2011_09
08
(Thu)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その18 ブリュッセル散策 後半)

! Hola !

楽しかったオランダ-ベルギー旅行もとうとう最後。
ベルギー空港から成田へ向かいます。

今回は、ミラノ経由で成田に向かいます。
  Tichket volver ←なぜミラノ経由だったのか? 遠回りでしょ。

空港までは、現地係員の方に車で送っていただきます。
向かう空港は、 ベルギー国際空港(ザベンタム空港) 
鉄道が乗り入れているので、アクセスは良さそうです。市内から所要時間は20分ほどのようですよ。

さて、現地係員の方に送っていただくついでに、日本から携行していったカップ麺を差し上げました。
(バター系のお料理がメインの地域では、こういった”出汁(だし)”系のものはありがたいですよね~)
現地に住んでいらっしゃる方はこういうのも嬉しそうです~。
で、この現地係員の方、梶浦さんとおっしゃるのですが、わざわざ日本へお礼の絵葉書を送ってくださいました。(ありがとうございました!)
  SAVE1893.jpg ←さすがベルギー!美食の国です!
ムール貝のワイン蒸しのポットが美味しそう!!! (もちろん私たちも頂きました。)

で、空港に到着したら現地係員の方とお別れし、ゲートのところまで行きます。
  0358 空港 0359 空港 0360 SAVE0217
そんなに大きな空港ではないです。

  0362 SAVE0219 0363 空港 ←ゲートからはバスで飛行機まで移動。

まずは、イタリアのミラノへ向かいます。
  0365 SAVE0221 ←アリタリア航空の翼が見えます。

あとはミラノで乗り換えて”成田へ無事到着~!”となりました。

最後に途中で紹介できなかったオランダのお土産のご紹介です。
オランダと言えば...風車、木靴、デルフト焼きの陶器ということで、こんな感じのものを購入してきました。
  0402 SAVE0227 ←アムステルダムの街並みをデザインしたキーホルダー(鍵かけ)も。

そして...
アムステルダムで立ち寄った”アヤックスのオフィシャル・ショップ”での購入品。
Tシャツなどたくさん買ってきてしまいました。
  0401 SAVE0226

ということで、今回で”オランダ-ベルギー旅行記”は終了です。
いかがでしたでしょうか?
このブログでは、だいたいスペイン旅行や情報などの話題が中心ですので、こんな感じで他の国々の様子を紹介すると、自分でもちょっと新鮮な気持ちになりますね~。

また折をみて、フランス、イタリア、オーストリア、ほかアジアの国の旅行・情報も掲載していこうと思います。
今後もよろしくお願い致します。

では。
! Hasta luego !
スポンサーサイト
2011_09
06
(Tue)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その17 ブリュッセル散策)

! Hola !  

今回は、”オランダ - ベルギー旅行”の続きのお話。
前回散策したブルージュの街から戻ってきた次の日、今度はブリュッセルの街の散策したときの様子です。

街の散策にはこれが便利。何度も乗り降りできる観光用のバス『ビジット・ブリュッセル・ライン』です。
  0300 Visit Brusseles Line 0301 Visit Brusseles Line 

  0302 Visit Brusseles Line ←これがそのチケットです。

で、これを使って最初に観光に行ったのが...ベルギーと言えばの『小便小僧』
日本でも結構とりあげられていますが、が想像していたものよりはずっと小さい印象です。
  0304 Manneken Pis Brusseles 0307 Manneken Pis Brusseles ←やはり観光客は多いです。
でも、街中のちょっとした道の角にあるので、ちゃんと探さないとわかりにくいです。

小便小僧の観光(ほんの数分で)を終えたら、しばらくそのあたりを歩きながら散策します。

これは、ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会。ここには、画家ブリューゲル(父)の墓があることで有名です。
  0311 Eglise Norte Dame de la Chapelle Brusseles ←ノートルダム・ド・ラ・シャペル教会

  0309 Eglise Norte Dame du Sablon Brusseles ←ノートルダム・デュ・サブロン教会
このあたりは、”ノートルダム・・・教会” が多いですねぇ。

しばらく歩いて”最高裁判所”のあるところまできました。
  0312 Palais de Justice Brusseles ←最高裁判所の建物。でかい!

このあたり(プラルト広場)はちょっとした高台になっているので、街の様子が一望?できます。
  0313 Palace Poelaert Brusseles ←プラルト広場からの様子。
近くに見える教会は、先ほどのノートルダム・ド・ラ・シャペル教会です。

このすぐ近く、ルイーズ通りとワーテルロー通りの交差点(ルイーズ広場)に、先ほどのバス『ビジット・ブリュッセル・ライン』の停留所があるので、ここからまたバスに乗車です。
  0314 Palace Louise Brusseles ←ルイーズ広場。トラムも走ってます。

で、次に訪れたのは『サンカントネール公園』
かなり大きな公園で、ベルギーが1880年に独立して50年建ったとき、記念に作られたのだそうです。
ここには、サンカントネール博物館、王立軍事歴史博物館、王立美術史博物館、50周年の記念門など多数あります。
  0315 Arcade du Cinquantenaire Brusseles ←50周年の記念門

この公園にはいろいろ見所がありますが、その中でが行ってみたのは...
”オートワールド”。 まぁ、いわゆる自動車博物館です。
  0316 Autoworld Brusseles
なんの理由かは忘れちゃったんですけど、訪れたときは開館していなくて、外でしばらく待たされました。
(お昼の休憩時間だった???)
待っている間、このおじさんとお知り合いになりました。 エジプトからいらっしゃったそうです。
  0317 Autoworld Brusseles

しばらく待っていると開館になりました~。
  0318 Autoworld Brusseles 0319 Autoworld Brusseles ←チケットとパンフ。

中には、昔のいろいろな自動車が展示してあります。 どちらかというと...クラシックカー的なかわいいものが多いです。 
  0321 Autoworld Brusseles 0322 Autoworld Brusseles

  0323 Autoworld Brusseles 0325 Autoworld Brusseles

  0324 Autoworld Brusseles 0320 Autoworld Brusseles

  0326 Autoworld Brusseles ←あの映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で有名な車”デロリアン”も展示してありました。

ここにはカフェなども併設していますが、お土産コーナーももちろんあります!
お土産コーナーには、いろいろな車のミニカーがいっぱい!!!
誘惑に負けて、結局お土産に2台ばかり購入してしまいました。
  0327 Brusseles ←購入したお土産と、小便小僧の置物。
最後は若干出費してしまいましたが、なかなか楽しいところでした~。

  ブリュッセル散策マップ ←ブリュッセル散策マップ
次回は、ここからまた街中の方へ戻って散策した様子をお届けします。

では。
! hasta luego !
2011_09
05
(Mon)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その16 ブルージュ散策2)

! Hola, amigos !

台風がノロノロと動いているのでなかなか天気が良くなりませんね~。
しかも、そのせいで今回はかなりの災害となってしまいました。
台風には、はやいところいなくなって欲しいです。雨が続くと気分も滅入りますし。。。
     weather_area_low.gif 


では、今日も”オランダ - ベルギー旅行”のお話を。
前回は、確かブルージュの街を、小型のバスで観光した様子をお届けしました。
今回は、バスで廻った後、広場近くのレストランで昼食をとり、散策開始したところから始めます。

昼食を終えてレストランを出てくると、空には黒い雲が出てきて雨が降りそうな予感...
せっかくの素敵な景色が...残念。
  0277 Brugge ←空には黒い雲が...

そうは言っても観光は今日しかできないので、頑張って街を散策することにします。
街のあちこちに素敵な風景があります。
  0280 Brugge ←ドイツの街っぽい感じ!...行ったことないけど。。。

ブルグ広場の裏手?にあるこのあたりが観光の中心らしい。
ここからは、ボートに乗って運河をめぐりながら街の観光ができるようです。
空が晴れていたらもっと素晴らしいんでしょうなぁ...
  0282 Brugge 0283 Brugge ←素敵ですなぁ~。

この下の写真は、街の地図をみると”魚市場”となっています。 
一応お店らしきものは出ていますが、、、昼過ぎなのでもう終わっちゃった?のでしょうか。
台の上に人が寝転んで本を読んでいる様子。 先ほどまで魚屋さんが見せを開いていたとは思えませんねぇ。。。
  0285 Bruggeの市場 ←一応、これが魚市場らしい。。

もうしばらく散策すると、、、ブルージュの聖母教会が見えてきました。
この教会もブルージュのシンボルの一つ。中には、ミケランジェロの彫刻「聖母子像」が安置されているそうです。
  0286 Brugge 0287 Brugge ←聖母教会とその鐘楼

あとは、街の雰囲気を楽しみながらブラブラ散策しましたので、、、街の景色・雰囲気をお楽しみください。
  0288 Brugge 0289 Brugge ←街の看板もお洒落(左)

  0290 Brugge 0293 Brugge

  0294 Brugge 0295 Brugge ←集合住宅です(右)

  0296 Brugge 0298 Brugge
結局最後まで雨は降らず。 散策の終盤には、青空も出てきて光が差してきました~。

それにしても、なにかこういう景色を見ているとビールが飲みたくなりますねぇ~。
もちろんつまみはソーセージで。

こうやって街を歩いていると、こんな出会いもあります。(結構人慣れしてました。)
  0291 Bruggeの猫たち ←車のホイールに顔をスリスリ。。。汚れちゃうよ!
それにしても結構なデブネコちゃんですな。

街をじゅうぶん散策・堪能したら(きっと一日では堪能しきれないとは思いますが)、ブルージュの駅までの帰り道、例のシモン・ステヴィン広場側にある『チョコレート・ライン』というチョコレート屋さんに寄ってみます! ←(HPが開くのにはちょっと時間がかかるかも。。。)
  0297 Brugge
このお店は、ブルージュで1,2を争う人気のチョコレート屋さんなんですって。ちょっと離れた”アントワープ”という街にもお店があるようです。
全てホームメイド(でも工場で作っている)らしいですよ。 確かに、味はイケてますよ!!! ウマいです!!!
ブルージュに行ったら絶対お土産に買いたいですね~。(自分用に?)

あとは列車でもと来たようにブリュッセル駅まで帰ります。
雨も降られなかったし、美味しいチョコレートもお土産に買ったし、良い観光ができました~。
  0301 Brugge 0300 Brugge ←ブルージュ駅のホームで。
また訪れてみたい街の一つになりました。 今度はもっとゆっくり廻りたいですねぇ~。

では。
! Hasta luego !
     pan013
2011_09
03
(Sat)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その15 ブルージュ散策1)

! Hola, amigos !  

昨日から台風12号が近づいているので、天気も大変なことになってますねぇ。
   taifu_3_20110903102205.gif
土砂降りの雨だったり、強い風が吹いたりと...
用事があって外に出ようと思っていましたが、、、こんなときはやっぱり家でおとなしくしているのが一番かも。


ということで...
今日は、ブルージュの街の様子をお届けします。

今回は、街を走る観光バスツアーの様子です。
ヨーロッパの街では、観光客用に街を一回りしてくれるバスやトロッコみたいなものがありますよね~。
今回乗ったのもそのようなものです。
ブルージュの街を手っ取り早くまわるには便利です。
で、これがその観光用のバスです。 マルクト広場から定期的に出ています。
  0250 Bruge
バスの運転手さんに聞くと、次の出発まで少々時間があったので、それまで少しまわりを観光することにしました。

で、マルクト広場のすぐ近くにあるのが、”ブルグ広場”。
ここには、市庁舎と ”聖血礼拝堂” があります。
この”聖血礼拝堂”とは何かというと...簡単に言うと、『キリストの聖遺物が納められている礼拝堂』ということです。(詳しくはHPを見てください。)
左の写真の、馬車の向こう側にある建物(金色に装飾された部分がある建物)が、その聖血礼拝堂です。右の写真は、市庁舎です。
  0251 Burg Bruge 0252 Burg Bruge

この広場をまわってから先ほどのバス乗り場へ行き、バスに乗ってブルージュの観光に出発です!
で、一番最初にまわってきたのがここ...
先ほど観光したブルグ広場でした~。  
  0253 Burg Bruge 0254 Burg Bruge

ここを通過すると、ブルージュの街中の路地を走り...
  0255 Bruge 0258 Bruge ←レンガのかわいらしい家々。

運河のあるところをいくつも横切り...
  0256 Bruge 0257 Bruge ←運河はいっぱいある!

聖ヤンハイス風車に到着で~す。
格好良く緑の丘の上に建っていますが...風車としては、イマイチ(失礼しました!)な形ですなぁ~。
オランダでは、低地の水を掻い出したり(ポンプ風車)、小麦粉を挽いたりする(穀物風車)のに風車が使われますが、ここのは何用に使っていたんでしょう???
  0260 Bruge

この風車の近くには、”ヒド・ヘゼレ博物館”というのがあります。
ここは、オランダ語を話す人によるオランダ語文化活動(フランデレン運動)の象徴的存在”ヒド・ヘレゼ”の作品や資料が展示してあります。(ここは彼の生家とのことです。)
  0268 Bruge ←ヒド・ヘゼレ博物館

遠くに見える塔は、”エルサレム教会”のものです。
  0259 Bruge 0271 Bruge
この教会は、エルサレムにあるキリストの墓「聖墳墓教会」の様式にならって、15世紀に建てられたものだそうです。

こんな感じで、バスはまた街中をトコトコと走り、バスの出発点のマルクト広場に戻りま~す。
  0273 Bruge 0270 Bruge 0269 Bruge

風車までは歩くとちょっと時間がかかる(歩けないわけではないです)ので、こういったバスに乗って廻る方がいいかも。 あとは自分の気になるところを廻ってみるというのが良いのではないでしょうか?

...ということで、今回はここまで。
バスを降りてからも街の散策は続きますよ~。

では。
! Hasta luego !
2011_09
02
(Fri)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その14 ブルージュへ)

! Hola ! 

今日は、ブリュッセルから西へ鉄道で1時間ほど行ったところにある ”ブルージュ” という街を紹介します。
とっても素敵な街なので、ベルギーに行ったら是非とも訪れたいオススメの街ですよ!

このブルージュという街の名前は、英語で言うところの ”Bridge:橋” という意味で、その名の通り街の中には運河を渡るためのたくさんの橋が架けられています。
また、昔(13~14世紀)は世界史の教科書でも出てくる 『ハンザ同盟』 の主要都市として栄えていたところです。
この街には中世の街並みがきれいに残されていて(歴史地区)、「北のベネチア」 「屋根のない美術館」 「水の都」などと呼ばれ、世界遺産にも指定されています。
 ブルージュ地図 01 ←ブルージュの位置です。

では、早速そのような素敵なブルージュの街に出発です!
まずは、ブリュッセル北駅から出発。 駅に着いたらすぐブリュッセル方面に行く列車のチェックをします。
  0216 Brussel Noord 0217 Brussel Noord ←駅ナカのお菓子屋さん。

予約しておいた切符(チケット)を持ってホームへ行きます。
ちなみに、、、ブルージュ行きは普通列車なので、予約しなくても全然大丈夫ですよ。
  0215 Brugge thicket ←ブルージュまでのチケット。

ホームにいったらブリュッセル行きの列車を待つのですが...ちょっと時間があったので、ベルギーの列車をいろいろと撮ってみました。 列車は全般的に年季の入った感じのものが多いです。 
  0218 Brussel Noord 0219 Brussel Noord ←なぜか、"銀河鉄道999の車掌さん"
を思い起こさせるフォルム。

  0220 Brussel Noord 0221 Brussel Noord

列車が到着したら、それに乗って一路ブルージュへ! (行き先はちゃんと確認しましょう!)
ブリュッセル駅を出発してから小一時間でブルージュの駅に到着。 
駅前はとても広くてきれいです。
  0222 Brugge 0223 Brugge ←街の地図。
  ブルージュ散策マップ 01 ←ブルージュ散策マップ

まずは、観光の中心地となる ”Markt:マルクト広場” を目指します。
マルクト広場に行く途中にある”ザンド広場”には、このようなモニュメントがあります。
  0224 Brugge 0225 Zand Brugge ←ザンド広場
この広場の下は、たくさんの車を停められる駐車場になっているようです。

ザンド広場に出たら右折。ツァイドザンド通り・ステーン通りに入ります。
  0226 Brugge 0227 Brugge ←”ツァイドザンド通り”の風景

通りには、旗のようなものがかけられていますねぇ~。
  0228 Brugge 0230 Brugge ←遠くに鐘楼が見えます。

ツァイドザンド通りをしばらく行くと、右手に”シモン・ステヴィン広場”が現れます。
  0231 Simon Stevin Brugge ←シモン・ステヴィン広場
この広場からは遠くに『聖母教会』の鐘楼を見ることができます。
広場の中心には、シモン・ステヴィンさんという方の銅像があります。
この方、十進法を提唱した方らしいのですが...なぜここに銅像が建てられているのか?? わかりません。
また、この広場の脇には、ブルージュでは有名なチョコレート屋さん”チョコレート・ライン”があります。

この広場から先は、通りの名前がステーン通りに変わります。
  0232 Brugge 0233 Brugge ←ステーン通りに見る風景。

このステーン通りを突き当たりまで行くと、そこが”マルクト広場”です!
ちょうど市が開かれていて、広場に活気がありましたよ!!!
毎週水曜日には、このように市が開かれるんですって。
  0235 Markt Brugge 0236 Markt Brugge
左の写真は、州庁舎。 右の写真中央の銅像は、14世紀初頭のフランスの圧政に対する市民蜂起の英雄”ヤン・ブレイデル”と”ピーター・ド・コニング”という方です。

広場からは、高々とそびえる”鐘楼”を見ることができます。
  0237 Markt Brugge 0238 Belfort Brugge ←街のシンボル!

この広場のまわりには、こういったレストランやカフェもいっぱいあります。
  0239 Markt Brugge 0240 Markt Brugge

駅からしばらく歩いてきたので、まずはここで休憩です~。
  0241 Markt Brugge お洒落なカフェで。。。

カフェでここまでの移動の疲れをとったら、ここからは本格的な街の散策に出かけます!!!

その様子は、次回ということで。
では。
! Hasta luego !
2011_09
01
(Thu)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その13 ブリュッセル市内散策)

! Hola, amigos ! 
? Que tal ?

今日からとうとう9月ですよ!!!
多くの学校で2学期が始まりますよね~。 この頃になると、”夏休みの宿題は?”なんてよく話題が上がりますが...
みなさんの宿題はどうですか?
今年初めに立てた目標はどのぐらい達成されたでしょうか?
なんて言ってる私はまだまだなんですけど~。
正直...焦ってます。今年もあと1/3しかありませんから。。。
とりあえず、いまからがんばろっと!!!


さて...
ここからは、連日お届けしている『オランダ - ベルギー旅行記』になります。
今日は、ブリュッセルのホテルに到着した後の市内散策の様子です。

ホテルを出たて周囲をみても、この辺は何もない様子。
ブリュッセル北駅近辺はちょうど再開発中だったようで、あちこちが工事中でした。
今はとってもきれいに整備されたようです。

ホテルを出たら、まずは有名(世界遺産)な”グラン・プラス”を目指して歩いて行きます。
到着すると...さんもデジカメで写真撮影。
  0203 Brussel
何を撮っているかというと....これです! すごいでしょ!
  0204 Brussel 王の家 0205 Brussel ブラバン公の館
左の写真が 『王の家』と呼ばれている建物で、右が『ブラバン公の館』と言われているものです。
『王の家』とはいえ、王様は一度もここには住んだことは無いそうですよ。

下の写真は、左が『ブリュッセル市庁舎』、右が『ギルドハウス』です。
  0201 Brussel 市庁舎 0206 Brussel グランプラス 0207 Brussel グランプラス
この”グラン・プラス”には、こういった豪華な建物が一堂に会しています。
さすがに、文豪”ビクトル・ユーゴー”が「世界で最も美しい広場」と賞賛しただけのことはありますねぇ~。

ところで...
ベルギーと言えば、ベルギー・ワッフル、チョコレート、ビールなどが有名ですが、これらと並んで「レース編み」も有名です。 街を歩くとこのようなレース編みを売っているお店も目にすることができますよ。
 0208 Brussel 0209 Brussel ←レス編みをするおばあさんの人形

  0210 Brussel ←しばらく市内を散策。

こちらは、市内の証券取引所。なぜか豪華で堂々としてます。
  0211 Brussel 証券取引所 ←証券取引所

しばらく観光しながら歩いたら、もう夕方。
ヨーロッパでは日が長いので、日本人がお腹がすく時間でも、あたりはまだ全然明るいです。(季節にもよりますね。)
そこで、レストランがいっぱいあるところで、良さそうなお店に入ってみることにしました。
  0212 Brussel 0214 Brussel ←外のテーブルで頂きます。
 ここは、グラン・パレスの北東方向にある 『イロ・サクレ地区』。 こういったレストランがたくさん軒を連ねていて、差し詰め ”ブリュッセルの食い倒れ横町” といった感じです。 
ここでは美味しい物を出す店がたくさんありますが、その反面、最近では ”観光客狙いのぼったくり店”も出てきているようなので、お店を選ぶのには気をつけた方が良いようです。
そこで、お店選びのポイントとしては、、、
 ① しつこい客引きのある店は選ばない 
 ② スーツ姿の現地ビジネスマンがたくさん入っているお店はOK!
という2点を気にかけていると、少なくとも失敗はしないようですよ。
ブリュッセルへ行くことがありましたら、ぜひ美味しいものを食べてくださいね~。

ということで、今日はここまで。
次回は、ブリュッセルからちょっと小旅行。 素敵なブルージュの街を訪れます。

では。
! Hasta luego !
2011_08
31
(Wed)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その12 ブリュッセルへ)

! Hola, buenos dias !

今日はまず最初にリーガの様子から。。。
     soccer_player_17.gif
先日行われたバルサの開幕戦、ホームでビジャレアルに5-0の快勝でした!!!
ビジャレアルも全然弱いチームではないのに、この結果はすごいですね~。
しばらく前に行われたレアルとの2戦(スーペル・コパ)を見るとちょっと不安でしたが、みごとその不安を吹き飛ばしてくれました!! 
セスクも少しずつフィットしてきたようですので、今季のリーガでの快進撃が期待できますね~。

それにしても...
セスクなどのキーマンが次々と移籍しちゃったアーセナル。。。
ホームでマンUに相当ボコボコにされてしまった(2-8)ようですね。まずは守備の補強を行っているようですが...今季の先行きがとっても不安です。

リーガでも、同じようにフォルラン、アグエロを放出してしまったアトレチコ。
初戦はオサスナに引き分けましたが...点を取れていない(点取り屋がいなくなった)結果を見ると、今後の様子が心配になりますね~。
ということで...リーガの話題はここまで~。
     sub_refree.gif

ここからは、先日の”どたばた風車観光”から帰ってきて、次のベルギーへ移動までの様子をお届けします。
まずは、迎えの人が来るまでホテルで待機。
このツアーは、現地係員が空港やホテルからの出発時にお世話してくれるものなので、このときも迎えの人が来るまでホテルで待つことになっていました。
  0141 SAVE0096 ←お部屋でくつろぎながら待機。

待ち合わせの時間が近づいたら、ホテルのロビーで迎えの人を探します。
このときに来てくれたのは、日本人の女性とドライバーとしてくる現地の男性です。 出会ったら、早速荷物を車に積み込んで駅まで送ってくれます。

駅まで連れて行ってもらったら、ここからは自分たちで。
アムステルダムからベルギーのブリュッセルまでは、高速国際列車『Thalys:タリス』に乗っていきます。
これがそのチケット。 旅のツアーに組み込まれているもので、チケットをもらって自分たちは乗るだけです。(とっても楽ちん。) 
  0142 ユーレイルチケット 0143 タリスチケット

駅では、出発列車の掲示板を見て、予約した列車が発車するホームを確認し、そのホームへと向かいます。
これがその国際列車『タリス』の発着ホーム。
  0144 アムステルダム中央駅 ←いかにもヨーロッパの駅舎らしい感じ。
(...って、そんなに知らないですけど。イメージで。)
ちなみに、この『タリス』という列車は、ドイツ・オランダ・ベルギー・フランスを結ぶ高速国際列車です。
このときに乗った列車は パリ行き の列車。 なので、写真に写っている表示板には ”Paris Nord"(パリ北駅)って書いてあります。
ちなみに、タリスに使われている列車は、フランス国内を走っている高速列車”TGV”がベースとなっています。

で、しばらくホームで待っていると...
やってきました! これがタリスです! (先頭車両の写真がないのが残念。。。)
  0145 Thalys 0146 Thalys
何を隠そう...初めての国際列車です!

なので、ひとまず記念撮影。
スペインとは違って、駅では比較的自由に写真を撮ることが出来ました。今はどうかわかりませんけど。。。
  0147 Thalys 
    ↑列車に描かれているマークは、女性をイメージした物らしいです。

で、車内はこんな感じです。
  0149 Thalys ←ゆったりくつろげます。
このあと、結構お客さんが乗ってきて、乗車率は80%ぐらいかな。
お客さんの感じは...パリ行きだったので、フランス系の人が多かったようです。

この列車の思い出は...
車内でうっかり寝ちゃって、『寝ていた自分でも驚いて起きちゃうぐらいのイビキ』をかいちゃったこと。
(ウガッ...って感じ。)
自分もその瞬間に目が覚めたんですけど、、、イビキをかいた瞬間に、他のお客さんが一斉にこっちを振り返りました。。。 あ~~ 今 思い出しても恥ずかしいです。。。

でも、一回きりのイビキで良かったです。連続して”がぁ~がぁ~”かいてたら大ヒンシュクだったでしょうからねぇ~。
(この件に関しては、スーパーポジティブ志向で考えるようにしています。)

また、この列車はロッテルダムの駅にも到着するのですが、駅を出発した後、右手にフェイエノールト(以前、小野伸二が所属してた)のスタジアムが見えますよ。

で、そうこうしているうちに...ベルギー・ブリュッセル中央駅へ到着です!!!
駅に着くと、またまた係の方が駅で待っていてくれました。
そして、今回ブリュッセルで滞在する予定のホテルまで連れていってくれます。
これがそのホテル”ヒルトン・ブリュッセル・シティ”です。 新しくできたばかりなのか、内装も結構きれいでした。(ホテルのまわりは工事中でしたけど...)
  0150 Brusseles Hotel 0151 Brusseles Hotel

ちょうどのこのホテルの部屋の窓から、ブリュッセル北駅が見えます。
  0152 Brusseles Hotel

では、次回は早速ブリュッセルの街を散策します。

! Hasta luego !
2011_08
30
(Tue)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その11 ザーンセ・スカンス)

! Hola, amigos !  

今日は、オランダ最後の日の観光(午前中だけ) ”Zaanse Schans:ザーンセ・スカンス” の様子をお届けします。
ここは、アムステルダムの近くで、風車がたくさん見られるところなんです。
オランダに来たらやっぱり風車は見ておかないと...ですよね。
で、出発時間までホテルに荷物を預かってもらって、風車の観光に出発です!

まず、ホテルからアムステルダムの駅まではちょっと距離があるので、トラムに乗っていきます。
アムステルダムの街中には、縦横にトラムが走っているのでこれを使うのがとっても便利! でも、使い方がなかなかわからないですよね~。
一回きりの飛び乗りの場合、運転手さんに声をかけて、1回券を購入します。
頻繁に使う場合は、回数券『ストリッペン・カールト(Strippen Kaart)』や、1~9日券『ダーフ・カールト(Dagkaart)』を購入した方が面倒くさくなくて良さそうです。
※最近では、チャージカード式のOVチップカードという物になり、従来のストリッペン・カードは徐々に使えなっているようです。詳しくはこちらをご覧ください。→OVチップカード

私たちの場合、運転手さんに行き先を言って一回券を購入。チケットはこんな感じでした。
   アムストラムチケット04

そして、駅に着いたら次は早速鉄道の切符の購入です。
自販切符販売機もありましたが、言葉(オランダ語)がわからないので、大事をとって窓口で購入しました。
ザーンセ・スカンスに行くには、行き先は 『コーフ・ザーンダイク(Koog-Zaandijk)』 という駅なのですが、『ザーンセ・スカンス』って言ってもわかってくれますよ。
さらに! 念のため、行き先枚数片道(Enkele reis)か往復(Dagretour)かを書いた紙を渡せば間違いありません!
...そんなことで、ゲットした切符がこれです! 
  0111 列車の中で ザーンセスカンスチケット02 ←往復で4.3ユーロ/人

あとは、行き先を間違えないで列車に乗ります。発着案内板で行き先を確認して表示されたホームへ向かいます。
  0107 アムステルダム中央駅
  0106 アムステルダム中央駅 0108 SAVE0075 ←記念撮影。
列車が来たら行き先を確認して列車に乗車。これで完了です!

ただし!!!
ここで更に確認しておかなければならない事があります!!!

ホームには、普通・各停/快速/特急/長距離国際列車などがさまざま停車します。特急や長距離国際列車などはすぐに見分けがつきますが...
各停と快速は、初めての場合はなかなか見分けが付きません! 必ず! ”Stoptrein(各駅停車)”と書いてある列車に乗ってください! でないと、『コーフ・ザーンダイク(Koog-Zaandijk)』駅は通過しちゃいますよ!
※列車の種類はここに出ています。→アムス基本情報

実は、私たち...これをやっちゃったんです。
列車に乗ってから15分ぐらいで到着するはずが、一向に列車が停まる気配は無し。
ちょっと焦っていると...窓の外を”Koog-Zaandijk”と書かれた駅が通過。『これ快速だ!』と気がついてみたものの...”時すでに遅し”。 
この日は、午後からベルギーのブリュッセルまで、国際特急に乗って移動する予定だったので遅れるわけには行きません!!!
列車に乗っちゃった以上どうすることも出来ず、あとは『停まってくれ~』と祈るばかり。。。
しかしながら、その間、無情にもいくつかの駅が窓の外を通過。『もうだめか~』と思い始めた頃にようやく列車が停車しました!
急いで降りて反対方向の列車へ! 運良く数分で列車が来たので、今度はちゃんと確認して列車に乗車しました。

ここで時間を確認すると、ゆっくりは出来ないけど...なんとか観光できるだけの時間がありそうだったので、急いで観光をしてくることにしました~。
しばらくしてようやく目的の駅に停車です。
  0138 SAVE0095 0139 ザーンセ・スカンスの駅 ←苦労して到着した駅。
こりゃ、快速だったら通過しちゃう駅ですね。 ちなみにこの写真は、帰りに撮ったものです。
 

駅に着いたら、地図を見ながら目標の”風車村”の方へ向きます。
まずは、川(ザーン川)の方へ。すると、しばらくしてここで初めての風車"De Bleeke Dood"に出会います。
※風車の一つ一つにはちゃんと名前が付いています。これはスペインも一緒です。
  0112 ザーンセ・スカンスの風車 0113 SAVE0078

ここからは橋を渡って対岸に向かいます。
ところで、行くときは気がつきませんでしたが、この橋は跳ね橋になってるんです。 タイミングが良いと、橋があげられているところに出くわすかもしれませんよ~。
橋があがるとこんな感じになります。
  0135 ザーンセ・スカンス 0136 SAVE0094 ←片側だけ上がるみたいです。

この橋の上に来ると、もうたくさんの風車を見ることができます!
  0114 ザーンセ・スカンスの風車 0117 SAVE0081 ←橋から見たザーンセスカンスの風車村
こちらはその対岸のようすです。
  0118 ザーンセ・スカンスの風車 0119 SAVE0083 ←かわいらしい家々。
ここでも写真が見れます→写真集

橋を渡りきった左手にザーンセ・スカンスの風車村があります。
  0134 SAVE0093 0124 ザーンセ・スカンス ←緑に囲まれたきれいでとってもかわいい村ですよ。

  0127 SAVE0088 0130 ザーンセ・スカンスの風車 ←またしても記念撮影。

近くで見るとこんな感じです。これらの風車は、一部はいまだに使われています。
  0131 SAVE0090 ←屋根の上にある風車。

このザーンセスカンス村からは、運河クルーズをすることも出来ます。
  0133 SAVE0092 ←これが運河クルーズの船?

さらに、木靴の工房、チーズ工房などもあるので、風車を見終えたらこのようなところをまわるのも良いですよ。
  0132 SAVE0091 ←こちらはそのチーズ工房。
中にも入ってみたのですが...写真はありません。ごめんなさい。

ということで、ここまでで風車観光は時間切れ~。
電車を乗り間違えたので慌ただしい観光になってしまいましたが、とりあえず風車も見れたのでヨシといたしました。 ここは、きれいでのんびりした雰囲気で、また訪れたくなるところですよ。
ちなみに...
もう一つ、オランダの南部に、風車を観光する場所として『キンデルダイク』 というところもあります。
こちらの方も良いかもしれませんよ。

さて、駅から列車に乗ってアムステルダムへ帰ります。
で、アムステルダム駅からホテルまでの帰り道、 アヤックス(AJAX) のオフィシャルショップを発見!
もちろん、中に入っていろいろ購入してきましたよ~。(時間が無いのに...)
  Ajax tag ←オフィシャルグッズに付いているタグ。
お店にある品々は、カラーリングがドイツのチームっぽい感じです。(赤・白・黒の色が多く使われてます。)

いろいろお土産をゲットしたら、ホテルに帰り荷物を引き取ったら、お迎えを待ちます。
お迎えは、駅まで車で送ってくれます。

あとは駅で列車に乗り出発です!
その様子はまた次回ということで。。。

ではまた。
! Hasta luego !
2011_08
27
(Sat)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その10 アムステルダム夕景)

! Hola ! 

今回は、楽しかったアムステルダムの最後の夜の様子をお届けします。

前回のお届けした最後の観光地”マドローダム(ハーグ)”からアムステルダムに帰ってきました。
このバスツアーから帰ってきたらいったんホテルへ。
  0095 アムステルダム市街

ホテルに戻ってきたら、レセプションで”近くの郷土料理が食べられるお店”を聞いて、晩ご飯はそのお店に行ってみることにしました。 少しずつ街にも明かりが灯り始まりました。。。
結構遅い時間なんですが、まだまだこんなに明るいです。
  0099 アムステルダム市街 0098 アムステルダム市街 ←ピンボケでごめんなさい。

街のカフェ?レストラン?にはこんなに人が集まってきましたよ。
  0097 アムステルダム市街 0100 SAVE0071 ←ベンチで一休み。

教会、トラム、運河、自転車...オランダっぽいでしょう???
  0101 SAVE0072 0102 SAVE0073
スペインではなかなか見られない風景ですよね。 これはこれでとってもステキです。
  0103 SAVE0074 ←可愛い街並み。。。

しばらく歩いたら、目的のレストランへ到着。
このお店は、ガイドブックにも乗るほどの有名店! 『Haeje Claes:ハーシュ・クラース』です。
このお店は、店内の雰囲気も良く(レトロな雰囲気です。)、落ち着いた感じです。
頼んだお料理は、良く覚えてないんですが...鰯
下のレシートを見ると、Hutspotというコンビプレートと、魚のシチュー(Vispotje)となってますねぇ。
ニシンの酢漬け(名物)と、コロッケだったような気がするんですけど...思い違いかも。
           アムスレストランレシート   
ちなみに...スペインで酢漬けにする魚と言えば鰯(カタクチイワシ)です。 
なので、ニシンって聞くと、『あぁ、北の方に来たんだなぁ。』って感じますね~。

お店で地元の料理を堪能したら、ほろ酔い気分でホテルへ戻ります。
(オランダの美味しいビール一杯でもうほろ酔い気分~
  0104 ホテル前 ←ホテル前で記念の一枚。

ということで、これでこの日は終了!!! 
ホテルの快適なベッドでゆっくりと休みます。
次の日は、オランダ(アムステルダム)から国際列車Thalysに乗って、ベルギー(ブリュッセル)へ向かいます。

では。
! Hasta luego !
2011_08
26
(Fri)11:00

オランダ - ベルギー旅行記 (その9 ハーグ、マドローダム)

! Hola ! 

まずは、大好きなリーガの話題から。
先日、応援するバレンシアCFから、とうとう”フアン・マタ”がチェルシーに移籍することになってしまいました!!! 攻撃の起点・要の選手だっただけにとっても残念。
     pan006
その代わりだと思う(トップ下が得意とのことなので)のですが...レアル・マドリッドから”セルヒオ・カナレス”がやって来ることになりました。(もともとは、サンタンデール出身。2年間のレンタルらしい。)
彼の実力はどの程度なのかはちょっとわかりませんが、是非 頑張って欲しいです!
それにしても...
チーム事情でお金がないとはいえ、あまりにビジネスライクな選手の移籍をするバレンシアCFに、最近ちょっとげんなりしています。。。
ビジャ、シルバ、ホアキン、マタ...活躍するようになると、次のシーズンにはすぐに他チームに移籍しちゃうので、せっかくCLに出場出来るようになってもあんまり意味が無くなっちゃいます(期待が出来ない)よね~。
もう少し、チームとしてメンバーを安定させて欲しいです。
それと...
はやくリーガは給料不払い問題を解決して、今季開幕をむかえて欲しいもんです。。。


さて、リーガの話はこれくらいにして...
今回はオランダのミニチュアランド 『マドローダム (Madurodam)』を紹介をしようと思います。
ここは、いわゆる日本でいうところの ”東武ワールドスクエア”のようなところです。
ただ、ここに展示されている物は、オランダ各地の名所・旧跡のミニチュアだけです。 日本の東武ワールドスクエアように世界の世界遺産的なものはありません。
両方とも同じ25分の1のスケールの街です。

さて...まずはこれがマドローダムの入場券とパンフです。 日本人の観光客も多いのか、日本語のパンフレットもちゃんと準備されています。
ツアーでは、ガイドさんからこのチケットが渡された後に集合時間が告げられ、参加者は園内に散っていきます。
  0080 マドローダムチケット 0081 マドローダムパンフ ←ほぼ完璧な日本語パンフ。


まずは、オランダといえば風車ですよね~。 ということで、まずは風車のある風景を...
  0082 Madurodam ←ライデンの風車。
私がオランダで見た風車は木製の物だったんですが...これは石造りですねぇ。
調べてみると...この風車は、ライデン(Leiden)という街にある『デ・ファルク』と呼ばれる風車博物館でした。 昔は、この風車で小麦を挽いていたようです。
ちなみに、、、ライデンという街は、アムステルダムとデルフトの間にある街で、オランダ最古の大学そして研究機関が集まった学術都市です。 また、この街で”光と影の画家”レンブラントが生まれており、数々の博物館や美術館があります。日本ともかなり関係の深い街のようですよ~。

お次は、先日紹介したアムステルダムにある 国立博物館 (Rijksmuseum) ! 綺麗に再現されています。
  0083 アムステルダム国立博物館 ←まさに、こんな感じでした。

そしてこれはオランダの国会議事堂である「ビネンホフ (Binnenhof)」という建物。 1280年にバンケットホールとしてフローリス5世が建てたもので、現在は国会議事堂として使っています。 
このマドローダムと同じハーグの街にあります。(実物の観光はしてません。。。)
  0084 オランダ国会議事堂 ビネンホフ ←ビネンホフ

次のこちらの高い塔は、ユトレヒトにある『ダムタワー(Domtoren)』というものです。
ユトレヒトという街は、オランダ第4の都市です。
現在のオランダの建国の基礎となった『ユトレヒト同盟』が結ばれたということでも有名ですよ。
このユトレヒトにある"ダムタワー"は、教会の塔としてはオランダで一番高い塔だということです。(高さ120m!)
  0085 Utrecht Domtoren
25分の1の街ですから、実物は5m弱の高さになりますね。

これはアムステルダム市内のダム広場と王宮などです。
  0086 DeDam


こちら二つは、オランダの港とアムステルダムのスキポール空港。 
オランダはハブ空港(スキポール空港)・ハブ港(ロッテルダム港)を共に持っているので、この地域の物流の拠点になっています。
  0087 Madurodam 0090 Madurodam

こちら二つは、オランダを走る列車。 園内には実際に模型の列車が走らせてあります。
スケールサイズが25分の1ってことは...Gゲージの鉄道模型なんですかね???
  0088 Madurodam 0089 Madurodam

そして最後。 サッカースタジアムです!!!
ご存じの通り、オランダもサッカーが盛んです!!!
ワールドカップでも『Oranje(オラニエ):オレンジ軍団』として有名です。(ユニフォームが代々オレンジ色) そのプレースタイルも攻撃的で良いですよね~。 クライフを初めとして有名な選手を何人も輩出してます。
  0091 Madurodam
ちなみに...私が好きなオランダのサッカークラブはAJAX(アヤックス)です。

ということで、園内の観光は終了。
集合時間が近づいてきたら、同じツアーに参加していた女性(ブラジルから来たって言ってました)が、『そろそろ集合時間ですね~。』って声をかけてくれました。

このあとみな集合してバスに乗車したら、アムステルダムへ帰還です。

では。
! Hasta luego !
    pan013