2012_02
15
(Wed)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバからバルセロナへ)

! Hola, todos !  

今回は、コルドバからこの旅の最後の滞在地 ”バルセロナ” へと向かいます。
コルドバからの移動は、AVE(スペイン高速新幹線)を使って行きま~す。

AVEは9時21分の出発なので、朝は早めに準備。 ホテルでタクシーを呼んでもらって、駅までタクシーに乗っていきました。
時間的には結構余裕を持っていたのですが、やっぱり何が起こるかわからないですね~。
この日は、小学校の遠足か何かがあるのか、街のあちこちで小学生を乗せる大型バスが停車していて、道路は少々渋滞していました。
ところが、タクシーの運転手さんが良い人で、遅くならないように一生懸命に駅まで車を走らせてくれました。
そのおかげで、コルドバの駅に着いたときはそれなりに時間の余裕(30分ぐらい)も出来てました。
  33002 Estacion de Cordoba ←朝のコルドバ駅。
運転手さんにお礼とちょっとだけチップを渡してお別れし、早速駅の中へ。
この駅は、以前に何度かツアーで訪れていたので、勝手はちょっとわかります。(相当昔の話ですけどね
まずは、掲示板で自分たちの乗る列車を確認(9:21発の列車)。
そして、ネコさんは食べ物を買いに近くの売店へ。 買ってきたのは、超美味しそうなボカディージョ(スペインのサンドイッチ)を2つ。
考えてみれば、コルドバからバルセロナまでは4時間以上乗っていくわけですから、途中でお腹もすいちゃいますよね~。 
ただ、列車の中にも軽食をとれるところがあるので、買えなかったときには、車内のサービスを利用してみてくださいね。
  33010 Estacion de Cordoba 33020 Estacion de Cordoba ←待合所の様子
AVEに乗る前には、必ず荷物検査(X線検査)などがあるので、早めに駅の構内に降りることにしました。
  33030 Estacion de Cordoba ←列車は1番線から出るので、ここが乗り口。
入口でチケット(日本で予約)と荷物のチェックをしてもらったら、エスカレーターにのってホームへと降りていきます。
  33040 Estacion de Cordoba ←階下のホームから上の入口部分をみたところ。
ホームへ降りてみると、コルドバ近郊の街へ向かう列車が、いくつか停車していましたよ。
  33050 Estacion de Cordoba 33060 Estacion de Cordoba ←近郊線
こちらはホームの様子で~す。 駅名の看板の後ろの花がきれいですね~。
  33070 Estacion de Cordoba 33100 Estacion de Cordoba ←列車を待つ人たち。

何度か書いていますが、一般的にスペインでは駅の構内での写真撮影は原則禁止のようです。
観光写真程度にちょこっと撮るのは見逃してもらえますが、あからさまに(三脚を建てたり、フラッシュを焚いたり)撮影すると、駅員さんたちにおこられますので注意してくださいね。(テロ対策の一環です。)
私も、マドリッドの地下鉄で、手にカメラを持ったまま構内に入っていこうとしたら、警備の人に注意されたことがあります。
まあ、カメラを取り上げられるわけではないと思いますが...ご注意くださいね。

で、列車がホームに到着したら、早速自分の予約した座席の車両に乗り込みます。
この列車は、セビージャ発バルセロナ行きなので、列車に乗り込むと結構な人数の人が既に席に着いていました。
で...ここでちょっと問題が。
まぁ、良くあることなんですが、私たちの前の席に座っていた女性と、コルドバで私たちと一緒に乗り込んだ老夫婦とが席のことで大もめになっちゃったんです! (普通はもめないか...)
問題は、先に座っていた女性が席を間違えていただけなんですが...
この女性がちょっと変わった方で、、、自分が席を間違えているのにかかわらず、絶対に席を譲ろうとしないんです!
結局、困り果てた老夫婦が車掌さんを呼んでなんとか話をつけ、無事自分たちの席に座ることが出来ましたが、こういう事ってあるんですね~。
で、結局この女性、その後もまわりの乗客や車掌さんに迷惑を掛けっぱなしで、途中のサラゴサ駅で降りるまで大変な騒ぎでした。 彼女が降りたら、みんな顔を見合わせてホッとした顔で苦笑い。 みんな同じ気持ちだったようで...
これで、ようやく車内に平和が訪れました。

平穏が訪れたところで、私たちもお弁当タイムをとることにしました~。
まずは、ネコさんが車内を探検し、食堂車・カフェ車でコーラを購入。これを飲みながら、コルドバ駅で買ってきたボカディージョをいただきま~す!  
  33121 en AVE ←車内で購入。
  33122 en AVE 33124 en AVE ←ボカディージョ。うまし!

そうこうしているうちに、終点バルセロナ・サンツ駅に到着。
いろいろ事件があったせいか、思ったより早くバルセロナに着いちゃった感じです。

バルセロナのサンツ駅は初めて利用する駅なので、構内ではちょっと迷いました。 
当初の予定ではセルカニアス(近郊線)に乗って、街の中心にあるカタルーニャ広場まで行く予定だったのですが、その乗換口がよくわかりません。
地下鉄の入口はすぐに見つかったのですが、、、

かといって、こんなところでガイドブックをひろげ、重いスーツケースを転がしながらウロウロしていたら、『私たちは、観光客ですよ~』って看板下げて歩いてようなもの。 スリや置き引き、ひったくりなどの格好のターゲットにされちゃいます。

なので、意を決して地下鉄を使って、ホテル近くの駅”ウニベルシタッ”まで行くことにしました。
こっちの駅の方がホテルに近いのですが、途中で乗換をしなければいけなかったので、ちょっと避けたかったんですよね~。
だって、バルセロナはスペインの中で一番治安が悪い街です(と思ってます)から。。。
現地の人ですら注意してるぐらいですし...
 
ということで、サンツ駅から地下鉄の入り口を入って、地下鉄3号線を探すことにしました。
でも、これがまた入口から3号線のホームまでの距離が長いのなんのって...
スーツケースをゴロゴロ転がしながら、ウナギの寝床のような地下道をあっちへこっちへ。 加えて、地下通路内には大学生らしき人がいっぱい居たので、人をかき分けながら...もう大変でした。 
さすがにこのときは『やっぱりセルカニアスを使った方が良かったかも...』とちょっと後悔しましたよ。

そして、無事に3号線のホームについて列車に乗り込んだら、次はエスパーニャ駅で乗換です。
エスパーニャ駅では、今度は1号線に乗り換えます。
しかし...ここでもまた1号線のホームへの乗換の距離が遠くて...。
それに、私たちのように ”地下鉄をスーツケースを転がしながら乗換え” なんて旅行者はほとんどいないので、さすがに少し緊張しましたよ。 

でも、とりあえずなんとか無事にウニベルシタッの駅に到着!
ここまでくると、ホテルまではあと少し。 地上に出てから数十メートルで辿り着きます。
ホテルの場所はすぐわかりました。
これでようやくコルドバからの旅が終了で~す!

さて、今回宿泊するホテルは、ホテルという名前はあるものの、オスタルちょっと手前のリーズナブルな宿(\7,000弱/二人一部屋)。  
でも、今回私たちが訪れたはときは、ちょうどバルセロナ最大のお祭り(メルセのお祭り)があるので、宿の値段は通常の倍程の値段になってました!!!
とはいっても、二人で\15,000/泊ですから、、、日本ではまあまあ普通ですかね。

これがそのお部屋です。
リーズナブルなビジネスホテルみたいでしょ?  
一応、ひと通りなんでもちゃんと揃ってます。 日本のように冷蔵庫があるともっといいんですけどねー。
  33130 Hotel Barcelona 33140 Hotel Barcelona ←ホテルの部屋の様子。
ホテルのフロントの人も気さくな感じで良かったですよ。
バルセロナでは、大体どこでも英語が通じるからいいですよね~。(クマさんにはよくないようですが。)
レストランなどでは、通常カタルーニャ語(スペインの地域言語)がメインで、その他に『スペイン語・英語のメニューあります。』って書いてあります。
スペインなのに、カスティーリャ語(スペインの標準語)が英語と同じレベルとは...
それだけここは地域性が強いって事ですよね。。。

ということで、次回からはバルセロナ散策の様子をお届けしていく予定です。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2012_02
14
(Tue)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その20)

! Hola, todos !  

今回もスペイン旅行、コルドバ散策のお話ですが、、、コルドバの様子をお届けするのは、今回が最後の回になります。 なかなか見どころも多い素敵な街でしたね~。 
う~ん...ちょっと残念。
また、いつか訪れてみようかと思います。

ということで、今回はコルドバの街の ”サンタ・マリア教会:Iglesia de Santa Maria” の様子から始めます。
サンタ・マリア教会があるのは街の北側。 街の観光の中心である”メスキータ”からはちょっと離れたところにあります。
サンタ・イサベル通りを北へ歩いて行くと、すぐにちょっとした広場 ”サンタ・マリア広場” が現れます。
  29860 Calle de Santa Isabel ←サンタ・イサベル通り
教会は、その広場に建っていますよ。 このときは、まわりに藤色の花がきれいに咲いていました
  29892 Iglesia de Santa Marina 29900 Iglesia de Santa Marina ←サンタ・マリア教会
どっしりした造りで、きらびやかな感じではないですね。 
開いている時間ではなかったので、残念ながら中の方はどうなっているかは見られませんでした~。

教会の外観を見学したら、今度は道の反対側に移動。 道の反対側にも、ちょっとした広場 ”コンデ・デ・プリエゴ広場” がありますよ。
広場の中央には、コルドバの有名な闘牛士 ”マヌエル・ロドリゲス・サンチェス『マノレテ』”さんの銅像が建っています。 
  29920 Plaza del Conde de Priego 29930 Plaza del Conde de Priego ←観光ポイントを示す表示板もあります。

ここをしばらく散策したら、次はサンタ・イサベル通りを南に下っていき、『パティオ博物館』と言われるぐらいにパティオが美しい(らしい) ”ビアナ宮殿:Palacio de Viana” に行ってみます。
  30020 Palacio de Viana 30080 Palacio de Viana ←左写真奥がビアナ宮殿の入口
でも...残念ながらこの日は休館日! 中は観ることができません~。 
コルドバの見どころの一つだっただけにとっても残念~。
  30090 Palacio de Viana ←扉の前でガッカリ。。。
『ちょっとでものぞいたろ。』と思って、入口の金網越しに中を覗いてみました。
  30100 Palacio de Viana ←う~ん...これだけじゃあわかりませんねぇ。
ということで、申し訳ありませんが、中がどんな様子かはHPをご覧になってくださいね。

ということで、あとは路地を歩きながらホテルへの帰路につきます。
サンタ・マルタ通り→30170 callejas de Santa Marta 30210 calle de San Pablo ←サン・パブロ通り
先日訪れたローマ神殿→30230 Templo Romano
ホテルへと続く道”サン・フェルナンド通り”は、遠く向こうに拡がるスペインの荒野がみられます。
  30240 Calle San Fernando ←サン・フェルナンド通り

以上でコルドバの散策は終了です。
  コルドバマップ ←今回の散策マップ

次回は、AVEでコルドバからバルセロナへ移動します。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
13
(Mon)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その19)

! Hola, todos !  
? Como estais ?

明日は、バレンタインデー。
みなさんは贈ったり贈られたり...ありますか?
最近では、女子友達同士で贈りあうとか。 そんなにまでしてお菓子業界の戦略にのせられ、無理して贈らなくてもとは思いますが、、、  時代は変わりましたねぇ。
でも、折角の日なので、『この人に!!!』って思いがある人は、勇気を出して贈ってみましょう!!!
  panda_emo_b.gif
まずは行動に移さないと...何も起こりませんからねぇ。
     choko.gif 


ということで、ここからは今日のお話に移りま~す。
今日のお話もコルドバ散策のお話。
でも、今回は特に大きな見どころのご紹介はありませ~ん。
なので、つまらないかもしれませんが、街の雰囲気だけ楽しんでください。

街を散策すると、あちこちの家の窓辺に花が咲いています。 ヨーロッパではどこの国でもそういうところが多いですよね。 
で、良く出会うのがこの”ゼラニウム”って花(写真左)。 性質自体は結構強いらしく、品種によっては暑い所や涼しいところでもいけるようです。 
そういえば、以前、オーストリアのザルツカンマーグートってちょと涼しいところに行ったとき、窓辺にこのゼラニウムが咲いていたような気がします。 結構寒い地域でも大丈夫なんですねー。
  29480 La Juderia 29570 Calle de Carbonell y Morand ←街中の家々の窓辺にはお花がみられます。

そして、街の随所に小さな公園があり、木陰で少し休憩をするのにちょうど良いようになっています。
  29600 Plaza del Cardenal Toledo ←街中で出会う小さな公園は、しばし休憩するのにグッド!

街の中心部でも、こんな感じで歴史を感じさせるボロボロの建物があります。
  29610 Calle de Carbonell y Morand ←ただボロボロなだけかも。。。

この日も日中はちょっと暑かったので、途中で見かけたスーパーで冷たい飲み物を買いました。 スーパーで買うとちょっと節約できますからねー。
私たちが入ったスーパーは、スペインでよく見かける ”Dia” というスーパーです。
店の中は撮影禁止かもしれません(当然!)が...雰囲気をお伝えするために、ちょっと撮らせていただきました。 ごめんなさいね! 
  29810 Dia 29800 Dia ←あれこれと物色中。。。

スーパで飲み物を買ったら、街角で飲み物をいただきながらしばし休憩。(行儀が悪い? すみません。。。)
その間、ちょっと周りを見渡しながら撮影。 
これは、スペインのゴミの集積場所です。 ここでも、ちゃんとゴミの分別はやってますねー。
  29820.jpg ←ゴミの種類によって、捨てるところが色分けされてます。

お~っ! 珍しい形のポスト!!!  
この形の赤いバージョンのポストは日本にもありましたね。
  29830.jpg ←コルドバにあったポスト。

こちらはフラメンコの学校のようです。 踊りとギターを教えてくれるようですね。
残念ながら今日はお休みみたい。
  29840 Calle Isabel Losa

ここはサンタ・イサベル通り。 ここを抜けて、サンタ・マリア教会へといってみま~す。
  29850 Calle de Santa Isabel ←サンタ・イサベル通り

ということで、今回はとっても”ゆるーい”感じで散策の様子をお届けしました。
いかがでしたでしょうか?

さて、次回はコルドバ散策の最終回!
サンタ・マリア教会などをまわります。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

2012_02
12
(Sun)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その18)

! Hola, buenos dias !  

今回は、以前ちょっとだけ紹介した素敵な小径 ”インディアーノ横丁:Calleja del Indiano” を紹介します。

っとその前に...
前回紹介したメスキータの見学を終えて、私たちもお腹がすいてきたで、その辺りのご紹介から始めます~。
  29110 Calle de Cespedes ←メスキータの見学を終えたみなさん。 次はどこへ行くの???
メスキータのまわりにもいろいろと美味しそうでお洒落なレストランは多いですが...
  29090 Calle del Cardenal Herrero 29130 La Juderia
この日のお昼は、以前チェックしていたアルモドバル門の近くにあったレストラン ”Casa Rubio” というお店に行ってみました。 このお店、日本のテレビでも紹介されたことがあります。
  29190 Casa Rubio 29180 Casa Rubio ←お店の入り口。 
お店の中に入っても食べられますが、天気も良いのでテラス席でお食事しました。
まずは飲み物のお水とビール×2。 
また飲んでます。。。
スペインのビールはあまり酔っぱらわないし...暑い日には最高にうまいです!!! やめられまへん。
  29200 Casa Rubio 29201 Casa Rubio
それから、パンとタパスも3品ばかり頼みました。 
上のタパスはなんだったか忘れちゃいましたけど、下の2品は、 Ensalada Rusa と Salmorejo
Ensalada Rusaは、簡単に言うとポテトサラダみたいなもんです。 そしてSalmorejo(サルモレホ)の方は、アンダルシア地方で有名な ”ガスパチョ” にパンを入れてミキサーにかけたようなものです。 ガスパチョが『ちょっと酸っぱすぎて苦手だな~。』と思う方にはこちらの方が良いかも。
そして、お腹がすいているときには、お腹にどっしりと入るので、そんな方にも良いですよ。  
  29202 Casa Rubio 29203 Casa Rubio
私たちが食事をしていると、途中でお店の店長さんらしき人が話しかけてきました。
『僕ね~、昔、合気道を習ってたんだ。 知ってる?合気道。』 ってな感じで。 結構、日本ツウのスペイン人も多いんですね。
そんな話をしていると、まわりで食事をしている人たちも私たちに大注目! そうはいっても、『この辺じゃやっぱり日本人ってまだまだ珍しいんだぁ。』って感じさせられました。

さてさて、お料理の方は『これだけ?』って思うかもしれませんが、これだけでも結構お腹がいっぱいになります。
お値段は、これら全てで14ユーロ。(いまだと¥1400ぐらい) 観光地にしてはまあまあのお値段でございました。 お味も宜しゅうございました~。

さてさて、お食事を終えたら、目的の ”インディアーノ横丁:Calleja del Indiano” に行ってみました。
  29330 calleja del Indiano ←これがその入口。よく見てないと通り過ぎちゃいます。
通りを入ってみると、白い壁に囲まれた素敵な通りの景色を見ることができます。
 29340 calleja del Indiano 29350 calleja del Indiano 29360 calleja del Indiano 29370 calleja del Indiano
コルドバで有名な ”花の小径:Calleja de las Flores” もいいですが、こちらもなかなかのモンですよ。
観光客も少ないので落ち着いて見れます。

インディアーノ横丁の前には、Plaza Angel de Torres と呼ばれる広場があり、子供たちが一生懸命に水遊びをしていました。
  29390 Plaza Angel de Torres 29400 Plaza Angel de Torres ←冷たい水がきもちいい~!
ここからは、街の北の方へ向けてブラブラ歩き。
通りの景色や、ちょこっとだけ家の玄関から見える”パティオ”をのぞいてみたりしてました。
  29420 La Juderia 29430 La Juderia 29470 La Juderia

すると、しばらくしてちょっと小さな広場 ”Plaza del Doctor Emilio Luque” に出ました。
この広場の中央には人の胸像がたててあって、この胸像の方が広場の名前にもなっているエミリオ・ルケ・モラータ(Emilio Luque Morata)さんという方です。
  29485 La Juderia 29490 La Juderia ←エミリオ・ルケ・モラータさんの胸像
この方は、コルドバ生まれの有名なお医者さんの一人で、コルドバの医療の発展に慈善事業的な活動で貢献した方です。
1876年3月2日にコルドバで生まれ、1939年2月15日に亡くなりますが、途中、グラナダやマドリッドで医者としてのキャリアを積む際、先日ご紹介したコルドバの有名な哲学者”マイモニデスさん”とも縁があったようです。
この方は、コルドバの街にとっても縁が深かったんですね~。
   24400 Ben Maimonides ←先日紹介したコルドバのマイモニデスさんの像。
というような感じで街をブラブラし、先日訪れた街の中心の広場 ”テンディージャス広場” までやってきました。
  29510 Plaza de las Tendillas ←テンディージャス広場

ということで、今日はこの辺で。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
11
(Sat)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その17 メスキータ)

! Hola, todos !  

今日はついにコルドバ最大の見どころ ”メスキータ:Mezquita” の建物の中の様子をお届けしま~す。
写真は暗めに撮っている(掲載している)ので、暗めに設定している液晶画面だと映りが悪いかもしれません。(ノートPCとか)  そんなときは、画面を少し明るめに設定して楽しんでください~。
  note_pc.gif
では早速建物の中の様子をご紹介します。
中に入ると、すぐにこんな感じで ”円柱の森” といわれる景色が広がります!!! ステキでしょ?
  20000 Mezquita 20010 Mezquita 20020 Mezquita
以前来た時はもうちょっと暗かったような気がしたのですが...
イメージしてたより明るかったですねぇ。

入口を入って右手側の壁に沿って歩いて行くと、聖人たちの聖堂や素晴らしい装飾が並んでいて、そちらに目を奪われます。
  20030 Mezquita 20040 Mezquita 20050 Mezquita
このあたりは、メスキータがイスラムの寺院(モスク)として785年に最初に建設された部分です。

ここでちょっと左に目をやると、少しだけ人だかりがある部分があります。
みんなが見ているのは、ガラス越しに見える地下のモザイクタイルの床。
  20060 Mezquita ←タイルで装飾された床
大切そうに保管されていますが... 実はここが建物の中でいちば~ん古いところなんです。
ここメスキータは、全く何もないところに建てられたわけではなく、 西ゴート王国 の教会 ”聖ビセンテ教会:Basilica de San Vicente” が建っていたところに、イスラムの国 ”後ウマイヤ朝” のアブデラマン(Abderraman)1世が建設させたんです。
なので、このようにメスキータの下に以前教会だった跡が見られるというわけです~。
ここにきたら見逃さないでくださいね。

さて、ここからさらに奥へと進んでいくと、848年にアブデラマン(Abderraman)2世が増築した部分に入っていきます。
そして、すぐにここまでとはちょっと変わったアーチがあるところに出てきます。
ここは、 ”ビジャビシオサの礼拝堂:Capilla de Villaviciosa” と呼ばれているところです。
  20070 Capilla de Villaviciosa 20080 Capilla de Villaviciosa

このビジャビシオサの礼拝堂の周りには、このような ”王室礼拝堂:Capilla Real” と呼ばれているところがあります。
中には入れないので、小窓から見える部分を写真におさめてきました~。
  20110 Capilla Real 20120 Capilla Real 20100 Capilla Real
  20130 Capilla Real 20140 Capilla Real ←イスラム調の装飾が凄い!

ここから、さらにさらに進んで行くと...
メスキータでの見どころの一つ ”ミフラブ:Mihrab” のある場所に出ます。 さすがに見どころだけに、たくさんの観光客が集まってますね~。
  20200 Mihrab 20210 Mihrab ←正面に見えるのがミフラブです。
ミフラブは、イスラム教徒が祈りを捧げるメッカの方向を示すくぼみの部分です。
ここは神聖な場所ですので、その前にある”マクスラ:Macsura”と呼ばれる部分から柵で仕切られて、それ以上中に入れないようになっています。 アラベスクで装飾された壁が本当に素晴らしいですね~。
  20220 Mihrab 20230 Mihrab 20240 Mihrab
ちょっとこれらの写真では紹介しきれてないので、最後に、ミフラブの全景を撮った写真を掲載します。
写真奥のあの小部屋がミフラブと呼ばれる部分です。
  20250 Mihrab ←これがミフラブ。

ミフラブを堪能したら、次はちょっと右手の方に行ってみます。
ここは、いろいろな歴史的なものが展示されているスペースになっていて、 ”聖ビセンテ博物館:Museo de San Vicente” と呼ばれている部分です。
この部分は、先ほどの”ミフラブ”を含めて、961年にアルアケム(Alhakem)2世によって二度目の増築が行われた部分です。 天井の装飾も素晴らしいですね~。
  20310 Museo de San Vicente 20320 Museo de San Vicente 

ここからは少し戻って、影絵のような小礼拝堂の門扉やキリスト教的な装飾の部分を眺めながら、メスキータの中央に鎮座するキリスト教のカテドラルへと向かいます。
  20400 Mezquita 20410 Mezquita
  20420 Mezquita 20430 Mezquita

これがその カテドラルの ”主祭壇:Capilla Mayor” 部分です。 また、別世界に来たような感じになりますねぇ。。。
  20500 Capilla Mayor 20510 Capilla Mayor ←カテドラルの主祭壇部分。
ここでちょっと座って休憩しながら、まわりの風景を眺めてみました。
  20520 Mezquita Catedral 20530 Mezquita Catedral 20540 Mezquita Catedral
こちらは、主祭壇右上にあるステンドグラス。 日の光が当たって綺麗に輝いていました。
  20550 Mezquita ←青い衣を身にまとっているので、マリア様でしょうか。

一方、カテドラルの主祭壇とは反対側に目をやると、こちら側には ”Coro” と呼ばれる聖職者・聖歌隊の席のあるところがあります。
色的には地味ですが、これはこれで素晴らしいでしょう? 
中央のキリストの上にいるのは、天使ミカエルかと思ったんですが...ちょっとわかりませんね~。
  20600 Mezquita Catedral 20620 Mezquita Catedral
さらに、ここの座席に装飾されている彫刻が凄いですよ!
一つ一つの席に素晴らしい彫刻が施されてます。 こりゃ大変な手間ですな!
  20700 Mezquita Catedral 20710 Mezquita Catedral 20720 Mezquita Catedral
そして、側面(両側)に設置されているパイプオルガンもドでかいっす!
  20730 Mezquita Catedral ←パイプオルガン。

ところで、これだけ素晴らしいカテドラルも、建設当時はあまり評判は良くなかったとか。。。
それまでイベリア半島を征服していたイスラム教徒たちを、レコンキスタ(キリスト教の国土回復運動)によって制圧したのち、キリスト教の聖職者たちが、このメスキータの中にカテドラルの建設を始めます。
当時建設を進めていたこの聖職者たちが、完成後に王様(カール5世)に見せたところ、王様は 『どこにもないもの(メスキータ)のなかに、どこにでもあるもの(カテドラル)を造ってしまった。』 と嘆いたという話が残っています。
確かに、当時はこのようなカテドラルはどこにでもあったのでしょう。 
ただ、現在ではこのようなモスクの中に立てられたキリスト教のカテドラルは、大変珍しくて貴重なもの『どこにもないもの』になりましたよね。 何が起きるかわからないモンです。

さて、カテドラルを見学し終えたら、またイスラミックな部分に戻って、広々と拡がる身廊を歩いてみましょう。
  20740 Mezquita ←遠くまで続く回廊。すげ~っ!
入口を入って左手の奥の方にも円柱の柱が拡がっていますが、こちらは 987年に宰相・将軍アルマンソール(Almanzor)によって一番広く増築された部分で、メスキータの中で一番新しいところ(カテドラルを除いて)です。 
そのようなところを思いながら、これらの”円柱の森”を楽しみましょう!
  20800 Mezquita 20810 Mezquita
  20820 Mezquita 20830 Mezquita
また、アーチ部分をよく見てみると、古そうな部分はちゃんと大理石と赤レンガで構成されていますが、当たらしそうな部分は、『ここの赤い部分は、塗料か何かで塗っただけでしょ?』 と思われるようなものになっています。
古そうな部分20840 Mezquita 20850 Mezquita新し目の部分
そんなところにも注目してみながら楽しんでみてはいかがでしょうか?

ということで、コルドバの街の最大の見どころ ”メスキータ” の紹介を終了致しま~す。
  20900 Mezquita

では、またね~!  
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
10
(Fri)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その16)

! Hola, amigos !  

今日は、コルドバを流れるグアダルキビール川沿いから散策を初め、街の最大の見どころ ”メスキータ:Mezquita” の様子をちょっとご紹介します。
メスキータといえば、スペインをまわったことのある方なら、きっと一度は訪れた事があるでしょう。
もし一度行ったことのある方なら、もう一度思い出して楽しんでくださいね。
また、まだ行ったことがないのでしたら、これを参考にして、機会を作って是非訪れてみてくださいね~。

では、早速お話を始めましょう。
まず最初は、ホテルを出て朝の河畔を見にいきます。
  26670 Calle de Enrique Romero ←朝の通りの様子。
ホテルを出てから1~2分でもう河畔に出る事が出来ます。
これが”偉大なる川”グアダルキビール川です。 朝陽でキラキラしてきれいですね~。
  26690 Rio Guadalquivir ←グアダルキビール川
この川を下っていくと、セビージャの街を通って大西洋にでます。 この川は、スペインで5番目に長い川だそうです。
ちなみに...
このグアダルキビール川以外でスペインの有名な川というと、真っ先に挙がるのが ”タホ川(Tajo)” 。
トレドの街やアランフェスの街を通っていて、ポルトガルでは ”テージョ川(Tejo)” と名を変えて、リスボン通って大西洋へ流れていきます。 
マドリッドの街を流れている ”マンサナーレス川” も、このタホ川の支流なんですよ~。
他には、サラゴサの街を流れる ”エブロ川” 、メリダ・バダホースを流れる ”グアディアナ川”、支流がバジャドリッドの街を流れているという ”ドウロ川” などがあります。

さて、スペインの川の話はこのくらいにしておいて、散策の話の方に戻りましょう。
川沿いに出ると、川にかかる有名な橋 ”ローマ橋” を見ることができます。
この橋を渡っていくと、対岸には ”カラオーラの塔” と呼ばれる「橋を守るための要塞」があります。
今は、アンダルス博物館として、この地域的の歴史的なものを展示してあるそうです。 ちなみに、クマネコはまだ行ったことはありません。。。 
  26710 Puente Romano 26720 Torre de la Calahorra y Puente Romano ←右端がカラオーラの塔
朝の川沿いの道を歩いていると、洒落たおじいちゃんがステッキを使いながら歩いていました。朝の散歩でしょうか? それにしてはきちんとした格好をしてますよね。
  26730 Paseo de la Ribera ←川沿いの道で出会った洒落たおじいちゃん。

しばらく川沿いの道を歩いたら、今度はメスキータの方へ向かいます。 昔、立ち寄ったおみやげ屋さんも発見! ずいぶんと賑やかなお店になってました。
  26750 Mezquita 26770 Tienda de Super Alcala ←昔来たおみやげ屋さん。もっと地味な感じだったけど。。。

そして、次に到着したのが、もう何度も来てる”プエンテ広場”。 今回は、”勝利の門”を通って”ローマ橋”をちょっと散策してみました。
橋も近くで見ると、綺麗に修復された感があります。なんか綺麗すぎるでしょ?
ローマ橋26800 Puente Romano 26810 Puerta del Puente Romano勝利の門
門のところでは、若い女性(学生かも?)が一人バイオリンを演奏していました。もちろんチップを期待して。。
携帯中→ 26850 Puerta del Puente Romano 26851 Puerta del Puente Romano ←演奏中
ここからはメスキータの壁沿いに西側にまわっていきます。
これも昔はメスキータへの入口として使われていたのでしょうけど、いまは固く閉ざされているようです。
そしてその道の反対側には、コルドバの市立図書館の建物があります。 ここには、ツーリスト・インフォメーションのオフィスもありますよ。
  26890 Mezquita ←閉ざされた扉。 26900 Iglesia del hospital de San Sebastian ←インフォメーション入り口
こちら側にくると、昨晩訪れたタブラオ ”エル・カルデナル” の前に出ます。 明るいときに見るとこんな感じになってます。
  26910 Tablao El Cardenal 26920 Tablao El Cardenal ←エル・カルデナル入口

それでは、ここからは西側の出入り口からメスキータの中に入ってみま~す。
中に入ったら、まずはチケット売り場を探します。 チケット売り場は、北側の壁沿いに設置されていました。
  26960 Mezquita 26970 Taquilla ←チケット売り場
さすがに観光地だけあって、いろいろな国の言葉で書かれたパンフがありましたよ。
  26980 Cordoba Mezquita 26985 Cordoba Catedral ←チケットとパンフレット(スペイン語版)
チケット売り場からは、メスキータの建物(上の部分)を見ることができます。
建物の中(円柱の森)と尖塔(ミナレット)はよく見るけど、メスキータの上の部分ってあんまり見ないですよね~。 ということで。
あれがきっと後からモスクに付け足したといわれるキリスト教の教会部分なんでしょうね~。
  27010 Mezquita ←メスキータの建物の上の部分。
で、こっちがよく見る ”ミナレット(尖塔)” の部分。 
コルドバの青い空を背景にしたミナレットは、誰もがカメラに納めたくなる形式ですよね。
  27040 Minarete 27050 Minarete ←メスキータのミナレット。
このミナレットには、残念ながら登ることは出来ませ~ん。

ところで、このミナレットをもう一度よく見ると、下のところに入口があるでしょう?
  27070 Minarete 27091 Puerta del Perdon ←ミナレットとその下にある入口。
この入口を外から見るとこんな綺麗な感じになっているんですけど...
この門は ”免罪の門:Puerta del Perdon” と呼ばれていて、昔の人(信者)は、みなさんここからメスキータに入ったんですって。
  27095 Puerta del Perdon 27096 Puerta del Perdon ←外から見た様子。
  27092 Puerta del Perdon ←門の中も綺麗な装飾がされています。
門の中に入ると、まずはオレンジの木がたくさん植えてある ”オレンジの中庭” があり、木陰で長旅を終えた信者が身体を休めることが出来るようになっています。
  27020 Puerta de las Palmas ←木陰が涼しげなオレンジの中庭。  
そして、長旅で汚れた身をこの ”アルマンソールの泉:Aljibe de Almanzor” で清め...  
  26990 Aljibe de Almanzor ←アルマンソールの泉。
下の写真の ”シュロの門:Puerta de las Palmas” から建物の中に入ったそうです。
このときは門は閉まっていましたけど~。
ちなみに...
正確には、このオレンジの中庭には昔は池もあったようで(現在はなくなっているらしい)、そこで信者が身を清めたらしいです。 アルマンソールの泉は、その名残りだという話です。
  29000 Puerta de las Palmas 29010 Puerta de las Palmas ←シュロの門。

このように、『免罪の門→オレンジの中庭→シュロの門→礼拝堂 というルートで見学をしました』 とネットに書いている方もいらっしゃるので、『団体の時はシュロの門から入ることが出来る』...のかもしれませんが、現在、一般の見学の方は、シュロ門の右手にある入口から入るようになっています。
これらの位置関係などは、下の図を参考にしてください。
  Mezquita Map 2 ←メスキータの地図

次回は、メスキータの建物内部の様子をお届けする予定です。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
09
(Thu)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その15 旅籠屋ポトロ)

! Hola, amigos !  です~。
? Como estais ?  みなさん、お元気ですか~?

今日は、コルドバ散策の二日目。 ホテルを出発して、 ”旅籠屋ポトロ :Posada del Potro” に向かいます。

まず最初はホテルの朝食から。
このホテル(ホテル・マエストレ)は、ホテルの建物内にレストランというか...コメドール(食堂)がありません。 ホテルから20~30mぐらい離れたところにある、オスタル・マエストレの中にある食堂まで食べに行かないといけないのです。

で、ホテルを出て、てくてく歩いて食堂へ。 
『コルドバだから滅多に雨は降らないのかもしれないけど...雨が降ったら面倒くさいだろうなぁ。』なんてことを考えちゃいます。

オスタルの方に到着して中をに入ると、まずは可愛らしいパティオ(中庭)が出迎えてくれます。
  26199 Hotel Cordoba 26200 Hotel Cordoba ←オスタルの入口とパティオ。
パティオの壁には、素敵な飾り皿がたくさん掛けてあります。
  26202 Hotel Cordoba 26203 Hotel Cordoba ←壁にはお皿がたくさん。
そういえば、初めてスペインを旅行したとき、最初に気に入ってお皿を買ったのがコルドバだったっけ。。。

パティオを抜けて行った先に、2階へ登る階段があり、この階段を登っていくと食堂があります。
  26204 Hotel Cordoba ←階段も綺麗なタイルで装飾してあります。
食堂は、いくつかの小部屋に分かれていて、どこでも好きなところで食べていいようです。
朝ご飯のお味は...まぁ、普通です。
  26283 Hotel Cordoba 26284 Hotel Cordoba ←この日の朝ご飯。

朝ご飯を食べ終えたら、部屋に戻って早速散策に出発です!
まず最初に行ったのは、先日行けなかった ”旅籠屋ポトロ” です。
ここは、小説 ”ドン・キホーテ” の物語の中に出てくるのですが、、、読んだことのある私も全然記憶にありません。。。 ただ、主人公ドン・キホーテは、物語の中で何度か旅籠に泊まっているので、『多分あの場面かなぁ。』という覚えはあります。

で、早速その旅籠屋ポトロを訪れてみると、今日は無事開いていました~。
しばらく前までは、工事中で見られなかったようですよ。
  26300 Posada del Potro 26310 Posada del Potro ←旅籠屋ポトロの入口。
ちなみに、ここの見学は無料です。 

早速、中の方へ...
中は、時代を感じさせるような、趣のあるつくりになっています。
  26400 Posada del Potro 26405 Posada del Potro 26420 Posada del Potro
ちなみに、昔、この地方はとっても物騒だったため、旅籠の1階は”馬屋”として使い、2階に宿泊の部屋を造ったと言うことですよ。  確かに、そんな建物の造りになってますねぇ。
   senda_fumufumu_20110215192657.gif
次は、1階部分の建物の中を見学。 中には、たくさんのパネルが掛けてあり、ちょっとした展示会が開かれていました。
  26460 Posada del Potro 26470 Posada del Potro ←建物の1階部分
1階部分を見学し終えたら一旦外に出て、階段を登って2階部分へと行ってみます。
 26500 Posada del Potro 26505 Posada del Potro 26510 Posada del Potro 26520 Posada del Potro

2階部分の中は、残念ながら見学することが出来ませんでした。
なので、とりあえず2階からの眺めを。
  26580 Posada del Potro 26600 Posada del Potro 26610 Posada del Potro
当時は、こんな感じのところに宿泊してたんですねぇ。。。

ということで、なかなか楽しい ”旅籠屋ポトロ” でした。

では。
! Hasta luego !
pan013
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村

2012_02
07
(Tue)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その13)

! Hola, todos !  

今日は、コルドバの晩ご飯と夜の散策の様子をお届けします。

入ったお店は、ポトロ広場の外れにある ”Museo de la tapa y el Vino” というお店。
なかなかお洒落なお店です。
  30490 Museo de la tapa y el vino 30540 Museo de la tapa y el vino ←ディナーのお店

まずは、飲み物とパン。 パンはめずらしくカットされた食パンみたいなもの。
  30491 Museo de la tapa y el vino 30492 Museo de la tapa y el vino beer.gif 食パン 
そしてサラダ
  30494 Museo de la tapa y el vino ←このあたりではサラダは意外と高価。
取り皿には綺麗な柄のものを使ってます。
  30493 Museo de la tapa y el vino ←飾り皿みたい。
メインのお料理は、お肉と揚げ物。
  30495 Museo de la tapa y el vino 30496 Museo de la tapa y el vino ←豚肉とイカリング
そして、この辺でよく食べる(らしい)茄子のフライ。 nasubi.gif
  30497 Museo de la tapa y el vino ←サックサクした食感で美味しい!
揚げ物は日本とは違って、どれも脂っこくなくてサッパリしています。
最後は、コーヒーで〆です。
  30498 Museo de la tapa y el vino ←コーヒーもうまし! coffee_4_20111016173644.gif
食事はどれも美味しかったですよ~。(以上、お値段は全部で19ユーロでした。)
Estaba muy bueno. 
食後のコーヒーを飲んでくつろいでいると、ちょっと離れたところでギターの演奏が始まり、ディナーの雰囲気を盛り上げてくれます。
  30560 Museo de la tapa y el vino ←ギターを演奏していた人たち。
もちろん、演奏が終わったらチップを求めてテーブルをまわってきます。 こんなとき、もし演奏が気に入ったら小銭でもあげてください。

晩ご飯を楽しんだら、夜の通りを散策しながら、フラメンコの行われるタブラオに向かいます。
  30570 calle 30571 calle 30572 calle ←通りの夜景
ネコさんが、途中のレストランのメニューに釘付け。。。 さっき食べたばかりなのに???
  30590 calle ←メニューに興味があるようです。

夜になると、メスキータやサン・ラファエルの勝利の塔はこんな感じになるんですね~。
 30620 Mezquita 30630 Mezquita 30631 El triunfo de San Rafael 30632 El triunfo de San Rafael

こちらは、ローマ門。 昼間と違って、グッとロマンチックな感じになってますね~。
  30633 Arco Romano 30650 Arco Romano

ここから近いところに、これから行くタブラオ ”エル・カルデナル:El Cardenal” があります。 
メスキータのすぐそばです。 zarusoba.gif
  30670 Mezquita ←タブラオ前の通り。 右手の壁は、メスキータです。

コルドバにはいくつかタブラオ(フラメンコを見せるところ)があります。
ホテルでいただいたパンフレットはこちら。
  30671 Cordoba Tablao 3 30672 Cordoba Tablao 1 30673 Cordoba Tablao 2
一番左のものがエル・カルデナルです。 コルドバでは一番有名だと思います。

お店に入ると、お店の人がそれぞれ席まで案内してくれます。
  30690 Tablao El Cardenal ←お店の入口
 ステージの様子はこのような感じ。 パティオで行われるので、ほとんど屋外です。
  30730 Tablao El Cardenal 30731 Tablao El Cardenal

このときのフラメンコは、正直なところ 『セビージャのロス・ガジョスがイマイチだったから(ここはもっとダメかな...)』 と、あまり期待していなかったのですが、、、
実際にステージを見てビックリ!!! とっても素晴らしいステージでしたよ!!! オススメです!

ということで、このタブラオでの様子は次回にお届けします。 お楽しみに~。
では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
05
(Sun)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その12)

! Hola, amigos !  

今日は、コルドバで宿泊したホテル周辺の様子をお届けしま~す。

街中の散策からホテル周辺まで戻ってきた私たちが訪れたのは...
まずは、 ”ポトロ広場” 。
ここには、 ”コルドバ美術館 :Museo de Bellas Artes” 、そしてスペインの有名な小説”ドン・キホーテ”に出てくる旅籠 ”旅籠屋ポトロ” があるところです。
  25990 Plaza del Potro ←ホテル周辺にあるポトロ広場。
こちらが、コルドバ美術館。 残念ながら閉まってます。 次の日は閉館日なので、今回は見ることができそうもないです。 残念。。。
  26010 Museo de Bellas Artes ←コルドバ美術館
この美術館は、15世紀に建てられたもので、昔は”施療院”として使われてたようです。
中には、”コルドバ派”と呼ばれる方々の作品(絵画)が展示されていて、人によっては 『なんの特徴もなくて、つまらない宗教画。』 と思われる方もいらっしゃるようですが...私は見てみたいです!!!
     art_1_20110810081329.gif

さて、美術館の方はこれくらいにして、もう一度広場の方に目をやると、広場の真ん中辺りに噴水がありました。
噴水の中央の塔?の上には、子馬の像があるでしょ。 この広場の名前 ”ポトロ :potro” というのは、スペイン語で ”仔馬” って意味なんです。 だから、この噴水には仔馬の像があるんですね。
  26030 Plaza del Potro ←広場にある噴水。 これが...仔馬? 見えなくはないけど。。

そして、これが有名なところ”旅籠屋ポトロ”の入口です。 この日は遅くなっちゃっていたのでもうどこもやっていないですね~。
  26020 Museo de Bellas Artes 26040 Posada del Potro ←旅籠屋ポトロの入口
ところで、この旅籠。 よく『ドン・キホーテに出てきた...』って紹介されますが、私の記憶では、小説の中で”旅籠屋ポトロ”って名前を見た覚えがありません。 
ただ、主人公ドン・キホーテは、物語の中で何回か旅籠に泊まっているので、『ああ、あそこかも。』って思うところはあります。 そう思って、もう一度本をさらっと見返してみたんですけど...やっぱり見あたらなかったですね~。

この広場からちょっといくと、すぐにグアダルキビール川の畔に出ます。 グアダルキビールって名前は、なんか美味しそうな名前に思いますが、その意味はアラビア語で”偉大なる川”って意味なんですって。

さて、この広場を川の方へ歩いて行くと、こんなオベリスクみたいなのが建っています。
  26070 Plaza del Potro ←広場にはこんな塔もありますよ。
そして、更に川の方へ近づいてみると、この日の散策の最初に出会った ”ラストロの十字架” のところに出ます。 今回は、夕陽に照らされてちょっといい感じになっていました~。
  26090 Cruz del Rastro ←夕陽に照らされたラストロの十字架。
  26100 calle de Amparo ←このあたりにも。こんな小さな礼拝堂や教会があちこちにありました。 Iglesia.gif

そろそろみなさん家路につく頃。 そんな時間の通りの景色を撮影してみました~。 
  26080 Calle Lucano 26140 Calle de San Francisco 26260 Calle de Romero Barros ←夕暮れ時の通り。

こちらは、ホテルのすぐお隣のところにあった ”カルピオ侯爵邸:Palacio los Marqueses del Carpio”
 です。 ここには歴代のカルピオ侯爵たち(Los Marqueses del Carpio)が住んでいたところで、当時はこのカルピオ侯爵っていうのがこのあたり(アンダルシア)の有力者だったようです。。
  26110 Palacio Marqueses del Carpio 26120 Palacio Marqueses del Carpio ←カルピオ侯爵邸

ここまでくると、ほとんどホテルに帰ってきたようなモンなんですが、最後にもうちょっと辺りを散策することにしました。
そして、次に出会ったのが ”サン・フランシスコ教会 :Iglesia de San Francisco” 。 13世紀に建てられた建物のようです。 ここも古くから有るんですね~。
  26170 Iglesia de San Francisco 26200 Iglesia de San Francisco ←サン・フランシスコ教会。
教会前の広場を散策すると、ベンチでシエスタ(午睡)しているおじさんを発見! 
ベンチの下には、おじさんの愛犬とみられるワンちゃんも一緒にシエスタしてます。
で、起こさないようにしず~かにパチリ! 撮影させていただきました。 お気に入りの一枚です!
  26190 Compas de San Francisco ←とっても気持ちよさそうに寝てますね~。
そして、広場の周りには素敵なタイルも飾られています。
  26180 Compas de San Francisco 26210 Compas de San Francisco 26250.jpg
広場の奥に行ってみると、また違った広場が出てきました。 ここはなんと言うところなのかは分かりません。
どこからか、子供たちのワイワイと騒ぐ声が響いていました。
  26220 Patio de San Francisco ←サン・フランシスコ教会脇の広場。

ということで、この日の散策はここまで~。 ようやくホテルへ戻ってきました。  
  26261 Calle de Romero Barros ←ホテル前の素敵な通りの風景です。
ホテルのレセプションで部屋の鍵を受け取ったら、部屋へと戻りま~す。
  26270 Hotel cordoba 26280 Hotel cordoba ←ホテルの中はこんな感じ。

部屋に戻ったらしばらく休憩。
その後は、外で晩ご飯をいただいて、フラメンコを観に行きます!
次回はその様子をお届けします。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村
2012_02
04
(Sat)11:00

2011秋 スペインの旅 (コルドバ その11)

! Hola, buenos dias !  

おはようございます。
今日は、コルドバの ”コレデラ広場 :Plaza de la Corredra” を紹介します。
この広場は、メインの通りから少し入った所にあるので、初めて行くときにはちょっとわかりにくいかもしれません。
いくつか入口がありますが、私たちが通った入り口はこんな感じです。
  25860 Entrada a la correderia ←コレデラ広場の入口。 たぶん北の入り口。

この入口の雰囲気とか、どこかで見た覚えがないですか?
そう!  私は、マドリッドの ”マヨール広場” に似てると思いましたよ。
で、広場への入口の門をくぐって中へ入ると...、案の定、広場の雰囲気もどことなくマヨール広場に似てますよね~。
  25890 Plaza de la correderia 25900 Plaza de la correderia ←コレデラ広場全景
  25910 Plaza de la correderia ←コレデラ広場の景色。
それにしても広々としていい広場ですね~。 人が少ないので落ち着きます。
でも、ちょっと寂しい感じかな。

さて、広場に到着したら、まずは喉の渇きを癒すため、お店に入って飲み物をいただくことにしました。
飲み物は、ネコさんたっての希望により ”氷の入った冷たい飲み物” を注文しました。
店員さんに ”氷入りの飲み物は何が有りますか?” と訪ねると、 ”ウイスキーとかサングリアとか...” アルコール系のもの含めていろいろと教えてくれました。。。
確かに...日本と違って、アルコール系を頼む人が多いんでしょうねぇ。
で、 ”ノン・アルコールのものでお願いします。” ということで、結局 コーラとスプライトになりました~。
  25911 Plaza de la correderia ←ネコさんご満悦の、氷入りジュース! drink_1.gif

しばらくジュースをいただきながらしばし休憩~。
     panda_icon_c_20120203155811.gif
  25914 Plaza de la correderia ←みんなもちょっと休憩中。
  25880 Plaza de la correderia ←広場の周りの建物は、住居として使われているよう。。。

周りの景色を楽しみながら休んでいると、隣のテーブルにフランス語を話すご夫婦がやってきました。
ご主人の方は、カメラ三脚を取り付けたバッグをしょって、プロ用っぽいカメラを持ってました。 
この方、かなり気合いを入れて写真を撮りに来たようです。
”いいカメラですね~” と声をかけると、笑顔でこたえてくれました。(通じたのかな?)
ご主人は、飲み物を注文するとすぐに広場の中を写真を撮りにブラブラ。。。
おいて行かれた形の奥さんの方は、もうあきれ顔。。。
こちらを向いて、 ”もう...困っちゃうのよねぇ。” みたいな顔をしてました。
まぁ、どこの国でも...そんなモンですね。

さて、休憩を終えたらホテルへの帰り道をブラブラ散策。
すぐにちっちゃな広場 ”カニャス広場”に出ました。
  25950 Plaza de las Canas
この広場からは、さっきまでいたコレデラ広場がすぐそこに見えます。
  25960 Plaza de las Canas ←通りの奥に見えるコレデラ広場

この広場には、ピエダ教会というのがありまして...
  25920 Iglesia de la Piedad ←ピエダ教会
その前には、神父さんが子供の手をひいている像が立っていました。
  25940 Iglesia de la Piedad ←神父さんが、子供を連れている像。
よく見ると、手を引かれている女の子の手には、クマのぬいぐるみが...

また、通りの反対側のアルマス通りにも、小さな教会?礼拝堂?みたいなものが建っていましたよ。
  25970 calle de las Armas ←教会?礼拝堂? 名前はわかりません。

この時間になると、更に陽が傾いて素敵な光の時間になってきました。
  25980 calle de las Armas ←陽に照らされて輝いていた花。

では。
! Hasta luego !
にほんブログ村 旅行ブログ スペイン旅行へ
にほんブログ村