2017_04
07
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その9:またね!サンルーカル!)

Hola a todos.  

今日からは、サンルーカルからセビージャまでの帰りのお話になります。

サンルーカルの河畔でお昼ご飯をいただき、おなかも心も満たされたら、あとはバスターミナルまでの帰途につきます。
それにしても...素敵だったなぁ~、この景色。
3057 Sanlucar

バスターミナルまで歩いて戻ります。
途中、ブーゲンビリアが素敵に咲いていました。
3075 Sanlucar

こちらも一般のご家庭の中庭なんでしょうねぇ。。。
お花も素敵に咲いているし、きれいに整えられてますね。
3078 Sanlucar-M

と、もうすぐバスターミナルというところまで戻ってきました。
ただ、セビージャ行きのバスの時間まで少々あるので、少し手前のバルでお茶休憩をします。
お店は ”Bar TRES 60” というところ。
エンジ色の日よけが目印です。

こちらは、店内のバルカウンターのようす。
3087 Bar Tres-60-M

子お店は食事もやっているようです。  アイスコーナーもありますよ。
3085 Bar Tres-60-M

ということで、私たちはアイスとコーラをいただくことにしました~。
3081 Bar Tres-60-M

バスの時間が近づいてきたので、そろそろお店を出てバスターミナルへと向かいます。
こちらはその途中、カルサダ・ドゥケサ・イサベル通りから見えるグアダルキビール側の様子です。
噴水の向こうに見えるのが川です。
3091 Av Calzada Duquesa Isabel

街のあちこちで見かけたマンサニージャの樽。
3094 Av de Guzman el Bueno

そうして、バスターミナルへと到着です。
3095 Estacion de autobuses de Sanlucar

バスターミナルへ到着すると、しばらくしてバスがやってきました。
バスの始発はここではないようです。 隣町の ”チピオナ(Chipiona)” ってところかもしれません。

そして、セビージャまでの帰りの切符。 いつものこんなレシートみたいな感じのもの。
例によってバスの運転手さんから購入します。
billete de Sanlucar a Sevilla

ということで、セビージャに向けてバスが出発しま~す!
hatobasu-ani01.gif

今回のサンルーカルの街の散策ルートです。
なかなか楽しかったですよ~。 
地元の人も親切ですし、街の雰囲気ものんびりしていて。 
時には大きな街を離れて、こういった自然豊かな田舎街をのんびり散策すると、より一層癒されます。
mapa de サンルーカル 06


では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_04
05
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その8:パコ・セクンディーノ)

Hola amigos.  

今回は、サンルーカルでのお昼ごはんの様子をお届けします。

街中の観光をした後、お昼ご飯を食べに移動します。
事前にいくつかお店の候補を考えていたのですが、先日の ”Casa Balbino” がお休みでしたので、河畔にあるレストラン街を目指して歩いていくことにしました。  目指しているお店は、 ”Casa Bigote” です。

途中の交差点に、船がオブジェみたいな感じで置かれていました。
家のリビングか書斎にでもインテリアとして飾られていそうな船ですねー。
2973 Sanlucar

河畔のレストラン街が近づいてくると、ちっちゃな教会のある広場が見えてきます。
この教会は、"Capilla del Carmen de Bajo de Guia" というそうです。
2994 Sanlucar-M

さて、ようやく河畔に到着です。
どうですこれ! すごい景色でしょう!?
広々としていて、解放された気分になりますよね~。
3057 Sanlucar

ここはセビージャの街中を流れているグアダルキビール川が大西洋に流れ込む河口に位置しています。  
対岸は、ヨーロッパ最大級の自然保護区 ”ドニャーナ国立公園” です。
写真は、川を渡るための ”渡し船” です。
2990 Sanlucar

猫ちゃんもこの雄大な景色を堪能しているのでしょうか?
3009 Sanlucar

さて、ようやく河畔のレストラン街へとやってまいりました。
こんな感じで何軒か(10件弱?)のお店が並んでいます。
3031 Paco Secundino

お店の前にはこんな感じで川が流れています。
3004 Sanlucar

私たちもこのあたりをお店を検討しながら歩いてみました。
シーズンではないのか、お客さんはまばらな感じ...。 
なので、客引きも結構あります。
で、先ほど書いた通り、当初は”Casa Bigote” というお店を目指してきたのですが... 
結局、入ったのはこの ”Paco Secundino” というお店になりました。
3030 Paco Secundino

テラス席には、テーブルの上にいろいろのせて洒落た感じにしようとしているようですが... 
残念ながらあまりそんな感じには見えない~。
3033 Paco Secundino

オーダーは、上の写真にあるセット物でもよかったのですが... せっかくなので単品でお願いすることにしました。
で、まずは飲み物としてビールと名物のマンサニージャをお願いしました。 
おつまみはもちろんオリーブ。
3013 Paco Secundino-M 3015 Paco Secundino-M

このお店は、こんな感じでマンサニージャの樽?をテーブル代わりにして、川の景色を眺めながら食事をすることができるようになっています。
なので、ゆったりのんびりした気分が味わえます。
3020 Paco Secundino-M

川の上流方向の景色はこんな感じです。
遠くに建物が密集して見えているところは、ボナンサ(Bonanza)という街です。
3037 Sanlucar

そして、しばらくしてオーダーしたエビが運ばれてきました~。
朝の市場でもたくさんのエビが売られていたのを覚えていますか? 
そう、ここはエビが新鮮で美味しいって評判の街なんですよー。 なので、多少高くても絶対にエビは食べなきゃね!
写真は、塩焼きのエビです。
3027 Paco Secundino-M

で、もう一品。
こちらは茹でたエビです。
エビもいろいろ種類と量(グラム)を選んでオーダーできるようになっていましたが、よくわからないのでおじちゃんのおススメでこの二つをお願いしました。
お味の方はというと、エビの新鮮さを活かすように ”焼き過ぎず茹で過ぎず” 半生ぐらいの絶妙な調理がしてあるので、エビの風味を十分味わえて非常に美味しいです!!!
やはり産地ならではの味わいですねー。 ここに来たら絶対食べることをお勧めしますよ。
3026 Paco Secundino-M

食事をしながら川を眺めていると、こんな感じで大小の船が川をいきかいます。
一番奥の船は観光船でしょう。
で、その一つ手前の船首に何か網のようなものを取り付けてある船があるでしょう?
あれがこの辺でエビをとるための船みたいですよ。
3042 Sanlucar

しばらくすると、連絡船(渡し船)が対岸に向かって出発していきました。
3035 Sanlucar

それにしてもこの景色...素敵だなぁ~。
天気も良かったので最高です! おなかも心も癒されるぅ~。
3057 Sanlucar

やっぱり来てよかったなぁ、サンルーカル。
2999 Sanlucar

では、この河畔のレストラン街のある場所と、ここまでの散策ルートです。
サンルーカルの街を訪れる際、是非ご参考に。
mapa de サンルーカル 05

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
31
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その7:サン・フランシスコ教会)

Hola amigos.  

先日お届けしたサント・ドミンゴ教会から200mほど歩いていくと、大きな教会とその手前にちっちゃな広場が現れます。
この広場は ”サンタ・アンヘラ・デ・ラ・クルス広場” と呼ばれていて、その広場正面には ”ラス・エルマナス・デ・ラ・クルス修道院” があります。
それがこの写真です。
2944 Plaza de Santa Angela de la Cruz-M

またその広場には、広場の名前にもなった ”アンヘラ・デ・ラ・クルス” さんの胸像が建てられています。
...ということなんですが、この方は何をなさった方なのか。
ちょっとわからないですね~。senda_suimasenn.gif
2946 Plaza de Santa Angela de la Cruz ←サンタ・アンヘラ・デ・ラ・クルスさんの像

で、その対面にあるのが ”サン・フランシスコ教会” です。
この教会が建てられたのは1495年で、建築者はフランシスコ・ロドリゲスという方です。
2941 Iglesia San Francisco

こちらも教会前にはこんな像が建っています。
2951 Iglesia San Francisco

そしてこちらは教会の壁に作られているタイル画。 
それぞれキリストとマリアさんの絵のようです。
2952 Iglesia San Francisco

教会の中へ入ってみると、主聖堂はこのような感じになっています。
サント・ドミンゴ教会と比べるとこちらの方がちょっと大きいですが、少しシンプルな装飾になっているイメージです。
主礼拝堂の祭壇も木で作られています。
2955 Iglesia San Francisco

こちらは小聖堂。 中央はマリア様でしょうか?
2959 Iglesia San Francisco-M

こちらの古そうな扉には、天使たちの姿がありますね。
2961 Iglesia San Franciscoangel_2_201309052207092d8.gif

教会の外に出ると、サント・ドミンゴ通りの反対側にもう一つの教会があります。
こちらは、サン・ニコラス教会というようです。
建物は小さめで内部観覧のための開放はされていないようですね。
2964 Parroquia de San Nicolas de Bari-M  shakaijin_OL3.gif

ということで。
今回まで歩いてきたルートはこんな感じです。
mapa de サンルーカル 04

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
29
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その6:サント・ドミンゴ教会)

Hola, buenos dias.  

今日は、マンサニージャの生産をしているバルバディージョの見学を終えてからのお話です。
なんとなく見学場所の係の人の印象が悪くて、気分が少々イラついていましたが、ここは気を取り直して散策を続けます。
 pan003
お城の横の道 ”カリル・サン・ディエゴ通り” を歩いていきます。
”お城”だけに、近くで見るとやっぱりごついですね~。
2881 Castillo de Santiago

そして ”サント・ドミンゴ通り” との交差点を右折します。
すると、1ブロック先に次の目標の ”サント・ドミンゴ教会” が見えてきます。

ですが... 
ここでちょっと休憩~。 しばらく歩き通しでしたからね。
  pan005
修道院手前にある ”Bar TAPA de SANTO DOMINGO” というところに入りましたよ。
こちらはカウンターから見たお店の様子です。
2889 Bar Santo Domingo-M

しぼりたてフレッシュ・オレンジジュースです!
2杯で3€。。。 安いーっ!
2885 Bar Santo Domingo-M

  panda_icon_c_20120203155811.gif


・・・・・・・・・・。

で、しばらくここで休憩した後は、お店の隣にある ”サント・ドミンゴ教会” 見学を始めます。
こちらはその正面入り口の様子です。
珍しく門があります。
2899 Parroquia de Santo Domingo

門をくぐると、中にはちょっとお庭がありますよ。
入り口横にある石板にこの建物の歴史が書いてあったのですが、それによると、建設開始が1558年で、完成したのが1570年とのことです。 
最初は、ドミニコ会の修道院として建てられました。
司教による聖別が行われたのが1730年です。 (正式の教会として認められたってこと?)
そして、最終的に現在の教区教会として認定されたのが1911年となります。
  senda_fumufumu_20110215192657.gif

ということで、早速中へと入ってみましょう! 
2903 Parroquia de Santo Domingo-M

入り口を入るとすぐに主礼拝堂になります。
2919 Parroquia de Santo Domingo-M

そして、主祭壇はこのような感じになっています。
きらびやかでは無いですが、細やかな装飾が素敵ですね。
この主祭壇はロココ様式で、ペドロ・デ・レ・アセンシオという方により1761年に作られたそうです。
祭壇中央にいらっしゃるのがキリストさんで、その両脇にいるのがサン・フランシスコさんとサント・ドミンゴさんらしいですよ。
2920 Parroquia de Santo Domingo-M

この教会には、ちょこっとだけですがこうしたステンドグラスも使われています。
左上は、イエスと洗礼者ヨハネの図でしょうね。 右上は...なんでしょう? 
生まれたてのイエスをヨセフとマリアが見守っている場面ですかね?
2923 Parroquia de Santo Domingo-M2925 Parroquia de Santo Domingo-M
2926 Parroquia de Santo Domingo-M

この教会での見どころは、16~17世紀に制作された絵画や彫刻です。
とりわけ、ミゲル・アダンによって作られた ”奇跡のキリスト” や、ヤコブ・ヨルダンスによって描かれた ”キリスト降架” が有名だそうです。
でも、私にはどれがどれなのか... 残念ながらわかりませーん。senda_suimasenn.gif
なので、とりあえず礼拝堂の周りにある小祭壇を見て回って記録だけしてきました。
2929 Parroquia de Santo Domingo-M2930 Parroquia de Santo Domingo-M

そして、こちらは主礼拝堂の天井にあるドームです。
2931 Parroquia de Santo Domingo

ということで、内部の見学はこれで終了。
建物の外に出ると、外壁にはこのような紋章がいくつかあります。
こういった紋章は、その建物に住んでいた人や大きく影響を及ぼした人などの紋章(日本でいうところの家紋)であることが多いですよね。 
一番左はメディナ・シドニア公(大貴族)の紋章のようですが、他のものはわかりませんでした。senda_sorry_20131001085943415.gif
2936 Parroquia de Santo Domingo

そして、通り(サント・ドミンゴ通り)を隔てた反対側にも、ごつい紋章を付けた古そうな建物がありました。
2935 Parroquia de Santo Domingo-M

紋章の上にある鉄仮面みたいなのが特徴です。 
もちろんその由来はよくわかりませんが、きっと由緒ある方の家だったのでしょうね~。
2932 Parroquia de Santo Domingo
ということで、今回はここまで。

今回までに歩いたのはこんなルートです。
mapa de サンルーカル 03


では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
27
(Mon)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その5:街最大のボデガ”バルバディージョ”)

Hola amigos.  
! Hace mucho frio !

今朝は 『すごく寒いなぁ~』 と思っていたら、雨に雪が混じっているみたい。 どうりで寒いわけだ~。
そろそろ暖かくなってきたと思ってたけど、、、まだちょっと早かったですね。
      shie samui

さて、今日はサンルーカル・デ・バラメダの街の最大のボデガ(醸造所) ”バルバディージョ” をご紹介します。
ここに来るまで、バルバディージョの施設はたくさんあったけど、見学ができるようになっているのは、このサンチャゴ城の隣にある施設だけです。
2834 Bodega Barbadillo

入り口はここ。 上の写真の右手入り口を入ったところです。
2837 Bodega Barbadillo-M

中に入るとすぐに中庭のようなスペースがあります。
ここが見学ツアーに参加する人たちが待機する場所みたいです。
2843 Bodega Barbadillo

広場の中央のテーブルには、こんな感じでお洒落になっています。
2845 Bodega Barbadillo

広場(中庭?)の突き当りの壁には、このようにたくさんの賞状?が掛けられています。
この突き当りの右手にあるカウンターが、見学ツアーの受付デスクになっています。
2847 Bodega Barbadillo

私たちも見学ツアーに行こうと思ったのですが...
ツアー開始の時間じゃなかったのと、日本人だということで...あまり歓迎されてなかったみたい。
特に、英語ガイドのツアーは朝一(11:00)のみだったので、それに間に合ってなかったからかなぁ。。。
(*12:00と13:00にもツアーがあります。ただし、こちらはスペイン語ガイドのツアーです。)
ともあれ、係の人があまり親切な感じではなかったので、ツアーに参加するのは止めました~。
ホントは中の様子をみなさんにお届けしようと思ったんですけどねぇ~。 残念。。。
     pan006
ツアーに参加すると、こちらから建物の奥に入って、貯蔵場所なんかも見られるんでしょうねぇ。
たぶん試飲もあるはず。 kumaneko 01
2875 Bodega Barbadillo

ってことで、私たちは無料で見学できる二階の方へ行ってみることにしました。
こちらは二階の様子です。
2849 Bodega Barbadillo

二階には、マンサニージャの作られる工程やその歴史などが、パネルなどを使って展示してあります。
2850 Bodega Barbadillo

こちらは、ブドウの木を育てるための土壌について説明してるんだと思います。
2851 Bodega Barbadillo

そして、マンサニージャを作るための白ブドウについての説明。
2852 Bodega Barbadillo

これは、収穫したブドウを潰す昔の装置のようですね。
2857 Bodega Barbadillo

このパネルは、”ソレラ熟成システム” と呼ばれる生産システムを表したもの。
マンサニージャをはじめとするシェリーの作り方は、図のように新しいシェリーと古いシェリーを徐々にブレンドしながら発酵・酒精強化をしていきます。
2859 Bodega Barbadillo

こちらのバルバディージョで作られているワインの種類です。
2862 Bodega Barbadillo

昔はこの装置を使ってマンサニージャ(シェリー)を瓶詰してたみたい。。。
2863 Bodega Barbadillo

こっちは瓶にコルクで栓をする装置。
2864 Bodega Barbadillo

こっちは歴代のマンサニージャの瓶のデザイン。
2868 Bodega Barbadillo

バルバディージョ社の歴代のお偉いさん(すべて親族)たち。
2874 Bodega Barbadillo

こんな感じで二階は自由に見学できるようになっています。
2869 Bodega Barbadillo

あとは、館内にお土産屋さんもありますので、そちらでいろいろと購入することもできるようになっています。
私たちもとりあえずマンサニージャ(Solear)の中瓶を一本購入してきました。
ただ、シェリーを飲んだことのある方ならわかると思うんですけど... 
ワインとは違ってアルコール度数もちょっと高い(数%ですけど)ですし、飲み口も独特ですので、好き嫌いの好みは分かれると思いますよ。
購入される前には、一度お店などで試飲してみることをお勧めしますよ。 
3502 Regalos-M  senda_chidoriashi.gif

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
24
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その4:サンティアゴ城)

Hola.  

サンルーカル・デ・バラメダの街の散策のその4です。
今回は、街にあるお城をご紹介します。
その名は”サンチャゴ城”です。
場所はここでーす!
mapa de サンルーカル 02
 
外観はこんな感じです。 
大きさは思ったほどではないですね~。
2803 Castillo de Santiago

お城の周りには、こういった植物が植えられてます。
こういう感じがアンダルシアというかイスラムというか...北アフリカというか...そんな感じを醸し出してます。
2809 Castillo de Santiago-M

お城の正面にまわってきました。 入り口にはバル・レストランって書いてありますね~。
2810 Castillo de Santiago-M

入り口わきにはお城の説明書きがあります。
2813 Castillo de Santiago 2814 Castillo de Santiago

このお城が建てられたのは1477-1478年の間で、エンリケ・ペレス・デ・グスマンをはじめとする複数の後援者により、メディナ・シドニアの家として建設されたものです。
このメディナ=シドニア公(称号)というのは、このサンルーカルの領主で、当時のスペインの大貴族の一人だったそうです。

さて...
このお城の最初の門を入ると、続いてすぐに第二の門をくぐることになります。
2815 Castillo de Santiago

すると...
ぱあっとお城の中庭が広がります!
写真左手側にバル・レストランがありますよ。
2820 Castillo de Santiago

ここは中庭から城内入れたのかもしれないのですが...
なにか興味も湧かず、今回は中庭だけ見て出てきちゃいました~。
2824 Castillo de Santiago

ということで、今回はこれだけ。
次回は、このお城のすぐお隣にあるマンサニージャのボデガ”バルバディージョ”を見学した時の様子をご紹介します!
2825 Castillo de Santiago

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
22
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その3)

Hola a todos.
? Como estan ?

突然ですが...
皆さんは花粉症はどうですか?
は、これまで花粉症だとは思ったことはなかったのですが、最近時々くしゃみが出て目も痒くなるという典型的な症状が出てきてしまいました...。
まだ、耐えられないほどの症状ではないですが、今後を考えると心配です。
せっかくの季節なのに... 
実際に自分が花粉症の方の気持ちがわかるようになりましたよ。
     pan006

さて...
今日もサンルーカルの街の散策の様子をお届けしましょう。
先日に引き続き ”ルイス・デ・エグイラス通り” を歩いていくとこのようなレリーフがありました。
たぶん... 南米大陸へ進出したコンキスタドール(征服者)たちをモデルにしたものかな?
2751 Sanlucar-M

さらに先に行くと...ちょっとおしゃれな感じのこんな扉が。。。
2755 Bodega Barbadillo-M

扉の横にあるプレートを見てみると...
”バルバディージョ” って書いてありますね。 
ここはマンサニージャの醸造施設(ボデガ)みたいです。
2759 Bodega Barbadillo

この赤い扉の隣には、開いてる扉がありますが。。。
2757 Bodega Barbadillo

こちらの入り口脇のプレートには、 ”Antiguo Convento Jesuita” って書いてありますね。
こちらは昔のイエズス会の修道院の入り口のようです。
2768 Antiguo Convento Jesuita

扉が開いているので、そーっと中に入ってみました。
中に入ってみるとこんな感じ。
誰もいませんし... 修道院っぽくもないですね~。
2762 Antiguo Convento Jesuita-M

素敵な中庭ではありますね。 
中央にあるのは井戸のようです。
2764 Antiguo Convento Jesuita-M

また、通りの反対側には、同じような入り口があります。
こちらもボデガの出入り口のようですねー。
2770 Bodega Barbadillo

建物の壁に取り付けられたタイル絵。
この人が、この通りの名前にもなっている ルイス・デ・エグイラス という方のようです。
この方は、サンルーカル生まれの作家・脚本家さんだそうです。
2772 Bodega Barbadillo-M

こういうタイル絵が、いちいちお洒落な感じです。 
2783 Bodega Barbadillo-M

こんな丸窓もあるんですねー。
2771 Bodega Barbadillo-M

こちらもバルバディージョの入り口のアーチ。 
アーチには ”Antonio Barbadillo” と書いてありますからねー。
ここのボデガは見学できるんですが、ここはその見学入り口ではありません。
それにしても、このあたり一帯はすべてバルバディージョのボデガの関連施設で占めているみたいです。
2775 Bodega Barbadillo-M

さらに道を挟んだ反対側にもバルバディージョの施設の建物が...。
2781 Bodega Barbadillo

ちなみに、マンサニージャのボデガ(醸造所)であるバルバディージョは、ここサンルーカルの街の中で最も大きなボデガだそうです。
創設されたのは1821年。マドリッド近郊の出身であるベニーニョ・バルバディージョ・ホルティグラという方によって設立されました。
創設時からずっと家族経営を行ってきた会社のようです。

歩いてきた道を振り返ってみると、前々回に紹介した修道院の鐘楼が遠くに見えます。
2795 Bodega Barbadillo

写真左の建物もバルバディージョのもの。
建物上の看板には ”Solear” って赤文字で表示されてます。 
これは、バルバディージョの商品の一つの銘柄です。
2790 Bodega Barbadillo-M

ってことで、今回はマンサニージャのボデガ ”Barbadillo” 関連のお話になっちゃいました~。

次回は、街のお城”サンチャゴ城”についてご紹介します。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
20
(Mon)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その2)

Hola.  

今日は、サンルーカルの街の ”ルイス・デ・エグイラス通り” にある教会の様子をご紹介していきます。
先日お届けしたメルセ公会堂をすぎ、このルイス・デ・エグイラス通りを歩いていくと、少し離れたところに鐘楼のある建物が見えてきます。
2700 Parroquia Nuestra Senora de la O   くまねこあるき

この建物に近づいてみるとこんな感じでした。
これは ”Parroquia Nuestra Senora de la O”(Oの聖母教会) です。 
前々から気にはなっていたんだけど... 
時々教会の名前で出てくるこの ”O” ってなんやねん。。。
どなたかご存知方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださーい!

と、それはさておき、、、、なかなか立派な鐘楼が併設されてますね。
2713 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

この教会はムデハル様式のキリスト教会で、1360年に建設されたとのことです。
ムデハル様式っていうと ”ムデハル=イスラム” って思っていましたけど、、、誤解してました。
正しくは ”イスラム教の建築様式とキリスト教の建築様式が融合したもの” らしいです。

通りから見て向かって左側が教会正面入り口になっています。 
教会の正面入り口には、よく聖人の像とかあるんですけど...ここにはないみたい。。。 
こういうところに、偶像崇拝を禁止しているイスラム教の建築様式の影響が出ているのかもしれないですね。
それに、デザインも幾何学模様になってますしね。
2706 Parroquia Nuestra Senora de la O

こちらは、通り沿いから見える教会右側の様子。
扉が開いてないのでやっぱり中には入れないようです。
2711 Parroquia Nuestra Senora de la O

鐘楼の上の部分の様子。 
鐘がたくさん設置されていますね~。 
2718 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

これは鐘楼壁面の様子。
3人の人物の絵が描かれているようです。 
どなたか聖人の絵でしょう...どなたかはわかりませんけど。
でも、、、 イスラム教の建築様式が採用されているなら、ここには聖人の人物像などは入れないはず。。。
もしかしたら、以前は窓だったところに、あとからここに聖人の絵をはめ込んだのかもしれないですね~。 
これはあくまで私の想像ですけど。
ちなみに、絵の下にあるのは日時計ようです。
2721 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

この辺でちょっと休憩でもしようかと思いましたが...pan005
お店が雑貨屋さんのようでしたので、ここではやめておきました。
2734 Plaza de la Paz2730 Plaza de la Paz-M

花を加えてちょっとおしゃれな感じで。。。
2726 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

ということで、ここはこのぐらいにして次の観光場所へと移動しまーす。 くまねこあるき2
2744 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

教の最後に...
スペインのクマは、いつもこんな感じで散策&撮影をしてまわっています。
2742 Parroquia Nuestra Senora de la O-M

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
17
(Fri)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカル散策 その1)

Hola. 


今日も引き続きサンルーカルの街の様子をお届けします。
     くまねこあるき
まず最初にご紹介するのは ”ラモン・イ・カハル通り”
2656 Sanlucar

通りを歩いている途中、こんなお菓子屋さん(Dulces La Rondena)を見つけました。
シェフの人形が ”カディスのパン” って看板を持ってます。
2657 Sanlucar-M

ラモン・イ・カハル通りを抜けると、”Plaza del Cabildo(カビルド広場)” へと出ます。
この広場の一角には、有名なバル-レストラン ”Casa Balbino(カサ・バルビーノ)” があります。
2662 Bar Casa Balbino

お昼ごはんのための事前調査ということで様子を見に行ってみたら...
ガーン! Gaan.gif
11月3日~12月2日までバカンスでお休みですって!
2664 Bar Casa Balbino

もうガッカリだなぁ~。
ということで、とりあえず広場の写真です。
2667 Plaza del Cabildo-M

この広場にもマンサニージャの樽がオブジェとして置かれてますね~。
2668 Plaza del Cabildo-M

広場を抜けると、アンチャ通りからサン・フアン通りへと続く道へと出ます。
このあたりが街のショッピング・ストリートみたいですね~。 人出も多くてにぎやかです。
2669 Calle Ancha

私たちはここからさらに南下し、サン・ロケ広場を抜けてブレトネス通りへと入ります。
ここからはちょっとした高台へ行くため、道が登り坂になります。
そして、ブレトネス通りからクエスタ・デ・ベレンへ。
2685 Cuesta de Belen-M

この通りに入ると、城壁のようなところにこのような石彫刻がされています。 なんか南米っぽいデザインですね。。。
2673 Cuesta de Belen

道を登っていくとだんだん街の全景が見えるようになってきます。
遠くに見えるのはサント・ドミンゴ修道院の建物でしょうか?
2688 Cuesta de Belen

そして、この坂道を登りきったところには ”メルセ公会堂” があります。
2690 Antigua Iglesia de la Merced

現在は公会堂として使用されていますが、外観を見てわかるように以前は教会・修道院だったそうです。(17世紀の建築物)
2692 Antigua Iglesia de la Merced

そして、こちらはそのメルセ公会堂に隣接したところにあるサンルーカルの市役所です。
普通は街一番の広場に面してある場合が多いですが... ここはちょっと変わっていますね。
2697 Ayuntamiento

ということで、今日のところはここまでです。
また次回もサンルーカルの街の見どころをご紹介していきます!
2676 Cuesta de Belen-M

*ここまでの散策ルート
mapa de サンルーカル 01


では。
チャオ!
23 ミニミニてあげくまもん pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_03
15
(Wed)08:30

2015 秋のスペイン旅 (サンルーカルの市場)

Hola amigos. 

先日から始まったサンルーカルの街の散策の様子。
今回は ”サンルーカルの市場” の様子をお届けします。

通り(カルサダ・ドゥケサ・イサベル通り)に出て左へ向かうとグアダルキビール川の河畔にでます。
...が、ここは右に向かって街中の方へと向かいますよ。
  くまねこあるき2
写真は、遠くに見えるグアダルキビール川の景色です。
2617 Av Calzada Duquesa Isabel

街中へと向かって歩いていくと、しばらくしてこんな建物が見えてきます。
これは、サンルーカルで作られるシェリー酒 ”マンサニージャ” の醸造所(ボデガ)の一つ ”La Gitana(ラ・ヒターナ)” です。
今日はやってないようですね~。
2612 La Gitana

そして、そのそばには ”メルカド(市場)” がありました。
この市場は ”La Carzada(ラ・カルサダ)” という名前のようです。 
始めてきた街で市場を見つけたら... やっぱり入らざるをえないでしょう!
2644 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

市場内のお店の配置図です。
水色がお魚屋さん系で、赤がお肉屋さん系、緑が八百屋さん&果物屋さん系です。
2647 Mercado Sanlucar de Barrameda

早速中へと入ってみます。 まずは、八百屋さん。
2627 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

やっぱり朝早いせいか魚屋さんが集まっているところはかなりにぎやかです。
2631 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

どれも新鮮そうで美味しそうですねぇ~。
2621 Mercado Sanlucar de Barrameda

魚屋さんにはエビがたくさん並んでいてやけに目につくなぁ~。
2620 Mercado Sanlucar de Barrameda

って思ってたら、エビだらけのお店を発見!!!
こりゃエビ好きの人にはたまりませんねぇ~。
2624 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

こちらもエビ... 
かと思ったら、シャコのようです。
2625 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

こちらはマグロでしょうか?
スペインでもマグロは食べられますよ。 ほとんど生では食べないようですけどね。
2622 Mercado Sanlucar de Barrameda

もちろんその他のお魚も売られていますよ。
2626 Mercado Sanlucar de Barrameda-M

しばらく市場内を散策したら、市場の片隅にあるバルへ行ってみました。
朝早く出てきたので朝食もとってなかったですからねぇ~。 ここでちょっと朝食休憩です。
朝は少々寒かったので、この時は温かいカフェ・コン・レチェ(カフェ・オ・レ)と生ハムサンドのセットをお願いしました。
う~ん、生ハムサンドは美味しそうでしょ!
2632 Bar en mercado-M

そして、こっちがカフェ・コン・レチェ。
スペインでは、こうやってガラスのコップに入って出てくるところも多いです。
2640 Bar en mercado-M

上の写真のカフェ・コン・レチェの奥に、トマトペーストの瓶とオリーブオイル、お塩があるのが見えますか?
でね、これらをパンの上にのせて、 ”なんちゃってパン・コン・トマテ” を作ることだってできますよ~。
通常は、ニンニクと生のトマトをパンに擦り付け、そこにオリーブオイルをかけて作るのが ”パン・コン・トマテ” なんですが、今回はトマトペーストだけをのせるので ”なんちゃって” なんです。

トーストしてくれたパンにのせるとこんな感じ。 
ハムを乗せたパンとトマトをのせたパンとで二倍楽しめます! 
2636 Bar en mercado-M

カウンターの中はこんな感じ。 
お店のお兄ちゃんはとっても忙しく動いていますが、すごく親切で私たちにもきちんと応対してくれます。
先日のセビージャのバルとは大違いやねぇ~。。。

ちなみに、写真中央に見えてるのが、オレンジを丸ごと入れるとそれを絞ってオレンジジュースを使ってくれる機械。 
目の前で絞っているところがみられるのが楽しいです。 オレンジが安い国だからの機会なのかもしれないですね。 
最近では日本でも時々見かけるようになりました。
2641 Bar en mercado-M

さて、バルで朝食をいただいたら、いよいよ本格的に街の散策開始です!
2651 La Gitana

その様子は、また次回からということで。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ