2013_03
24
(Sun)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (マドリッドに戻ります)

! Hola, amigos !

昨日は、都内で ”桜めぐり” をしてきました。
  sakura.gif sakura.gif sakura.gif
天気も良くて良かったですよ~。 ただ、、、ちょっと疲れちゃいましたけどね。
その様子は、また後日お話しますね。

さて、今日も ”晩秋のスペイン散策” のお話の続きをしますね。
今回は、セゴビアの街に別れを告げて、マドリッドに戻る時の様子です。

遅い昼ご飯を食べた後、私たちはブラブラしながら水道橋のところまで戻ってきました。
だいぶ雲が出てきちゃったので、空の感じが良くなくなっちゃいましたね~。 
やっぱり水道橋には青い空がよく似合います。
 0941 Acueducto de Segovia

こちらは、水道橋の反対側の景色です。
みなさん、こちら側はあまり見にいかないですよね。 時間があったら水道橋をくぐってこちらの方を散策してみても楽しいかも。。。 
 0943 Acueducto de Segovia ←水道橋の裏側の景色です

こちらの景色をよくよく見ると、教会の鐘楼みたいなものがいくつか見えますよ。 塔の形などは結構古そうに見えますなぁ。。。
で、ちょっと調べて見ると...
左の方が ”サルバドール教会”、 右の方が ”サン・フスト教会” だそうです。 
 0945 Segovia ←サルバドール教会とサン・フスト教会

そう言えば...
たしか、NHKの”世界ふれあい街歩き”という番組で、セゴビアの街を散策してたなぁ。 そのとき、水道橋の始まりの部分まで歩いて行ったように覚えてます。
時間があったら、私もそちらの方にも行ってみたいなぁ~。

さて、水道橋の上の方から下の ”アソゲホ広場” を見下ろしてみると、あの有名なレストラン”メソン・デ・カンディード”が見えます。
3月10日の記事(→  )でもちょっとだけ紹介したお店です。
 0947 Meson de Candido ←3軒のうちの一番左のお店です。

広場に降りてお店をみるとこんな感じ。 ついでに、水道橋と一緒に撮影してみました。
 0948 Meson de Candido y acueducto

入口はこんな感じで、雰囲気はあるけどちょっと入りにくそう。。。
入口の上には、”Vinos y Comidas:ワインと食事” って書いてありますね。
ここは、前にも紹介したとおり ”仔豚の丸焼き” が名物なので、訪れたらそれをオーダーしたいですけど...値段は高いのかなぁ。
そこで、数年前に購入したガイドブックで調べたら、20.8ユーロですって。 
やっぱり、いいお値段してますね。
このお店で、名物の ”仔豚の丸焼き” をお願いすると、できあがった(焼け上がった)仔豚をお客さんのテーブルのところで ”皿” を使って切り分け、最後にそのお皿を投げて割っちゃうらしい。
実際には、もみたことがないので詳しくはわかりません。 
どんなものかちょっと見てみたい方は、こちらの動画(YouTube)をご覧になって下さい。 →  
また、ネットの情報によると、混んでいるので予約しておいた方が無難だそうです。
 0955 Meson de Candido ←お店の入り口。

お店の前には、このような胸像がたててありましたよ。
胸像には ”カンディード100周年記念” と書いてあるので、きっとこの方はお店の創始者のおじいちゃんじゃないでしょうかねぇ。
 0956 Meson de Candido ←お店の前の胸像。2008年に立てられたらしい。

さあ、だいぶ遅くなっちちゃったので、そろそろ帰りましょう!
 0957 Meson de Candido y acueducto ←少しずつ薄暗くなってきました

途中のお店で飲み物を買ったりしながら、アソゲホ広場から歩いてバスターミナルまで行きます。
バスターミナルに到着したら、早速切符の購入です。
ここは、マドリッドとちがって切符の自販機のそばに係の人はいません。 切符の自販機はこんな感じになっています。
 0961 Estacion Autobuses de Segovia ←バスの切符の自販機
自販機では、正面の液晶画面にタッチして操作を行っていきますよ。
 0962 Estacion Autobuses de Segovia ←切符の自販機の画面

画面を見ると、いくつもMadrid:マドリッドって書いてあるので迷っちゃいますが、それぞれ発車の時間とマドリッドまでの経路が違うので注意が必要です。
例えば、画面左上のものは 『16:30発 マドリッド行き 直行バス』 ということになります。
また、画面左下のものは 『20:00発 マドリッド行き 途中でちょっと停車するバス』 ということになります。 
画面を見ればわかるとおり、バスは左上に表示してあるものほど早く出発します。

落ち着いて切符を購入すれば、簡単に切符が購入できるハズなんですが...

この時は何を焦ったのか、買っちゃった切符は、左側の真ん中に表示してある ”18:30発のマドリッド行き” のもの。
次に出発するマドリッド行きのバスは、16:30なのに。。。

それでも、その時は 『まぁ、運転手に説明して、混んでなきゃ16:30のに乗っけてくれるよね。』 なんて軽く考えていたら、、、
いざ乗車! の時になってバスの運転手さんに事情を説明して乗せてもらおうとしたら、あっさり『ダメだよ!』と言われちゃいました。。。
え~~~っ! 乗せてくれないの~~~!

かといって、『切符を買い直すなんてのは嫌だし、あと2時間、ここでをつぶすなんてもったいないことは出来ないしなぁ。』と思っていると、運転手の人が『切符を換えてもらってきな。』と教えてくれたので、バスターミナルの窓口のところへ行ってみました。

窓口には結構人が並んでいるんですが、窓口で仕事をしているおばちゃんは一向に急ぐ気配は無し。。。
バスの出発の時間が迫っていたのでとっても焦りましたね~。
いわゆる、これが例のスペイン時間てやつです。。。
そして、焦りながらも待っていると、なんとか無事に自分の番がやって来たので、窓口のおばちゃんに ”切符換えて~” ってお願いしたら、あっさり拒否られました~。
何回かおばちゃんにアタックしたのですが、やっぱりダメ。
『もうダメかなぁ。。。』と思いはじめた頃、最後に切符の自販機のそばにいた警備員風の制服を着たお兄ちゃんに”ダメもと”で事情を話してみたら...
なんと!
親切にも、そのお兄ちゃんがバスターミナルの事務所みたいところに連れていってくれて、そこのおじちゃんに話を通してくれました!
で、からも『間違って買っちゃったんです。次に出発するバスの切符に換えてもらえませんか?』ってお願いしたら、持っていた切符を確認してから、新しい切符(次のバスの切符)に交換してくれました!!!
やっほ~っ!!!    aburo_3.gif
で、これが苦労して換えてもらった帰りの切符です~。
 Segovia-Madrid.jpg ←帰りのバスの切符

切符を換えてもらったら、急いでバスの出発場所へ!
行ってみると、バスはちゃんと待っていてくれましたよ。 
バスの運転手さんが、私たちがあれこれやっているのを見て、待っていてくれたんですね~。 やさし~。

ということで、なんとか無事に所望のバスに乗ることができ、マドリッドのプリンシペ・ピオのバスターミナルまで帰ってくることが出来ましたよ。 ふぅ~~っ。。。
 0967 Principe Pio ←プリンシペ・ピオ駅前の様子

そして、ついでに駅のプリンシペ・ピオ駅の中にあるショッピング・モールをチェックしてきました。
地元での流行り物のお店がたくさん出ていて、なかなか楽しいですよ~。 でも、お土産を買うのにはちょっと向かないかなぁ。
 0963 Principe Pio 0964 Principe Pio

駅のショッピングモールを散策したら、地下鉄に乗ってホテルまで帰りました。
※写真は、プリンシペ・ピオ駅の前から見た ”アルムデナ大聖堂” の様子です。
 0966 Principe Pio

この日の夕食は、お昼ご飯が遅かったせいもあって、ホテルに帰ってから近くのバルをまわってみました。 いわゆるバルめぐりってやつ。。。
ただ、あまりお洒落なお店じゃなくって、ほんとに地元の人しか行かない様なところ。
1軒目は、トレド通りにある ”レストラン・カンページョ”というところで、2軒目はトレド門の近くにあるお店で、名前は良くわかりません。 若い人がたくさん入っていて、老舗のバルというよりは、チェーン店っぽい感じのお店でしたね~。
どちらもさほど悪くはありませんが、とりたててよかった印象もないです。 とりあえず、S氏
『バルめぐりがしたい!』っていう要望は少し応えられたかも。。。
ただ、『シェリー酒(ヘレス)を飲んでみたい!』っていう要望にはまだ応えられてませんでした。
だって...マドリッドのバルって、ヘレスを置いていないところが多いみたいです。 南の方に行かないとダメなんですかね~。 まぁ入ったお店が、観光客向けのお店じゃなかったからかもしれないですね。。。

ということで、これで ”セゴビア散策の巻” は終了で~す。
次回は、マドリッドからバルセロナへと向かいます~。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2013_03
23
(Sat)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (サン・マルティン教会)

! Hola todos !  

今日は、セゴビアのサン・マルティン教会とお昼ご飯を食べたお店の紹介です~。

”サン・マルティン教会” は、マヨール広場から歩いて数分のところにあります。
これが、そのサン・マルティン教会ですよ。 結構大きいでしょ。
 0919 Iglesia de San Martin
この教会は現在カトリックの教会ですが、始まりは12世紀にモサラベの寺院(教会)として建てられたそうです。 建物はロマネスク様式でつくられていますが、その後、修復・再構築などを何度か繰り返したので、当初のオリジナルのものとは若干異なるそうです。
確かに...鐘楼なんかは新しい感じがする~。

写真は、教会の前の ”フアン・ブラボ通り” から見た景色です。 
セゴビア観光では、”水道橋” のある ”アソゲホ広場” からお店のたくさんある ”セルバンテス通り”->”フアン・ブラボ通り” と抜けて、マヨール広場、カテドラルに行くのが王道らしいので、この教会はセゴビアを訪れる観光客にとっては結構馴染みが深いようですよ。
※ちなみに...上の観光ルートは、昔からまさに『王の道』と呼ばれていたようですよ。

さて、この通りの名前にもなっている ”フアン・ブラボ” というのは人の名前で、ここにはその方の銅像が立てられていますよ。
像の下には”1921”って書いてあるので、その時につくったんでしょうねぇ。
 0920 Segovia a Juan Bravo ←フアン・ブラボの像
この方は、何をした方かというと...
16世紀の初め(1520年)に、カルロス1世(神聖ローマ皇帝カール5世)の絶対主義王政に対し、スペインの各都市が自治を主張して反乱を起こしたとき、その反乱を主導した方だそうです。
この反乱は、結局1521年4月の ”ビジャラールの戦い” で国王軍が反乱軍に勝利して終結しちゃうのですが、これによってこの方も斬首刑によって亡くなってしまいます。
亡くなった後、遺体はこのセビージャの街に運び込まれたそうです。
まぁ、市民からみれば、この方はちょっとした正義の味方というかヒーローだったんでしょうねぇ。
ちなみに...この時起こった市民の反乱は ”コムネロスの反乱” といいますよ。

では、もうちょっと教会のまわりを散策してみます。
ここの教会って、外側にこういう回廊がついてるところが多いですよね。 サン・ミジャン教会やサン・エステバン教会もそうだったですよ。
それから、教会前にある噴水の水が噴き出すところにこんな像がありました。(右写真)
2人の天使? が大きな魚を捕まえている感じなんですが... もしかしたら、これが旧約聖書に出てくるという怪物 ”セゴビアの大怪魚” なんですかね~。 
たしかに、ちょっと「おどろおどろしい感じ」です~。
 0927 Iglesia de San Martin 0928 Plaza de Las Sirenas ←セゴビアの大怪魚なの?

この教会のあるちょっとした広場(サン・マルティン広場)から古そうな塔が見えます。
この塔は、 ”Torreon de Lozoya:ロソヤの塔” と呼ばれています。 この塔は14世紀初めにつくられたもので、「物見櫓」として使われていたそうです。
 0926 Torreon de Lozoya ←ロソヤの塔

この広場からは、通りの向こうにカテドラルを観ることができます。 こういうちょっとした風景も良いですね~。 
 0925 Catedral de Segovia ←通りの向こうにみえるカテドラル 
 panda_emo_b.gif

と、こんな感じでサン・マルティン教会周辺を散策していると、ここでばったりS氏と出会いました。
わざわざ待ち合わせ場所に行かなくてもよくなったので、このままお昼ご飯をいただきにいくこととしましたよ。
 tonkatsu.gif beer.gif

このとき、お昼ご飯を食べに入ったお店は ”Meson de Jose Maria” というところ。
 0937 Meson de Jose Maria ←Meson de Jose Maria

お店の前の壁に ”仔豚が窯に入れられている像” があるだけに、豚肉料理が中心です。
このあたりは、こういった仔豚の丸焼きみたいな”焼き物の料理”が名物ですよ。
お店の前のケースの中にも仔豚が入ってますね~。
 0938 Meson de Jose Maria ←もちろん、この豚も食べるんでしょうねぇ~。

今回はS氏の希望でこのお店にしたのですが... お店を前にすると、本人はやっぱり入りづらいみたい。。。
なので、ここはが先頭でお店の中へ。
お店の中はとっても雰囲気のある感じで素敵です!!!
 0933 Meson de Jose Maria

お店の中に入ったら、カウンターの左端のところが空いていたので、そこに陣どることにしました~。
 0936 Meson de Jose Maria ←こんな感じに見えます

カウンターについたら、早速ビールでかんぱ~い!
その後は、カウンターに並べられているお料理をあれこれお願いして食べました!
(お料理の写真がなくてゴメンなさいね~) 
もちろん、お味の方は大変よろしゅうございました~。 pan014

で、そろそろお腹が一杯になってきたころ、S氏が ”タバコ吸いたい!” というので、会計を済ませてお店の外へ。
外では、やっぱり同じようにタバコを吸いに出てきているおじさんがいました。
 pan005
そのおじさん、”ケースに入った子豚を撮っていけ”っていうので、上で紹介した写真を撮って来ました。
ついでに、すこしおじちゃんと話をしましたよ。
この方は、地元セゴビアに住んでいる方で、が 『ここはとっても綺麗な街ですね~』 って言ったら、 『他にもすてきな街はたくさんあるよ。 マドリッド、アビラ、サラマンカ、レオン...』 っていろいろ教えてくれましたよ。

そんなお話しをしているうちに、S氏のタバコ休憩が終了。
おじちゃん達(その頃にはおじちゃんが2人に増えていました。)にお別れして、帰りの途に着きました。

ということで、今日のところはここまで。
次回は、セゴビアの街に別れを告げて、マドリッドの街へと帰ります~。

では。 23 ミニミニてあげくまもん
! Hasta luego ! 
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
22
(Fri)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビアの街並み)

! Hola, amigos !  

今日はセゴビアの旧市街の雰囲気をご紹介します~。 !cid_01@120409_073415@__N704imyu@docomo_ne.gif

セゴビアの街の始まりは、ローマ時代につくられた水道橋(紀元1世紀頃に建設)があることでもおわかりの通り、かな~り昔です。
で、いろいろ調べて見ると、少なくともケルト人がここに住んでいたというので、紀元前1世紀には街があったようですね~。
街が出来て、次にお城とそのまわりを囲む城壁が築かれると、その城壁の中にはたくさんの人が住むようになり、中世の頃になると、城壁内にはたくさんの貴族が屋敷を建てて住んだそうです。
街の中を歩くと、その時代の雰囲気を残す通りがたくさんみられますよ。
 0897 Segovia ←観光客もたくさん訪れます 

こんな路地を歩くのも素敵ですよね~。 184.gif
猫たちにとっても住みやすい場所かも。。。
 0898 Segovia ←素敵な路地です~ 

アルカサルからカテドラル方向へと歩いて行くと、その途中でちょっと開けた ”ラ・メルセ広場” に出ました。
ここまで来ると、カテドラルの鐘楼が見えて来ますよ。 
それにしても、このあたりの紅葉がとっても綺麗ですね~。
 0900 Segovia 0904 Segovia

広場からは、カテドラルと逆の方向に、 ”サン・アンドレス教会” が見えます。 こちらの教会の鐘楼は新しそうですね。
 0907 Iglesia de San Andres ←サン・アンドレス教会の鐘楼

こんな感じで路地を眺めながら先へと歩いていくと、カテドラルの後ろ側に出てきました。
 0908 Segovia 0909 Catedral de Segovia ←後ろ側は以外とシンプル。

で、しばらくしてカテドラル前の ”マヨール広場” に到着。
広場に着いて時間をみてみると、S氏との待ち合わせ時間にはまだ少々あったので、ここから少し行ったところにある ”サン・マルティン教会” を観に行ってみることにしました。
 0910 Segovia ←通りを抜けてサン・マルティン教会へ

ということで、今日はセゴビアの街の雰囲気をちょっとだけお届けしました。
この街は見どころがたくさんあって、日帰りではなかなか見尽くせないですね~。 今回も街の北側の方をもうちょっと散策したかったんですけど... 
まぁ、また次回来る理由にもなるので、次回訪れる時のために楽しみにとっておくこととします。

では。 12 ミニてあげくまもん
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
21
(Thu)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (アルカサル)

! Hola amigos !  

近頃は暖かい日も多く、いよいよ春本番といった感じですね~。
でも、ここのところが体調を崩し、ブログの更新も少し遅れてしまいました。
皆さんも変わりやすい気候のこの頃、体調には十分注意してくださいね。

では、今日のお話しをすすめますね。
今日はセゴビアの ”Alcazar:アルカサル” を紹介します。
アルカサルへ行くには、建物の前にひろがる庭園から入っていきますよ。
その庭園の入口には、こんなゲートが取り付けられています。 ”Reinando Fernando VII ano de 1817” と書いてあるので、1817年にスペイン国王フェルナンド7世の命によってつくられたもの、もしくはその何かを記念してつくられたものなんでしょうね~。
 0842 Plaza de la Reina Victoria ←庭園への入り口ゲート

このゲートをくぐって庭園の中に入ると、園内中央の一番目立つところに、こんな感じの像が立てられています。
 0843 Plaza de la Reina Victoria
この像は、1808年5月2日に、当時のナポレオンのスペイン侵攻に対するマドリード市民の武装蜂起(スペイン独立戦争)の100周年記念にたてられたものだそうです。
この地が砲兵隊の訓練場だったこともあり、像のまわりには砲兵隊のレリーフが施されています。
また、中央の一番高い所には、彫刻家アニセト・マリナス作の ”クリオの女性像” なるものが立っています。
  ナポレオン・ボナパルト4
ちなみに...
1808年5月2日のスペイン市民の反抗は、”素手”によっておこなわれたため、ナポレオン軍によってすぐに鎮圧されてしまい、翌日にはこの反乱に参加した人たちがマドリッドのプリンシペ・ピオで銃殺されてしまいます。
これが、ゴヤの描いた有名な絵 ”1808年5月3日、プリンシペ・ピオの丘での銃殺” ですよ。

では、庭園を散策したらアルカサルの方へと行ってみましょう。
入口から見るとこんな感じになってます。 ちょっと中央の塔がごつい感じですね~。 この塔は、”フアン二世の塔”っていいます~。
 0845 El Alcazar de Segovia

アルカサルには、写真の中央下に見える入口から中に入っていくのですが、切符はここでは売っていません。
ここから左手の方にある別の建物の方に切符売り場がありますので、そちらの方へ行って切符を購入します。
 0846 Alcazar de Segovia billete ←これが入場券です。
ここでは、 ”一般入場券””塔へ行くための入場券”とがありますので、購入するときにはどちらかだけか、両方行くのかを決めて購入してください。
時間があれば両方いってみることをオススメします!
それから、参考までに。。。
塔への入口は、最初の入口のところで別れています。右手入口が一般の入場券では入れる方で、左手入口の方が塔への入口になっています。 
写真では、左手の方には進入禁止のマークがついていますが、これはもう開館時間を過ぎて入れなくなっていることを示してます。 
 Entrada.jpg ←アルカサルへの入口
塔の方の閉館時間は結構早いので注意してくださいね。 
※確か...開館時間は、14:00までだったと思います。以外に早いので気をつけて!
 
ではでは、切符を買ったら早速中へ入っていきましょう!
中に入って順路どおりに見学していくと、最初に見られるのは ”旧宮殿の間” と呼ばれるところです。 ここには、中世ヨーロッパの甲冑がたくさん置いてあります。
部屋は長方形の形をしていて、ここには一対のロマネスク調の大窓があって宮殿への灯りの差し込み口として使われていたようなんですけど、そこに2番目の回廊が出来ちゃったので、昔の役目は果たせなくなっちゃんですって。
ここアルカサルは、歴代の王達によって幾度となく増改築されてきたので、こんなことがおきるんですね。
 0849 Sala del palacio viejo 0848 El Alcazar de Segovia
そして、この部屋に置いてある騎馬用のと歩兵用の甲冑は、15世紀のドイツの様式のものだそうです。

この部屋を出て次の部屋へと行くと、次は ”暖炉の間” と呼ばれるところへと出ます。
”暖炉の間”というだけあって部屋には暖炉があり、その上には16世紀のフランドル地方のタペストリーがかけられています。 
また、壁にはフェリペ2世の肖像画も掛けられていますよ。
 0850 Sala de la chimenea ←タペストリーの題材は”聖母の結婚”

さて、”暖炉の間”の次に来るのが”が”玉座の間”です。
”玉座の間”というだけあって、二つの椅子(一応これが”玉座”)がありますね~。 この椅子は、カトリック両王(フェルナンド王とイサベル女王)の席だそうです。
その証拠に、椅子の後ろにかけてあるベルベットの布には、カトリック両王の紋章がつけられていますよ。
 0854 Sala del trono o del solio カトリック両王の紋章 ←玉座とカトリック両王の紋章

しかも、この部屋の天井がすごい! ムデハル様式のドームになってます!
 0853 Sala del trono o del solio ←ムデハル様式のドーム型天井

そして、この部屋にはきれいなステンドグラスがあるのですが、これに描かれているのはエンリケ4世だそうです。
 0852 Sala del trono o del solio ←エンリケ4世のステンドグラス

さあどんどん行きましょうね~。
”玉座の間”の次は、”ガレー船の間”と呼ばれるところです。
ちょっと変わったこの名前。 この部屋の天井の形からつけられたようです。
ガレー船の船底のように見えるこの天井は、1862年に火災で焼失されてしまったのですが、2000年5月に復元されました。
 0856 Sala de la galea ←ガレー船の底のように見える天井

そして、次に出てくるお部屋は、 ”松かさの間” と呼ばれるところ。
スペイン語では、Sala de las pinas なんですが、この”pina”ってのが、日本語では ”松かさ”もしくは”パイナップル”を意味します。
なぜこのような名前がついたかといえば、天井を見れば一目瞭然! たくさんの”松かさ”がぶら下がっているような形をしていますよ~。
 0860 Sala de las pinas 0859 pina ←天井の様子を拡大

6番目にご紹介するお部屋は、 ”王の間” で、アルカサルの中で最も大切にされてきた部屋です。
この部屋の天井近くの部分には、52体の座彫像が並べられています。 この方達は、皆、アストゥリアスやカスティーリャ・イ・レオンの君主達だそうです。 
 0867 Sala de reyes 0865 Sala de reyes ←すごい数の彫像です!

7番目は ”コルドンの間” と呼ばれていて、セゴビアの伝説にある ”コルドン・フランシスカーノ” から名前がつけられているらしいですが... ”コルドン・フランシスカーノ”とやらが何かわかりませぬ~。
この部屋には、数々の聖人や殉教者の絵が掛けられています。 そして、部屋にあるタペストリーは、”アシラーの戦い”を図柄にしたものらしいです。
そのアシラーってのは、モロッコの都市の名前だそうです。
 0870 Sala del cordon 0871 Sala del cordon

さて、次に部屋へと入ってくると、ちょっと暗い感じになってます。
というのも、ここは ”礼拝堂” だからです。
 0873 Capilla 0874 Capilla
正面には祭壇があり、中央にサンタ・バーバラの座像、そのまわりには新約聖書に出てくる17の場面が描かれています。
また、右手の壁には、画家バルトロメの描いた "La adoración de los Magos:東方三博士の礼拝" が掛けられています。

というところで、大体の見どころはこんなところで終了です。
ここまで、いろんな解説を書いちゃったので、ちょっと読むのも疲れちゃったでしょうから、ここでちょっと一休みということで...素敵なステンドグラスを紹介しますね。 左は先ほど紹介したエンリケ4世の図柄です。
普通に想像するステンドグラスと違って、グラデーションが多用されて綺麗につくられてますよね~。
 0852 Sala del trono o del solio 0858 Sala de la galea 0872 El Alcazar de Segovia

こちらは、アルカサルの入口から一番遠いところにある ”武器庫” 。
中には、甲冑やら剣・盾などの戦に使う道具が並べられています。
 0878 Sala de armas ←ちょっと薄暗い武器庫。

更にその横には、装飾のない石壁に囲まれた小さな部屋がありました。
窓も人が出入りできないような小さなものなので...昔は牢屋(幽閉する場所)として使われたりして。。。
 0879 El Alcazar de Segovia ←完全に閉ざされた部屋です。

部屋の中ばかりを歩いてくると、最後に ”パティオ・デ・アルマス” と呼ばれる開放感ある中庭に出ます。
ここは、フェリペ2世の時につくられたんですって。
 0882 Patio de armas ←中央には噴水があります。

そして、最後に見学するのはここ。 ”王立砲兵学校” と呼ばれる展示室です。
ここ(アルカサル)は、その昔、砲兵学校として使われていた時期があるらしいですよ。 中に入ると、当時使われていた大砲に関する資料やアルカサルに関する資料などが展示してあります。 
 0883 Real colegio de artilleria 0884 Real colegio de artilleria 0886 Real colegio de artilleria

ということで、アルカサルのご紹介はここまで!
本当は、フアン2世の塔の方もご紹介したかったのですが、、、今回訪れた時は入館時間を過ぎてしまっていて入れなかったので、次回訪れた時にでもその様子をご紹介しますね。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
2013_03
17
(Sun)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (アルカサルの見える公園)

! Hola todos !  

今日は、アルカサルがきれいに見える公園をご紹介します。

まずその前に。
前回のラ・ベラ・クルス教会の近くの場所にある ”Iglesia de San Marcos:サン・マルコス教会” をご紹介します。
その教会は、ラ・ベラ・クルス教会へ行くT(丁字路)にあります。
この教会は、地域の教会という感じのちっちゃな教会です。 でも、厳重に扉が閉めてある感じで、中にはまったく入れなさそうです。
 0795 Iglesia de San Marcos 0798 Iglesia de San Marcos 0797 Iglesia de San Marcos
ちょっと調べて見たのですが、ここはミサの時しか入れないようになっているようですね~。残念。。。

で、この教会の前には、子供用の遊具があるちいさな公園があり、そこから先へ行ける通路があります。
ここを通っていくと、こんな感じにアルカサルが見える場所に出ます!
 0802 Alcazar de Segovia

この場所は、下が芝生のような草むらになっていて、その向こうには川の流れている音がします。 
ここでは、のんびり散歩している人や犬を遊ばせている人など、みなさん気ままにのんびりと過ごしています。
ここがアルカサルを眺めるのに一番のオススメの場所です!  ただ...名前はよくわかりません。
とりあえず ”アルカサル公園” ということで。 
 0803 Parque de El Alcazar ←最高に素敵な景色! 

確かに、ここから見れば ”白雪姫のモデルになったお城” と言われるのもうなずけますなぁ~。
   senda_fumufumu_20110215192657.gif
そして、ここをしばらく楽しみながら散策。 川の方へと行ってみました。
川(エレスマ川)に架かっている橋も、紅葉に囲まれてい~い感じです!
 0805 Parque de El Alcazar ←紅葉に囲まれた橋

そして、ここから眺めるアルカサルもなかなかモンです。
 0814 Parque de El Alcazar ←橋から見上げたアルカサルの景色

このあたりは木々に囲まれて素晴らしい環境なので、このあたりをジョギングしている人も多いですよ。
さて、橋の当たりをしばらく散策したら、またもと来た公園のところへと戻ってきました。
 0822 Parque de El Alcazar 0823 Parque de El Alcazar

それにしてもここの景色は素晴らしいなぁ~。 何度でも紹介したくなっちゃいます。!cid_01@130302_170251@__N704imyu@docomo_ne.gif
 0826 Parque de El Alcazar

ちなみに、ここからもうちょっと先に行くと、”サン・フアン・デ・ラ・クルス教会(お墓)”や”ヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・フエンシスラ神殿”と呼ばれる所があります。
興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか? 
 0837 Segovia ←セゴビアの紅葉

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
16
(Sat)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア ラ・ベラ・クルス教会)

! Hola, todos !  
? Que tal ?

今日も、スペイン・セゴビア散策のの様子をお届けしますね。
今回は、先日ご報告した ”サン・エステバン教会” から、サン・フエン・デ・ラ・クルス通りを歩いてきたあたりからです。
通りを歩いて下ってくると、しばらくして街の外に拡がる眺望のよい景色が見られる場所へと出てきます。
 0762 Segovia ←セゴビアの街の外の様子

ここまでくると、次に目指す ”ラ・ベラ・クルス教会” が見えてきます。
 0764 Iglesia de la Vera Cruz ←可愛い感じの ”ラ・ベラ・クルス教会”

そして、こちらは ”エル・パラル修道院” です。
 0765 Monasterio Santa Maria del Parral ←エル・パラル修道院
こちらも素敵ですが、今回はこちらには行かない予定です。

サン・フアン・デ・ラ・クルス通りを降りてくると、途中で道が二つに分かれます。
更に降りていく道がサン・フアン・デ・ラ・クルス通りの続きで、登って行く方がポソ・デラ・ニエベ通り。 どちらを行ってもよいのですが、距離的に近そうなポソ・デ・ラ・ニエベ通りを行くことにしました。
この通りを、100mぐらい行くと、右手に下へと続く階段の入口がありますので、そこに入っていきま~す。
 0766 Segovia ←ここが下へと続く階段の入口

階段を降りていくと、しばらくして ”Cueva de la Zorra:キツネの洞窟” というところがありました。
※文字をクリックすると、YouTubeの動画(スペイン語音声ガイド)につながります。
 0769 Segovia ←キツネの洞窟。なぜか立派な扉があります...

ここから先もまだまだ階段がつながってます~。 ひょえ~っ!
 0770 Segovia senda_gaku.gif

200段以上はあった(と思う)階段を下りると、ようやくこんな感じの道へと出ます。 
実はこの道...先ほど分かれたサン・フアン・デ・ラ・クルス通りの続きなんです。 ですので、階段が苦手な方はこちらの坂を通って来ることが出来ますよ。
 0774 Segovia ←サン・フアン・デ・ラ・クルス通り

この通りを来ると、途中にはこんな感じの ”Puerta de Santiago:サンティアゴ門” があったようです。 
 無題 ←サンティアゴ門(Google参考)
失敗しましたね~。こっち来ればよかったぁ~。 次回来た時は、こっちの道を通ろう。。。 
  pan006

そして、下の道に来ると、こんな感じでアルカサルが見えるようになります。 ツアーではなかなか下の方には来ないので、こういった感じで、アルカサルを外から見ることは無いですよね。(ツアーで行ったことがないので。たぶんです...) 
後日、アルカサルを外からみるのにオススメの場所をご紹介しますので、楽しみにしていて下さいね。
 0775 Alcazar ←下から見上げるアルカサル

さて、ここから道なりに歩いて、ラ・ベラ・クルス教会を目指して行きましょう!
ここの道は車が結構通るので、ちゃんと歩道を歩いて行きましょうね。
こちらは、セゴビアの街の下を流れる Rio Eresma:エレスマ川 を渡るところの景色です。 木々が彩づいていてとってもキレイでしたよ!
 0778 Segovia ←素敵な秋の景色のエレスマ川 

このような素敵な景色を眺めながらしばらく歩いて行くと、信号機のついたT(丁)字路にでます。
ここを右に曲がって少し坂を登れば、目指す ”ラ・ベラ・クルス教会” に到着です!
 0783 Iglesia de la Vera Cruz ←ラ・ベラ・クルス教会

ガイドブックによると、この教会は13世紀にテンプル騎士団によって建てられたとあります。
また、中の礼拝堂には、 ”騎士たちの武器が置かれていたという石の机””キリストが磔刑に処された十字架の聖遺物”があると書いてありますが...
入口が開いてな~い!
よくよく時計を見ると13:40頃。 入館時間を見ると10:00~13:30、16:00~18:00とあります。
え~~~っ! 10分過ぎ?
もしや...と思って入口のドアを何度か押してしてみましたが、やっぱりダメ。。。
  pan006
私と同じような観光客が何人かいましたが、みんなガッカリしてました。
せっかく来たのに...超ざんね~ん!
ということで、ここも中の見学は次回来たときですね~。だって、次の開館時間まで待ってられないモン。
みなさんも、スペインでの観光では開館・入場時間をちゃんとチェックしてからいきましょう!

仕方がないので、教会のまわりを見学しながら休憩です。
こちらは、教会の正面入り口。 入口の両側には、テンプル騎士団の赤い十字架のマークが描かれていますね~ 
 0791 Iglesia de la Vera Cruz ←教会の正面入り口

そして、振り返るとセゴビアのカテドラルやサン・エステバン教会の鐘楼がそびえているのが見えました。
また、街中にいると気がつかないんですが、ここから見るとちゃんと街のまわりを城壁で囲われていることがわかります。
 0787 Segovia ←ラ・ベラ・クルス教会から見るセゴビアの街

ということで、教会の様子はあまり紹介できませんでしたが、雰囲気は伝わったでしょうか?
今度ちゃんと行ってきたら、またその時にご報告しますね。

では。
! Hatsa la siguiente !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
15
(Fri)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア サン・エステバン教会)

! Hola, amigos !  

今日も引き続きセゴビアの街の観光の様子をお届けします~。
今回は、カテドラルの観光を終えたところからです。
カテドラルの見学が終わったところで、予定通りS氏と別れ、互いに別々の散策をスタート!
は、マヨール広場から路地を歩いて、 まずは ”Iglesia de San Esteban:サン・エステバン教会” へと向かいました。
 0748 Segovia ←セゴビアの路地

で、路地(エスクデロ通り)をしばらく歩いていくと、広場の向こうに素敵な ”サン・エステバン教会” が見えました! 
 0751 Iglesia de San Esteban

この ”サン・エステバン教会” ってすっごく素敵でしょ? 特に、教会の真ん中にそびえる塔が美しいですよね。 この塔の美しさから、スペインでは ”塔の女王” と呼ばれているんだそうです。
ガイドブックによると、この塔の高さは ”53m” もあるんですって!
 0752 Iglesia de San Esteban 0754 Iglesia de San Esteban

中には入れないか、教会の回廊のところでしばらく様子をうかがって見たのですが...やっぱりダメでした。
 0755 Iglesia de San Esteban ←サン・エステバン教会の入り口。回廊の部分。

それにしても、どこからみても美しい教会ですね~。
 0756 Iglesia de San Esteban ←Calle Vallejoからみる教会

さて、この教会を楽しんだ後は、次にここからちょっと離れたところにある ”Iglesia de La Vera Cruz:ラ・ベラ・クルス教会” や ”Parque el Alcazar:アルカサル公園” のある方向へと向かいます。
その途中、ちょっとした広場に ”San Juan de la Cruz:サン・フアン・デ・ラ・クルス” さんの像を発見しました。
 0757 San Juan de la cruz ←サン・フアン・デ・ラ・クルス像
このサン・フアン・デ・ラ・クルスさんは、訳すと”サン・フアン=聖ヨハネ”、 ”ラ・クルス=十字架” ということで、  ”十字架のヨハネ” ということになります。
この方は、このセゴビアから西に60kmぐらいいったところにある Fontiveros:フォンティベロス という街の出身で、 城壁に囲まれた街”アビラ”の近郊でカトリック教の修道会であるカルメル会(男子カルメル会)の改革に着手された方です。 アビラの街では、同様に女子カルメル会の改革をした”テレサ”という方が有名ですが、その方とも信仰があったようです。 でも、うまくいかなかったようです。
で、この方が最期を遂げられたのは、アンダルシア地方にある ”ウベダ” という街で、その街にある ”サン・パブロ教会” の前の広場には、この方の像がたてられていますよ。 ここをクリック→ 
もちろん、生まれ故郷の ”フォンティベロス” の街にもサン・フアン・デ・ラ・クルスさんの像があります。

さて、ここからまた先を目指して歩きますよ。 
紅葉の向こうに見えるサン・エステバン教会も素敵ですね~。
 0761 Segovia ←セゴビアの紅葉

ということで、今日のところはここまで。
次回は、ラ・ベラ・クルス教会をご紹介します。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
14
(Thu)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア カテドラル)

! Hola, amigos !  

今朝も嬉しい一報が入ってきました!
昨日のバルサに続き、マラガもFCポルトを逆転(2-0)で破り、CLベスト8への切符を手にしました!!!
    pan015   ばんざ~い! ばんざ~い!
マラガは、1st.legを敵地で0-1としていましたが、2nd.legを2-0で勝利(イスコ、サンタ・クルスのゴール)し、トータルスコア2-1でベスト8へ名乗りを上げました!
これで、CLでのベスト8のチームが全て出揃いました。 以下がそのチームです。

マラガ(スペイン)、バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)、バルセロナ(スペイン)、ガラタサライ(トルコ)、PSG(フランス)、ユベントス(イタリア)、レアル・マドリード(スペイン)、ボルシア・ドルトムント(ドイツ)

やっぱり強いところだけが残りましたね~。(残念ながらプレミアからは1チームもなしです。)
ちなみに...ガラタサライはあまりご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、トルコの古豪です。
それに加え、先頃インテルからスナイデル、上海申花からドログバ、R.マドリードからアルティントップが加入したので、彼らがチームにフィットして実力を発揮すれば...決して侮れない相手になりますよ!!!
あと、そろそろ心配なのは...スペイン勢どうしでの対戦の可能性が高くなってきます。 それだけは避けたいですね~。 (対戦カードは、15日に抽選で決定!)
  

ということで。
ここからは、今日のお話し。 
今日は、セゴビアの ”カテドラル” をご紹介します。
こちらが、セゴビアのカテドラル。 大っきいでしょ? それに綺麗ですよね。 
ここはそのエレガントさから『大聖堂の貴婦人』とも呼ばれているそうですよ。
ここの正式名は、 ”Catedral de Santa María de Segovia” と言います。
 0733 Catedral de Segovia 

といことで、早速カテドラルの入口へ。
入口の上には、どなたかの像が立てられています。 
右手に杖を、左手に本を持っているこの方は、セゴビアの守護聖人 ”聖フルトス” さんだそうです。
 0738 Catedral de Segovia ←聖フルトスの像

入口の扉を開けて中へと入ると、すぐに入館券売り場があります。 まずは、そこでチケットを購入します。
 Catedral de Segovia billete Segovia Catedral guia ←チケットとパンフ

チケット売り場の方に、”写真を撮っても良いですか?” と聞いたのですが、ここはNGだそうです。
やっちゃいけないとは分かっていたのですが...「そうはいっても、少しだけ」ということで、ほんのちょっとだけ... ”主祭壇裏の部分”と ”サンチャゴさんの礼拝堂” だけ ”そぉ~っと” 撮らせていただきました。
さすがに主祭壇は...やめました。。。 
でも、やっちゃいけないですよね。。。。 ゴメンなさ~い! 
 0739 Catedral de Segovia senda_Sumimasen.gif

こちらは、そのサンチャゴさんの礼拝堂です。
中央にサンチャゴさんのぞうがあり、その上にはいつもの ”モーロ人殺し”と呼ばれる”白い馬に乗ったサンチャゴさんの像”があります。
 0740 Catedral de Segovia ←サンチャゴさんの礼拝堂

礼拝堂の内部を見学し終えたら、次は ”回廊” の部分を見学しにいきます。
この部分は、写真撮影OKになっていますよ。
ただ、、、回廊だけ撮っても、画がちょっと寂しいなぁ。。。
 0741 Catedral de Segovia 0744 Catedral de Segovia 0746 Catedral de Segovia

ということで、回廊のある中庭から見えるカテドラルの外観を撮ってみました。 
 0743 Catedral de Segovia 0745 Catedral de Segovia
左の写真はカテドラルの鐘楼ですが、一般の観光客はここには登れないようです。

といいうことで、カテドラルのご紹介はこれで終了です。
内部の写真が撮れず(ちょっと撮っちゃってゴメンなさい。。)ほとんど紹介できませんでしたので、興味のあるかたは是非行ってみてくださいね~。
 Mapa de Catedral de Segovia 1 ←カテドラル内部の図

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
13
(Wed)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア 水道橋)

! Hola todos !  

今日は、まず最初はこの話題でしょうね~。
なんと!
バルサが、CL 1st.leg 0-2という劣勢をはねのけ、ホーム カンプ・ノウでの2nd.legを 4-0 というスコアで圧勝しました~!!!
この結果、トータルスコアが4-2となり、バルサのCLベスト8進出が決定しました!!!
 FC Barcelona FC Barcelona 1st.leg 0-2, 2nd.leg 4-0 AC Milan AC Milan

  pan015
これで、リーガからCLのベスト8へと駒を進めることが出来たのは、レアルに続いて2チーム目です!
バレンシアは残念だったけど...まだ残っているマラガにはガンバって欲しいです!
それにしても、ここのところバルサの不調がとりざたされていただけに、今回の大勝はとっても嬉しいですね~。
      aburo_2.gif aburo_3.gif aburo_1.gif
試合の様子はよくわからないのですが、前半にメッシの2得点でトータルスコアをイーブンに戻すと、後半、まずビジャが得点してベスト8進出への足がかりをつくり、試合終了間際にはジョルディ・アルバが決定的となるゴールを決めて、バルセロニスタ(クレ)の歓喜の瞬間をむかえたようです~。
それから、後半31分にマスチェラーノがプジョルと交替するまで、ピケと二人でよく守りきりましたよね。 アウェイゴールを1点でもとられたらかなりヤバかったですよ。 そういう意味でも、今回は”完璧な試合”でしたね。
よかった、よかった。 


さて。 
ここからはまた、スペイン・セゴビアの街の散策の様子をお届けします。
昨日、 ”足が痛い!” って言ってたS氏もこの日の散策はいまのところ大丈夫な様子。。。
まぁ、まだ街の散策が始まったばかりなので、この後どうなるかわからないんですけど... とりあえずカテドラルまでは行こうということで、水道橋から イルデフォンソ・ロドリゲス通り:Calle Ildefonso Rodríguez を歩いていきます。
      21 ミニミニあるくまもん
こちらは、その途中にある ”ラ・コンパニア・デ・ヘスス教会:Iglesia de la Compañía de Jesús”  。 とってもシンプルなつくりになってますね~。
 0716 Segovia ←Iglesia de la Compañía de Jesús

さらに通りをすすんでていくと、 ”ドクトル・ラグナ広場:Plaza Doctor Laguna” の前にある ”アリアス・ダビラの塔:Torre de Arias Davila” が見えてきます。 
 0718 Segovia ←アリアス・ダビラの塔
この塔のある建物は、現在、地方財務局として使われているんですって。

そして、この広場の近くに何件かのお店があり、その中でおいしそうなパンのお店を発見しました!  
お客さんがお店のベルを押すと、お店の人が出てきて対応してくれるようなシステムになってます。 それにしてもおいしそうなパンですよね~。
 0719 Segovia

またここから道なりにまっすぐ ”コロン通り:Calle Colon” を歩いていくと、旧市街の中心にある ”マヨール広場:Plaza Mayor” にでますよ。
   21 ミニミニあるくまもん
この広場は、セゴビア観光の中心・起点になります~。
 0736 Plaza Mayor de Segovia ←Plaza Mayor

この広場からは、セゴビアのカテドラルが眺められます。
この日は天気も良くて最高でした!!!
 0721 Catedral de Segovia 0722 Catedral de Segovia ←カテドラル

また、広場の端には ”アントニオ・マチャード:Antonio Machado” の像が建てられています。
この方の正式なお名前は、アントニオ・シプリアーノ・ホセ・マリア・イ・フランシスコ・デ・サンタ・アナ・マチャード・イ・ルイスと名前です。(超なが~~~い!)  
日本では知られていませんが、スペインの有名な詩人さんです。
彼はセビリア生まれなのですが、なぜここに像がたてられているかというと、この地の高校で教師として働いていたことがあるからなんですよ。
 0724 Antonio Machado Sevovia 0723 Antonio Machado Sevovia ←アントニオ・マチャードの像

そして、なんといってもこのマヨール広場には、多くのカフェが並んでいるので、街の人や観光客たちの憩いの場所になっています。
もちろん私たちもここで一服。 S氏にここでタバコ休憩をとってもらいながら、足を休めてもらうことにしました。
は、その間にこの後の散策の計画をたてます~。

ここで入ったカフェは、 ”La Concepcion:ラ・コンセプシオン” という名前のお店です。 
たぶん、以前と訪れた時にもここに入ったと思います。 
この日は天気が良かったので、テラス席で陽に当たりながらのんび~りできました。
 0726 Plaza Mayor de Segovia 0729 Plaza Mayor de Segovia

さて、ここで休憩をしながら立てた計画はというと、、、
 ①まずは二人でカテドラルの中を見学。
 ②その後、二人分かれてセゴビアの街を散策。
  (先日、S氏の足の痛みを考慮し、と同じルートでの観光は中止しました。この日は結構歩く予定だったので。。。)
 ③S氏はその後、セゴビアの観光名所の一つ ”アルカサル” の観光へ。
 は、”サン・エステバン教会”→”デ・ラ・ベラ・クルス教会”→”アルカサル公園”をまわって”アルカサル”へ。
 ⑤観光を終えたらマヨール広場へ集合!
という感じになりました~。

そして、ここでゆっくり休憩をとり終えたら早速観光の開始です!
まずは、カテドラルの観光の前に、広場から見えた教会をちょっとチェック。 
ここは ”サン・ミゲル教会” というところです。 ここも残念ながら中へは入れませんでした。
 0732 Iglesia de San Miguel 0731 Iglesia de San Miguel ←サン・ミゲル教会

そして、そのあとはいよいよセゴビアのカテドラルの観光で~す!
 0737 Plaza Mayor de Segovia ←街の郵便屋さん
その様子は、また後日ということで。
  23 ミニミニてあげくまもん
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2013_03
10
(Sun)08:30

2012 晩秋のスペイン散策 (セゴビア 水道橋)

! Hola, buenos dias !  

とうとうやってきました~。
今日は、セゴビアの水道橋のご紹介です。

スペインで有名な水道橋は、①セゴビア水道橋、②タラゴナ(ラス・ファレラス:悪魔の橋)水道橋、③メリダ水道橋(ラス・ミラグロス:奇跡の水道橋)が有名です。
このうち、今回ご紹介するセゴビアの水道橋が一番大きくて完成度も高いです。個人的にもセゴビアの水道橋が一番好きですね~。
ちなみに...水道橋は、スペイン語で ”acueducto:アクエドゥクト” っていいます。

場所は、バスターミナルから歩くとこの位置にあります。 (青線が散策ルート)
 セゴビアマップ

歩いて行くとだんだん水道橋が近づいて来ました~。
 0686 Acueducto de Segovia

そして、ついに目の前に水道橋が現れました!!!
 0699 Acueducto de Segovia ←セゴビア水道橋

 0691 Acueducto de Segovia 0701 Acueducto de Segovia

水道橋前の広場では、この日、子供たちの発表会みたいなものが開かれていましたよ。
 0688 Segovia 0690 Segovia

観に来ている人もたくさんいました~。
 0696 Segovia
 
また、ここの広場には、セゴビア名物 ”仔豚の丸焼き:cochinillo” を食べさせてくれる有名なお店があります。
そのお店は広場の角にあって、名前は  ”Meson de Candido:メソン・デ・カンディード” っていいます。
私たちはまだ入ったことがありませんが、一度は入ってみたいお店です。
 0694 Meson de Candido 0708 Meson de Candido ←このお店

さて、ここに来たら左手の方へと進み、階段を上がって上から眺める景色と、水道橋の反対側の景色も楽しみましょう!
水道橋の裏側はこんな景色になっていま~す。
 0710 Acueducto de Segovia 0707 Segovia ←水道橋の反対側

そう言えば、この水道橋にはこんな銘板が打ってあって、セゴビアの旧市街が世界遺産に登録されていることが示されています。 
ただ...水道橋...は明記されてません。 あくまでも ”セゴビアの旧市街” とだけ書かれていますね~。
 0695 Acueducto de Segovia

しばらく水道橋を楽しんだら、次はセゴビアのカテドラルを目指して歩いていきます。girl_2.gif
水路に沿って進んでいくと、こういった門があります。 
 0709 Acueducto de Segovia ←水道橋のところにあった門。 城壁かな???
よく見ると、門のところに ”魚焼き網” みたいなマークがありますね。
実は、これと同じような印は、近くの ”エル・エスコリアル” という街の ”王立エル・エスコリアル 聖ロレンソ修道院” というところにもあります。
これは、この修道院に祭られている聖ロレンソさんが、キリスト教を迫害するローマの王により生きたまま焼き網にのせられて殉教したことに由来するものです。
もしかして...ここも何かそういうことに由来した何かがあったのかも?ですね。
ちなみに、セゴビアの街の守護神は ”聖フルトス”さんだそうです。

どんどん歩いて街中へと進んでいきます。
 0712 Acueducto de Segovia 0715 Acueducto de Segovia ←水路に沿って進んで街中へ。

ということで、今日はここまで。
次回をお楽しみに~。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村