2016_08
19
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (グラナダのレストラン)

! Hola !  

今日は、グラナダでの晩御飯の様子をご紹介します。

入ったお店は バル ”ラス・コパス” というお店。
タパス屋さんが多い ナバス通り にあります。
観光客が多いので、地元のお店と言った感じよりも、観光客相手の商売をしているといった感じのお店の雰囲気です。
1980 bar Las Copas md_cat_2.gif md_bear.gif

とはいうものの、お店の中の様子はこんなシックな感じでなかなかよさげ。
店内にはお客はまだまばらですが、それはちょっと時間が早かったから。 
しばらくするとお客さんがどんどん増えてきました~。
1983 bar Las Copas-M

遅ればせながら、最近気が付いたのですが...
テラス席があるバルでは、観光客はできるだけテラス席に案内する傾向にあるみたいです。(特にグラナダではそういうことが多かった。)
観光客の方も比較的テラス席を好むっていうのもあるのかもしれないんですが... 
お店側としては、テラス席に座ってもらうことで ”お客が入ってます=美味しいお店” ってアピールにもなるし(宣伝効果)、なにぶんテラス席は少々お値段が高くなっていますから、若干実入りも良いということもあるのでしょう。
1987 bar Las Copas-M
逆に、ちょっと慣れてきた観光客なら、バルのカウンター(barra)で地元客のように飲んだり食べたりしたいっていう気分になりますよね。 
でもね... 
(店員さんが)ちゃんとしたお店なら、それでもしっかり応対してくれるのですが、時には 『そこは地元客の人のためにあけておいてくれ。』 って感じで、露骨にいやな対応をするお店もあるので気を付けてくださいね。
今思えば、もしかしたら人種差別的なことだったのかも... 私たちアジア系ですからね。
そのお店は、ここグラナダで南米系の店員さんがやっているお店だったのですが、店員の対応がひどかったです。
皆さんも、そんなお店に当たってしまったら、さっさと店を出て他のお店に移った方が良いですよ。 
店員さんの対応も料理のうち。 
嫌な気分で食事をするものではないですからね。

ということで、話は戻りますが....
今回、私たちはお店の中へと案内してもらいましたよ。
で、まずは、飲み物にビールとサングリアを注文!
1984 bar Las Copas-M
そう言えば...
スペイン(だけではないかな)では、大体バルでもカフェでもレストランでも、入るとすぐに飲み物のオーダーを聞きに来ますよね。
で、そんなとき日本人ならほとんどの人が 「う~ん...何にしようかなぁ。」 って、そこから考え始めることって多くないですか?
そうすると、店員さんも 『決まってないなら、じゃあまた後で来るわ。』 って感じになちゃって、そのあとなかなか来てもらえないことがありますよね。
『呼んだらすぐ来て...』 っていう日本のサービスとは違うところですよね。

は大体いつも決まっている(ほぼビール!)ので、すぐに頼んじゃうんですけどね。
まあ、店の人からすれば、『こっちも忙しいから、ある程度決めてから入ってこい』 って感じなのかな~。
『何が飲みたくて入ってきたの?』 って気持ちになるのはわからんでもない。
その辺は、『何があるの?』 っていう感じで入ってくる日本での感覚とは違うかも。。。

今回は、飲み物だけパパッと頼んで、そのあと食べ物をオーダー。
で、こちらは飲み物についてきたタパス。 
日本でいうところの ”つき出し” みたいなものです。 
ただし、日本のように ”席料” などとして別途料金を上乗せしてとられていたりしませんのでご安心を!
1985 bar Las Copas-M

これは一品目。
大好きな ”Pimientos de Padron(ピミエントス・デ・パドロン)” 。 要は ”しし唐の炒めたもの” です。
1986 bar Las Copas-M

そしてもう一品。
こちらはタパスの盛り合わせでーす。
1996 bar Las Copas-M

では、奥から時計回りに一つずつご紹介。
まずは、一番奥にあるのがカラマーレス・フリトス。 
日本でもよくあるイカリングフライです。
こちらのはイカの皮もちゃんと剝いてあって、フワフワに揚げてあり美味しいです。
2009 bar Las Copas-M

二つ目は小魚のフライ。
アンダルシア地方では、こういった ”揚げもの系” のものが多いですよ。
こちらもフワフワに揚げてあって美味しいです。 
ただ、ときどき美味しくないお店もありますが...
それは数少ないハズレのお店だと思ってあきらめましょう。(笑)
2010 bar Las Copas-M

三つ目は、お肉のトマトソース煮みたいなもの... だったような。
お肉もチキンだったか豚だったか... あまり印象に残ってないですね。
2006 bar Las Copas-M

四つ目は、エンサラダ・ルーサ(ロシア風ポテト・サラダ)。 
スペインではどこにいってもこれはあります。(笑)  おなかがすいているとき、これとパンがあればそこそこ満足できちゃいます。
は安上がりなもんで。。。
2005 bar Las Copas-M

五つ目は、アカピーマンをオイルにつけたような感じのもの。
スペインのピーマンは皮を剥いて調理してあるので、とっても柔らかくなっています。
ピーマンのあの皮のプラスチックぽさがイヤって人には向いていると思いますよ。
2004 bar Las Copas-M

六つ目は、コロッケ。
プリエゴ・デ・コルドバでもオススメって言われたけど... 
グラナダ、コルドバあたりの名物料理なのかなぁ。
ちなみにこのコロッケは、ホウレンソウ入りです。  
日本のコロッケと比べると、どれもクリームコロッケに近い柔らかさですよ。
2008 bar Las Copas-M

最後は中央のオリーブ!
グラナダ周辺は、オリーブの一大生産地だけにこれは外せませんねー。 ホント美味しいです~。
2007 bar Las Copas-M

あとはこれにパンなどがついています。
大体こんなもんでお腹いっぱいかな。

では。   pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2016_03
18
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (グラナダ散策 その2)

! Hola amigos !  

最近、「そろそろ今年のスペイン散策計画を!」 ということで、予定の調整をはじめました~。
日程としては、6~7月あたりか9月頃の予定です。
6~7月の頃ならバスクの方へ、9月頃ならバルセロナ方面で考えています。
ただ...どちらもオンシーズンなのでちょっとホテルがお高そうなのが心配です。
特に、バルセロナはお祭り(メルセ祭り)のシーズンですしね。
   aburo_1.gif aburo_2.gif aburo_3.gif
いろいろと悩ましいことはありますが、計画を立てている時はなかなか楽しいもんですよ~。


ということで、今回もスペイン散策のお話を続けます。
先日に引き続き、今日もグラナダ散策のお話です。

レアレホ地区からさらに坂を降りて街の中心へと歩いて行きます。
すると、その途中でまたしても教会を発見。
ここはIglesia de San Matasという教会です。 街中はちょっと歩くとすぐ教会に出くわしますねぇ~。
先日の教会(サント・ドミンゴ教会)と比較するとちょっと新しめの感じです。
1390 Iglesia Imperial de San Matias

そして次に行ってみたのはナバス通りというところ。
ここはホテルの方に教えてもらった ”バルがたくさんある通り” です。  
美味しそうなお店がたくさんあるので、どこに入ろうか迷っちゃいますねぇ~。
1394 Calle Navas

このナバス通りを抜け、大通り(レジェス・カトリコス通り)に出ます。
この通りの名前は、スペインでは有名な ”カトリック両王” に由来するものです。

さて、この通りに出たらあとはホテルまで一本道。
途中、が大好きなフローズンヨーグルトのお店 ”llao llao:ジャオジャオ” を発見!
もちろん食べてきましたよ。
1395 llaollao

今回はトッピングにマンゴーなどのフルーツ&ソースをチョイス。
さわやかな感じで美味しそうでしょ?
1396 llaollao-M ←フローズンヨーグルト

ジャオジャオでフローズンヨーグルトを堪能したら、あとはあちこち写真を撮りながらホテルへと戻りまーす。
ここは、グラナダの郵便局があるところの交差点。
たくさんの通りがここで交差してます。
で、写真はその交差点にある ”バーガーキング” 。 
スペインではバルで ”ボカディージョ”(スペインのサンドイッチ) が食べられるのであまり浸透しないかと思うんですが...頑張ってますね~。 
でも、やっぱりお客さんは観光客風の人か地元の若い人たちが多そうですね。
1411 Granada-M

これは、交差点からレジェス・カトリコス通りをみた様子です。
ここを行くとアルハンブラ宮殿方面へ行くことができますよ。
1406 Granada

こちらは、アセラ・デル・ダロ通りの風景。 こちらは片側二車線の広い通りです。 
写真では見えませんが、人通りもけっこう多いですよ。 地元の人が多いのかなぁ~。
街灯にあるお花が綺麗に咲いていますね。
1405 Granada

ここからホテルの方へレコヒダス通りを歩いて行くと、ちょっと教会風の建物があります。
ここは ”レコヒダス・カプチーナス” という建物で、キリスト教カプチン会の修道院でした。
1419 Iglesia San Anton ←修道院

で、こちらがそのレコヒダス通り。 この通りにはZARA:サラ(日本ではザラ)などのファッション系のお店がたくさん並んでいるので、ショッピング好きの方にはよいところだと思いますよ。
ここまでくればもうすぐホテルに到着で~す。
1418 Granada-M

ということで、この日の散策はこれにて終了。
次の日は、グラナダ近郊の街 ”アルカラ・ラ・レアル” に向けて出発します!
その様子はまた次回からお届けします。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_03
15
(Tue)08:30

2015 秋のスペイン旅 (グラナダ散策 その1)

! Hola a todos !  

今日からはグラナダの街の散策の様子をお届けします。
アルハンブラ宮殿やカテドラル、アルバイシン地区などは以前に訪れたことがあるので、その時に報告させてもらいました。
(※本ブログ右側にある カテゴリースペインアンダルシアグラナダ とクリックしていくとみることができますよ。)

なので、今回はちょっとだけマイナーなところを散策してみることにしました。
まずは、ヘニル川の畔の様子。
川の向こうに見えるのは ”Parroquia San Jose de Calasanz:サン・ホセ・デ・カラサンス修道院”(Iglesia de los Escolapios ともいうらしい) です。
1358 Colegio Padres Escolapios

ここからしばらくは、川沿いにあるウミジャデロ広場(パセオ・デル・サロンともいうらしい)を散策。
1361 Rio Genil

その後は、左手の丘の方へ。 
目指しているのは、ホテルでもらった地図に印がしてあったフォトスポットです。
こんな感じの通りを歩いていきます。
1369 Granada

途中にはこんな絵が描いてある建物がありましたよ。(モリノス通り)
1370 Granada

で、辿り着いたのが ”Plaza Campo del Principe:カンポ・デル・プリンシペ広場” です。
広場には、壁に何かがいっぱい貼り付けてあるちょっと奇妙な建物が...。
1373 Plaza Campo del Principe

よくみると...貼り付けてあるのはすべて陶器みたいですね~。
ここはレストラン&ホテルで、 店名は ”La NINFA” というみたいですよ。
1372 Plaza Campo del Principe

そして、このカンポ・デル・プリンシペ広場の反対側の角にも同じようなホテルが...。
1377 Plaza Campo del Principe
と思ったら、こちらはLa NINFAのオスタル専門の建物のようですね~。 どーりで。。。

で、目的のフォトスポットなんですが... あちこち見渡してみてもそれらしいところはなかったですね~。
う~ん...だまされたか? 残念。。。
Granada fotospot

結局よくわからず...街の方へと戻ることにしました。
このあたりには、小さくて可愛らしいお店があちこちにあります。 
レアレホ地区という伝統的な地区だそうです。 

坂を下っていくと、途中に古そうな教会が。。。
この教会は ”Iglesia de Santo Domingo:サント・ドミンゴ教会” といいます。 (16世紀のもの)
1383 Iglesia de Santo Domingo

この教会前の広場に立っていらっしゃる方は、もちろんサント・ドミンゴさんかと思いきや....違うようです。
グラナダの ”ルイス修道士” という方のようです。
この方は何をした方なんでしょうねぇ。
1382 Iglesia de Santo Domingo

教会の正面入り口上には、たぶん ”Nuestra Señora del Rosario:ロサリオの聖母” が描いてあるのだと思います。
また、その下ある紋章は、あの有名な ”カトリック両王の紋章” です。
1387 Iglesia de Santo Domingo

教会前に隣接する建物には、ロサリオの聖母の絵が掛けられている場所がありました~。
1381 Iglesia de Santo Domingo

ということで、第1回目のグラナダ散策の様子はこんな感じ。
次回以降も続きます。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_03
13
(Sun)08:30

2015 秋のスペイン旅 (グラナダでお昼ご飯)

! Hola amigos !  

今日は、グラナダの最初のお昼ごはんをご紹介!
ホテルのレセプションで食事できるお店が集まっているところやオススメのお店などを紹介してもらい、まずはその方向へといってみることにしました。

で、紹介されたお店とは違うけれど、メニューのお料理がちょっと美味しそうだったので写真のお店に入ってみることにしました。
ウミジャデロ広場沿いのお店で、アル・アンダルスという名前です。
1341 Bar Al Andalus-M

川風にあたりながらのんびりできるお店です。
で、まずはやっぱりビールでしょ!  しかも、銘柄はもちろんアランブラ・ビール! 
1342 Bar Al Andalus-M

で、付け合わせはオリーブ
ビールとこれがあればとりあえず文句なし!!!
1344 Bar Al Andalus-M

そして、ミックス・サラダですね~。
塩・こしょう・ビネガー(酢)・オリーブオイルを自分好みに混ぜあわせて頂きまーす!
1347 Bar Al Andalus-M

こちたは ”Berenjenas con miel(ベレンヘナス・コン・ミエル)” というお料理です。
さっと揚げたナス(ベレンヘナス)に黒蜜や蜂蜜をかけたお料理。 アンダルシアの名物料理なんですー。
そのお味は、ナスの食感がサクサクっとした感じで、その上に甘い黒蜜がかかっているので、食事と言うより... 
お菓子みたいな感じかなー。  
1348 Bar Al Andalus-M

次はメインのプレート。
白身魚を軽く焼いたもの。 さっぱりとしていて美味しいです。
1350 Bar Al Andalus-M

こちらは、ヒレ肉に卵焼きがついたプレート。 こちらもなかなか美味しかったです。
1352 Bar Al Andalus-M

この日は特に後の予定もなかったので、ゆっくりのんびり飲んで食べて楽しみました。
とっても贅沢な時間です。

そういえば、私たちがこうやってのんびり過ごしている間、お店の前を日本人ツアーの方々が歩いて通りすぎて行きました。
たぶんお昼のお店がこの近くにとってあったのでしょう。 
自分たちが最初にグラナダに来た時... どこで食事したっけなぁ。
ツアーで旅すると名所はたくさん回ってくれるんですけど、自分たちで行動しないので歩いた場所が分からないってことが結構ありますよね~。
また、私たちからちょっと離れた違う店にも日本人らしき若いカップルもいたなぁ~。
グラナダのこのあたりにも日本の方々が来るんですね。 
知らなかったです~。
まあ、私たちも含め、最近は大体どこでも日本の方はいますから、特に珍しいことでもないかもしれないですね。

ということで、ここでしばらくのんびりした後、街の散策を始めました。
その様子はまた次回からということで。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2016_03
10
(Thu)08:30

2015 秋のスペイン旅 (グラナダ到着)

! Hola a todos !  

ちょっと前までは春を感じさせるようなお天気でしたが、今日あたりは冬に逆戻りしちゃったような感じを覚えますね~。
関東では来週はじめ頃までこの陽気が続くようです。
この時期は暖かかったり寒かったり...「三寒四温」とでもいうのでしょうか?
なにかとイベントの多い年度末のこの時期。 体調を崩さないように気をつけたいですね。
    panda_icon_c_20120203155811.gif


さて、今日はこれまでお届けしてきたプリエゴ・デ・コルドバのお話から、グラナダの話へと移ります!
これまで滞在したプリエゴの街に別れを告げ、バスでグラナダの街に入りましたよ。
  hatobasu-ani01.gif
グラナダの街はとても素敵なんですが... 
難点は、交通の利便性があまりよくないこと。
鉄道はあるものの本数は少ないですし、発着の時間帯もあまり良くないのでバスを利用する方が便利です。
ただそのバスなんですが... バスターミナルが街からちょっと遠い! 
街の中心部からは大体3kmぐらい離れてるんですよ。
安く行くには市内の循環バスを利用するのがよいのですが、バス網が複雑で観光客が気軽に利用するにはちょっと大変。
で、これを改善する目的からか、数年後にはバスターミナルへとつながるトラム(路面電車)ができるようになるですが、トラムの開通するルートがまたいまいち。。。 
こちらも観光客に便利なものとはなりそうもないんです。
 グラナダマップ

以上のことから、移動にはやっぱりタクシーを使うのが便利ということになってしまいます。 
運賃は大体10ユーロぐらいですから、往復使っちゃうと20ユーロぐらいの出費。 便利だけどこの出費はちょっと痛いです!
はやく観光客にも便利な交通システムを整備して欲しいところですねぇ。

もちろん、私達もバスターミナルからホテルまではタクシーを利用。 
荷物(スーツケース)もありますし、やっぱりその便利さに負けちゃいました。

さて、今回グラナダで利用するホテルは初めて利用ところ。 (まあ、これまでグラナダでは同じところに泊まったことがありませんが...)
なので、どんなホテルなのかちょっとドキドキです。
で、そのホテルがここ。 
ホテル・アバデス・レコヒーダスです。
なかなか新しい感じのホテルで設備は良さそうですね~。
1421 Granada Hotel

レセプションでチェックインを済ませてお部屋へ。
内装は今風ですね。 最近改装したのかも。。。
1435 Granada Hotel-M

なにか部屋ごとに絵画のテーマが設けられているようです。
1309 tarjeta de Hotel Abades Recogidas   1436 Granada Hotel-M

で、中に入ってみると... お~っ、お洒落でいい感じ!
冷蔵庫もセキュリティボックスもついているので完璧です!
部屋のお値段は、2人3泊朝食付きで226.8€です。  banknote_2_201603061255167cf.gif
まあ、時期によってもお値段は違うでしょうけれど、ロケーションからいってもなかなかリーズナブルなお値段だと思いますよ~。
1310 Granada Hotel

部屋で荷物を整理したら、早速昼食をとりに出かけました。
ホテルのレセプションでオススメのお店をきいたので、まずはそちらの方へといってみることに。
こちらは、アセラ・デル・ダロ通りのカンピージョ広場の噴水。 フエンテ・デ・ラス・バタージャスっていいます。
1311 Granada

そして、この日はこの噴水のあたりからビルヘン通りの方向へ向かって、本を売るお店がずらーっつ並んでいましたよ。
1312 Granada

みなさん結構熱心に本を吟味されています。
1317 Granada

ビルヘン通りを抜けると、ヘニル川のほとりにある広々としたウミジャデロ広場へと出ます。
そして、この広場にも噴水があって、ここの噴水は ”フエンテ・デ・ラス・グラナーダス” と呼ばれています。
1319 Plaza del Humilladero

グラナーダス(柘榴:ざくろ)というだけあって、噴水は柘榴の木をモチーフに作られていて、その周りはたくさんの柘榴の実で飾られています。
1320 Plaza del Humilladero

ここウミジャデロ広場(Plaza de las Humilladero)はとっても開放感があってのんびりできます~。
1331 Plaza del Humilladero

ということで、今日はまずここまで。

では。  pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2015_11
02
(Mon)13:53

2015 秋のスペイン旅 (グラナダ)

スペインから、オラ!  

今日は、2日間楽しんだプリエゴの街にお別れを告げて、次の滞在場所であるグラナダへとやってきました。
グラナダ到着後、ホテルへチェックインしたら、早速、街をお散歩。
でも、今日は日曜日なのでほとんどのお店は残念ながら閉まってます。。。
(デパートや小売店などが閉まってます。バルやレストランはやってますよ。)

で、最初に来たのがここ。 プラサ・デル・ウミジャデロというところです。
ここから続くパセオ・デル・サロン(サロン通り)の雰囲気が素敵でしたよ。
 05 グラナダ
さすがにグラナダまでくると、あちこちに日本人らしき方の姿を見かける様になります。

さて、ここでそろそろお昼ご飯の時間になったので、私たちも近くにあるお食事処に入りました。
今回は、そのときのお料理をちょっとだけご紹介。 (詳しくはまた日本に帰国してから紹介しますね。)
下の写真は、”Berenjenas con miel(ベレンヘナス・コン・ミエル)”って言う料理です。
アンダルシアの名物料理なんですって。
 06 グラナダ

普通は、衣をつけて揚げた(まるで天ぷら)後に蜂蜜をかけるのですが...
このお店では、蜂蜜の替わりに黒みつをかけているようです!
味は、ナスの食感がサクサクっとした感じで、その上に甘い黒砂糖がかかっているので、食事と言うより... 
お菓子みたいな感じです。 

では。
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ
にほんブログ村
2011_12
27
(Tue)11:00

2011秋 スペインの旅 (グラナダ散策 その9)

! Hola, amigos !  

今日は、グラナダで宿泊したホテル”マシア・グランビア”から、晩ご飯の食材を求めて夕方頃にグラナダのデパート(エル・コルテ・イングレス)へ出かけたときの様子をお届けします。

夕方といってもこちらではまだまだ日が高い状態なので、散策しても全然安心です。
まずは、最初にちょっと寄り道した ”Mercado de Artesania:メルカド・デ・アルテサニア” というところをご紹介します。
ここは”手工芸品市場”といった感じの路地です。
  20060 Calle Alcaiceria ←市場(路地)への入口。
ここには、いろいろな雑貨・アクセサリーなどが売られています。ちょっとアラビア調もものが多かったかな。その辺がグラナダっぽい感じがしますね。 値段もそこそこリーズナブルなので、お土産を買うのにも良いところですよ。
  20070 Calle Alcaiceria 20080 Calle Alcaiceria ←なかなか楽しい通りです。

この路地を抜けたら、また他の裏通り(マリア・ピネダ通り)を散策してみることにしました。
その通り(マリア・ピネダ通り)に行ってみると、こんな感じの古そうな建物を発見!
これは ”Corral del Carbon” という建物。 名前の意味はちょっとわからないです(直訳すると、貯炭所?)。 
とりあえずこの建物の説明によると、1300-1332年に建てられたもので、『穀物関係の取引所や貯蔵所として使われていたところ』とのことです。 現在では、フラメンコなどのステージを行う”イベント会場”として使われているようです。 中は、建物がパティオ(中庭)を囲むようなつくりになっていて、建物の方にはいくつかのオフィスみたいなものがあります。
  20100 Corral del Carbon ←Corral del Carbon

さて、次はこの”マリア・ピネダ通り”から”レジェス・カトリコス通り”に入って行きます。
この通りには、 ”日本語情報センター”というのがありますよ。 旅行情報、フラメンコの予約などなど、旅のお手伝いをしてくれるところのようです。
いってみると、日本語で書かれたインフォメーションがあります。なにか知りたいことがあったら、ここを訪れてみるのもいいかもしれませんよ。

この日本語情報センターを過ぎて進んで行くと、しばらくして大きな交差点にでます。
  20120 Calle Reyes Catoacute;licos
この交差点あたりまでくると、観光客らしき人たちはグッと減ってきて、現地のひとがほとんどな感じがします。
ここでは、お洒落な”女性がペイントされたバス”や、素敵な花が咲いている街灯を見つけました。
ちなみに、花の後ろのカタツムリマーク見たいなのがついている建物は、郵便局(Correos)です。
  20140 Puerta Real 20150 Puerta Real ←後ろの建物は郵便局

この交差点を左折してデパート方向に向かっていくと、すぐに左手に大きな噴水のある公園が見えて来ます。
ここは ”Plaza del Campillo:カンピージョ広場” というところ。 グラナダの人たちの憩いの場所&買い物の中心地のようですよ。
  20170 Fuente de las Batallas ←みんな噴水の周りでのんびり過ごしてます。
ここから目指すデパート(エル・コルテ・イングレス)はもうすぐ!
  20180 Carrera del Genil ←遠くにシエラネバダの山が見えますね~。

この広場から100mぐらい歩くと、目標のデパート エル・コルテ・イングレスです。
中に入ったら地下の食料品売り場で買い物。 すると、周りには結構日本人と思われる人がいましたよ。最近は同じような感じで、デパートで買い物をする旅行者も多いんですね~。

さてさて、ここでは買い物を済ませたら、来るときとは違った道を通って帰ることにしました。(荷物は結構重かったんですけど、、、頑張りました!)

先ほどの、郵便局がある交差点まで戻ったら、その先は真っ直ぐ ”Calle de los Mesones" という通りを行ってみました。
この通りはお店がたくさん並んでいて、人通りも多かったですよ。このあたりはお買い物にも良さそうなところですね~。洋服、雑貨品などを売るいろいろなお店があります。
ここでは、私たちはフラメンコグッズのお店を発見しました!!!
  20220 El Rocio Tienda de Trajes Flamancos ←フラメンコグッズのお店”El Rocio”
お店はちょっと古くさい感じはしました(スペインではありがち)が...物はたくさんありそうでしたよ。

そんな感じで散策をしながらホテルまで戻り、その後は買ってきた物でちょっぴりパーティ!です。
  20230 Hotel Granada ←写真に写ってないものもたくさんあります!
ワイン、生ハム、サーモン、オリーブ、ヨーグルトなどなど(お総菜も)...美味しいものを食べて楽しみました~。
  Granada map 2 ←ご参考までに..今回の散歩ルートです。
  
ということで、今回はここまで。
次回は、グラナダの街からちょっとショートトリップをしてみたときの様子をお届けしていきます。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2011_12
26
(Mon)11:00

2011秋 スペインの旅 (グラナダ散策 その8)

! Hola, buenos dias !  

クリスマスも終わり、今日からは一転してお正月に向けての準備が始まりますね。
大掃除やらまだ終えてない年賀状などを書いたり...まだまだ忙しい日が続きます。
体調を崩さずに頑張りたいですね~。

さて、毎日寒い日が続いて冬も本格的になってきましたが、今回も夏の思い出『スペインのグラナダ散策』の様子をお届けします。グラナダ訪れた時は暑かったけど、今となってはその暑さがとっても懐かしく感じます~。
今回は、そのグラナダでのお昼ご飯の様子を中心にお送りします。

前回までお届けしてきた ”アルバイシン地区” から街の中に移動してきました。
まず移動してきたのは、 ”Plaza de Santa Ana:サンタ・アナ広場”。
先日開いていなかったツーリスト・オフィスが開いていたので、ちょっと行ってみました。 
  19930 Oficina de tsurismo ←ツーリスト・オフィス
ツーリスト・オフィスでは、街の地図などがもらえます。 なのでいつも多くの観光客が訪れてます。

さて次はすぐ隣にある”ヌエボ広場”に行ってみます。
  19950 Plaza Nueva ←サンタ・アナ広場から見た”ヌエボ広場”
ここからは、アルハンブラ宮殿の一部を観ることができます。
  20040 Plaza Nueva ←宮殿の一角に人がいるのが見えますね~。

この広場には、こういった噴水があったり、グラナダ(ざくろ)の装飾がされたところなどがあって、ちょっとオシャレです。
  20000 Plaza Nueva 19990 Calle Santa Ana ←ザクロ(スペイン語でグラナダ)の装飾。

また、観光の中心(個人的のそう思っている)なので、お食事処も結構あります。
で、私たちもここでお昼ご飯をとることにしました。
何軒かお店をまわって、店の前に出ているメニューと値段をチェック。 若干観光客価格ではあるものの、大きな都市(マドリッドやバルセロナ)に比べてまあまあな値段でしょうか。
結局、お客が一番多く入っていた噴水に一番近いお店に決めました。

で、まずは飲み物。ビールとサングリアです。
飲み物についてくる”つきだし”は、生ハムとスモークサーモンのタパスです。
  20043 Plaza Nueva ←暑い日はビールが一番!kumaneko 01
 
そのあとの一皿目のお料理は、サラダとパエジャ。
パエジャは以前バルセロナでひどいのを食べた思い出(お米がガリガリのパエジャ)があって、まだ少しトラウマがあるのですが、ここのパエジャは結構美味しかったですよ。
  20045 Plaza Nueva 20044 Plaza Nueva ←美味しいパエジャ!

で、二皿目のメインは、お肉とシーフード。
お肉はまぁ想像できる味です。 
もう一つのシーフードの方は見た目あまり良くないですが、これが結構いけてます!
素材は、小魚(ワカサギみたい)とイカ(calamares)とホタルイカ(chipiron)?。 
アンダルシア地方では、こういった揚げ物が”名物料理”といわれているとおり、かなりの美味しさでしたよ。
それに、どちらにも焼いた野菜?がついているのもGOOD!
  20046 Plaza Nueva 20047 Plaza Nueva ←今回のメインの二皿。

と、ここまで紹介してきたお料理は、どれもボリュームがありました!!!
更に、テーブルのパンもいただいていたので、この時点でかなりの満腹感。
でも、やっぱり最後はコーヒーか甘いものでシメですよね。
  20048 Plaza Nueva ←食事のシメはこれで。。。
ここまで食べるともうさすがにお腹いっぱい!!!
  pan014
このまま街を散策するにはちょっときついので、一旦ホテルへ帰って休憩することにしました~。

ところで、今回の大満足の昼食は、お値段が全部で35.16ユーロ。 日本円で¥4000弱ってところですね。ちょっと贅沢しちゃいました。
でも、スペインではお昼がメイン。 観光地って事も合わせて考えると、まあまあってところでしょうか。
とはいえ、節約旅行の。この日の晩ご飯は、デパートの食料品売り場で買い物をしてホテルの部屋でいただく...ということで、きっちり節約することにしました。

次回は、そのデパートまでの往き帰りの道の様子をお届けします。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2011_12
23
(Fri)11:00

2011秋 スペインの旅 (グラナダ散策 その7 アルバイシン)

! Hola, amigos !  

今日はアルバイシン地区散策の最後、 ”サン・ニコラス展望台” の様子などをご紹介します。

では早速その”サン・ニコラス展望台”から。
ここは、ツアーでもよく来るところで、アルハンブラ宮殿を望める一番有名な展望台です!
  19040 Mirador de San Nicolas 19050 Mirador de San Nicolas ←アルハンブラ宮殿
シエラ・ネバダ山脈を背景にアルハンブラ宮殿を撮影できます。
人気の展望台なので、だいたいいつも人出賑わっています。
  19140 Mirador de San Nicolas 19145 Mirador de San Nicolas
ここの展望台の広場には、ギター(スパニッシュ)を弾いている人がいます。
  19080 Mirador de San Nicolas
これ、、、練習とか余興とかじゃありません。もちろんサービスじゃありません。
演奏が終わると、聞いていようがいまいが、広場にいる人をまわってお金を要求します。。。
ちなみに、私たちのところには来ませんでした。 東洋系の人は...ちょっと苦手なのかも。
それとも怖い顔してたかな??? (『こっちへ来るな!』ってオーラが出てたかも。

で、この広場の後ろには、真っ白の教会(サン・ニコラス教会)が建っています。
  19090 Iglesia de San Nicolas ←教会の周りは工事中。 工事用の柵で覆われいて入れませんでした~。
なので、近くのバルでちょっと休憩。。。お店はの名前は ”KiKi"
暑かったので、ビールでのどを潤しました~。 最高!!!
  19150 Cafe Bar Kiki 19151 Cafe Bar Kiki ←つまみのオリーブもウマし!
そういえば、同じお店の奥の方に、日本人の女の子たちが3人休憩してましたねぇ。
その後も私たちが休憩している間、通りを日本人らしき人たち何人か通り過ぎていきました。 
さすがにここは有名なところですから、日本人に会う確率も高いです。

さて、休憩を終えたらダーロ川沿いの方へ歩いて行き、アルバイシン地区を抜けます~。
途中、あちこち素敵な景色がありましたけど、写真をたくさん掲載することは出来ないので、その一部だけでもここでご紹介しておきます。
  19210 Albayzin 19420 Albayzin 19425 Albayzin

途中、こんなところも...。
"Aljibe del Gato" (ネコの水溜め?) って書いてあったんですけど...なんなんでしょうねぇ。
現在は、外国人のためのスペイン語学校もやっているみたいですよ。
  19340 Aljibe del Gato ←ネコつながりということで。

こちらもアルバイシンらしい良い風景ですよ。。。
 19690 Albayzin 19430 Albayzin 19600 Placeta de Porras IMG_2561.jpg

  19460 Taller de Arte ←ここは、”芸術工房”。このときは、フラメンコの音楽が流れていました。
そしてこちらは、 "Casa de Porras" って書いてあります。グラナダ大学の文化センターとして使われているらしいです。
  19580 Casa de Porras o Universidad de Granada ←観光ツアーの人たちと合流。

ここからどんどん坂を下っていくと、しばらくしてダーロ川沿いの道に出ます。
  19760 Albayzin ←ダーロ川に架かる橋のところに出てきました。
川沿いの道に出て左に行くとサクロモンテ地区へ、右へ行くとヌエバ広場の方へ行くことが出来ます。
私たちは、右手の方へ歩いて行きます~。
  19790 Carrera del Darro ←ダーロ川沿いの道。写真の車がアルハンブラ・バスですよ。 

ということで、アルバイシン地区の散策はこれで終了。
次回は、もう少しグラナダの街中を散策してみます。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2011_12
22
(Thu)11:00

2011秋 スペインの旅 (グラナダ散策 その6 アルバイシン)

! Hola !  

今日は、グラナダ、アルバイシン地区のロナ展望台からニコラス展望台に行く途中にある ”Carmen-Museo Max Moreau:マックス・モロー博物館” の様子をお届けします~。
ここは観光する場所としては、ちょーマイナー!
入口から中を覗いていると、『どうぞ入れますよ~。』と、中にいる方に誘われちゃったので入ってみることにしました。 ちなみに入場料は無料です。
  free_shipping.gif 18660 Museo Max Moreau ←水色の扉がステキ!
中に入ってみると、タイルが敷かれた素敵な庭と、綺麗な花が出迎えてくれました~。
  18670 Museo Max Moreau 18700 Museo Max Moreau
右写真奥に写っているのが、ここを管理しているらしいおじちゃんです。身体はでかいけど気は優しそうな感じです。
この花の咲いている建物の中が、Max Moreau:マックスモローという方の博物館になっています。
この方は、ベルギー生まれの画家で、最後に亡くなったのがここグラナダだそう。
ここには、彼の作品などが展示されています。
  18710 Museo Max Moreau

ただ、残念ながらここの博物館では、マックス・モローの縁(ゆかり)の物よりも、テラスから見える”アルハンブラ宮殿”の方が人気が高いようです。 
  18780 Museo Max Moreau 18790 Museo Max Moreau
ここでは、同じ旅行者の方の写真を撮ってあげましたよ。

次は、このテラスを降りて、別棟となっている建物へ行ってみました。
そこは、モローさんが生活していたところです。
  18800 Museo Max Moreau 18820 Museo Max Moreau ←アジア系のインテリアが多い。

最後に、階段を降りて下の方へ行ってみます。
  18880 Museo Max Moreau
すると、、、下には庭があって、ネコちゃんたちのたまり場になっていました。...といっても、どうやら家族のようです。
  18890 Museo Max Moreau ← 一家団らん?の様子。
  18895 Museo Max Moreau ← そんなに見つめないで~。怪しい者じゃありませんよ。
  18896 Museo Max Moreau ← 一家で一番若い子。この子だけ柄が違いますけど。。。?

テラスに行かなくても、この庭からもアルハンブラ宮殿を観ることができます。
ただ、周りの家の屋根も写っちゃうので、写真に少々生活感が出ちゃいますね~。
  18910 Museo Max Moreau ←博物館の庭から見える”アルハンブラ宮殿”

ということで、今回はちょっとマイナーな”マックス・モロー博物館”をご紹介してみました。
意外と楽しめる素敵な所でしょ? モローさんが晩年をここで過ごしたっていう気持ちもわかります。
入場料は無料でしたが、『1ユーロぐらいはとっても良いんじゃないかな?』という感じでした~。 

さて、次回はここをもう少し歩いて行って、”サン・ニコラス展望台” へと行きます。
  19020 Albayzin

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村