2017_10
20
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ビルバオ散策 :その1)

? Todo bien ?  

先日天気になったと思いきや、またしばらくは天気が良くないようですねー。
しかも、台風まで向かって来てるとか。。。
秋晴れの心地よい日が恋しいですねぇ。
あぁ、スペインの太陽が恋しいよー。


ということで、今日はビルバオの旧市街、2件目のバルを訪れたところからの様子をお届けします。

は2件目のバルを出て、また街の散策を続けてます。
     くまねこあるき2
それにしても、街の中にバスクの旗やサッカーのアスレチック・ビルバオの旗がたくさんありますよね。
こちらはお土産屋さんに出ている旗です。
02090M Plaza Santiago

さっき食べたばかりなんですが... パン屋さんが気になる様子。
02091 Panaderia Lemona mogura.gif

と、早速入って甘めのパンを購入です。 ホテルへ帰ってから食べるんだそうです。
02093 Panaderia Lemona

パン屋さんを出たら引き続き散策~。
あちこち狭い路地を人が歩いてますねー。
02102 Casco Viejo en Bilbao 02103 Casco Viejo en Bilbao

こちらはお土産屋さんの看板。 バスクの旗が描かれています。
看板にある ”printzi” っていうのは、バスク語で ”王子様” てことらしいです。
02097 Casco Viejo en Bilbao

街中にはこんな感じで アスレチック・ビルバオの旗が掛けられています。
02110 Casco Viejo en Bilbao

洗濯物の向こうにも... これもビルバオの旗でしょうねぇ。
02101 Casco Viejo en Bilbao

しばらく歩いていると、川のそばの道に出てきました。
橋の掛けられているところが川です。 この川は、 ria del nervion o de bilbao です。
02106 Casco Viejo en Bilbao

川沿いからまた旧市街の中へと戻ります。
02107 Casco Viejo en Bilbao

ここは、この地域(カスコ・ビエホ地区)にある アスレチック・ビルバオペーニャ(ファンのサロン)のようですね。
アスレチック・ビルバオは、選手・監督が全員バスクの出身で、チームもリーガ発足以来、一度も下部に降格したことのない名門クラブです!
02111 Casco Viejo en Bilbao

こちらは、散策中に入ったお土産屋さんで見つけたくま。bear_201710061624428a4.gif
真ん中のハート形のバスクの旗をもった彼を連れて帰ることにしましたよ。
02116 Casco Viejo en Bilbao

このクマを買ったお土産屋さんにもバスクの旗やサッカークラブの旗が売られてます。
02118 Casco Viejo en Bilbao

このように散策したのち ”Iglesia de San Nicolas:サン・ニコラス教会” のところまで出てきました。
ここからは橋を渡って、新しい街の方へと進んでいきますよ~。
02120 Iglesia de San Nicolas

ちなみに。
現在、ご存知の通りスペインはカタルーニャ州の独立問題で揺れています。
昨日は、ついに政府がカタルーニャ州の自治権を停止するという報道がされたようです。
ここビルバオのバスク自治州も、カタルーニャ州と同様に以前から独立気運の高かったところ。
しかし、今は一部過激派のETA(バスク祖国と自由)が弱体化し、以前ほど独立の動きは大きくないように思えます。
先日、現地でカタルーニャ問題について個人的に感じたところは、、、
『カタルーニャ州の一部の野心的な政治家とこれに先導されている人たち』 によって問題が大きくされているような気がしました。 独立の住民投票に行った人たちの8割が賛成票を投じたということですが、住民投票に行った人数は全有権者の半分ほどですし... 
多くの住民は、 『どちらでもよいから今まで通り平穏に暮らしたい。』 というのが正直なところではないでしょうか?

一方、マドリッドやセビージャ、サラゴサなどの街では、下写真のように沢山の家の窓にスペイン国旗を掲げ、皆さん ”Barcelona siempre Espana”(バルセロナは常にスペインとともに!) という意思を示しているように感じました。 
Madridの様子
また、マドリッドやセビージャなどには、いつも以上に観光客が多かったような気もしましたよ。
もしかしたら、観光客がカタルーニャ州問題の中心地であるバルセロナを避け、他の都市に流れているのではないか?とも思えました。 (まあ、実際にバルセロナを訪れてないのでわかりませんが。。。)
このような状況が続くと、バルセロナにとっても良くないですから、はやくこの問題に決着をつけて欲しいなぁと思います。
私としても、やはりこの問題については...
”Barcelona siempre Espana”(バルセロナは常にスペインとともに!) 
という気持ちです。 


ということで、今日はここまで。
またね!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_10
18
(Wed)08:30

2017スペイン旅 ダイジェスト!

! Hola amigos ! 

先週、スペインに行ってきました!
スペインは、日中まだ夏のような陽気でしたが、日本は寒くなってましたね~。
そのせいか、今はちょっと体調を崩し気味です。
旅の疲れもあるので、今週はいつも以上に体調管理に気を付けていこうと思ってます。
   suimin_20110518135243.gif

さて、今日は早速そのスペインの旅について ”ダイジェスト” でご紹介をしようと思います!
旬なうちにね!

ってことで、まずは出発から。
今回は初めて成田からイベリア航空のマドリッド直行便を利用してみましたよ。 airliner.gif
イベリア航空とはいえ、一応JALとの共同運航便ということになっているようです。
00 Narita

『やっぱり直行便は楽だなぁ~。』 と実感しますが、、、
機内サービス的には...いまいちな感は否めないです。
イベリア航空にはもうちょっと頑張って欲しいですねー。

マドリッドに到着したら、まずは初日は定番の ”蚤の市” に行ってきました。
日曜日をマドリッド滞在にしたときには必ず行きます。
季節によっていろいろ売っている物が変わるので、それも楽しみなんですよね~。
01 rastro

続いては、AVEでマドリッドからセビージャに移動。shinkansen.gif
 
セビージャは素敵な街で、私の大好きな街の一つです。 
もう何度も訪れているのですが、全然飽きないですねー。
   shie love
今回のセビージャ滞在では、これまで行こうと思って行けてなかった場所を中心にまわってみましたよ。
   
まずは、有名店 ”メソン・セラニート”
お店の名前を冠した ”セラニート” っていうボカディージョ(スペイン風サンドイッチ)が有名です。
セビージャでは超有名店ですが、お店の雰囲気も店員さんの接客も料理のお味もグッド!
こりゃ、また訪れたくなりますねー。
02 Meson Serranito

続きましてはー、 ”インディアス古文書館” です。
セビージャの超有名観光地 ”カテドラル” や ”アルカサル” の間に位置してますが、地味な観光スポットですよね。
『名前は知ってるけど行ったことなーい!』 って人も多いのでは?
ここには、アメリカ大陸発見時の史料などが保存されています。 
03 Archivo de Indias

その次は、 ”黄金の塔” 。
ここも有名ですが、実際に中に入って塔を登ったことのある方は少ないのでは?
ってことで、今回中に入って塔を登ってきました。
04 Torre del Oro illust1553_thumb.jpg

そして4つ目は、 ”セビージャ大学” 。
ビゼーの歌劇 ”カルメン” で有名な ”旧タバコ工場” だった ”セビージャ大学の本部棟” です。
セビージャ大学は他にもいくつかキャンパスがあるん画すけど、ここは地理・歴史学部などが入っているんですって。 
中に入ると学生さんたちがたくさんいて、校舎内を散策していると学生時代が懐かしく感じられます。
05 Universidad de Sevilla

セビージャといえば、やはりフラメンコを観なきゃ!ですよね。
ってことで、今回も行ってきました。
今回行ってきたのは、”タブラオ・アルバレス・キンテーロ” というところ。 
以前 ”アウディトリオ・アルバレス・キンテーロ” と呼ばれていたところです。 
06 Tablao Alvarez Quintero  flamenca1 mini


そして最後は、セビージャに来たら必ず訪れているバル ”エル・カイロ” です。
ここのタパスはどれも美味しくてお気に入りなんです。
また、それとともに、ここに来ると不思議と落ち着くんですよねー。
07 Bar El Cairo

   panda_icon_c_20120203155811.gif

ということで、セビージャの街を堪能したら、次はサラゴサの街に移動です!
サラゴサにはエブロ川という大きな川が流れていて、2008年には ”水と持続可能な開発” をテーマとしたサラゴサ万国博覧会が開かれたことで有名です。

このサラゴサの街で有名な観光名所は、 ”ヌエストラ・セニョーラ・デル・ピラール聖堂” (下写真)や ”大聖堂(ラ・セオ)” ...
08 Basílica de Nuestra Señora del Pilar

そして、ちょっと離れたところにある ”アルハフェリア宮殿” などです。
12 Palacio de la Aljaferia

ちょうど私たちが訪れた時は、街が一年で一番大きなお祭り(フィエスタ・デル・ピラール)を行っている時で、そのお祭りの雰囲気もたくさん楽しむことができましたよ。
街のお祭りではいろいろな催し物があるのですが、やっぱり一番は 『伝統衣装に身を包んだ人たちが、手にお花を持ってマリア様の祭壇に献花しに訪れる』 ところ でしょうか。 
朝早くから夕方まで途切れることのないこの行列は見ものですよ。
10 Fiestas del Pilar←献花に訪れた人たち

また、街の各所に設置されたステージでも、たくさんのイベントを観ることができます。
09 Fiestas del Pilar

   illust3937_thumb_2017101822295611d.gif

サラゴサを訪れたのは今回初めてでしたが、早速とても良いバルもみつけましたよ。
お祭りの人でごった返す中、こんなバルを発見できるなんて奇跡でした!
11 Bar Casa Buisan

そして、夜はエブロ川の対岸から、ライトアップされたピラール聖堂の景色も楽しんできました。
こんな感じです。
14 Paisaje de Zaragoza

また、このサラゴサ街は ”ゴヤの故郷” ともいえる街。
なので、街には ”ゴヤ博物館” があります。 
もちrん、ここも訪れてきましたよ。
16 Goya Museum painter.gif


サラゴサの街を楽しんだ後は、もう一度マドリッドに戻ります。
その散策では、まず初めに ”マドリッド鉄道博物館” に行ってきましたよ。 train_steam_4.gif 
以前から気になっていたのですが、ようやく行くことができました~。
17 Museo del Ferrocarril de Madrid

続いては、アトレティコ・マドリードの新しいホーム・スタジアムである ”エスタディオ・ワンダ・メトロポリターノ” にも足を運んでみました。
   soccer_player_37.gif
当日、アトレティコ-バルサ戦があったのですが、あまりにチケット代が高くて... 今回は試合観戦の方は中止しました~。
ってことで、今回は外観だけ見学してきました。
19 Estadio Wanda Metropolitano

そしてこちらは ”ラスベンタス闘牛場”
街の中心からちょっと離れているので、闘牛を観に行く予定がないと敢えて行くことはないかも?
今回、先の ”エスタディオ・ワンダ・メトロポリターノ” に行く途中にあるので、ついでに訪れてみました~。
20 Las Ventas Tour

そしてマドリッドでもフラメンコを観ましたよ。
今回は新しいところで、 ”テアトロ・フラメンコ” というところに行ってみました。
いつもとは違う場所で、内容もちょっと新鮮でしたよ。
18 teatro flamenco madrid

さらに夜になたらもちろんバルで一杯!
今回は、またお気に入りのバルを発見することができましたよ。
下町?の方にあるお店なので、観光客らしき人はほとんどいないのですが、いつも地元のお客さんで一杯です。
人気のお店なのでしょうねー。
21 Bar

ということで、今回もたくさんスペインを楽しんでくることができました!
なので、日本に帰ってくるとまたすぐに行きたくなっちゃうんですよね~。
さあ~て、次はいつ行こうかなぁ~。
   illust1099_thumb.gif

ではまた!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
16
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ビルバオ散策 :バル巡り②)

! Hola a todos !  

さて、今日はもビルバオの散策の様子をお届けしますね。
まずは、ビルバオの旧市街(カスコ・ビエホ地区)の街並みはこんな感じになってますよ。
ちょっと道が狭くて暗い雰囲気にも感じますが、それは天気のせいでしょうね。 
通りには人もたくさん歩いてるし、同じように細い路地の多いバルセロナのゴシック地区やラバル地区に比べたら全然安心感があります。
02063M Casco Viejo en Bilbao 02065M Casco Viejo en Bilbao

街をぶらぶらしながら散策。
そして、サンティアゴ教会のところにやってきました。
この教会の周りにも食事をとれるお店がいっぱいありますよ。
02067 Catedral de Santiago illust1553_thumb.jpg

ということで、私たちもここで二件目のバルに入ってみました~。
事前情報なしの全くの飛び込み入店です!
このお店は、 ”Bizu Bi” って言うようですね。 
バルというよりは...カフェの方がメインなのかも。 
まあ、あまりその辺の差はわからないんですけどね。
02071M Bizubi Cafe

ここのバルのピンチョスはこんな感じです。
ちっちゃなボカディージョ(サンドイッチ)風のものが目につきました。 
お腹いっぱいにするにはこういったところがいいかもね。 生ハムサンドも超魅力的です。
02084M Bizubi Cafe

やっぱり今見てもバケット(パン)が大きい印象だなぁ。。。
日本的に言うと... ごはんが大きめなお寿司って感じ?
02085M Bizubi Cafe

う~ん、でもやっぱりおいしそ。。。
02086M Bizubi Cafe

けど、二件目だからそんなに食べられないし。。。
02087M Bizubi Cafe

おぉ...こっちには、甘いパイみたいなのもたくさんあります~。
でも、まだデザートに行くのは早いですよね。
02083M Bizubi Cafe

ということで、さんが早速ご注文~。
02076M Bizubi Cafe

今回は志向を変えて、トルティージャと揚げ物っぽいものをチョイス。
02078M Bizubi Cafe

こうやってみると、結構ナスとか野菜が多く使われてますね。
02079M Bizubi Cafe

野菜が美味しそうだったって訳じゃないけど、サラダのプレートを別注しました。
ちょっと色どりが薄いって感じ? 
でも、いろんな意味で野菜はたくさん食べとかないとね。
02080M Bizubi Cafe

もちろんドレッシングは自分で調合~。
もう自分たちの好みにするのもお手の物です。
02081M Bizubi Cafe

こんな感じで私たちは店のカウンターでいただきましたが、外にもたくさんのテラス席がありますよ。
周りの雰囲気を楽しみながら外でいただくのも良いですよね~。
02089M Plaza Santiago

ではまたね。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
13
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ビルバオ散策 :バル巡り①)

!Hola !
? Como estan ?
  

今日からは、スペインのバスク地方にあるビルバオの街をご紹介していきまーす!

まずは、こちらがビルバオの市役所です。
う~ん、空がどんよりとしてます。 北部に来るとこういう天気も多くなりますねー。
02039 Ayuntamiento de Bilbao

まず最初は、ここから歩いて旧市街(カスコ・ビエホ地区)にある ”ヌエバ広場” を目指します。
そのヌエバ広場に行って お昼ご飯を食べまーす。 いゃっほぅ~
この広場こは、バルがたくさん集まってますからねー。
 
で、ここがそのヌエバ広場です。
02041M Plaza Nueva

広場中央のテントじゃなくて、周りの建物にバルがたくさんあるんです。
ほらほらこんな感じ。 
02042M Plaza Nueva

こっちは、なんかイギリスのパブ?を思わせるような店のデザインですねー。
02062M Plaza Nueva

ここはちょっとポップな感じのお店。
ドゥルセ(甘いもの)を売ってるとこだったかも。。。
02061M Plaza Nueva

もう入ってみたいところがたくさんあって迷っちゃいますよねぇ。
で、いろいろお店を物色した結果...
ビルバオでの最初のバルは、このお店 ”Zezen. Gorri” に決めました!
お店の名前は...なんて読むんでしょ? セセン.ゴーリ?
もちろん意味も分かりません。 こりゃ間違いなくバスク語だね。 
02059M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

カウンターに一杯タパスが並んでいて、どれもこれもみんな美味しそうでしょ!
02052M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

ほら、こんな感じでピンチョスがいっぱいならんでるんよ~。
ちなみに、北の方に来ると、こういう風に爪楊枝で差してあるので、 ”タパス” じゃなくて ”ピンチョス” っていいます。
02053M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

大皿が並べきれないので、オリーブの缶を台にしてお皿をおいてますね。
02058M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

お店に入ったら、何はともあれ飲み物をオーダーします。
今回は、ビールとワイン。
このあと他のお店にも行きたいので、あまり酔わないようにアルコールは軽いものに。。。
02046M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

次は、お店のお兄さんにどうやって頼む・食べるのかを聞きます。 ちゃんと親切に教えてくれますからね。
バルは、お店によって 店員さんに欲しいピンチョスを言ってとってもらったり、最初にお皿だけをもらってあとは自分でとることができたり とシステムが異なるので、お店に行ったらまずは ”どうやっていただくのか” 聞いておくのが良いですよ。

で、私たちが最初にいただいたのがこれ!
今となっては何だったか忘れちゃったけど、メチャウマでした。
02048M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

続いてはこれ。
オリーブとイワシの酢漬けみたいなのがよくあるんですけど、これがまたお酒のおつまみにぴったりです!
あ~今思い出してもよだれが出てくる~~~。
02056M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

さん、バルでの食事にご満悦~。
02054M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

こんなのもあったけど...
ここで一気に食べちゃうとお腹一杯になって次に行けないので、ここはこれで終了~。
02057M Bar Zezen Gorri en Plaza Nueva

このお店は、日本人でも入りやすい感じで、お味もなかなかのものです。
お店のお兄さんも親切ですので、初めてバルを利用する方にとっても良いお店なんじゃないでしょうか?

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
11
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (バスクの街 ビルバオへ移動)

! Hola amigos !  

今日は、バジャドリッドを出発してビルバオへと移動しまーす!
mapa.jpg
ビルバオは、スペイン・バスク州のビスカヤ県の県都です。 
昔は鉄鋼業などで栄えましたが、現在は観光業(グッゲンハイム美術館)や金融業(BBVA)などの産業が盛んですよ。
食事も美味しいんですよ~。
     fever_icon.gif
朝、ホテルのレセプションでチェックアウト。
チェックアウトの際、日本人と思しき年配の男性(60代ぐらいに)の方々と出会いましたが、、、
いつもの 『海外では同じ日本人と会いたくない人たち』 だったようで、 特に挨拶・会話することもなく...
02013 Hotel Felipe IV

泊まってたホテルは、ホテル・フェリペIVです。
ちなみに、フェリペ4世はスペインの文化の発展に寄与された方。 
この方の時代に、絵画ではベラスケススルバランムリーリョなど数々の有名画家が輩出され、文芸ではロペ・デ・ベガ(スペインでは有名な劇作家)が活躍しました。
02016M Hotel Felipe IV

まだ早い時間だからか、Plaza Colon(コロン・広場)は人が少ないですね~。
02029M Valladolid

ホテルからスーツケースを転がし歩いて、バジャドリッド駅に向かいます。
ちなみに、ほぼ同じ時間にホテルを出た例のお爺さん3人組の方々は、バスターミナルの方へと向かったようです。
02024M estacion de Valladolid

あとは予約しておいた列車に乗ってビルバオへと向かうだけ。
以前、一度ビルバオを訪れたことがあるのですが、その時はドイツから直接飛行機でビルバオに入ったので、陸路を使ってビルバオ入りするのは初めてでーす。
ここバジャドリッドからビルバオまではちょっと遠いです。 列車で4時間ほどかかりますよ。

で、ビルバオ駅に到着!
駅構内は、このような素敵なステンドグラスで飾られていますよ。 
結構大きな駅ですねー。
02030M Estacion de Bilbao

駅に到着したら、予約しておいたホテルへ歩いて移動~。aruki
今回利用したホテルは、”ホテル・ビルバオ・プラサ” といいます。
市役所のお隣にあり、駅や旧市街に行くのも便利。 
お値段もそこそこリーズナブルで、お部屋も清潔でした。
今回の滞在日がちょうど土日だったこともあり、ビルバオのホテルは(私たちにとっては)ものすごくいいお値段してましたので、、、ちょっと割安なところを選びました。ase.gif
お部屋はこんな感じです。
02035 Hotel Bilbao Plaza

次回からは、ビルバオの街の様子をお届けしていきますよ。
お楽しみに~! !cid_02@121002.gif


では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
09
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (トルデシーリャス その5:ボデガス・ムエラス)

! Hola !  

今日は、スペイン・トルデシーリャスにいくつかあるというボデガ(ワイナリー)のうちの一つをご紹介します。
このボデガは、ツーリスト・インフォメーションでおススメされました。 
そのワイナリーはここ。 ”Bodegas Muelas:ボデガス・ムエラス” というところです。
01952 Bodega Muelas

こじんまりとした感じで、『ホントにボデガ(ワイナリー)?』 って思いますよね。
なので、最初はちょっと入りにくかったです。  
お客さんも全然入っていなかったですしね。
とはいうものの、折角きたのですから思い切って中へと入ってみましたよ。
お店の中の様子はこんな感じです。
01986 Bodega Muelas 01983 Bodega Muelas

申し訳ないんですけど... 雰囲気的には、綺麗に整理された田舎の雑貨屋って感じ。
店内にワインがドーーン!と置いてあって、『買っていって~~~っ!』 って感じでもない。。。

私たちが入ってしばらくすると、一組のご夫婦がお店の中に入ってきました。
私たちと同じ観光客らしく、やっぱりちょっと入りにくかったみたい。
あとでお話を聞いたら、オランダからいらっしゃったご夫婦でした。
01954 Bodega Muelas

このご夫婦が入店したところで、やっとお店の方が出てきてくれましたよ。
01955 Bodega Muelas

この女性のお話によると、ここではボデガを見学できるツアーがあるとのことですが、「英語ができるガイドが今いないので、しばらく待ってください」とのことでした。
01963 Bodega Muelas

で、出てきたのがこの女性。
ここは、家族経営のボデガで、この方はもちろんこのボデガを運営している家族のおひとりなのだとか。
トルデシーリャスは、ここと同じような家族経営の小さなボデガがたくさんあるそうですよ。

ボデガ見学ツアーは、最初の一階部分の店舗から、狭い階段を下りていき、地下の貯蔵庫の部分へと案内されます。
貯蔵庫はこんな感じで、瓶に詰められて貯蔵されているものや...
01979 Bodega Muelas01960 Bodega Muelas
01959 Bodega Muelas

樽に入れられた状態で貯蔵されているものもあります。
01966 Bodega Muelas01972M Bodega Muelas

中にはこんなでっかい樽も...
でも今は使われていないようです。
01975M Bodega Muelas

そして、こちらはワインを瓶詰したりする作業所。 
01981 Bodega Muelas

そしてツアーの最期を締めるのは、もちろんテイスティングです!
01984 Bodega Muelas

少量のワインをいただきながら、香りのサンプル(女性が左手で抑えている赤い箱の中にあります)を嗅いだりしながら、各々テイスティングしながら意見を出し合ったりして楽しく過ごします。
ワインもいろいろ比較しながらいただくと、その違いがはっきり分かりますね~。

で、その次は 「このお店のワインを是非ご購入ください。」 ってなるわけ。
私たちは、この先も旅の移動があるので買おうかどうしようか迷ったのですが、 せっかく来たのだからって少しだけでも買っていこうという感じで、右から二番目の赤いラベルのワインを小瓶で2本ほど買って帰りました。
01988M Bodega Muelas

で、これを旅の途中、荷物になるからとホテルでいただいてみたんですが...
その時 『なにこれ~っ! めっちゃうまいじゃん!』 って感じで ちょっとビックリしました。
ボデガで試飲した時は 『そんなにうまいって感じでもないか...』 なんて生意気なことを考えてましたが、、、
いやいや 『これは小瓶じゃなくて大瓶でたくさん買って来ればよかった~っ!』 って後悔するほど美味しかったですよ。
もっと買って来なかったのは、この旅最大の失敗だったかも。。。
03217M Pensión Urumea

ボデガを出たら、急いでバスターミナルへ~。
そこからバスに乗ってバジャドリッドへと戻ります。
バスが隣町のシマンカスを通過するとき、あのシマンカスのお城がちらっと見えましたよ。
今度は、シマンカスを含めてもう一度トルデシーリャスに来たいなぁ。
そしたらその時にはもっとたくさんワインを買っていくんだ!
01993M En autobuses hasta Valladolid

こ、こちらが今回の最後の一枚。
帰りのバスの中から撮った 『ゴジラ雲』 。 恐竜って感じでもありますね~。
01990M En autobuses hasta Valladolid


ではまた。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
06
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (トルデシーリャス その4:ドゥエロ川)

! Hola amigos !  

スペインのカタルーニャ独立問題... いったいどうなるんでしょうねぇ。
カタルーニャの人々のほとんどが独立に賛成しているかのような日本の報道ですが、実際には独立に関する投票に行った人は過半数に至っていませんからねぇ。 それに、独立してもうまくいかないと思うけど。
まあ、今後もこの件に関してはTVEを見ながら状況をチェックしておこうと思います。 
日本のメディアはあてにならないですからね。
     pan005

続いて、いつものスペイン散策のお話です。
今日は、トルデシーリャスの街を流れるドゥエロ川の様子をお届けしますよ。

ドゥエロ川の対岸を目指して歩いていくと...
トコトコと歩いていくネコさんたちに遭遇。  
みなさん、これから集会ですか?
01907M Tordesillas 01908M Tordesillas
01911M Tordesillas

サン・アントリン教会のところまで戻ってきたら、左に曲がって坂を下りていきます。(エンペドラド通り)
写真は、坂道からサン・アントリン教会を見上げた景色。
01913M Iglesia museo de San Antolin

ここからどんどん坂道を下っていきまーす。
01915M Calle Empedrado

坂を下り終えると、牛の像が立ってる交差点に出ます。
ここからは、橋を渡っていくだけ。
01918 Calle Empedrado

橋を渡っていくと、橋の途中に景色を楽しめるスペースがありますよ。
日本の橋には、こういうのってなかなか無いですよね。
ということで、まずはここで川から見た街の様子を撮影~。
01922 Rio Duero de Tordesillas

今度は橋の反対側から。
ヨーロッパは、ほとんどの街に教会があるので、遠くから眺めるとそれらの教会の尖塔が目立つので画になりますよね。
01924 Rio Duero de Tordesillas

ドゥエロ川の対岸の方に行くと、川でカヌーの練習をしている人たちが何人かみられました。
01928 Rio Duero de Tordesillas

川の中で立っている人もいるので、このあたりはあまり深くなさそうですね。
01927 Rio Duero de Tordesillas

こんな感じでのんびり景色を楽しみながら写真撮影~。
01931 Rio Duero de Tordesillas

また同じような写真をのせちゃったけど... 素敵な景色です。
01921 Rio Duero de Tordesillas

また反対側から~。
水があるところに来ると、なぜかのんびりした気分になるね。
01925 Rio Duero de Tordesillas

さあ、バスの時間もあるし、、、 また街の方へ戻って散策を続けましょ。
01934 Rio Duero de Tordesillas

橋を渡って戻ってきました。
こちらは下から見上げた感じのサン・アントリン教会とカサ・トラタードです。
01948 Tordesillas

ここまでの散策ルートはこんな感じです。
トルデシーリャスmap 02

次回は、街にあるボデガ(ワイン醸造所)の一つを訪ねます。

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_10
04
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (トルデシーリャス その3:サンタ・クララ王立修道院)

? Que tal ?  

今日は、まずスペイン・トルデシーリャストラタード広場の景色から。
奥に見える緑色の像が、 ”狂王女フアナ” の像です。
01874M Juana de calle Tratado

ここから、アロンソ・カスティージョ・ソロルサノ通りを歩いて行くと、突き当りに教会みたいな建物が見えてきます。
01879 Real Convento de Santa Clara

この教会みたいな建物は ”Real Monasterio de Santa Clara:サンタ・クララ王立修道院” と呼ばれています。
先ほどの ”狂王女フアナ” がこの修道院に幽閉されていたという話もありますが、、、
実際には、この修道院の隣にあった ”宮殿”(現在は無い) に幽閉されていたという説が方が有力のようです。
01881 Real Convento de Santa Clara

私たちが到着した時、ガヤガヤとたくさんの人が出てきました。
観光ツアーの人たちがたくさん出てきたのかと思ったのですが...
この人たちは、閉館時間ということで出されてきた人たちでした。 
ということで、残念ながら私たちは中に入ることはできず...でした。 Gaan.gif
スペインでは、こういうことが多いんですよね~。
ちなみに、ここの開館スケージュールは次の通りとなっています。
 火~土: 10:00 - 14:00, 16:00 - 18:30
 日、祝: 10::30 - 15:00
 月:定休
01888 Real Convento de Santa Clara

とはいうものの、、、
少しだけということで、上写真のゲートをくぐったところまで入ってみましたよ。
奥の木の扉から入るのかなぁ~。
01891 Real Convento de Santa Clara

ということで、トルデシーリャスで一番の観光スポットは見学できませんでした。
また今度訪れる時までとっておくことにします。

ってことで、次はドゥエロ川を渡って、橋の向こうからの景色を見に行ってみることにしまーす。
01898 Real Convento de Santa Clara

その様子はまた次回!
では、またねー。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_09
29
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (トルデシーリャス その2)

! Hola !
? Como estan ?  

ここのところ朝晩めっきり涼しくなってきました。
まだ日々の気温は夏日を記録している割には、空も高く風も爽やかで、完全に初秋の雰囲気ですよね~。
    aute kaede
近年は、このような過ごしやすい日々が少なくなりました。 これも温暖化の影響なのでしょうか?
夏は暑すぎて冬は寒すぎ...  体調を崩さないように過ごすのも大変になってきました。
皆様もお身体にはお気を付けくださいね。
     panda_zzz.gif

さてさて。
今日も引き続きスペインの ”トルデシーリャス” という街の散策の様子をお届けしていきます。

先日ご紹介した街の中心にある ”マヨール広場” から ”サン・アントリン通り” を歩いていきまーす。
     くまねこあるき2
すると、途中にこんな感じの古そうな建物がありましたよ。
01830 Tordesillas
建物のあちこちに紋章らしきものがありますので、どなたか偉い方のお屋敷かと思い調べてみました。
  site_master.gif
ですが...結局よくわかりませんでした~。
トルデシーリャスの観光HPもチェックしてみたのですが、”16世紀の建物” というぐらいしか掲載されてませんでした。
ということで、謎の古い建物です。

そして、さらにサン・アントリン通りを進んでいくと、急に開けた川沿いの道に出ます。
ここには、”Iglesia-Museo San Antolin:サン・アントリン教会” があります。
01841 Iglesia museo de San Antolin
この教会の最も重要な礼拝堂の部分は15世紀の終わりに建てられ、その後16世紀にゴシック様式の教会として完成したようです。 そして、1998年4月に重要文化財的なものに指定されたようですよ。
現在は、博物館としても使われているそうです。

このサン・アントリン教会の前には、川を見下ろせるステキな広場があります。
この広場には、イサベルの娘 ”フアナ” の像が建てられていますよ。 (写真右端)
01842 Iglesia museo de San Antolin

フアナは、このトルデシーリャスの街に人生の大半を幽閉されていたということで有名なんです。
彼女は、フランドル(今のベルギーあたり)の稀代のイケメン ”フェリペ美公” と結婚したのですが、この方結構な遊び人・チャラ男だったようで、フアナはいつも嫉妬心を抱いていたようなんです。
で、その後、1504年にフアナの母であるイサベル女王が亡くなると、その王位を継ぐためこのフェリペ-フアナ夫妻が名乗りを上げスペイン入りします。
しかーーし!
その直後、このチャラ男・フェリペ美公は若くして亡くなってしまうのです!!!
フアナはこの愛する夫の突然の死を受け入れられず... ついには精神を病んでしまいます。 
このため、フアナは別名 ”狂王女フアナ” とも呼ばれていますよ。
この姿を見たお父さん(イサベルの夫”フェルナンド”)が、このトルデシーリャスの街にフアナを幽閉したってわけ。
幽閉されたのが29歳で、その後亡くなるまでの46年間をここで過ごしたっていうのですから...人生のほとんどこの街で過ごしたって言ってもよいですよね。
01872 Juana de calle Tratado ←フアナ像

ということで、フアナはこの街を有名にした方ですね。
一方、もう一つこの街が有名になった訳がありまして...
それが、サン・アントン教会のお隣にある この ”Casa del Tratado:カサ・デル・トラタード(条約の家)” です。
01833 Casas del Tratado

中に入るとこんな感じのパティオ(中庭)があります。 インフォメーションもここにありますよ。
01851 Casas del Tratado

で、中を見学していくと、こんな年表がありますが、、、 一体ここは何なのか???
01852 Casas del Tratado

そして、さらにこのような絵が描かれたところにやってきました。
世界史に詳しい方ならお分かりだとは思うのですが... 
実はこの場所、1494年にスペインとポルトガルが条約を結んだ場所なのです!
01856 Casas del Tratado

当時は、コロンブスなどをはじめとするポルトガルやスペインの冒険家たちが、西インド諸島、アメリカ、南米、アジアなどの 『新世界』 へどんどん進出していたため、その渡航先での両国のいざこざが絶えなかったようなんです。
そこで、ポルトガルとスペインが 『世界の領有権をあらかじめ決めておきましょう。』 として条約を締結したのがここ行われた ”トルデシーリャス条約” なんです。
なので、ここではこのような条約締結の様子を表現した展示をあちこちで観ることができるんです。 
01853 Casas del Tratado

ちなみに、この領有権を取り決めた条約は、後にまた不満が出たらしく、その後さらに ”サラゴサ条約” が締結されたらしいですよ。
また、現在のこの建物は、条約締結500周年を記念して、1994年に大規模な修復をして建てられたものだそうです。

引き続き建物の中を見学していくと...
いくつか建物のミニチュアが置かれた場所に出てきました~。

こちらは、この建物 ”Casa del Tratado:カサ・デル・トラタード” のミニチュア。
ミニチュアといっても、そばの女性と比べてみてもわかる通り、結構な大きさがあります。
01859 Casas del Tratado

続いて ”Palacio Rea de Tordesillas:トルデシーリャスの王宮”。 今は現存しないみたいです。 (1773年に解体されたまま)
01860 Casas del Tratado

こちらはお隣の街にある ”Castillo de Simancas:シマンカス城” です。
ここに来る途中で、バスの車窓からちょっとだけ見えました~。
01862 Casas del Tratado

こちらは、バジャドリッドにある ”Iglesia de Santa Maria:サンタ・マリア教会” 。
現在の外観は、もっと白い感じでしたよねー。
01864 Casas del Tratado

レオンの街にある ”Casa Botines:カサ・ボティーネス” 。 
この建物は、あのサグラダ・ファミリアで有名な ガウディ先生 がデザインした建物です。
01865 Casas del Tratado

最後は、おととい訪れたばかりの ”Castillo de Fuensaldaña:フエンサルダーニャ城” 。
イサベル女王とフェルナンド王が新婚旅行で訪れた場所です。
01866 Casas del Tratado

ということで、今日のところはここまで~。

では、よい週末を!
pan013
! Que tenga buen fin de semana. !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_09
27
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (トルデシーリャス その1)

! Hola a todos !  

数日前から、突然TVE(テレビ・エスパニョーラ)がネットで観られなくなてしまいました。
画面には、”あなたの地域ではご覧になれません” といった表示が。。。
以前も同じような現象に見舞われたのですが、原因不明のまま復活してたんです。
今回も原因不明なのでどう対処してよいものやら。。。
とりあえず、PCの中の不要なものを捨てて、メモリの容量を軽くしてみようかなぁ。
それで復活してくれれば良いのだけれど... どなたか対策をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えていただけると助かります。
     hukusuke02a.gif

さて、ここからはいつものスペイン旅のお話に戻ります。
ついに トルデシーリャスに到着です!
ここは、トルデシーリャスのバスターミナルですよ。 思いのほかおっきい!
01800 estacion de autobuses en Tordesillas

ここは、バスターミナルの出入り口です。
01802 estacion de autobuses en Tordesillas

バスを降りたら、まずは帰りのバスの時間を確認します。
そのあと街の散策へと出発でーす!
     くまねこあるき
まずは、写真に見える教会の尖塔を目指して歩いていきますよ。
01803 Tordesillas

そして、その目標にしていた教会に到着!
この教会は ”Iglesia de Santa Maria:サンタ・マリア教会” と呼ばれています。
白い石で出来た部分と、赤い石でできた部分があるのが特徴的ですね。
01806 Iglesia de Santa Maria

この教会は、16~18世紀ゴシック様式で造られています。
教会の中の祭壇や見どころのバロック式のオルガンなどは見ることができませんでした~。 残念。。。
01807 Iglesia de Santa Maria

あちこちまわる時間がなくなっちゃうので、先を急いでいきますよ。
01817 Tordesillas

続いては、街の中心にある ”Plaza mayor:マヨール広場” に到着。
この広場の周辺に食事するお店などが集まっています。
01825 Plaza Mayor

この旗が立っている建物は、街の役所です。
01821 Plaza Mayor

マヨール広場をぐるっと見学したら、次は街を流れる川の方へと進んでいきますよ。
写真は、 サン・アントリン通りです。
01827 Tordesillas

ということで、今日のところはここまで。
この先の様子はまた後日にしま~す。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ