。
  0869 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←イスラム時代に描かれた模様(拡大してみてね)

門を一つくぐるとまたもう一つの門が。。。 
日本の城と同じで、すんなり場内に入ってこられないように、二つの門の入口はずらしてつくられています。
  0870 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←二つ目の門
門をくぐると、中のパラドールの建物が見えてきます。
  0871 Parador Alcazar del Rey don Pedro
建物の正面入り口の上の紋章は、ペドロ一世の紋章と言われてますが...これは、カスティーリャ・イ・レオンの紋章っぽいですね~。
  0872 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←入り口上に描かれた紋章

で、早速中に入ってみることに。
中に入るとすぐ左手にホテルの受付があります。 そこで 『中のバルを利用したいんですけど。。。』 などと説明してから中に入っていきます。そうすれば誰でも入ることができますよ~。 また、レストランも利用することができるようです。

受付の次にある部屋は、 ”Salon de Espalda:剣の間” と呼ばれているところで、その名の通り剣や王冠などが展示されています。 展示品はもちろんレプリカですよ。
  0873 Parador Alcazar del Rey don Pedro 0874 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←剣の間
この剣の間の右手には、 ”Patio de Fuente:噴水の中庭” があります。 この中庭でお茶することもできるようです。
  0875 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←噴水の中庭
そして、剣の間を更に先へと進んでいくと、ここもお茶のできるホテルのロビーみたいなスペースがあります。
  0876 Parador Alcazar del Rey don Pedro 
この左手にバル・カウンターがあり、更にその奥にレストランがあります。

また、右手奥には、 ”Salon de Bermejo:赤の間” と呼ばれている部屋があるのですが、今回は開いていなかったので入ることはできませんでした~。
  0877 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←正面奥の部屋が”赤の間”。

という感じですが、私たちは ”ここのテラスからの景色が素晴らしい!” ということでしたので、まずバルで飲み物を注文して、とりあえず 『テラスに出てもいい?』 と聞いて了解を得てから外へ。
外のテラスはこんな感じになっています。
  0878 Parador Alcazar del Rey don Pedro 0879 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←パラドールのテラス

で、待望のテラスからの眺めはというと。。。こんな感じ!
期待されたひまわり畑は全くなし!  アンダルシアの大地が広がってるだけです~。 Gaan.gif
しかも、曇ってて景色もイマイチという結果...う~ん、残念。
  0880 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←パラドールのテラスからの景色
真ん中水色のものは、ホテルのプールです。
テラス左方向の景色→0881 Parador Alcazar del Rey don Pedro 0882 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←右方向の景色

『え~っ! っこまで来たのに一本もないの~。』と、目を皿のようにして一生懸命探した結果、、、ありました!  ようやく見つけたひまわり畑がこれです!!!
  0883 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←なんとか見つけたひまわり畑! でもちっちゃい。。。 pan006
ということで、 ”ひまわり畑に囲まれた街” という私たちの期待は見事に裏切られた結果になってしまいました~。 
カルモナ、ちょ~ガッカリ。。。

仕方がないので、飲み物を飲みながら次の計画を練ることにしました。
  0884 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←テラスにてくつろぎ中。。。

こちらの写真は、テラスから見た中のレストランの様子。 なかなか雰囲気は良さそうです。
  0885 Parador Alcazar del Rey don Pedro
そしてこっちは、スペインのパラドール(国営ホテル)であることの証です。
  0886 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←パラドールの証明。

残念ながら見渡す限りのひまわり畑は見ることができませんでしたが、パラドールの中をちょっと拝見できたので、今回はとりあえずそれでヨシとすることにしました。 また次回...ということで。

で、来るときにくぐってきた門を出て、パラドールを後にしました。
  0887 Parador Alcazar del Rey don Pedro
街から見えるまわりの景色です。 6月末に訪れたのに、何かもう秋の景色にも見えますね~。 aute kaede 
  0888 Calle de la Puerta Marchena ←カルモナの街のまわりの景色
そんな景色の中に、山羊?を飼っているところをみつけました。
あまりにデカイので、『牛?』と思ってしまいましたが、やっぱり山羊でした。
  0889 Calle de la Puerta Marchena ←いるのは山羊だけ。搾乳用ですかねぇ。
しばらく歩いて振り返って見ると、先ほどのパラドールがこんな感じで見えました。
こうやってみると、なかなかなもんですね~。
  0923 Parador Alcazar del Rey don Pedro ←崖際に建つパラドール

採取的に、期待されたひまわり畑は見られなかったですね~。
天気もあまり良くなくて残念な散策になっちゃいました。。。
  pan004
そこで、その気持ちを込めて最後の一枚。
初夏なのに秋の雰囲気のになっちゃってる今回のカルモナのイメージで、道端の枯れ草とその背景に唯一あったひまわり畑を入れて撮影してみました。 
  0890 Calle de la Puerta Marchena
  
ということで、今回カルモナのパラドールの紹介は終了です。
次回は、”カルモナの街でのお昼ご飯”や”セビージャまでの帰り道に見られたひまわり畑”などをご紹介しま~す!
では。
! Hasta luego !  
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村   
2012_09
22
(Sat)02:10

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その4 コルドバ門)

! Hola, amigos !  

今日は、久しぶりにスペインのカルモナの街の散策したときの様子をお届けします。

カルモナの旧市街の中心にある ”サンタ・マリア教会:Iglesia de Santa Maria” を見学し終わったら、引き続き街の反対側にある ”コルドバ門:Puerta de Cordoba” を目指して歩いて行きま~す!
教会からしばらく歩いて行くとこんな景色が広がりますよ。
  0805 Convento de Santa Clara y Hospital de la Caridad ←ちょっとイスラム調の建物
正面に見える教会みたいな建物は、 ”Hospital de la Caridad(慈善病院)” と呼ばれている建物で、1510年に貧しい人々のためにアルコス公爵が建てた病院です。 だから慈善病院って呼ばれているんでしょうねぇ。
で、手前右側にある建物は、 ”サンタ・クララ修道院:Convento de Santa Clara” です。

慈善病院とサンタ・クララ修道院の間の小道に向こうには、ちょっと変わった感じの建物があります。 
  0809 Hospital de la Caridad ←小道の向こうに見えた建物。
この建物は、 ”友愛の家:Casa Hermandad de la Columna” って言います。
名前にある ”columna” というのは ”円柱・支柱” という意味です。 なので、入口の扉の上に、 ”円柱” の絵が描かれたタイルがあります。 
  柱の絵 ←扉の上にある ”円柱の描かれたタイル”

ここからコルドバ門までは、こんな感じの通りが続きます。
  0812 Calle de Dolores Quintanilla ←コルドバ門へと続く通り。
通りを歩いて行くと、こんな感じの犬にも出会いました。 
  0815 Calle de Dolores Quintanilla ←一匹で散歩中。

さてさて、こんな感じで歩いて行くと...
しばらくして目的のコルドバ門に到着しま~す。
で、これがそのコルドバ門。 街の中から見るとちょっと小振りな門ですねぇ~。
  0819 Puerta de Cordoba 0827 Puerta de Cordoba ← カルモナのコルドバ門です。
次は、門を出て外側から見てみました。
外から見ると、あらら...結構大きい! 堂々としてます!
  0832 Puerta de Cordoba ←街の外から見たコルドバ門

コルドバ門を見たら、最後に今回期待の ”見渡す限り広がるひまわり畑が!” ...って....全然無いですねぇ。。。
ひまわりの”ひ”の字もありません!!! なっ...なんで~っ!!!
  0835 Puerta de Cordoba ←コルドバ門からみた景色pan006
『ひまわり畑はいったいどこにあるんじゃぁ~!』

『きっとパラドールのテラスから見える景色にひまわり畑があるはず!』
ということで、ひまわり畑を求めて次は ”カルモナのパラドール:Parador de Carmona” へと向かいます。

コルドバ門からパラドールへと向かう通り(Calle de Calatrava)。 とってもアンダルシア地方っぽい通りです。
  0843 Calle de Calatrava ←Calle de Calatrava:カラトラバ通り
通りを歩いて行くと、観光客のカップルが。 なかなか絵になる風景ですなぁ。。。 
  0849 Calle de Calatrava ←観光客っぽいカップル。
修道女の方が出てくると、さらに雰囲気が出ますね~。
  0857 Calle del General Freire ←通りを歩く修道女。 もっと雰囲気良く撮りたかったんですけどね~。 残念~。

パラドールが近づいてくると、水色に塗られた可愛らしい壁のお家が見えて来ます。
で、気になったのがそのお家の入り口にあったいくつかのタイル。。。 何やらいろいろと書いてあります。
  0855 Calle del General Freire 0864 Calle del General Freire ←水色の壁のお家。
上のタイル二つには英語で...
『ネコに注意!』
『犬に注意!』
と書いてあり、三つ目のタイルにはスペイン語で
『犬に注意!』
と書いてあります。
四つ目には...
『飼い主(主人)に注意!』
って書いてあります~(笑)
で、最後の五つめには、
『この家は神が祝福をくださいました。』
と書いて締めくくってあります~。

ということで、今回のお話はここまで。
最後にここまで散策したカルモナのルートを掲載しておきます。
  カルモナマップ ←カルモナの散策ルート。

次回は、カルモナのパラドール(国営ホテル)の様子をお届けします。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_09
04
(Tue)11:30

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その3 サンタ・マリア教会)

! Hola, buenos dias !  

今日ご紹介するのは、カルモナの街の サンタ・マリア教会(Iglesia de Santa Maria) 。
カルモナの街を訪れたら、是非いってみていただきたい教会の一つです。
では、早速ご紹介しま~す。

教会に入る入口のところは小さな広場(Plaza del Marques de las Torres)になっていて、中央には修道女の像が立てられています。
  0775 Plaza del Marques de las Torres ← Plaza del Marques de las Torres (マルケス・デ・ラス・トーレス広場)
この修道女の方は、 ”サンタ・アンヘラ・デ・ラ・クルス(Santa Angela de la Cruz)” という方です。
  0776 Plaza del Marques de las Torres ← Santa Angela de la cruz
1846年にセビリアで生まれ、修道女として貧しい人たちを助けることに専念していた方です。
カルモナの街でも偉大な仕事をされたため、ここにその記念碑を建てたそうです。(2008年)

さて、次は教会の入り口を入っていきます。
  0777 Prioral de Santa Maria ←教会への入り口

入口を入ると、すぐ右手に受付が有りますので、そこでチケットを買って(3ユーロ)中へと入っていきます。
  チケット パンフ ←チケットとパンフレット

中に入ると、まずは ”Patio de los Naranjos:オレンジの中庭” があります。
確かに木にはオレンジがなっていますね~。(写真を拡大して見てね!)
  0778 Prioral de Santa Maria 0793 Prioral de Santa Maria ←オレンジの中庭
ちょうど私たちがいるときに、修道女の方もいらっしゃいました~。

で、次はこの庭の奥にある教会の中へと進んでいきます。
  0779 Prioral de Santa Maria ←教会の中への入口

建物の中は、結構薄暗い感じ...。 そして、中はとっても広いです。 
その薄暗い中、中央にはきらびやかな主祭壇が浮かび上がって見えます。
  0786 Prioral de Santa Maria ←主祭壇
まわりが暗い分、ステンドグラスがより美しく見えますね~。
  0785 Prioral de Santa Maria 0780 Prioral de Santa Maria ←素敵なステンドグラスですね~。

それから、この教会に来たら是非見ておきたいのがこの天井のアーチ。
  0782 Prioral de Santa Maria ←教会天井のアーチ


教会の中はこんな感じになってますよ。
マップの中のが主祭壇の場所です。
教会マップ ←教会内部のマップ(拡大して見てね)
これを見ると、教会への入口は、オレンジの中庭(Patio de los Naranjos)からと、その反対側の ”Puerta del Sol(太陽の門)” からも入れるようになっているのがわかりますね~。
こちらの入口は、いまは閉鎖されているようです。(ミサの時は、こちらから入るのかもしれませんね。)
  0763 Prioral de Santa Maria ← Puerta del Sol
 
教会の中は、正面に先ほどの主祭壇があり、その左隣りには(マップ中ののところ) グレースの聖母の像が祀られた祭壇があります。
  0789 Prioral de Santa Maria ←グレースの聖母の祭壇
中央が光って見えにくいので、そこだけ別撮りして来ました。
  0791 Prioral de Santa Maria ←グレースの聖母像

あとは、教会でのいろいろな行事に使われる”聖具”などもたくさん展示されていました~。
  0795 Prioral de Santa Maria 0797 Prioral de Santa Maria
そしてこちらは、 ”キリストの最後の晩餐” レリーフでしょうか?
ただ...どう数えてみても12人しか見つけられないんですけど。。。もう1人はどこへ行ってしまったの???
  0794 Prioral de Santa Maria ← 多分...最後晩餐では??

教会の建物の中を見終わったら、一旦オレンジの中庭に出てきました。
ここでは、右手奥に螺旋状の階段(写真)があって、そこを登って行くとまた別の展示品が置いてあり、そこもみられるようになっています。 ただし、なぜかそこだけ写真撮影が禁止になっていたので、お見せできる写真がありません。 悪しからず~。
  0800 Prioral de Santa Maria ←教会の展示室への階段。 ちょっとアート。

ということで、サンタ・マリア教会を堪能しちゃいました。

次回は、街の反対側にある ”Puerta de Cordoba:コルドバ門” の様子を中心にお届けします。
では。
! Hasta luego ! 
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_09
03
(Mon)10:10

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その2)

! Hola, amigos !  
? Como estais ?

今日のお話しは、カルモナ散策の続きです。
前回は、サン・フェルナンド広場での休憩の様子をお届けしましたが、今回はその後の街中の散策の様子です。

カルモナといえば『ひまわり畑に囲まれた街』 ということだったのですが、ここまでに期待したようなひまわり畑はまったく見られなかったので(ひまわりが咲いている季節なのに。。。)、『さすがに街の反対のひらけたところに行けば、たくさんのひまわり畑が見られるだろう。』と考え、街の反対側にあるコルドバ門(puerta de Cordoba)を目指して歩いて行くことにしました。
もちろん、その途中ではあちこち見て回りました。

街の中は、こんな感じの白壁の続く路地があって、そこをブラブラと歩いて行くんですよ。
  0736 Carmona 0747 Carmona ←綺麗な白壁の路地
都会だと人影のないこんな路地を歩いているとちょっと危ないですが、こういった田舎町では安心して歩けます。

さて、路地を抜けて最初に向かったのは街の市場(mercado)。
通りからはわかりにくくなっているのですが、入ってみるととっても広々としていました。
  0740 Plaza del Mercado ←街の市場
朝早い時間であればいろいろなお店が開いているんでしょうけれど、訪れた時はどのお店も閉まっていました。
何軒か開いているお店のなかに、お肉屋さんがありました。 
スペインのお肉屋さんは、とっても大きな肉切り用の包丁を持ってますね~。
  0743 Plaza del Mercado ←市場のお肉屋さん
お店が閉まっている市場は、子供たちがサッカーをして遊んでましたよ。
それに、市場のバルには、サッカーゲームも置いてありましたよ。
  0742 Plaza del Mercado 0744 Plaza del Mercado ←市場にあったサッカーゲーム
サッカーゲームの方は、ユニフォームからするとレアル対バルサってとこですね~。

市場の出入り口には、1844年って書いてありますね。 この市場は、150年ぐらい前からやっているんですね~。
  0745 Plaza del Mercado ←市場への出入り口

市場を出たら、また先ほどのような小径を歩いて行きます。
青空だったらもっと綺麗な感じになるんですがねぇ...
  0746 Calle de Dominguez de la Haza 0754 Calle de Ramon y Cajal ←カルモナの路地

カルモナは、このような狭い路地がたくさんあるので、観光客のためにこんな道しるべ(観光ルートの表示)が道に付けてあります。
  0762 Carmona ←道路にある観光ルートの表示

路地を歩きながら、街の奥へ奥へと進んでいきます。
と、途中で窓辺に咲くあじさいを発見しました! そういえば、6月ですからあじさいの季節ですね~。
  0758 Calle del Sol ←窓辺に咲くあじさい
この路地の向こうに見えるのは、 ”Parroquia de Santa Maria:サンタ・マリア教会” です。

そして、この路地を抜けた右手には、 ”Museo de la ciudad de Carmona:カルモナの街の博物館” があります。
  0759 Museo de la Ciudad ←街の博物館
この博物館は、カルモナ近郊の昔の遺跡などが展示してあるらしいのですが...あまり興味がないので今回はパス。 先を急ぎます。

博物館からサンタ・マリア教会沿いの道を歩いて行くと、カルモナ最大の豪邸と言われる ”Palacio de los Rueda:ルエダ邸” がありました。 ここには、Don Luis de Rueda という方が住んでいらっしゃったとのことです。(何者なの?)
  0769 Palacio de los Rueda ←Palacio de los Rueda
そしてその先には、 ”Casa Palacio de los Aguilar:アギラール邸” が見えます。
  0768 Casa Palacio de los Aguilar 0770 Casa Palacio de los Aguilar
建物の上にある風見鶏? が洒落てますね~。

で、更にサンタ・マリア教会の壁に沿って歩いて行くと、教会の正面入口のところに出ることが出来ます。
教会の正面に出ると、道の対面にも大きな建物Convento de las Descalzas:デスカルサス修道院がありますよ。
  0775 Convento de las Descalzas ←Convento de las Descalzas

こちらの修道院の方には入れませんでしたが、サンタ・マリア教会の方は見学できるようになっていましたので、そちらの方に入ってきましたよ~。

ということで、次回はそのサンタ・マリア教会の様子をお届けします。
お楽しみに~。
  
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_08
30
(Thu)11:30

2012 スペインの旅 (カルモナ散策 その1)

! Hola, amigos !  

久々のスペイン旅行記です~。
今回からは、カルモナの街を散策したときの様子をお届けします。

カルモナの街は、そんなに大きくないので、セビージャからの日帰りで十分にまわることができます。
  0691 Carmona ←カルモナの地図

カルモナの街に来るまで、ちらほらとひまわり畑がありましたが、カルモナの街に入ると特にひまわり畑の様子は見えませんでした。
とりあえずバスの停留所で降りて街の方に向かうと、すぐに街の劇場が現れます。
こんな小さな街にも劇場があるんですね~。 ちなみにこの劇場の名前は ”Teatro Cerezo(桜劇場)” っていいます。 桜好きの日本人にとっては、なんか親しみを感じちゃいますね~。
  0692 Teatro Cerezo ←Teatro Cerezo sakura.gif
ちなみに。
cereso(セレソ)だと桜の木の意味で、cereza(セレサ)になるとサクランボの意味になります。
同じように、olivo(オリーボ)だとオリーブの木で、oliva(オリーバ)になるとオリーブの実になりますよ。

さて、この劇場を右手に見ながら進むと、教会(サン・ペドロ教会)が見えて来ます。
小さな街のわりには、なかなか大きな教会ですね~。
  0696 Iglesia de San Pedro ←Iglesia parroquial san Pedro y san Sebastián de Carmona
それにしても、せっかくの鐘楼なのに、空が曇っていて写真的にはよくないです。。。

で、そのまましばらく歩いて行くと、旧市街の入口の門のところに出ます。
この門は、街からセビージャの方へ行くときに通る門なので ”Puerta de Sevilla:セビージャ門” と呼ばれています。
  0697 Puerta de Sevilla ←セビージャ門
では、早速門の正面にある入口に入っていきましょう!
  0705 Puerta de Sevilla ←セビージャ門の入口
門を入るとすぐ右手のところにインフォメーションがありますので、中に入って街の地図をゲットしましょう。
  0708 Oficina de Turismo ←ツーリスト・インフォメーション

インフォメーションで地図をもらったら、門を抜けて旧市街の中に入ってみます。
旧市街の中からセビージャ門をみると、こんな感じで見えますよ。
  0711 Puerta de Sevilla ←中から見るセビージャ門

門をくぐったところはちょっとした広場(Plaza del Palenque)になっていて、ここから街中に向けていくつもの通りがのびています。
私たちは、その通りのうち、正面にあるCalle de Prim(プリム通り)を通って観光の中心となる”Plaza de San Fernando:サン・フェルナンド広場”に向かいます。
  0716 Calle de Prim ←日除けが張られたプリム通り
で、この通りをしばらく行くと、サン・フェルナンド広場に到着です~。
広場には、街の人たちがたくさん集まってました。 おじいちゃんたちも仲良く並んでベンチに座ってます。
  0719 Plaza de San Fernando 0721 Plaza de San Fernando ←サン・フェルナンド広場

セビージャからここまで休み無しに来ちゃったので、とりあえず広場に着いたら休憩をとることにしました。
はビールで、はクラーラ(clara)を頼みました。
  0726 Bar Plaza ←左がビールで、右がクラーラ。
※クラーラ:ビールをレモン炭酸でわったもの。(なかなか美味しいですよ。お酒に弱い人にオススメ。)

で、ここでしばらくあたりの様子を楽しみながら、このあとの街の散策の計画を立てます。
  0731 Plaza de San Fernando ←このあたりのビールは、クルス・カンポが多いですね。
  0732 Plaza de San Fernando ←地元の猫も登場!
  0729 Calle de Prim ←こういう景色も絵になりますね~。

ビールを飲んで喉を潤したら、早速街の中の散策に出発です!
  0727.jpg
どんな街なのか楽しみですね~。

その様子はまた次回。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_08
24
(Fri)01:30

2012 スペインの旅 (ひまわりの街 ”カルモナ” へ出発!)

! Hola, amigos !  

今日から、セビージャの街からちょっと離れたところにある ひまわり畑に囲まれた街 ”Carmona:カルモナ” の様子をお届けしていきます。

で、今回はその1回目ということで、 『出発前のホテルの朝食の様子』『カルモナへの行き方』についてご紹介しようと思います。

それでは、まずはホテルの朝食のご紹介から。
私たちが利用したホテルには、建物の中にパティオ(中庭)があって、そこで朝食をとることが出来るようになっています。
   0666 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ 0667 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ ←ホテルの中のパティオ

そして、肝心の食事はどんなのだったかというと...
こんな感じのバイキング形式です。
  0661 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ 0660 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ ←まあまあでしょ?
バルカウンターの上には、シリアルやデザートなどが置いてありました。(右写真)

私たちが選んだのは、こんなチョイス。 毎度の事ながら...朝から食べ過ぎ?
  0663 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ 0664 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ

野菜が少ない分は、トマトと果物で補うということで...
  0665 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ
とはいっても、メロンとスイカだけ。 ちょっとした生ハムメロンもできますよ。

そして、最後のシメはもちろんコーヒーで。
  0668 Hotel PETIT PALACE SANTA CRUZ ←コーヒーとデザート(マーブルケーキ)

こんな感じで朝ご飯をたらふく食べたら、いざカルモナへ出発!です

...と勢い込んではみたものの、カルモナ行きのバスがどこから出るのかよくわからなかった(日本で一生懸命調べていったにもかかわらず...)ので、まずはホテルのレセプションで聞いてみることにしました。

注:セビージャには大きなバスターミナルが二つあります( Plaza de Armas:プラサ・デ・アルマス と Prado de San Sebastian:プラド・デ・サンセバスティアン )が、カルモナ行きのバスはその どちらからも出ません! のでご注意ください!!!  これらのバスターミナルは中長距離用バスの発着用なので、セビージャ近郊の街に向かうバスは出ないんです。
※よくプラド・デ・サンセバスティアンから出ると勘違いされている方がいるようですが、そこからは発車しませんのでご注意ください。

で、ホテルのレセプションで調べてもらった結果、 『詳しくはわからないけれど、 ”Avenida Luis Carande:ルイス・カランデ通り” から発車するらしいよ。』 と教えてもらいました。 
また、この通りのだいたいの場所とそこへの行き方を教えてもらったので、とりあえずそちらに向かってみることにしました~。

まず、ホテルを出たらサンタクルス教会の前を通ってカテドラルの方へと向かいます。
  0670 Iglesia de Santa Cruz 0671 Iglesia de Santa Cruz ←サンタ・クルス教会
サンタ・クルス(聖十字架)なだけに、教会の正面には十字架が掲げられています。

カテドラル(ヒラルダの塔)のところに着いたら、、、
  0674 Catedral Sevilla ←トリウンフォ広場
正面の通り(コンスティトゥシオン通り)にあるトラムの乗り場に向かいます。

この乗り場からトラムに乗って、 ”San Bernardo:サン・ベルナルド” というところに向かいます。
トラムの乗り方は、乗り場(駅)にある自販機で切符を買って列車に乗るだけです。
切符の買い方が多少めんどくさい(行き先のボタンを探して押す)ですが、もしわからなかったらまわりの人に聞いてみましょう。
  トラムの切符 ←レシートみたいなのが切符です。
トラムの中はこんな感じになっていますよ。
  0675 Sevilla Tram ←セビージャの路面電車(トラム)の中

しばらくすると(何駅か停車した後)、目的のサン・ベルナルド駅に到着します。
ここに、先ほどの ”Avenida Luis Carande:ルイス・カランデ通り” があるんです。
  カルモナターミナル ←ここまでの道のりとサン・ベルナルド駅の場所
で、こちらがそのサン・ベルナルド駅に着いたときの様子です。
  0678 San Bernardo ←ここまで乗ってきたトラム

そして駅であたりを見渡すと...
このように広場みたいな感じになっていて、路線バスのちょっとしたターミナルみたいになっています。
  0982 San Bernardo 0981 San Bernardo ←サン・ベルナルド周辺
ここには、赤い色の路線バスがたくさんいますが、カルモナ行きのバスはクリーム色のCasal社のバスですので、絶対に赤い色のバスには乗らないでくださいね。 
カルモナ行きのバスの発着所は、ちょっと離れたあたりにあります。(下の地図を参考にしてください)
  バス発着所 ←サン・ベルナルドのカルモナ行きバスの発着場所

バス乗り場に着いたら、M-124 と表示してあるバスかどうか確認してください。(このあたりには、別の行き先のバスも停まっていますよ。)
  0679 San Bernardo ←カルモナ行きのバス
こちらがカルモナ行きのバス(M-124)の時刻表で~す。 
今は替わっちゃっているかもしれないので、必ず事前にもう一度確認してくださいね~。
  カルモナバス時刻表 ←バスの時刻表

で、発車時間近くになると運転手さんがバスのドアを開けてくれるので、運転手さんから切符を買ってバスに乗車します。
  カルモナバスの切符 ←バスの切符(2人分)
カルモナまでは、だいたい一時間弱かかりま~す。
  カルモナバスストップ ←カルモナ行きのバスの途中停車駅
カルモナはバスの終点(Paseo del Estatuto) です。 到着すると全員バスを降りるのですぐにわかりますよ。

途中、道路を走っていると、まわりにはちらほらとひまわり畑が見えて来ます。
そんな風景が拡がりはじめると、しばらくしてカルモナに到着します。
  0690 Carmona ←カルモナのバス停

ということで、無事にカルモナに到着です!
カルモナの街を散策したときの様子は、また次回ということで。

では。
Hasta luego.
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村