2012_01
18
(Wed)11:00

2011秋 スペインの旅 (世界遺産の街 バエサ散策 その5)

! Hola, amigos !   
今朝はまた一段と寒いですねぇ。。。heat_gauge.gif って思っていたら、朝の東京の気温が1度以下ですって! 
しかもここのところ雨も全く降らないので、とっても乾燥してますよ。(大雪のところもあるようですけど。) 
そのせいか、とうとう私たちも風邪をひいてしまいました。
頭痛に悪寒、鼻水など大変です。 
薬を飲んで水分をたくさんとり、なるべく身体を休めて、早く風邪を治したいです。
shie samui みなさんもこの時期やっぱり風邪には注意しましょう!


さて、今回はバエサ散策の最後の回です。 

バエサ観光の中心 "Plaza del Poplo:ポプロ広場" に来ると、スペインではよく見かける観光用のトロッコが待ってます。
トレド、アランフェス、メリダ、ブルゴス、バレンシア...いろんなところで見かけます。
もしかして、全部いっしょの会社だったりして。
  22510 Plaza del Populo ←まだお客さんはいない様子。

この広場の近くには、観光を始める前に通った”コンスティトゥシオン通り”があります。 レストランなどが多くあるところですので、ここでちょっと休憩することにしました。
  22515 pasteleria ←休憩に立ち寄ったカフェ。
お願いしたのは、オレンジジュースとアイス・コーヒー。
オレンジは、フレッシュ・オレンジジュースじゃなかったのが残念。
それから、スペインでアイス・コーヒー(スペインでは、カフェ・コン・イエロ)を頼むと、こんな感じで氷とコーヒーが別々に出てきます。
これが出てきたら、自分でコーヒーを氷の入っているカップにいれて、アイス・コーヒーにしま~す。
  22516 en pasteleria ←飲み物を頼んでちょっと休憩。

ここでは、休憩しながらあたりの風景を楽しみました。
この写真は、どことなく南仏っぽくないですか? 
  22520 Paseo de los Portales Tundidores ←食事の時間ではないので、お客さんはいませんね。

休憩を終えたら、通りの真ん中に公園のある”コンスティトゥシオン通り”を散策。
ここは木がたくさんあるので、日差しが強くても大丈夫!!! 
空気が乾燥しているので、気温は高くても日陰に入れば過ごしやすいですよ。
  22590 Paseo de la Constutucion 22570 Paseo de la Constutucion ←ちっちゃい噴水もあります。
散策をしながら先ほどのポプロ広場に戻ってみると...
どこにこれだけの観光客がいたのか、トロッコにたくさん人が乗っていて、ちょうど観光に発車するところでした!!!  
  22610 Plaza del Populo 22615 Plaza del Populo
みなさんとっても盛り上がっていて、こちらに向かって手を振ってくれましたよ~。

あとは、来た道をゆっくり周りながらバスターミナルまで戻りました。
  22670 Plaza del Populo 22710 Cuesta de San Gil ←通りの向こうには旧大学の鐘楼が。
  22760 Calle de la Pintada Alta 22750 Plaza de Santa Maria ←こちらはカテドラルの鐘楼。
往き帰りの途中に通った”スペイン広場”から西の方へ行くと、街の中心街があったみたい。
  22930 Calle de San Pablo ←こちらはサン・パブロ通り。

そして、バスターミナルへ到着。 
バスが来る前にトイレを済ましておこうと、順番にトイレに行っていたら、ちょうどネコさんがトイレに行っているうちにバスが来てしまいました!!!
で、クマさんができる限りのスペイン語と日本語も使って、バスの運転手さんにアピール! 
『もう一人いるので、ちょっと待ってください。』というようなことを言って、ネコさんがトイレから出てくるのを待ってもらいました。
まぁ、すぐにトイレから出てきたので、そんなにバスを待たせなくて済んだので良かったです~。

で、二人してバスに乗り込み、運転手さんから切符を購入。 無事帰路につくことが出来ました。
(バエサに、バスの切符売り場はありません。)
  23001 Baeza_Granada ←最終の一本前のバス。グラナダ到着は20:30頃。
バスが出発すると、また外にはオリーブ畑が拡がります。 6時過ぎだというのに、まだ外は明るいです。
  23010 Baeza-Granada 23024 Baeza-Granada
  23032 Baeza-Granada ←少しずつ山が赤くなり始めました。

バスは途中、またハエンのバスターミナルで休憩。バスの運転手さんのコーヒータイムです。
で、私たちもカフェでエクレアみたいなのをいただきました~。

そして、グラナダのバスターミナルに着いたときには、さすがに外は真っ暗。
朝からいっぱい観光しちゃったので、ちょっと充実した気分になりました。

でもここでちょっと気を引き締め、、、
次の日のコルドバまでのバスのチケットを(予約)購入。
そして、ちょっとした晩ご飯代わりに、ターミナルの売店でボカディージョ(スペインのサンドイッチ)を買ってから、市内バスに乗ってホテルへ帰りました。

次の日は、コルドバの街へと向かいます。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012_01
17
(Tue)11:00

2011秋 スペインの旅 (世界遺産の街 バエサ散策 その4)

! Hola, amigos !  

今日は、スペイン・バエサの街の散策の続きをお届けします。
今回は、バエサの街の観光の中心部にある ”ハエン門(ポプロ広場)” にいってみます!

街のカテドラル(大聖堂)を見学したあと、ハエン門のあるポプロ広場を目指して歩いて行きます。 
  22260 Cuesta de San Gil 22290 Cuesta de San Gil 22300 Cuesta de San Gil ←バエサの小径と景色。
綺麗にみえるお家も、中には人の住んでいない廃屋のようになっているところがあって、そこは野良猫たちの住処になっているところがあります。
  22310 Cuesta de San Gil ←廃屋に住んでる”青い目”をしたネコちゃん。
しばらく通り(クエスタ・デ・サ・・ヒル通り)を歩いて行くと、古そうな建物にぶつかります。 この建物は、ポプロ広場にある”ツーリスト・インフォメーション・オフィス”の建物の裏の部分です。
  22330 Oficina de Turismo en plz del Populo ←”ツーリスト・インフォメーション・オフィス”
ここに来ると城壁みたいなものが現れて、その端に小さな礼拝堂が作られています。 
ここは、”サンタ・セナの小広場”と呼ばれています。 
  22335 Plazuera Santa Cena ←サンタ・セナ広場の小礼拝堂。
ここから左手の方にいくと、すぐに ”Puerta de Jaen:ハエン門” のある場所に出ました。

このハエン門は、1476年にイサベル女王の命によって、この地にあったイスラムのアルカサル(城)と城壁が破壊されたときの残りを使って作られたそうです。
この再構築が行われたのは、1526年にカルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)がこの地を訪れた時。
この地の王室代理官 ”アレバロ・デ・ウーゴ” という方により、 ”カルロス1世の結婚記念” と ”ビジャハールの戦いでの戦勝記念” を兼ねてつくられました。
カルロス1世がこの地を訪れたのは、ポルトガルのイサベルとの結婚式のために、セビージャに向かう途中だったとか。。。 そう考えると、とってもおめでたい門なんですね~。
  22336 Puerta de Jaen 22337 Puerta de Jaen ←ハエン門の前で。

一方、この門の本当の名前は、 ”Puerta de Jaén y Arco del Villalar:ハエン門とビジャハールのアーチ ” といいます。
ハエン門というのは、”街を出てハエンへ向かう際に通る門” という意味なんでしょうが、もう一つの”ビジャハールのアーチ”って呼ばれているのは、さきほど出てきた ”ビジャハールの戦い” というところに由来しているようです。

このビジャハールの戦いとは、当時スペインで起きていた『Guerra de las Comunidades de Castilla:コムネーロスの反乱』の中で最も重要な戦いだったようです。
このコムネーロスの反乱っていうのは、当時のスペイン国王カルロス1世による各都市への圧政に対して立ち上がった都市・民衆の反乱・内戦です。 
この内戦で、王の軍が決定的な勝利をおさめたのが ”ビジャハールの戦い” というわけです。
この内戦の結果、都市の中世的自由が奪われ、スペインの都市行政は完全に王の支配下に入ることとなります。
こう考えると、また違った意味で感慨深いものになるますね~。

ちなみに、ビジャハール・デ・ロス・コムネーロスが、バジャドリッドの西30~40kmのところにあります。
鉄道も通っていないちっちゃな街ですが、きっとこの歴史に大きく関係しているんでしょうねぇ。

さて、ポプロ広場の方に話題を戻しましょう。
先ほどの写真で、門の向こう側に見えていた古そうな建物が見えましたが...あまり有名な建物ではないようです。 いろいろ調べて見ると、、、16世紀に作られた”Antigua Carniceria:旧屠殺場”という情報が出てきました。(本当かどうかはわかりません。)
スペインの国旗とアンダルシア州の州旗が掲げてあるので、現在は何かの公的機関の施設として使われているかも...です。
  22340 Plaza del Populo ←Antigua Carniceria

で、もうちょっと別の角度から広場全体を見渡してみると、、、こんな感じです。
  22338 Plaza del Populo ←ポプロ広場全景
広場の中央には噴水があり、奥にハエン門があります。
奥に見えるこれまた古そうな建物は、昔 ”民事裁判所” として使われていたところみたいです。
現在は、ツーリスト・インフォメーション・オフィスとなっています。
  22360 Oficina de Turismo en plz del Populo ←ツーリスト・インフォメーション・オフィス

広場の真ん中にある噴水は、こんな感じ。。。もうボロボロです。
中央の像(女神?)も誰だかわからないのですが、カルタゴの将軍ハンニバルの奥さん”イミリケ”ではないかとの話も...定かではありません。
そして、下で水を出している動物の像は、ライオンです。 一応、この噴水は ”Fuente de los Leones:ライオンの泉”というらしいです。
ただ、これではライオンとして判別するのは難しいかも...
  22339 Plaza del Populo ←Fuente de los Leones  もうボロボロっす。

では、最後にもう一度 ”ハエン門とビジャハールのアーチ ”です。
  22680 Puerta de Jaen

今回はここまで。
次回は、もう少しバエサの街の様子をお届けしてから散策終了です。
その後は、とってもイスラ~ムな街 ”Cordoba:コルドバ” に向かいます。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_01
15
(Sun)11:00

2011秋 スペインの旅 (世界遺産の街 バエサ散策 その3)

! Hola, amigos !  

今日は、バエサの街のカテドラルをご紹介します~。

バエサの街のこのあたりは観光スポットがたくさんあるのに人影はまばらで、超の~んびり観光が出来ます。
カテドラルの前に来たってこのぐらいの人しかいません。
  22000 Catedral 22015 Plaza de Santa Maria ←カテドラル前の広場にて 
上の写真には、広場にちょっと気になる門みたいなのが写っているでしょう?
これは、 Fuente de Santa Maria:サンタ・マリアの泉 と呼ばれているものです。そういえば、門の下は噴水みたいになってます。
  22010 Plaza de Santa Maria ←サンタ・マリアの泉
これは、16世紀に作られたもので、”凱旋門”といわれているようです。誰が凱旋したんでしょうかねぇ。。。

この凱旋門/サンタ・マリアの泉は結構有名なので、みんなここで記念写真を撮っていきますよ。
ネコさんも他の観光客に写真を頼まれてますねぇ~。
  22020 Plaza de Santa Maria ←『ハイ、チーズ!』の場面。
そうそう。 写真を撮ってあげるとき、日本語ではだいたい『はい、チーズ!』って言いますが、これに変わるスペイン語もあるらしいですが、それはいろいろあるんですって。
本を見ると、例えば 『! Diga patata !』 (ジャガイモって言って!)とか、 『! Diga treinta y tres !』 (33って言って!) なんて言うんですって。
今度使ってみよ~。(でも、ホントに言うのかなぁ。。。)

ところで、サンタ・マリアの泉をカテドラル側から撮影したとき、後ろに写っている建物は、前回お届けした『ハバルキント宮殿』の裏口の部分です。
  22030 Palacio de Jabalquinto ←ハバルキント宮殿

では、あらためてカテドラルの方を見てみます。
あらためて側に行ってみると、デカイです~。 向かって右手には鐘楼があって、正面の扉の部分は以外とシンプルな造りになっています。
13世紀、もともとイスラムの寺院があったところに建設されたのですが、現在の建物のほとんどが16世紀のものなんですって。 でも、西側の扉だけが13世紀のものらしいです。
  22055 Catedral 22040 Catedral ←カテドラル 
扉の上にあるレリーフは、”キリスト誕生”の図でしょうかねぇ。
  22050 Catedral ←扉上のレリーフ

カテドラルに向かって左手にも、カテドラルにくっついた形でちょっとした建物が建っています。 これは "Casa Consistoriales Atlas"  というものです。
  22060 Casa Consistoriales Atlas 22070 Casa Consistoriales Atlas

最初にカテドラルに来たときは開いていなかったのですが、開いている時間にもう一度訪れ、中の方の様子を見てきました。
  22080 Baeza Catedral billete 22090 Baeza Catedral ←チケットとパンフ。
ただ、内部は写真撮影禁止でしたので、残念ながら写真を撮ってくることが出来ませんでした。
内部はとても広くて、主祭壇の他にいくつもの小祭壇があります。 これらは、ゴシックやムデハルといった建築様式で出来ています。
チケットを買うときに、ガイド用機器(英語版)を渡されますが、これを一つ一つ聞きながら全部を見て回ると、ものすごく時間がかかりますので注意が必要です。(それだけ見どころも多い。)

さらに、鐘楼へと登ることが出来るので、そちらの方にも行ってきましたよ。 鐘楼へと続く階段はこんな感じになっています。
  22091 Catdral ←鐘楼の階段
階段を登り切ると、丸窓から街の周りの景色を眺めることが出来ます。
  22092 Catdral ←ようやく登り切って『ほっ...』。
鳥が入ってこないように金網がされていますが、その金網越しには、街の周りに拡がるオリーブ畑が見えます。
  22110 Catdral 22112 Catdral
  22113 Catdral ←街の外はほとんどオリーブ畑。
最上階から一つ降りると、そこにはいくつもの鐘がつり下げてあります。今でも現役なのでしょうか?
  22100 Catdral ←鐘楼の鐘。鐘の向こうにどこまでもオリーブ畑が...

カテドラルの見学を終えたら、街中を少し歩いて、別の見どころである”ハエン門”に行ってみます。
  22240 Calle del Obispo Romero Mengibar ←カテドラルから続く道
街中にはこんな道もあります。 道の左側の建物は古そうですよね。
  22130 Calle del Sacramento ←歴史を感じさせるような道

この続きはまた次回ということで。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_01
14
(Sat)11:00

2011秋 スペインの旅 (世界遺産の街 バエサ散策 その2)

! Hola, buenos dias !  

寒い日が続きますが、みなさんはいかがお過ごしですか?
こんな寒いときは、温泉に入って暖かいものを食べて...なんていいですよね~。
先日、スペイン語を習っている先生から 『お正月に台湾に行ってきたよ~。温泉とか入って楽しかったぁ。』 という話を聞きました。
考えてみれば、最近は飛行機代も安いし、時間的にも4時間ぐらいでいけるということなので、週末にでも気軽に行けますよね~。 台湾には行ったことがないので、一度くらい行ってみたいなぁ。。。
ちなみに、 『台湾の温泉は成分がきついせいか、温泉が目に入るとちょっと痛いよ。』 って先生が言っていました。 
それと、英語よりも日本語の方が通じるって。
 
そう言えば、韓国(ソウル)へ行ったときも、あちこちで日本語が通じましたよ。 地方へ行くと通じなくなるんでしょうけど...観光でソウルにいる限りは全然問題なしですね~。
でも、生活する上ではやっぱりハングルを勉強しなきゃいけないでしょうね。 でも、きついわぁ~ハングル。
アルファベット系でもないし、漢字系でもないし...。 個人的には未知の言語。 文字を見てもなにを意味しているのか全然イメージが湧きません。 最初、ソウルの街でハングルしかない掲示板を見たときは、ちょっとしたカルチャーショックを受けましたよ。
そんな中、日本語が通じるとやっぱりホッとします~。
台湾もそうだけど、韓国もまた行きたくなるなぁ。。。


ということで、今日もスペイン・バエサの街の散策の続きをお届けします。
今回お届けするのは、 Antigua Universidad:旧大学 から。
このあたりには、バエサの観光の見どころが集中していますよ。

で、これがその旧大学 。 大きな鐘楼もついているので教会かと思っちゃいますよね~。16世紀に作られたようです。
  21650 Antigua Universidad 21670 Antigua Universidad ←歴史を感じる造りです。
写真には、旧大学への入口が見えますが、実際の出入り口はここではありませんよ。

ここで通りを見渡してみると...右手の方に門がありますねぇ。
通りの左手は...21680 Calle de las Barbacanas 21690 Calle de las Barbacanas右手の方は...
で、その右手にある門をくぐって行くとこんな感じ。
  21700 Calle del Conde Romanones
この門を出たところの通り(コンデ・ロマノネス通り)に出ると、大学の出入り口があります~。
もちろん、この大学は今でも使われてますよ。
  21710 Antigua Universidad 21720 Antigua Universidad ←大学(今は高校)への入口。
最初にここを通った時は、写真にあるように扉が閉じていましたが、帰りに寄ってみると扉が開いていたので入ってみました。
中は、アーチがキレイなパティオがありました。 どことなく、ウベダの街の”サンチャゴ病院”にも似てますね~。
  21730 Antigua Universidad 21740 Antigua Universidad ←旧大学の中のパティオの様子。
ガイドブックによると、ここはグラナダ大学の夏期コースの会場としても使われているようですよ。
『大講堂にはムデハル様式の美しい天井が...』とも書いてありますが、どこまで入っていっていいのかわからないので、パティオの部分の見学だけにしておきました。 帰りのバスの時間もありましたし。。。
ちなみに。 入館料は無料です。

さて、この大学入り口前の通り(コンデ・ロマノネス通り)を見渡すと...
右手は...21750 Calle del Conde Romanones 21760 Calle del Beato Juan de Avila左手は...
左手の方には、レストランのテラス席とともに、奥の方に古そうな教会みたいな建物がありますので、そちらの方に行ってみましょう!

行ってみると、そこはちょっと広場(サンタ・クルス広場)があって、正面には教会がありました。
この教会は、 ”Iglesia de Santa Cruz:サンタ・クルス教会” といって、13世紀に出来たロマネスク様式の教会です。
 21770 Iglesia romanica de Santa Cruz 21780 Iglesia romanica de Santa Cruz 21790 Iglesia romanica de Santa Cruz
たしかに、古さと趣を感じますねぇ。。。
中を観てみたかったのですが、昼過ぎの時間だったので、ここも開いていませんでした~。残念。

一方、広場の反対側を見てみると、そちら側にもちょっと洒落た建物が建っています。
  21800 Palacio de Jabalquinto 
まずは、写真右手のの建物。 昔は何に使われていたのかわからないんですが...現在は、大学などの事務所みたいな感じで使われていました。
  21810 Instituto de Educacion Secundaria

で、もう一つの方の建物を見ると、なにやら壁にボツボツした突起みたいなのが出てますね~。
このボツボツを見ると、サラマンカの ”貝の家” を思い起こしますねぇ。。。
この建物は、ガイドブックにも載っている ”Palacio de Jabalquinto:ハバルキント宮殿” です。
  21820 Palacio de Jabalquinto 21830 Palacio de Jabalquinto ←ハバルキント宮殿
ここの見どころはこのボツボツのついたファサードと内部の美しいパティオだそうですが、開いている時間が14:00までなので、当然中のパティオを見ることはできませんでした。これまた残念。
ここは、現在 アントニオ・マチャード国際大学の施設として使われているんですって~。

次にこのハバルキント宮殿の前で左手を見ると、通りの突き当たりに、もうバエサのカテドラルが見えています!
  21840 Palacio de Jabalquinto ←通りの向こうにカテドラルが見え始めてます。

この通りをカテドラルの方へ歩いて行くと、右手にハバルキント宮殿の庭が見えます。 でもこれは見どころのパティオ(中庭)じゃないですよ~。
  21860 Palacio de Jabalquinto ←ハバルキント宮殿の外の庭

道を歩いて行くと、前には観光客のご家族が、同じようにカテドラルを目指して歩いていました。
  21870 Calle de San Felipe Neri ←カテドラルまであとちょっと!

ということで、次回はバエサのカテドラルをご紹介します。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_01
13
(Fri)11:00

2011秋 スペインの旅 (世界遺産の街 バエサ散策 その1)

! Hola, amigos !  

今回からは、ウベダのお隣の街 ”BAEZA:バエサ” を紹介していきます。
この街は、ローマ時代からあった街で、その後、スペインがイスラム教徒の占領下にあった時代には、この地方の首都として栄えた街でした。(当時はビアスティアと呼ばれていたようです。)

また、ウベダとバエサは双子の姉妹都市で、距離的にも10km程しか離れていません。
世界遺産としてもこの二つの街で登録されています。(『ウベダとバエサのルネサンス様式建造物』で登録。)
ですので、バスでもほんのちょっと時間でいけます。
ちなみに、ウベダがお姉さんでバエサが妹です。

バスでバエサに向かう途中、街外れの交差点みたいなところでお祭りが開かれていましたよ。
なんだろうと思ってよく見てみると、そこではトラクターや耕運機などの農機具の展示会だったようです。
ほのぼのしてますねぇ~。

ウベダを出たバスは10分程度でバエサの街に到着します。
  21360 Estacion de Autobuses de Baeza ←バエサのバスターミナル
バエサのバスターミナルは、体育館の脇に間借りして建てられたようになっています。
以前は違うところにあったようなんですが、現在は工事中のようです。

バスを降りたら、前の大きな通り(アルカルデ・プチェ・パルド通り)を左に行きます。 
※ガイドブックには出ていないので注意。
  21370 Avenida del Alcalde Pucheacute; Pardo ←アルカルデ・プチェ・パルド通り

この通りを真っ直ぐ歩いて行くと、右手に噴水のある交差点に出ます。
  21400 Fuente de Baeza ←この噴水
道はこの交差点でメインの通りは右方向へ曲がって行きますが、曲がらずにそのまま真っ直ぐに”フリオ・ブレル通り”に行きます。
そこから100mぐらいいったところに右斜めに入る道があるので、その道(サン・パブロ通り)に入ります。
ここまで来ると、少しずつ観光が始まりますよ。
  21430 Calle de San Pablo 21435 Calle de San Pablo ←サン・パブロ通り

この通りには、あちこちにルネッサンス様式のファサードが美しい建物があります。
  21450 Calle de San Pablo 21480 Calle de San Pablo 21500 Calle de San Pablo
一番右の写真の建物はレストラン(PALACIO DE LOS SALCEDO)として使われているところ。入口から中を覗いてみると...
  21520 Calle de San Pablo こんな感じになってます。
他には教会みたい(たぶん教会)なものもありますよ。
  21440 Calle de San Pablo 21445 Calle de San Pablo
また、こういった街の紋章が入ったポールやベンチなどもあります。
  21437 Calle de Julio Burell 21438 Calle de San Pablo

でも、一番見逃せないのがこれかな。
ベンチに座っている ”アントニオ・マチャード” の像です。
  21530 Calle de San Pablo ←アントニオ・マチャードの像
この方は、スペインの有名な詩人です。 ここバエサの大学(旧大学)で、1912年から7年の間、先生をやっていました。

さて、このサン・パブロ通りを抜けると、”スペイン広場”に出ます。
  21576 Plaza de Espana 21575 Plaza de Espana ←スペイン広場の様子

ここからは、中央に公園のある”コンスティトゥシオン通り”になります。
  21580 Paseo de la Constutucion 21620 Paseo de la Constutucion 21630 Paseo de la Constutucion
この通りには、レストランやカフェなどがたくさん並んでいて、食事や休憩をする人たちがいっぱいいます。

この通りでは、左側を歩いて行きましょう。
通りをしばらく歩いて行くと左に曲がる小道があります。
  21710 Calle de las Barbacanas 21715 Calle de las Barbacanas ←バイクのおじちゃんも。
ここを入っていくとすぐに詩人アントニオ・マチャードが教鞭ととっていたという”旧大学”のところにでます。
ちなみに、アントニオ・マチャードさんは、フランス語の文法を教えていたようですよ。
  21640 Antigua Universidad ←旧大学
現在、ここは高校として使われているとのことです。
また、中の様子(パティオ部分だけ)などは、次回お届けする予定です。

ということで、今回はここまで。
今回歩いてきたバスターミナルから街の中心部までの道は、下の地図を参考にしてくださいね。
  Baeza map 1 ←バエサのマップ。

次回からは、本格的にバエサの街の様子をお届けします。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村