2017_07
03
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その9)

Hola.  

昨日は東京都議会選挙があったようで...
メディアがこの予期せぬ結果(自民が大敗するとは思っていなかった)に大騒ぎになっているのを感じますねー。
なぜって?
なんとか理屈をつけて小池氏勢力を批判するような意見(ネガティブな意見)ばかりが、TVのニュースなどいたるところで目につきますもの。
どのメディアからも 『これからの都政に期待したい!』 って意見は聞こえてこないですよね。
『こんなにもメディアは現政権(政府)へ忖度(圧力かも?)しているのか。。。』 とちょっとビックリしました。

そのネガティブな意見の一例としては、、、、
『都議会が小池氏勢力で過半数を占められることによって、自らの進めたい方向にすすめやすくなった。 予算も投資やすくなった。 知事に対するチェック機能が働かないのではないか。』 というような批判的な意見。
     sm_emo_k.gif
でも、このような発言をしている人・メディアが自民党支持派だとしたらバカだなーって思います。
だって、、、
安倍首相1強の現在の国政は、まったくこの状況と同じですもんね。
これでは、思いとは逆に現在の国政を批判していることになるのではないでしょうかねー。
『メディアも、擁護するならするでもっとちゃんと論理的に筋の通った意見をしろ!』 って思いますよ。
こんな意見しちゃったら、現政権の状況にも言及しなきゃいけなくなるでしょ?
最近の評論家やメディアは、ホントにレベルが低くなった。。。
     senda_sorry_20131001085943415.gif
では、なぜ国政が自民圧勝になったときはこのような声(議席の過半数を占めるのはまずい)は聞こえてこなかったのに、東京都政で同じような状況になると批判するのか。。。
やはり、これが自民党と都民ファーストの違いなのでしょうか、それとも安倍首相と小池知事の違いなのでしょうかねぇ。
全国的には、まだまだ盲目的に自民党を信奉する勢力が多いのではないかとも思えます。
政治は自民!田中角栄 野球は巨人!長嶋茂雄 みたいな。。。  
あれっ...ちょっと違う??? 

何はともあれ、今回の結果で、少なくとも東京都においては大多数の人が 『自民党は支持していないけれど、かといって代わりに票を投じる政党がなかった。』 といった状況にあったこともわかったような気がします。
で、そのような状況の中に現れた新勢力『都民ファーストの会』へ、このような考えの人たちが票を投じられたということなのでしょう。 

今回の結果に批判的な方たちは、
『きっと国政で民主党が政権を握った時と同じようになる。』 とネガティブキャンペーンを張っているようですが、私個人としてはこの都議会に吹いた新しい風にとても期待しています。
まっ、そうはいっても私たちは横浜市民ですけどねー。 

===============================================
ということで、今後は ”共謀罪” にでも問われかねないこのような発言はここまでにして。
ここからはいつものスペイン旅行のお話に戻りましょう。
今回は、タラベラにあるプラド公園を出てからのお話になります。

写真はプラド庭園を出て街中を散策し始めたときの様子~。
『おっ! エル・コルテ(デパート)あるじゃん!』
00439 Talavera de la Reina

ってことで、早速そのエル・コルテへ。 
00438 El Corte Ingles

しばらく中を見た後、お手洗いを拝借。 ここは、いろいろと使えて便利です。
エル・コルテを出たらまたまた街を散策。
     くまねこあるき2

街のあちこちでこんな感じの陶の装飾が見つけられますよ。 (入り口上の装飾は画タイルです)
00440 Talavera de la Reina

そして、トリニダー広場へ到着。
ここ、街に来た時、最初に通過した場所なんですが全然覚えてないー。
あのときは、観光案内所を探して焦ってたからな~。
00453M Plaza Trinidad

広場にはお花もあってなかなか素敵な場所になってますね。
00447 Plaza Trinidad

広場の横にはちょっと雰囲気の違う建物が...
00442 Plaza Trinidad  illust1553_thumb.jpg

で、よくよくその建物をみてみると...
建物の中央部分には、このようなレリーフがありました。 これも陶でできてますよ。
00443 Plaza Trinidad

そして、その左側にもこのようなレリーフが。
00444 Plaza Trinidad
このトリニダー広場の建物は、現代のモダン・アート的な陶のレリーフがあるということで有名みたいです。

そしてこっちの建物も... 
と思ったのですが、こちらには何もありませんでしたー。
でも、なんかスペインらしい建物。
00446 Plaza Trinidad

これは、道路にあったマンホールみたいなもん?
街の紋章が描かれてます。
00454M Plaza Trinidad

ちなみに、駅舎の上にも色付きの紋章をみることができますよ。
牛二頭が描かれているのが特徴ですね。
00459 Estacion

さて、ここからは来た道を戻りながら帰ります。
こちらは、スペイン広場の交差点近くにあったモニュメントです。
00455 Talavera de la Reina
このモニュメントは、スペインでは有名な ”La Celestina” として知られている中世(1499年出版)の小説のモニュメントのようです。 
この小説の正式なタイトルは ”Tragicomedia de Calisto y Melibea:カリストとメリベアの悲喜劇” だそうです。 
作者は、フェルナンド・デ・ロハス
1475年にタラベラとトレドの間にある街 ”La Puebla de Montalban:プエブラ・デ・モンタルバン” という街に生まれ、後にタラベラに住むことになり、街の市長も務められたそうです。
きっとこの場所がその方に何か関係した場所なのでしょうね。 

こちらもちょっと気になった建物。
形が変わっていて興味深かったのですが、今は使われていないようです。
ちょっと廃墟みたいになってたー。
00456 Talavera de la Reina

そして、しばらくして駅にとうちゃーく!
00460 Estacion

駅に着いたら、列車の到着時間までまだしばらく時間があったので、中のカフェでちょっと休憩~。
帰りの切符は、マドリッドを出るときに買っておいたので心配ありません。
00466 Estacion

ここでは、アイスコーヒーを注文しました。
00468M Estacion

列車の時間が近づいてきたのでホームへ出ると、風が強く吹いていて小雨もパラパラ待っている状態。
遠くの方では雷も鳴ってます~。 kaminari_2.gif
マドリッドに帰り着くまでに雷に合わなきゃいいけどー。
00474M Estacion

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_06
30
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その8 プラド庭園)

Hola. 

今週は、ホントにジメジメした日が続いてますねー。
こんな時は、カラッとしたスペインの天気でもイメージしながら気分良く過ごしましょう!
     ker2i03.gif

ということで、今日は先日よからご紹介しているタラベラのプラド庭園について引き続きお届けします。
今回は庭園の随所に置かれているセラミカ(陶器)についてご紹介しますよ。

プラド庭園には、この時期 赤いお花がたくさん咲いていました。
ゼラニウムでもなさそうだし、ベゴニアでもなさそうですねー。
00412 Jardines del Prado

ホント緑が多くて手入れの行き届いたきれいな庭園です。
00426M Jardines del Prado00422M Jardines del Prado

こういう緑の道も良いですよね~。
00437 Jardines del Prado

庭園内にはこんな小さな池みたいのもあります。
こうやって見ると...なにか小さな遊園地にも見えなくもない。。。 でも遊園地ではありませんよ。
00400 Jardines del Prado

また、このような日本の東屋風の休憩場所がありました。
00410 Jardines del Prado

ここの建物の天井はすべて陶のタイルで装飾されてます!
なかなか美しいとは思いますが... 万が一落ちてきたらと思うと...
画タイルには、いろいろな楽器が描かれています。 
00411M Jardines del Prado

もちろん、ステップ部分もタイルできれいに装飾が施されてます。
00409M Jardines del Prado

こちらは、前回このブログで紹介した教会の絵が描かれたタイル。
煉瓦を積み上げて作られたところに装飾されてます。 ここでは、レンガを使った部分も多くみられます。
00413 Jardines del Prado

ちょっと地味ですが、石柱(レンガ柱?)に施されたタイル画。 一つ一つに、違った絵が細かに描かれてます。 
なんか素敵。 どこかに日本的なものも感じます。
00414 Jardines del Prado

庭園内にあった噴水です。
一部の煉瓦部分を除いて、ほとんどが陶器で作られてます!
もちろん、中央にある水の吹き出す部分も陶製。 地味なですけどキレイですよ。 すばらし!
00415 Jardines del Prado

こちらは園内の別の場所にあった水飲み場。 
これまた陶器で凝った装飾がしてあります。
ここでは、中の流し場にワンちゃんが入って水遊びしてました。
00420 Jardines del Prado

こうやって見ると、さすがにこの街が陶器の街って感じますね。
今回、街の陶器博物館には入れませんでしたが、ここを見られただけでも良かったです。
タラベラに来たらこのプラド庭園も是非ご覧になってくださいね。
00416 Jardines del Prado

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
28
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その7 プラド庭園:タイル装飾の教会)

Hola.  

ここのところ天気も良くなくて、本格的に梅雨に入った感じがしますね。
こういう天気だと体調も崩しがち。。。
も調子のよくない日々が続いています。 なんとか天気も調子も上がってきて欲しいのですが。。。
皆さんはいかがでしょうか?

さて、今日は前回に引き続いてタラベラのプラド庭園(Jardines del Prado)の中の様子をお届けします。
先のご紹介した闘牛場のまわりを進んでいくと、その先に教会が見えてきます。
00365M Plaza de Toros

近くへ行ってみると、この教会は下写真のようになっていました。
名前は、 ”バシリカ・ヌエストラ・セニョーラ・デル・プラド”(プラド聖母教会) といいます。
この教会、他の教会とはちょっと違って、正面にテラスのようなものが取り付けられたつくりになっていますよ。
00371 Basilica Nuestra Senora del Prado

横から見てみるとこんな感じ。
00374 Basilica Nuestra Senora del Prado

では、このテラス部分に入ってみましょう!
ここは、ブルー、グリーン、イエローを基調とした色で描かれた画タイルで装飾してありますね。
00389 Basilica Nuestra Senora del Prado

正面からみて一番右手に描かれていたのはこれ。 たぶん、アダムとイブの絵でしょうかね。
00390 Basilica Nuestra Senora del Prado

あとは、キリストにかかわる物語などが描かれていると思われます。
右手から左手に向かうにつれ、時代が進んでいくように描かれています。
00391 Basilica Nuestra Senora del Prado

で、こちらが正面入り口。
やっぱり、ここも今日は中に入れないようです。残念。
00392 Basilica Nuestra Senora del Prado

こちらは、正面向かって左手にある画タイル。 こちら側にはたくさんの人物が描かれております。
みなさん聖人なのでしょうかね。
00393 Basilica Nuestra Senora del Prado

教会周辺にある壁にもこのような装飾がしてありまーす。
00386M Basilica Nuestra Senora del Prado

ここは庭園というだけあって、なかなかきれいに手入れがしてあります。
緑もたくさんあって落ち着きますね。
00366M Parque de la Alameda

次回は、この庭園をもうちょっとご紹介。 たくさんある陶製の装飾を中心に皆さんにお届けします。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
26
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その6 プラド庭園:闘牛場 La Caprichosa)

? Todo bien ? 

先日のリーガ2部の昇格試合、柴崎選手所属のテネリフェは惜しかったですねー。
あと1点届かず! 残念。。。
     pan006
ただ、たとえ昇格できたとしても、あの様子ではプリメーラで戦い抜くのはちょっと厳しかったかもしれないですね。
また1年努力してチーム力をアップさせたほうが良いように思います。

それに引き換え...
日本の天皇杯では、ジャイアントキリングとか言って、J1のチームが大学生のチームに負けるという大失態をおかすという。。。なんとも情けない状態ですね~。 もうあきれちゃいます。
     pan003
『Jのチームも主力選手を落としてのぞんでいるから。』 とか、
『サッカーってそういうもの。何が起こるかわからない。』 っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、それは言い訳。
だって... プロなんだもん
お金をもらってサッカーをしているプロの人たちが、学生に負けるなんて有り得ない! 『ほんとにプロ?』
お金もらってるサッカーしてる意味が分かんない...  こりゃ負けたチームの選手・監督の年俸は減額だな。

それにある意味Jリーグのレベルは低いって露呈しちゃった感もありますね-。
海外の選手からは 『Jの練習はぬるい。 練習のための練習をしているようだ。(本気で練習してない)』 って言われているようですし。
やっぱりチーム数が多すぎるんじゃないかなー。 サッカー選手もしのぎを削ってレギュラーを勝ち取るって意識が低くなっちゃうんじゃないですかね。 
このままだと、Jリーグにいても選手の技術は上がらないでしょうから、有望な選手は早く海外に出た方が良いですよ。
Jリーグが世界のトップリーグの一つになるのは、まだまだ遠そうですからね。 夢のまた夢ですよ。
     pan005

さて、サッカーに関するお話はここまでにして...
いつものように、スペイン旅のお話に戻ります。
今回は、タラベラの街で軽くお昼ごはんをいただいてから、街の闘牛場あたりを散策した様子をお届けしますね。

タラベラの街を散策してそろそろお昼ごはんという時間になったのですが... あまり食べ物屋さんが見当たらない。
で、パッと目についたプラド庭園の入り口にある ”La Manuela” というお店に入ることにしました。
00330 Restaurante

レストランとして利用できるようなテーブル席もあったのですが、ここではカウンターで軽く食べるということにしましたよ。
だって...本格的に食べるって場所でもなさそうでしたしねー。
00334M Restaurante

この日も暑かったのでまずビールでのどを潤します~。
冷たく冷えてて絶品です~。
00332M Restaurante

猫さんはアルコールをやめてお水です。 
00333M Restaurante

で、オーダーした食べ物は、ボカディージョ。 スペイン版サンドイッチですね。
一つは、生ハムのボカディージョ。 
これは、どこでも安定した美味しさです。
00339M Restaurante

続いては、イカリングフライのボカディージョ
これはまあ普通のお味。 ただ、こちらはお店によって美味しさのレベルに差が出ます。
美味しいお店のイカリングフライは、ほんとにふわっふわで美味しいんですよ!
00341M Restaurante

さてさて。
このあたりは街の中でも特に公園などが集中していて緑の多い場所です。 (田舎なので街の外には緑がたくさんありますが...)
カリニョ公園、アラメダ公園、プラド庭園の3つがありますよ。
parque de Talavera

なかでも庭園というだけあって、プラド庭園はきれいに手入れされていて、園内にいくつか見どころがあるんです。
なので、たちもそちらを回ることにしました。
00345 Parque de la Alameda くまねこあるき

庭園の中に、ペタンカ(ペタンク)の競技場を発見! 
こんなところでも流行っているんですねー。
00347 Parque de la Alameda

庭園の中へと歩を進めていくと、次は ”闘牛場” が見えてきました。
入り口上には ”La Siesta”(シエスタ=お昼寝) って名前が書いてがありますね。 
00351 Plaza de Toros

まだシーズンじゃないみたいです。
ちなみに、チケットを買う窓口(タキージャ)はここ。 日陰席か日向席かって感じで席料が決まっているらしい。(聞いた話)
私たちも、まだ闘牛は見たことないんですよね~。
00355 Plaza de Toros

まだまだ散策は続きますが、今日のところはこの辺で。
00360M Plaza de Toros

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
23
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その5 アラブの城壁)

Hola. 

今日は暑くなりそうですねー。
熱中症にならないようにしながら仕事を頑張らないとですいけないですね。

さて、今日もスペインタラベラの街の散策の様子をお届けします。

前回に引き続き、きれいな花の咲く通り(カリニョ通り)を歩いていきます。
ここから、右手にはカリニョ公園が広がっていますよ。
00297M Talavera de la Reina くまねこあるき

しばらく歩いていくと、突然大きな城壁が現れました~。Munc.gif
00300 Murallas

思いのほか大きいですねー。
00301 Murallas

で、この城壁を眺めていると、名前が示してあるタイルを発見!
アラブ様式の城壁で、10世紀に作られたようですねー。
00302 Murallas muralla 50p

城壁沿いに歩いていき、次の角を曲がると、その先には城門が見えましたよ。
00306 Murallas

近づいてみると結構大きくて、しかも結構しっかりとした状態で残されてます。
この門の奥にもまた別の城門がありますね。
00310 Murallas

こちらは先ほどのものよりちょっと小ぶりです。 でも、大したものです!
00316 Murallas

さらに、城壁からちょっと離れてこんな石の門もあります。
こちらは...ちょっと新しいのかなぁ~。
00308 Murallas

この城壁に沿って歩いていき、途中からサンタ・レオカディア広場へと入ります。
この広場には、こんな感じの陶製のオブジェがあります。
00329 Talavera de la Reina panda_kya.gif

そして、こんな感じのも。
なんか徐々に ”陶器の街” って感じがしてきましたね。
00330 Talavera de la Reina

ということで、ここまでの散策ルートです。
mapa de Talavera 03

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
21
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その4 タホ川)

? Todo bien ? 

今日は、タホ川の河畔の道を散策した時の様子をお届けします。
このタホ川、 スペインでは ”タホ川” ですが、ポルトガルでは ”テージョ川” と呼ばれます。
スペルはどちらも ”Tajo” 。
その始まりは遠くクエンカ、テルエル周辺で、アランフェス、トレド、タラベラと流れ、最後はポルトガルのリスボンで大西洋へと流れ込みます。
これはイベリア半島で一番長い川だそうですよ。
 
ということで、今回はそのタホ川沿いを散策~。くまねこあるき
赤く見える橋は レイナ・ソフィア橋です。
00266 Talavera de la Reina

川沿いの通り(カリニョ通り)をしばらく歩いていくと、ポツポツと陶製のタイルを売るお店がありました。
00268M Talavera de la Reina

こちらのウィンドウには、今風のちょっとポップなタイルもありましたよ。
00269M Talavera de la Reina

そして、さらに歩いていくと...
きれいなタイル画の壁が現れました!
00271 Talavera de la Reina

タイル画には、魚を捕っている人たちの姿がデザインされています。
00274M Talavera de la Reina

こちらも魚を捕っている人たちの図柄。
この街は、昔は川の魚を捕って暮らしていたんでしょうか?
00275M Talavera de la Reina

そして、このタイル画の壁がある場所には、この地域の ”民族博物館:museo etnografico” がありますよ。 →HPはここ
00278 Talavera de la Reina

ここにはこんな感じの場所があります。
ここには、入り口はないみたい。。。
広場の向こうに見える建物は、サンタ・カタリーナ教会です。
00276 Talavera de la Reina

この広場お隣には、ツーリスト・インフォメーションがありますよ。
なので、ここで街の情報を入手しましょう!

受付には、係の女性の方がいましたので、早速街の地図をもらって主な観光名所などを聞いてみました。
すると...
『あなたたちいつまでこの街にいるの?』
『今日、マドリッドへ戻ります。』
『そしたら、これからあなたたちが観られる観光場所は...    無いわ!!!
『え~っ!!! あはは~っ!』neko tanoshii

係のお姉さんも陽気な人でしたから、明るくそう言われちゃうとみんなで大笑いするしかなかった!
だって、もうどうしよう無いですからね~。
たぶん、この日が月曜日だったのもいけなかったんでしょう。 月曜日はお休みのところが多いですから。

『どちらからいらしたんですか?』
『日本からです。』
『そうでしたか。残念です。 また今度来てくださいね。』って。

で、とりあえず地図を見ながら、街の観光名所を教えていただきました。(下の地図をご参照ください)
0002_20170613221108233.jpg

ツーリスト・インフォメーションでいろいろ聞いた後は、目の前のタホ川に架かる橋に行ってみました。
石積みと煉瓦でできた橋で、 ”ロマノ橋” と呼ばれています。
00280 Talavera de la Reina

この橋を歩いていき、途中で街の方を振り返ってみるとこんな感じに見えます。
サンタ・カタリーナ教会が素敵に見えますね~。
00282 Talavera de la Reina

こちらが、タラベラのタホ川の流れです。
00283 Talavera de la Reina

この先は、きれいな花の咲くカリニョ通りをしばらく歩いていきます。
00293 Talavera de la Reina
     くまねこあるき2

この先の様子は、また次回ということで。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
19
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その3 パン広場)

! Hola a todos ! 

今朝は朗報が一つ。
スペインのリーガ2部のテネリフェで頑張っている柴崎岳選手が、カディスとの昇格プレーオフの2nd leg.で値千金のゴールを決め、次のヘタフェとのプレーオフ決勝へとコマを進めることができました!!!
     jpn_winner.gif
それにしても難しい試合でしたね~。
正直なところ、カディスが勝利してもおかしくない状況でしたよ。
1st legを0-1で落としていましたから、このホームの戦いで1点でも失うとまずい状況。 そんな中、なんとか最後まで1-0で持ちこたえることができたのは素晴らしかったです。 

ただ...チームの課題は多そうですね~。 
相手左サイドからの攻撃にかなりやられている感がありましたし、攻撃の連動性に関してもう~ん...といった感じです。
次のプレーオフ決勝の相手は難敵”ヘタフェ”。 
あのホルヘ・モリーナが攻撃陣をけん引する試合巧者のチームですから、相当頑張らないと難しいでしょうねぇ。
とはいえ、常に何が起こるかわからないのがサッカー!
次も柴崎選手の頑張りとチーム勝利を期待しましょう!!!
  

さて、ここからはいつものスペイン旅のお話になりまーす。
引き続きタラベラ・デ・ラ・レイナの街の散策の様子です。

街を散策しながら見えた大きな教会を目指して歩いていくと、、、、
その先にはちょっとした広場がありました~。
ここは、 ”パン広場” と呼ばれているところで、街の観光の中心みたいに感じられました。
00242 Talavera de la Reina

この広場には上の写真ような噴水があって、ところどころに陶器で作られた箇所があります。
こちらは吐水部分なんですが、人の顔をモチーフにカラフルな色合いで作られています。
00243 Talavera de la Reina

ここに来ると、さすが陶器の街と感じられるように、あちらこちらに陶器で装飾が施してあります。
こちらは、ポルトガルのアズレージョを感じさせるような ブルーを基調とした陶器で装飾されたベンチです。
※ちなみに、アズレージョは装飾タイルのことを指すそうです。
00241 Talavera de la Reina

こちらの花壇も、ブルーを基調としたタイルで装飾されています。
00245 Talavera de la Reina

こちらのベンチは、先ほどのベンチとは違ってカラフルな色合いでつくられたタイルで装飾してありますねー。
描かれている絵は、どんな場面なんでしょうか?
00244 Talavera de la Reina

さて、次はこのパン広場に私たちを導いてくれた大きな教会です。
この教会は、 ”サンタ・マリア・ラ・マヨール教区教会” と呼ばれています。
00257 Talavera de la Reina

もうちょっと近くによって見ると、その堂々とした作りを感じることができますね。
00254 Talavera de la Reina

正面入り口上には、透かし彫りのような装飾が施してあります。
中から見たらどんな風に見えるんだろ。 
でも、この時(この日?)は... 中には入れなかったんですー。
00260M Talavera de la Reina

ということで、せっかくの場所も見学できず...そのまま先に進んでいくことにしました。
すると、パン広場の先にはロータリー(交差点)があり、この先は街外れといった雰囲気です。
00264 Talavera de la Reina

ここには、川が流れていて、赤い橋が掛けられています。
この川は ”タホ川” 。 あのトレドのまわりを流れているのと同じ川ですよ。
ですので、この川をどんどん遡っていくと、トレドの街に着いちゃうってわけです。
00265 Talavera de la Reina

...懐かしいトレドの街...最近訪れてないなぁ~。
0594 Toledo

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
14
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その2)

Hola amigos. 

昨日の日本代表戦。 heading_20110330224426.gif
最低限の結果を出してくれたとはいえ...引き分けは惜しかったですね~
あのまま1-0で勝てれば...。
     pan006
でも、そうはいってられません!
負けたわけではありませんし、次に向けてまた立ち上がらなければ!!!
次のオーストラリア戦に勝てばW杯出場が決まります。
超難敵ですが、ホームでの対戦ですので、是が非でも勝利してW杯出場を決めてもらいたいものですね。
頑張れ~!
     japan_flag_wave_20130909095426c96.gif

さて、ここからはいつものスペイン旅のお話。
本日も、タラベラ・デ・ラ・レイナの街の散策の様子をお届けします。

カフェでいろいろ調査した結果、街に”陶器博物館”があるのを発見!
まずはそちらを目指していくことにしましたよ。
で、歩いていくと ”カジノ” の建物がありました。
カジノとはいっても日本などのそれとは違い、会員制のクラブみたいなものらしいです。
『Centro de amigos』 って書いてありますね。

00221 Casino de Talavera

ここから少し細い道に入っていくと、教会のような建物が現れました。
ここは、”Convento de San Bernardo:サン・ベルナルド修道院” と呼ばれているものです。 
残念ながら扉は閉ざされていました。 中には入れないようです。
00222 Convento de San Bernardo Talavera

そして、さらに進んでいくと、また別の教会が見えてきました。 
こちらは、 ”Iglesia San Agustin El Viejo:旧サン・アグスティン教会” です。 こちらも中には入れないようです。 残念。。。
00227 Liceo de San Agustin Talavera

で、その建物の続きに...
目的の ”陶器博物館” がありました~。
ここは、”Ceramics Museum Ruiz de Luna:ルイス・デ・ルナ陶器博物館” といいます。
00232 Museo de ceramica

ドアが開いてたので入ろうと思ったのですが...
この日は休刊日だってー。 掃除のおばちゃんが出てきてそう言ってた。。。 
う~ん、残念。 ここまで来て入れないとは。。。
※ご注意ください! 月曜日は休館日です!
 会館日時は、ここを参考にしてください。
     shakaijin_OL3.gif

さて、ここからはどこに行くか決めてなかったので、何か目につくものを目指して歩くことにしました。
...と、すぐに大きな教会らしき建物を発見!
大きさから言って 『これは街一番の教会に違いない!』 ということで、さっそくこれを目指して進んでいくことにしましたよ。
00233 Iglesia de Santa Catalina Talavera くまねこあるき

ここから先は、道が細くて入り組んでいたので、教会まで行くのに手間取ってしまいました。
00236 Talavera de la Reina

でも、ようやく教会のそばまでたどり着きましたよ~。
大きな鐘楼もありますね。
00239 Talavera de la Reina illust1553_thumb.jpg

ということで、この先の様子はまた次回!

では。
23 ミニミニてあげくまもん
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
12
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その1)

Hola. 

今日からは、いよいよタラベラの街のご紹介です!
ということで、早速タラベラ駅から街中へと散策に出発~! くまねこあるき
00200 Talavera de la Reina

駅前には、こんな感じにおしゃれ風にした家もあるのですが... 
曇っているというのもあってか、あまりオシャレさを感じないんですねー。
00202 Talavera de la Reina

一般的な観光地だと、駅を降りるとほとんどの人が街の中心部(繁華街)方向へと歩いていくのですが...
ここは観光地ではない?のか、あまり人通りがないですね。

駅近くのロータリーでもこんな感じ。。。  
ちょっと寂れた雰囲気を感じます。 大丈夫かな~。
しかもここ...かなり車が通るのに信号機がないんですよ! 人も車もお互いに注意しながら渡るっていう。。。
あぶねー。
けど...意外にこういう方が事故が少なかったりして。
00204 Talavera de la Reina

さて、ここからどちらの方角に行ったらよいのかわからないので、とりあえず真っすぐ進んでみましょう。(エスタシオン通り
この先は、もう勘を頼りに進んでいきます。
     くまねこあるき2
しばらく歩いていくと、おおきなロータリーに出ました。
さらに、それを超えてまっすぐ進むと...(トリニダー通り
すぐに、お店のウインドウに街の地図を発見!!!
00205 Talavera de la Reina
でも、ここは不動産屋さんなので... 地図を見てもよくわからないですね。 
でも、とりあえず街の概要はわかるので、後々のために写真だけ撮っておきました。

ここで私たちがウインドウの地図を見ながらあれこれ相談していると...
一人のおじいちゃんが話しかけてきました。
あまりしゃきっとした感じじゃないおじいちゃん。
たぶん、私たちが道に迷っているのではないかと心配して声をかけてくれたのではないかと思うのですが...
正直、何を話しているのかわかりません。
 lefton_c_right.gif
とりあえず、『ツーリスト・オフィスに行きたいんですけど、どういったらいいですか?』 って聞いてみたんですけどねー。
それでも、おじいちゃんからの答えはわかりませんでした。
場所を知ってるのか知らないのか、、、
もう心配して声をかけてくれたのかどうか、それすらもわからん!
ちなみに、ときどき見かける 『お金をせびりに来る人』 ではありませんよ。

で、適当におじいちゃんの話に区切りがついたところで、『ありがとうございました。』 と言って別れましたよ。
こういうおじいちゃん、スペインでは結構出会います。
大体のお話は参考にはならないですが... それでも、こうやって話しかけてくるおじいちゃん。 案外、私は嫌いじゃないですよー。

さて、気を取り直して再び出発!
引き続き真っすぐトリニダー通りを進んでいきますよ。
     くまねこあるき
すると、少しずつ通りに人も多くなってきて、それらしい教会も見えてきました。
ちなみに、この鐘楼のある教会は、サンフランシスコ教会というらしいです。
00206 Iglesia de San Francisco Talavera

さらにすすんでいくと、ようやく観光地らしい雰囲気の広場に出てきましたよ。
ここは、 ”Plaza del Reloj:時計広場” と呼ばれている場所です。
写真奥に見える城壁のような建築物は、礼拝堂のある建物です。
00211M Talavera de la Reina

この広場が ”Plaza del Reloj:時計広場” と呼ばれているのですから、もちろんすごく大きな時計台でもあるのかと思いきや... 
まあ、ビルの上にあるにはあるけど... そう大層なものでもない。(下画像参照)
タラベラの時計台 ※Googleさんから
よく見るとこの広場周辺には、 時計・宝飾品のお店が結構ありますので、それからこの広場の名前がつけられたんじゃないかと思います。 あくまでの予想ですので、真実かどうかは定かではありません。

ということで、まずは近くのカフェに入り、そこで街の地図をネット検索したりしながら、今後の予定をたてることにしました。
この時に入ったお店は、 ”Cafe Nueva Espana(新スペイン・カフェ?)” といいます。
00212 Talavera de la Reina ←Cafe Nueva Espana

ここまで歩いてくるうち、天気も少しずつ良くなってきたので、お店の外のテラス席で過ごすことにしましたよ。
天気が良いときは、外ののんびり過ごすのも良いですもんね。
00213M Talavera de la Reina

で、ここでしばらく地図を検討したり、おトイレを借りたりしてのんびり過ごします。
で、大体そのあと目指す場所が決まったところで、また散策の開始です!
まずは、広場近くにある ”古そうな礼拝堂” を見に行ってみることにしました。
この礼拝堂は、正式には ”Capilla del Cristo de los mercaderes”(※商人たちのキリスト礼拝堂) と呼ばれています。
00215 Talavera de la Reina

キリストの礼拝堂というだけあって、中を覗き込むとキリストさんの像がすぐに目に入ります。
ちなみに、残念ながら中には入れませんでした~。
00219M Talavera de la Reina

この礼拝堂が、城壁みたいな形をしているのは... 以前はここが城壁として使われていたからです。 
その城壁の中にある塔(アルバランの塔) の一つを改装し、礼拝堂としたらしいですよ。 
で、その建立のためのお金を出したのが商人たち(mercaderes)なので、ここが ”商人たちのキリスト礼拝堂” と呼ばれているそうです。
 
こちらは、礼拝堂の外にある画。 たぶん自らの十字架を担いでゴルゴダの丘を登っていくキリストの姿を描いたものでしょう。
00220M Talavera de la Reina

ということで、今日はここまで。
今回の散策ルートはこんな感じでーす。
Mapa de la Talavera 01

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
09
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (陶器の街 ”タラベラ.デ.ラ.レイナ” へ!)

! Hola amigos ! 

”2016 スペイン・バスクの旅” でのマドリッドの二日目の様子です。
この日は、予備日で考えてたんですけど、猫さんの提案もあり、マドリッド近郊にある街を訪れてみることにしました。
その街は... ”talavera de la reina:タラベラ・デ・ラ・レイナ” という街です。
この街で有名なのは陶器! ”タラベラ焼” として国際的にも知名度が高いです。
(タラベラ焼きはメキシコにもあります。 でも、本家はこちらです。)

ってことで、まずはホテルで朝食をとって出かける準備です!
今回もガッツリ朝食ですね。 
この日は、ライス(写真右)も食べてみましたよ。
00150M Hotel Puerta de Toledo 00151M Hotel Puerta de Toledo
それから、何度もお伝えしてるかもしれませんが...
ここ最近のマイブームは、パン・コン・トマテ風のパンと、プレーン・ヨーグルト&はちみつの組み合わせです。
ヨーグルトは、味付きのものを選ぶより、このようにはちみつで食べる方がおススメです。
味付きのは、自然な味じゃなかったりするものも時々あるので。。。
それに...クマですからね~。 
好物なんです。
00153M Hotel Puerta de Toledo 00152M Hotel Puerta de Toledo

さて。
今回訪れた ”タラベラ・デ・ラ・レイナ” という街の場所は、マドリッドの西120kmぐらいのところにあるんです。
列車(中距離線:MD)で1時間ちょいぐらいかかりましたでしょうか。

街の名産は、先ほどもお伝えしました通り ”セラミカ:陶器” です。 
ここの陶器(タイル)は、宮殿、教会などにも使われることも多く、マドリッドのラス・デスカルサス レアレス修道院、それからフェリペ2世の建てたエル・エスコリアル修道院にも使われているそうですよ。 
Hasta la Talavera

ということで、早速ホテルを出発!
まずは、タラベラ行きのMDが出発するアトーチャ駅へと向かいます。
いつもですと、ここからは地下鉄5号線と1号線を使っていくところなんですが... 
この時は地下鉄1号線が工事中でお休み。
このため、1号線を使わなければ行けないところはバスで振り替え輸送を行っていました。
でもバスって... 旅行者にはちょっと面倒。

ってことで、今回はトレド門からちょっと離れた(400mほど)ところにあるセルカニアス(近郊線)のピラミデス駅まで歩いていき、そこからアトーチャ駅に向かうことにしました~。
    くまねこあるき2
ここは地下鉄5号線も通っているので、これに一駅乗って来るのも良いのですが... 
天気の良い朝でしたし、400mほどの下り坂ですので、のんびり歩いて行くことにしたんです。
位置関係はこんな感じでになってますよ。
ピラミデスまで。

歩き始めて10分程でしょうか... 無事にピラミデス駅に到着でーす。
朝の気分を味わいながら歩けて、とても気持ちが良かったですよ。

さて、ここからはセルカニアスに乗ってアトーチャ駅へ向かいます。
ちょっと気になるのは、地下鉄と違って列車の本数がどうかということ。
でも、チェックするとそれなりに本数もあってなかなか便利そうです。
ただ、私たちが利用したので朝(通勤時間?)でしたので、昼間の時間はどのくらいの本数があるのか。。。
時間が気になる方は、ネットでチェックしてからの方が良いかもしれないですね。

そして、セルカニアスに乗りアトーチャ駅に到着です。
アトーチャ駅からは、タラベラまで別の路線になるので、ここではいったん改札を出ます。
改札を出たら、まずはタラベラまでの切符の購入です。

しかし、このタラベラまでの切符の購入... ちょっと面倒でした。
切符の購入は大体券売機でできるのですが、どこもセルカニアス用の券売機ばかりで、中距離線の券売機はない。。。
で、近くの窓口に行ってみようと思ったのですが、ここも長蛇の列~。 
しかも、ここでちゃんとタラベラまでの切符が買えるかどうかの保証はありません。

周りの人にあれこれ聞いて回ってみたんですが、みんなあまり知らないんですよね~。 
で、ようやく係員風の方に尋ねたら、どうやら 『他の窓口に行かないとダメですよ。』 とのこと。 
そしてその窓口の場所も教えてもらいました。 (つたない語学力でも何とか理解できました。。。)
その場所は1階で、植物園の方向から見て右手にあります。
多分...このあたり(下の絵の赤丸部分)だったと思います。 JRの”みどりの窓口”風になっていますよ。
切符購入窓口 senda_fumufumu_20110215192657.gif

この窓口に到着したら、まずは順番待ちの札(レシート)とって自分の順番が来るまで待ちます。
日本の銀行や役所と同じように、窓口に呼ばれている人の番号はディスプレイに表示されていますので、それを見ながら自分の順番が来るのを待ちます。
で、実際に自分のとった番号札とディスプレイに表示された番号を比べて見ると...
   Gaan.gif
え~~~~~っ! ってほど遠い。。。
待ち時間を予想すると、少なくとも1時間... いや、下手をすると2時間ぐらいは待ちそうな予感。
     pan006
もう、超ガッカリしていたのですが...

なんと! これを回避する方法がありました!!!
猫さんがあちこち歩いて発見したのですが、この窓口の出入り口付近にMD(中距離線)用の券売機があったんです!!!
     pan015
カードしか使えない(現金不可)という制限はありましたが、なんとかこれでタラベラ行きのチケットをゲットすることができました~。 
ヤッホ~イ♪

ってことで、無事に切符を購入したら、中距離線の乗り場へGO!!! 
ただ、アトーチャ駅の難しいところは、AVE、セルカニアス、MD(中距離線)はそれぞれ入り口も列車の乗り場も別々になっているというところ。 いったん改札を入ってからそれぞれの列車の場所へ行くということはありません。
特に、MDの乗り口は構内の一番地味~~~なところにあるので要注意です!

その乗り場は、確か... 
先ほどの切符購入窓口のすぐ奥側にあったように思います。
入り口にはゲートがあって、係員に切符を見せてチェックを受けるようになっていますよ。

で、そこを通過して歩いていくと、しばらくして待合所のようなところが現れます。
AVE(スペイン高速)の待合所にもこのような場所がありますよ。
ただ...こちらはそれと違ってベンチや乗車表示はあるものの、カフェやお土産屋さんなどのショップは一切ありません
ただ、発着ディスプレイを見ながら乗り予定の列車の到着を待つだけです。
00156 Estacion de Madrid Atocha

ということで、ここしばらく待っていると列車が到着しました~。
00157 Estacion de Madrid Atocha

到着したら、自分の乗る車両番号を確認してその場所へと移動します。
毎度おなじみのMDの車内はこんな感じになってまーす。
00160M RENFE MD

車内では、到着まで飲み物とお菓子で楽しみます。
00162M RENFE MD

こちらは、発車した直後の車窓から見える風景。
西側へ向かう列車に乗るのは、以前カセレスに行ったとき以来です~。
00163M RENFE MD 00164M RENFE MD

で、しばらく乗っていると、目的のタラベラの駅に到着しました。
... 結構渋い感じの駅。
セラミカ(陶器)で有名な土地なので、もっと駅が華やかに陶器で飾られているかと思ってた。。。 予想外。 
00200 Talavera de la Reina

到着したのは良いのですか...
突然思いたって来ちゃったので、予備知識がほとんどなし。
さて、どっちに向かったらよいのか...皆目見当がつきません。
普通、駅やその周辺に街の地図とかあるもんなんですけどね~。 残念ながらここにはないみたい。
     がっくり
ならば、まずは賑やかそうな方に向かって歩きながら、どこかに地図みたいなものがないか探してみます。
(※にぎやかな通り広場などの近くには、地図があったりするんですよ。)
もしもそれすらないようであれば...
バルにでも入って、休憩しながらネットで検索してみることにします。

その街の散策の様子は、また次回からお届けしますね!
お楽しみにー。

では!
! Hasta la proxima lunes !
23 ミニミニてあげくまもん
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ