2012_06
16
(Sat)07:20

カメラ散歩 (伊豆 その3:ループ橋と浄蓮の滝)

! Hola, buenos dias !  

今日は、これからあじさいの咲く鎌倉でもいってみようかと思っているのですが...
メチャメチャ天気が悪いですねぇ。
”あじさい=雨” って感じではあるのですが、やっぱり雨の時に外に出るのは嫌なもの。。。
でも、なんとかここで鎌倉のあじさいを紹介できるように頑張ってこようと思います!
   oyaji-kasa-b.gif
そのあじさい報告の前に、今日は”伊豆散策”報告の続きをやっておきたいと思います。
今回は、その散策の最終回。 河津の”ループ橋””浄蓮の滝”の様子をお届けします。

ではまず、ループ橋から。
場所は、先日報告した河津七滝からすぐのところにあります。
橋の下は、七滝に行く方のための無料駐車場のスペースになっています。 で、ここでちょっと車を停めて写真を撮ることにしました。
  242 河津 ループ橋 244 河津 ループ橋 243 河津 ループ橋
こんな感じで、グルグル~っと回ってますよ~。

次は、このループ橋を登って”伊豆第1の名瀑”といわれる ”浄蓮の滝” に行ってみます。
この浄蓮の滝には、昔から言い伝えられている ”女郎蜘蛛の伝説” というのがありますよ。
  250 浄蓮の滝
駐車場に到着すると、ここにも”伊豆の踊り子”の像が。。。
  251 浄蓮の滝
ここからは、滝まで続く長い階段を下りていきます。
この階段を一番下まで降りていくと、かなり大きな滝が流れ落ちていました~。 
  253 浄蓮の滝 254 浄蓮の滝 252 浄蓮の滝
滝を間近で見られるところに行くと、苔の生す岩に”天城越え”の歌の歌碑がつけられていました。

ここでは、滝つぼから流れ出る川で、マス釣りも出来るようになっています。
また、水がとっても綺麗なので、川沿いでは”わさびの栽培”も行われていますよ。
  273 浄蓮の滝 274 浄蓮の滝 ←わさび畑と綺麗な水
ちょっと離れてみると、滝もこんな感じで見えます。
  291 浄蓮の滝 ←滝の様子

さて、”浄蓮の滝”を堪能したら、今度は下りてきた階段を登って帰ります~。
階段は結構長いので、登って行くには結構疲れます~。 途中の階段の手すりには、こんな可愛らしいマークがつけられています。
  297 浄蓮の滝

ここ”浄蓮の滝”を散策し終えたら、『次は西伊豆の海岸線で夕陽でも...』と思っていたのですが、この日は夕陽は望めませんでした。
ですので、今回の散策はここで終了!
あとは沼津から東名高速道路で帰ります。 
このあたりは最近第二東名高速道路が出来たので、車の流れはとってもスムーズになっていました。
ただ、またすぐに第一と第二とは合流しちゃうんですけどね。

では。
! Hasta luego !
スポンサーサイト
2012_06
14
(Thu)08:30

カメラ散歩 (伊豆 その2:河津七滝)

ちょっと、ここのところサッカー話題ばかりになってしまっていたので、ここいらでちょっと伊豆の話題もやっておきます。
    soccer_wrifting_3d.gif

前回は、伊豆の城ヶ崎海岸(国立公園)の紹介をしましたが、今回はその続きで ”河津七滝” です。
河津七滝は、城ヶ崎海岸から海岸線沿いの道をしばらく走り、あの”河津桜”で有名な河津町から山の方へ向かって入ったところにあります。
  伊豆の七滝マップ ←河津七滝の場所(拡大して確認!)kensaku_kun.gif

七滝のある場所に到着したら、まずはお昼ご飯!
無料駐車場横にあるおみやげ屋さん兼食堂みたいなところでお腹を満たすことにしました~。
今回いただいたのは ”生わさび付き” のざるそば。
    zarusoba_20120501102909.gif
このあたりはわさびが名産なので、ざるそばと共にそれをいただいてみるとにしました。
  100 河津七滝 ←”生わさび付き”のざるそば
自分でおろしていただくので、新鮮で香りがよいです。 辛さもそんなに無いですよ。

さて、お腹がふくれたところで、早速 滝の観光に出発です!girl_2.gif
で、まずは駐車場を出たところにある案内板で滝の場所を確認!
  101 河津七滝 ←駐車場出入り口のところにある看板。
七滝というだけあって、ここには七つの滝があります。
下流側から順に、 大滝出会滝カニ滝初景滝蛇滝エビ滝釜滝 と並んでいます。

で、まずは最初の大滝から。
勢い込んでいってみたものの...   大滝までの歩道が閉鎖になっていました!
  102 河津七滝 大滝 ←閉鎖の表示 Gaan.gif
閉鎖の理由は、去年9月の台風の影響らしいです。
去年9月って...もう10ヶ月近く経ってますけど。
ただ、日帰り温泉とホテル利用者は、見ることができるらしいです。  そういう(お金払わないと見られないって)こと???
もう永遠に開通し無さそうです。。。

近くの畑でお仕事しているおばあちゃんにも、『大滝まで行ける他の道はありませんか?』 って聞いてみたんですけど、やっぱり無いんだって。 残念~。

ということで、とっても残念でしたけど、ここは諦めて次の出会滝の方へ行ってみることにしました。
出会滝の方は、とりあえず観光は大丈夫みたい。。。 
  105 河津七滝 出会滝 ←滝前の激しい流れ!
これが出会滝っていうらしい。。。
とりあえず、水の流れを2つのパターンで撮っておきました。 
  108 河津七滝 出会滝 110 河津七滝 出会滝 ←出会滝
出会滝の真下はこんな感じの流れ... 結構良い感じ。
  111 河津七滝 出会滝
もうちょっとしたへ行くと、左手からもう一つのちっちゃな滝が出てきました!
二つの滝が出会うんで出会滝ってこと???  ...らしいですね。
  122 河津七滝 出会滝 ←もう一つの滝
滝の下は、深いブルーになってます~。 水が綺麗なんですね。
  145 河津七滝 出会滝 ←二つの滝が合流しているところ
もっと下へと降りていくと、幅の広い流れのところに出てきます。
  136 河津七滝 出会滝
この先があの大滝となっているようですが、、、残念ながらこの先にはいけません。
  163 河津七滝 出会滝 ←綺麗な水の流れ。。。

ということで、しばらくこの出会滝を堪能したら、次のカニ滝へと向かいます。
道路からすぐ入ったところにあるのですが...
  166 河津七滝 かに滝 ←カニ滝への入口の看板
入口には工事用のバリケードがしてありました!
『立ち入り禁止の表示はないし、危なそうでもないですけど...』ということで、バリケードの脇をすり抜けて入ってみることに。
結果、全然危なくはありませんでした~。
ただ、、、肝心の滝の様子がこれ。。。
  167 河津七滝 かに滝 ←カニ滝
どこがカニなのやら...滝の落差も小さいし。
う~ん、、、ちょっとがっかり。

ここはあまり楽しめそうもないので、早々と切り上げて次の滝へと向かいます。
次の滝までは少々歩いていきますが、途中の新緑の景色もなかなかなもんでしたよ~。
  184 河津七滝 198 河津七滝 ←新緑と清流
途中、”伊豆の踊子”の石像が立っています。 ここの石像...ちょっと目が怖いです。。。
  201 河津七滝 ←伊豆の踊子の像。

で、新緑の道をしばらく歩いて行くと、、、見えて来ましたよ~ 次の滝が。
  206 河津七滝 初景滝 207 河津七滝 初景滝 ←遠くに見えてきた次の滝

この滝は結構落差も幅もありますね~。 初景滝っていうらしいです。
ここにも、伊豆の踊子の像があります。
しばらくここで撮影していると... どんどん外国からの観光客?が増えてきて、いつの間にか日本人観光客が見あたらなくなってしまいました~。
  208 河津七滝 初景滝 209 河津七滝 初景滝 ←外国人多し!
この滝のすぐそばには、伊豆の名水と称した綺麗な湧き水があります。
  212 河津七滝 初景滝 213 河津七滝 初景滝 ←綺麗な湧き水。

この湧き水の脇に、次の滝へと続く道があるのですが、残念ながらこの先は通行禁止になっています!
なので、これ以降の蛇滝、エビ滝、釜滝の三つは見ることができません!!! 
昨年の台風の影響ですって。 もう、超ガッカリ~。
結局、折角来たのに三滝(サンダル)しか見れませんでしたよ~。 
観光地なんだから、はやく通路を直して欲しいもんです。。。はやくしないと、観光客も来なくなっちゃいますよ~。
  pan003
仕方がないので、駐車場までの帰り道、新緑と清流の景色を撮りながら戻ることになりました。
  226 河津七滝 初景滝 227 河津七滝 初景滝 ←なかなか良い景色でしょ?

ということで、今回の河津七滝(かわづななだる)の撮影は、ちょっと残念な結果に終わってしまいました。
次回は、七つの滝がちゃんと見られるようになった頃にでも来てみようかな~。
皆さんも、行かれる際には事前にちゃんと観光できるかどうかを確認してから行くことをオススメします。
せっか行くんですからね~。

では。
2012_06
11
(Mon)08:30

カメラ散歩 (伊豆 その1:城ヶ崎)

! Hola, buenos dias !  

今日は、久しぶりに旅行記でも書いてみることにしました。
『そろそろ海外の話を...』とも思ってみたのですが、ネタもあまり整理されてないので、とりあえずは先々週末に仲間と伊豆へ ”カメラ散歩” に行ってきたときの様子をお届けしようかと思います。
『ここのところ、関東周辺ばかりでつまんないなぁ。。。』 なんて思わないで、これも楽しんでくださいね。
では、早速ご紹介します。

今回は、伊豆半島をあちこち廻ってみようと思っていたので、『絶対渋滞するよ!』という意見もある中、無謀にも車で行ってみることにしました。
8時半ぐらいに東名高速にのって、小田原厚木道路を経て、渋滞が予想された西湘バイパスとの合流地点に着いたのが9時ちょっと過ぎぐらい。
おおかたの予想に反して、この日は全く渋滞が無く、幸先良くさらっと通過することができました。
渋滞がなかったのは、通過する時間帯がちょっと早かったのと、この日の天気予報が2~3日前まで雨だったことかなぁ。
で、予想以上に早く通過できたので、途中”真鶴”に寄ってみることに。
でも、結局、道を間違えてあっけなく通過することになってしまいました。 残念。。。

最終的に、一番最初に撮影することが出来たところは、伊東にある ”道の駅伊東マリンタウン” 。
御手洗い休憩を兼ねて寄ってみました。

ここは、海のすぐそばに出来ていて、海に出るところにはヨットやボートがたくさん係留してあります。
  001 道の駅伊東マリンタウン ←ヨット、ボートがたくさん!
そして、海の方を覗いてみると...
これがまた意外と水が綺麗!!! 透明度が高いので、泳いでいる綺麗な色の魚や”ウツボ”なんかも見られますよ。
  004 道の駅伊東マリンタウン ←青い色の魚たち 010 道の駅伊東マリンタウン ←泳ぐウツボ!

さて、道の駅でしばらく楽しんだら、次は ”城ヶ崎海岸” へ。
国道から外れて田舎道をしばらく行くと、突然駐車場が現れます。 結構街からはずれた所にあるわりには、多くの人が訪れていました。

で、これが城ヶ崎海岸に架かる吊り橋。 ”門脇吊橋” っていうんですって。
  028 城ヶ崎 ←城ヶ崎海岸にかかる吊り橋
入口から歩いて断崖絶壁の海岸線へと向かって行くと、ちょうど岩場の断崖場所に入るところに、”城ヶ崎ブルース” なる歌の歌碑が立てられてます。
  030 城ヶ崎 ←城ヶ崎ブルースの歌碑
この歌、昭和43年に『黒沢明とロスプリモス』という方々が歌ったんですって。
で、聞いたことがあるかと思って曲を探してみました。→ 城ヶ崎ブルース
...だめ。 全然聞いたこと無いです。  でも歌碑が建つぐらいだから、当時は凄く売れたんでしょうねぇ。

では、その断崖絶壁の海岸線へと行ってみましょう!
海沿いはこんな感じになってますよ~。
  049 城ヶ崎 069 城ヶ崎
ここは、4000年ぐらい前に、近くにある大室山が噴火したときに流れてきた溶岩で出来た海岸なんですって。
溶岩で出来た海岸ですので、足場は悪いし岸壁には柵もないので、ギリギリまで行ってみると、高さと怖さで足がすくんじゃいます~。  
  032 城ヶ崎 ←みんなカメラに夢中だけど、子供は大丈夫?
  073 城ヶ崎 ←カップルの女の子も、こわごわ覗き込んでます。
  061 城ヶ崎 ←気合いの入ったカメラマンたち。
断崖絶壁のスリルを十分堪能したら、次は先ほどの吊り橋の方へ行ってみましょう。
吊り橋を渡っていくと、向こう側には灯台が建っています。
  070 城ヶ崎 ←吊り橋と奥に見える灯台
  077 城ヶ崎 ←吊り橋から下を覗き込むと、結構な高さがあります。
灯台の先に行ってみると、そこにはこんな碑が建てられていました。 石碑には、『国立公園 城ヶ崎』の文字が記してあります。 ここは、国立公園(富士箱根伊豆国立公園)になっているんですね。
  093 城ヶ崎 ←岬に建つ石碑
灯台のあるところから更に南へと海岸線を歩いて行くことが出来ますが、今回はここでストップ。
この先は、『また次回訪れた時に。』ということで、次の観光場所 ”河津の七滝” を目指すことにしました。

ということで、今回はここまで。
また次回を楽しみにしてください~。

では。
! Hasta luego !