2017_09
21
(Thu)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (メディナ・デル・カンポ その5:モタ城)

? Que hay ?  

週末の3連休明けから体調を崩し、ようやく今日になって復活してきました~。
今回も、熱というよりは頭痛がひどくて...。
頭痛になるとなにもやる気が出ないのでホント困りますよね。

ということで、体調もだいぶ復活してきましたので、今日も頑張ってスペイン旅のお話を続けていきたいと思います。
さて、今日は二度目のモタ城訪問のお話です。
01700 Castillo de la Mota

今回は門をくぐって中へ入ってみますよ。
ちなみに、お城の中で1階部分はフリーで観られるようになっています。
その他の部分は、ガイドツアーを予約しておかないとダメみたい。。。
01702 Castillo de la Mota

中に入ってみると、まずはこんな感じ。
01704 Castillo de la Mota

こちらは、お城の壁に設けられた ”銃眼” と呼ばれる部分。
敵が来たら、ここから鉄砲を出して狙うところです。 日本お城にもこのようなものはありますよね。
ネコちゃんに睨まれた。。。
01705 Castillo de la Mota

建物の中に入っていくと、昔の写真が飾ってあります。
昔とは言っても、写真があった時代ですから、そんなに昔ではないでしょうね。
01707 Castillo de la Mota

こちらは、中庭の部分。 噴水などはないみたいです。
01708 Castillo de la Mota

中庭から見られる唯一の装飾部分。
01709 Castillo de la Mota

入り口上には、カトリック両王ご夫妻(フェルナンド2世、イサベル1世)の像がありますねー。
その両側にある像は...どなたでしょうか?
01711 Castillo de la Mota

お城の中にはちゃんとチャペルもあります。
こちらも質素なつくりになってます。
01713 Castillo de la Mota

別の部屋に入ってみると...
この地方を中心としたお城の配置、その変遷などが説明してあります。
01726 Castillo de la Mota

簡単に説明しますと...
このあたりには、大きく分けて3タイプのお城群があって、それらは次の通りとなっているそうですよ。
 ①レコンキスタ時代にイスラム勢力に対抗するために作られた、ドゥエロ川沿いに作られたお城。
 ②ポルトガル国境の防衛線として作られたお城。
 ③貴族・領主など地方の権力者が作ったお城。
このモタ城は、③に属するお城だそうです。(間違ってたらごめんなさい。)

お城の周りにある監視塔みたいなのは、こんな感じで登っていくようになってます。
意外と登り口は狭いんですよね~。
01740 Castillo de la Mota 01741 Castillo de la Mota

で、一通り見学して入り口に戻ってみると、結構な数の人たちが集まってました。
どうやらガイドツアーで回る人たちらしいです。
01744M Castillo de la Mota

ということで、モタ城の様子はこんな感じでした~。

ではまたね!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_09
16
(Sat)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (メディナ・デル・カンポ その4:市場とサン・ミゲル教会)

? Que tal ? 

最近は、北朝鮮がミサイルをドンドン打ち上げちゃうので、いろいろと心配です。
それにしても、北朝鮮はミサイルを 韓国の領土上空はほとんど飛ばしてないのに、日本の領土上空は簡単にとばしちゃうんですね。 やっぱり日本は甘く見られてるんだなあってつくづく感じますねー。
まいりますね。


さてさて、今日もメディナ・デル・カンポの散策の様子をお届けしていきますよ。
前回ご紹介した”Palacio Real Testamentario De Isabel La Católica” を見学した後は、先にご紹介したモタ城を再度見学しに行ってみることに。
途中、ツーリスト・インフォメーションで教えてもらった市場 ”Reales Carnicerias (Mercado de Abastos)” に行ってみましたー。
入り口はこんな感じ。
01672 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

carniceriasというので、お肉屋さんがたくさん入っているのかと思い、中に入ってみると...
お~~~~~っ! どこもやってない~!!! 残念!!!
01673 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

まあ...とりあえず中を見学。
すると、こんなパネルを発見。
ここメディナ・デル・カンポのエンシエーロ(牛追い)の様子を表しているようです。
あの有名なパンプローナの牛追いとは全然違いますね。
01674 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

そして、市場の両端の入り口の上には、こんな絵が掛けられていますよ。
まずはこちら。
左手に天秤、右手にを持った天使...。 yoidore_tenshi_20170913094627268.gif
そう、この方はサン・ミゲルです。 
スペインでは、サン・ミゲルと呼びますが、フランスではサン・ミシェルと呼ばれている 大天使ミカエルのことです。
ご存知の方も多いあの ”モン・サン・ミッシェル” も、日本語にすれば ”聖ミカエル山” ですよね。
01675 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

もう一方に入り口にはこちらの絵。
多分、青い衣をまとっていらっしゃる方がマリアで、どなたかの頭に ”光輪” を授けている場面を表しているようですね。
01676 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

市場前の広場はこんな感じになっています。
お店が全部閉まっているので閑散としていますが、市場がやっているときはもっと賑わってるのではないでしょうか?
01677 Reales Carnicerias Mercado de Abastos

広場の端っこにはこんなオブジェが。。。
なんだかよくわかりませんが、この場所にはあまり似つかわしくない感じもしますが...
アートなんでしょうね。
01678 Reales Carnicerias Mercado de Abastos robot_hikaru.gif

この広場のすぐそばにある橋の向こうにある教会は、もちろん ”Iglesia de San Migel:サン・ミゲル教会” でーす。
市場になんでサン・ミゲルの絵が掛けてあったのかわかりましたねー。
01680 Iglesia de San Miguel

教会の入り口上には、サン・ミゲル(ミカエル)さんがいます。
サン・ミゲルさんが踏みつけているのは、悪魔(サタン)だっていう話ですよ。 
そして、左手に持つ天秤は ”死者の魂の公正さ(重さ)を量っている” ということです。
01682 Iglesia de San Miguel

ということで、モタ城の様子はまた次回にご紹介ということで。
お楽しみにー。

pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_09
14
(Thu)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (メディナ・デル・カンポ その3:王立テスタメンタリオ宮殿)

! Hola !  

大きな台風が近づいているようですね。
最近は、あちこちで洪水・土砂災害の被害が出ているので心配ですね。
週末にかけての天気には注意してないといけないですね。
   taifu_3_20110903102205.gif

さて、今日はまたメディナ・デル・カンポの街の散策の様子をお届けすることにします。

街の観光の中心にあるマヨール広場からアルミランテ通りを少し行くと目に入るこのファサード。 
ここは ”Palacio del Almirante(提督の宮殿)” と呼ばれていて、別名 ”テハダ侯爵の宮殿” としても知られています。
作られたのは17世紀だそうです。
01635 Palacio del Almirante ←Palacio del Almirante 

門の内には中庭が見えるのですが、門は閉じられていて中には入れないようになっています。
01634 Palacio del Almirante

と、ここで突然ですが...
小腹がすいてきたので、近くのバルに入って軽食をとることにしました。
今回入ったのは ”Bar Comercial” というお店。 
店内はこじんまりとしていて、近所のおじちゃんが1~2人いるぐらいでした。
01636 bar en Calle Almirante

バルで、朝食セットみたいなのをいただいて小腹を満たしたら、次はマヨール広場にある ”Palacio Real Testamentario De Isabel La Católica” へと行きました。
ここは、イサベルが最期を迎えた王宮で、ここでイサベルの遺言書が作成されたといわれている場所です。

入り口はちょっとわかりにくいのですが、アーチのある建物のすぐ右手。 下写真の緑枠で囲んである部分にあります。
01629 Plaza Mayor Isabel I

その入り口から中を見るとこんな感じ。 
01642 Palacio Real Testamentario

奥に見えるこの像は、イサベルをモデルにした像のようですね。
01644 Palacio Real Testamentario

そして、宮殿の中に入る入り口はこちら。
宮殿ということですが、一般の建物とそう変わりない気がしますね。
01646 Palacio Real Testamentario

ということで、さっそく中へ。
で、ここのところがうろ覚えなのですが、、、 
確か、扉には鍵がかかっていてそのまま入れなかったような気がします。
中に入るには、側にある呼び鈴を押して係の人を呼ばなければならなかったはずです。
なかなか観光客にはわかりづらいシステムですよねー。

扉を開けて中に入れてもらうと、すぐ左手に受付があり、ここで入館料を払って中に入ります。
メインの展示場所は、写真の階段を登った2Fになってます。
01651 Palacio Real Testamentario

まずは、イサベル女王の生涯が書かれているパネル。
01657 Palacio Real Testamentario

続いて、家系図を示したパネルです。
ちなみに、神聖ローマ帝国の皇帝になった ”カール5世” のおばあちゃんがこの ”イサベル女王” です。
01653 Palacio Real Testamentario

これらは、若き日のイサベルの勉強道具?
01655 Palacio Real Testamentario book.gif comic_pen.gif

そして、こちらがイサベルの遺言書が書かれた当時の場面を表したものです。
ベッドに横たわるイサベルの横に、赤い衣装を身に着けて椅子に座っている方が、夫のフェルナンド2世です。
01659 Palacio Real Testamentario

その様子を再現した展示。
01660 Palacio Real Testamentario

こちらは、その時に書かれた遺言書だそう。。。 すごい量です!
01664 Palacio Real Testamentario

沢山の遺言書が展示されていた部屋です。
01668 Palacio Real Testamentario

今回のお話の中心であるイサベル女王(正確にはイサベル1世)は、スペインの歴史上とっても重要な人です。
スペインのテレビ(TVE)でもドラマ化されていて、今でもネットで観ることができますよ。
もちろん全編スペイン語なのでほとんどわかりませんが、字幕(スペイン語)を表示させることもできますので、私のようにスペイン語を勉強中の方なら少しだけなら理解できると思いますよ。
興味がありましたら、みなさんも是非トライしてみてね!

ではまた!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_09
12
(Tue)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (メディナ・デル・カンポ その2:マヨール広場)

! Hola amigos !  

本日もスペイン、メディナ・デル・カンポの街の様子をお届けします!
モタ城の周りを軽く見学した後は、街の観光の中心地である ”マヨール広場” を目指します。
お城のある高台を降りて、線路をくぐっていきますよ。
01601 Medina del Campo

地図上では川になっているように見えますが...
実際にはこんな感じで、川は川でも水は全然ありません。 
季節によっては、水がいっぱい流れているのかもしれませんね。
01602 Medina del Campo

歩いてきて最初の交差点(サークル)に来たら、ここでシモン・ルイス通りを行けば、そのままマヨール広場まで出ますよ。
写真に写っているのは、交差点の中心に立っているモニュメント。 
その向こうに見えているクリーム色の建物は ”警察署” です。
01604 Medina del Campo policeman.gif

シモン・ルイス通りをしばらく歩くとマヨール広場に到着でーす。
こちらは広場の西側の景色。
左手にあるのがサン・アントリン教会で、右手のアーチのある建物の隣が市庁舎です。 
ちょっとわかりにくいのですが、教会と市庁舎の間にある建物に、ツーリスト・インフォメーションがありますよ。
01610 Plaza Mayor

ここから見る広場の反対側の景色は、こんな感じになっています。
結構広々としてるでしょ?
01617 Plaza Mayor

広場の周囲には、レストランやバルなどのお店がたくさん軒を連ねています。
お昼ご飯をとるならこのあたりが便利そうです。
01615M Plaza Mayor

そして、この広場にある ”イサベルの像” 。
周囲を花できれいに飾られていますね。
01619 Plaza Mayor Isabel I illust1553_thumb.jpg

広場をしばらく散策しているうちに、少しずつ空が晴れてきた様です。00ahare.gif
01627 Plaza Mayor Isabel I

こちらが先ほどの ”サン・アントリン教会”
その起源は1177年に遡るそうです。
その後、16世紀から17世紀の間に大部分が建設されたみたいです。
01608 Colegiata de San Antolín

市庁舎横のこのアーチが古そうな感じで気になりますが、どのようなものなのかはわかりませんでした。。。
01630 Plaza Mayor Isabel I

ということで、ここまでこんな感じに散策してきました。
Mapa de Medina del Campo 01

ちなみに。
この街は、現在、スペインでは ”家具の街” として有名なんだそうです。 chair.gif chair_2_201709121842441a8.gif
散策しているときは、全然そんな様子は感じられなかったんですけどねー。
時々、展示会なども行われているそうですよ。
もし機会があってメディナ・デル・カンポの街に行かれる方は、そんなところにも注意しながら散策してみても良いですね。

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_09
08
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (メディナ・デル・カンポ その1:モタ城)

? Todo bien ? 

今日からいよいよメディナ・デル・カンポの街の様子をご紹介していきます。
メディナ・デル・カンポに到着でーす!
まずは駅舎の中。
広い割にお客さんは少ないですね。
全体が水色なので水族館にいる気分です。 
01532 estacion de Medina del Campo

駅舎内に街の地図があったのでとりあえず撮っておきます。
写真に撮っておくと、万が一、道に迷ったときには便利ですよ。
01531 estacion de Medina del Campo

そして帰りの列車時間もチェック!
もし帰りの切符を買っていなかったら、このときに購入しておくのがベストです!
時々、自動券売機が故障してたり窓口が混雑したりしていて、乗りたい列車に乗れなくなることもありますので。
01533 estacion de Medina del Campo

こちらは、外から見た駅舎の様子です。
01534 estacion de Medina del Campo

そして、駅前広場。
お店などもなくて閑散としてます。
日本みたいに駅前にお店が連なっていることは少ないです。 バス乗り場もありません。
ひどいとタクシーも待っていませんよ。
そんな時にタクシーが必要な場合、電話で呼ばなければなりません。。。
01538 estacion de Medina del Campo

スペインでは、鉄道駅よりバスターミナルの近くの方が賑わっていることが多いですね。
多分、スペインには古い街が多いので、鉄道を街中まで敷設することが出来なかったからではないでしょうか。 
バスは、街中まで入っていけるので、比較的にぎやかなところにターミナルがあることが多いです。
なので、鉄道利用者よりバス利用者の方が多いような気がします。
01540 estacion de Medina del Campo

ということで、まずは駅を出たら、近くにある街一番の観光スポット ”Castillo de La Mota:モタ城” を目指して歩いていきます。
     くまねこあるき
人影の少ない(ネコしかいなかった...)こんな道を歩いていきますよ。
01544M Medina del Campo

すると、すぐにモタ城が見えてきます。
ここが入り口ですよ。
01548M Castillo de la Mota

お城の全景はこんな感じ。
華やかな感じではなくて、すごく重厚な雰囲気ですねー。
01552 Castillo de la Mota

それもそのはず...
このお城は、街を守る要塞として1070~1080年に作られました。
その後、1354年にトラスタマラ家のエンリケII世がこのお城を所有し、王家の手に渡るとともに城の強化が図られ、15世紀に現在の形となったそうです。
そしてこのお城、イサベル女王とその娘フアナの確執により、イサベルがフアナを一時閉じ込めたお城としても有名です。

さて、そんなお城には、この正面の門のところから中に入っていくようです。
01563 Castillo de la Mota

上の写真の門のところ(お城の方)には案内所はありません。
敷地に入って右手のところにレセプションがあるので、まずはそちらに行きます。
レセプション(受付)の他に、お土産屋やお手洗いなどがあります。
01551 Castillo de la Mota ←案内板

このお城は、正面から見るのも一興ですが、左手後ろから見る姿の方が素晴らしいです。
ネットに掲載されている写真もこちらの方が多いですよ。
01565 Castillo de la Mota

ほらー、こんな感じなんですよ。
01577 Castillo de la Mota

ちなみに、お城の周りはこんな感じのお堀になっています。
当時はこのお堀に水を入れていたかどうかはわかりませんが、、、
壁の下の方にまで銃眼らしき穴が開いているので、水を入れる堀ではなかったのかもしれないですね。
01568 Castillo de la Mota 01569 Castillo de la Mota

ということで、まずはお城の外観のみ観光しました。
お城の中の様子はまた後程ということで。
01596M Castillo de la Mota

ではまたね!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ

2017_09
05
(Tue)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (今度はメディナ・デル・カンポへ!)

? Que hay ?  

今日は、W杯ロシア大会予選の最終戦(サウジ戦)です~。
きっと、先日のオーストラリア戦で出場できなかった選手たちが起用されるだろうと思いますが、それでも最後はスカッと快勝して本戦にのぞみたいですね!
頑張れ! 日本!
    japan_flag_wave_20130909095426c96.gif

さてさて。 今日からは、スペイン・バジャドリッドの近隣の街をご紹介していきます。
今回行く街は、以前にご紹介した イサベル女王に所縁のある街の一つ ”Medina del Campo:メディナ・デル・カンポ” というところです。
この街は、イサベル女王が最期を迎えた街として知られていますよ。
バジャドリッド周辺の街 01 sm_emo_k_20170711212945f81.gif

ということで、朝早くにバジャドリッドの駅に来ました~。
切符はこの券売機で買うことができます。
01508M Estacion de Valladolid

そして、ここで買った切符がこれです。  メディナ・デル...までしか書いてない~。
01507M Estacion de Valladolid

切符を購入したら、電車が来るまでの間、駅中のカフェで朝食をいっただきま~す!!!
駅中とはいえ、ちょっとシャレオツなカフェ。
01506M Estacion de Valladolid

カフェ・オレとクロワッサン... フランスにいるみたい。。。
ちゃんとフォークとナイフをつけてくれるとこがすごい!
01504M Estacion de Valladolid

私たちがカフェのカウンターで朝食をいただいていると、周りにどんどん人が集まってきました!
そして、みんなの視線はテレビ画面にくぎ付け!
そう、この日はパンプローナで行われる ”エンシエーロ(牛追い)” の日だったんです!
エンシエーロの最初の発走は朝8:00。 
なので、みんなそれを見に集まってきてたんですね。 
みんな ”牛追い” が好きなんだなぁ~。
01505M Estacion de Valladolid

さて、、、
列車の時間が近づいてきたので、そろそろホームの方へと移動します。
でも、まだ早かったかなぁ~。
写真右手の列車が出発した後に、予定の列車が入ってくるようです。
01512M Estacion de Valladolid

この8:43発のマドリッド・チャマルティン行きの列車です。
01513M Estacion de Valladolid

そして、しばらく待っていると列車がホームに入ってきました~。
毎度のことながら、この車両を見ると ”トノサマバッタ” を思い出します。。。 
01526M Estacion de Valladolid

さあ! この列車にのって、いよいよメディナ・デル・カンポの街へ Vamos!!!
01530M Valladolid - MDC md_cat_2.gif

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ