2010_06
22
(Tue)23:53

初めてのスペイン旅行 (今回もポルトガル 二日目)

今日は、ポルトガル二日目の話です。

この日は一日中ポルトガルの観光の日です。
まず最初は、ユーラシア大陸の最西端といわれる『ロカ岬』です。
天気も良く、大西洋もきれいに見えました! とても良いところでしたよー!
misaki 01

この岬には石碑があって、ここに地終わり海始まる(Onde a terra acaba e o mar comeca)』と刻まれています。ポルトガル人の詩人の ルイス・デ・カモンイス という方が詠んだ詩の一部とのことです。 これ、、、どこかで聞いたことがあるような無いような。。。
misaki 02

またここには灯台があり、灯台の一階ではユーラシア大陸最西端到達証明書を発行してくれるところがあります。(有料です)証明書には名前・日付を書き入れてもらえます。
私たちももちろんいただいてきました。
toudai 01 toudai 02

roca syoumei

次は、シントラの宮殿(Palacio Nacional de Sintra)です。
王族の離宮として立てられたもののようです。面白い形をした煙突が特徴的だったのを覚えています。
sintura 04 situra 01 sintura 02 

sintura 03

締めくくりは、ベレンの塔=>発見のモニュメント=>ジェロニモス修道院です。
この三つは、リスボン市内のテージョ川沿いのベレン地区にあり、どれも近い位置にあります。

まず、『ベレンの塔』ですが、これは世界遺産に登録されています。
もともとは、16世紀にヴァスコ・ダ・ガマの世界一周の偉業を記念して作られたももとのことですが、その本当の用途は、テージョ川の船の出入りを監視する目的の要塞だったとのことです。
berem 01

このすぐ側の公園には、1922年に大西洋横断を行った飛行機(もちろん本物じゃないらしいです)が展示してあります。
airplane

続いて、『発見のモニュメント』です。
エンリケ航海王子の偉業を称えた記念碑とのことです。
海に面した方の先頭にエンリケ王子がいて、他にヴァスコ・ダ・ガマやマゼラン、フランシスコ・ザビエルの像もあるらしいです。
berem 02

締めくくりは、ジェロニモス修道院です。
これも世界遺産です。
ここは想像以上に大きかったです! 大航海時代に得た富によって建てられたと聞きました。
jeronimos 01

内部には、ヴァスコ・ダ・ガマのお墓があったり、きれいなステンドグラスがあったり、、、
でも、当時は写真にきれいに撮れませんでした。。。

このジェロニモす修道院の前にはトラム(市電?)が走っています。 『走る広告』の役目もしているので、こんな可愛いトラムに会うことがあります。
tren 01 tren 02

ここでは、お手洗い休憩をかねて、近くのおみやげ屋さんによりました。
折角なので、”ポルトガル大航海時代”の記念ということで、ちっちゃなタイルを二枚ばかり買ってきましたよ。
tile 02 tile 01

リスボン市内に帰ってきて、市内のユダヤ人街の散策です。
juda 01 juda 02

ヨーロッパに行くと、時々ユダヤ人街などに行くことがありますが、、、なんなんでしょうね?
町並みがきれいだからでしょうか??? よく分かりませんが、とりあえずリスボンでも行ってきました。

ということで、この日の観光は終了です。

ポルトガルは、思った以上に良いところでした。このときはリスボン近辺だけでしたが、他の街も行ってみたいと思います。このときは写真もよく撮れてないし、、、また行きたい国の一つです。

※次回はまたスペインにもどりまーす! 
スポンサーサイト
2010_06
18
(Fri)08:08

初めてのスペイン旅行 (今回はポルトガル1日目っす)

初めてのスペイン旅行。六日目はスペインはちょっとお休み。ポルトガルへ向かいます。

セビージャからポルトガルのリスボンへ向けての移動はツアーバス。結構時間がかかります。
バスの車窓には、スペインらしい荒れた土地とオリーブの木々、そして向日葵(ひまわり:ヒラソル)畑がひろがっています。
girasol 001

スペインで向日葵の見頃と言えば、6月から7月の始め。私たちがこの地を訪れたときは8月でしたが、スペインでは向日葵の種から油を採ったりするため、8月でも花は切られません。そのため、旬は過ぎてしまいますがこの時期でも向日葵が所々で見られるんです。

しばらく走ると、スペインとポルトガルの国境になります。国境のチェックはとても簡単なものだったように思います。確か、バスを降りなかったような気がします。シェンゲン協定が始まっていた?からかな。。。
本当は、こういう所は写真に撮ってはいけないようですが、、、この程度は良いみたいです。
port paspo cont 002

さあさあ、やっとポルトガルのリスボンに到着です。
これは、リスボン到着時にバスの車内から撮った写真です。
risbon 003

リスボンの街は、川(テージョ川)と海がすぐ側にあり、とても良い雰囲気です。
皆さん知ってました? リスボンの街を流れるこのテージョ(Tejo)川って、スペインのトレドを流れているタホ(Tajo)川と同じなんですよ。
アルファベット表記がほとんど同じなので、発音の違いでしょうね~。

この日はリスボンに着いたのが夕方だったので、ひとまずバスはホテルへ直行。
その後、しばらくの自由時間でホテル前の通りを散策してみました。
risboa 004 risboa 005

夕食は、ポルトガルのファド(民族歌謡)を聞きながらのディナーでした。踊りもやってました。
でも、ちょっと地味だったかな。。。ポルトガルらしいですね。
fad 008 fad 009

fad 006 fad 007

fad 010 fad 011

ガイドさんによると、ポルトガルはヨーロッパの中の日本って言われているらしいですよ。
その理由は、ポルトガル人はまじめで几帳面だからだそうで、日本人に似ているとのこと。
『銀行員にはポルトガル人を使え!』とも言われているらしいです。
(その点、スペイン人はおおざっぱでいい加減だとか。。。)

ということで、今回はここまで。
次回もまたポルトガルでーす。