2017_08
18
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その6:ペニャフィエル城①ワイン博物館)

! Hola a todos ! 

関東はようやく雨が上がり始めましたが、どんよりとした天気は続き、一向に夏らしい晴れた空にはならないですね。
暑いのは嫌ですが、このどんよりした天気よりはまだマシかなぁ。
  ker nijikero

さて、関東ではそんな天気が続きますが...
そんな時は、すっきり晴れたスペインの青空を思い出して、気分を盛り上げるのが一番ですね~。
ということで、今回もスペイン・ペニャフィエルの街の様子をお届けしていきます!

今日ご紹介するのは、ペニャフィエルの街のシンボル ”ペニャフィエル城” です。
旧市街の散策を終えて、お城のある丘を登ってきました。
01214 Castillo de Penafiel

ついにお城の入り口ところまできましたー!
01215 Castillo de Penafiel

こちらは、丘を登り始めて最初に見えた ”船首” みたいなところ。
なんか、かっこええ~!
01219 Castillo de Penafiel

近くでみると、やっぱりおっきいなぁ~。illust1553_thumb.jpg
01225M Castillo de Penafiel

お城の外観を少し楽しんだら、次は中に入ってみましょう!
あの門から中に入っていきますよ。
01231 Castillo de Penafielくまねこあるき

入り口には、開館スケジュールや料金などが書いてあります。
01232 Castillo de Penafiel

門をくぐったら、さらに奥へと進んでいきます。
先に見える入り口を入っていくと受付がありますよ。
01233 Castillo de Penafiel

入り口前に到着~。
ここは木でできたデッキみたいになってます。 写真のオブジェは、もちろんブドウを表現したものでしょうね。
01234 Museo del Vino en Castillo

で、入り口を入るとすぐに受付。
ここで料金の説明を受けてチケットを購入します。
01261 Museo del Vino en Castillo

ところで、チケットの購入なんですが...
受付の方の説明のよると、
館内はワイン博物館で、お城の見学は別のガイドツアーになっているとのこと。
なので、もちろんワイン博物館の見学と、お城の見学と両方行けるチケットを購入しました。
   shakaijin_OL3.gif
ただ、この後の係の方の説明がよく理解できなくて...。
でも、あとでいろいろ思い返してみると、どうやらこんなことを説明していてくれていたようです。
『ガイドツアーは、始まる前にこの場所(受付周辺)に集まってください。 ここで最初にガイドさんからツアーの説明を受けてから出発します。』 
もしかしたら、その他に『説明は全編スペイン語だけど大丈夫か?』とか、『お城のガイドツアーが始まる前に、ワイン博物館内にアナウンスがあるので、それを聞いたらここに集まって!』 とかいろいろ言われてたかもしれないですけど...私たちのスペイン語力では理解できなかったかぁ~。 アハハ~。  

まあ、そこは何とかなるでしょってことで。。。
とりあえず、ワイン博物館内の見学開始です!!!
こちらは、入り口周辺に置かれているペニャフィエル城の模型。 やっぱりこのお城は船みたいな形してるねぇ~。
01235 Castillo de Penafiel

まずは、ブドウの種類の説明から。
01245 Museo del Vino en Castillo 01239 Museo del Vino en Castillo

続いては、ブドウの”木”と木を荒らす”害虫”の展示。
01244 Museo del Vino en Castillo 01243 Museo del Vino en Castillo
ちなみに、この害虫は ”La Filoxera:ブドウネアブラムシ” っていう名前らしい。
で、展示してあるのはその幼虫。 でかくするとなんともキモいですね~。
一般的には、ブドウの葉っぱを食べる害虫が多いですが、この虫はブドウの樹液を吸って幹にコブを作り、やがて木自体を枯死させちゃうんですって。

続いては、大昔に使っていた用具や葡萄酒づくりの様子など。
01240 Museo del Vino en Castillo 01241 Museo del Vino en Castillo

ワイン瓶や樽を作る職人さんたち。
01246 Museo del Vino en Castillo 01238 Museo del Vino en Castillo

昔使ってたらしき ”ワインを詰める装置” と ”瓶にコルクで蓋をする装置” 。
01255 Museo del Vino en Castillo 01248 Museo del Vino en Castillo

奥の方に進んでくると、ワインの”香りサンプル”が置いてあります。
こんな風にいろんな香りサンプルを試せますよ。
01249 Museo del Vino en Castillo
サンプルはこんな感じになっています。
01251 Museo del Vino en Castillo

そして、下の階に行くと、ワインのテイスティングができる場所がありました!
ただ... テイスティングは要予約なんじゃないかなぁ。
01256 Museo del Vino en Castillo
各席には、水道やライトがちゃんとついているんですね~。
01257 Museo del Vino en Castillo

ということで、ワイン博物館の見学はこれで終了~。
次回は、お城見学のガイドツアーの様子をお届けします!

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_08
11
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その5:城のある丘)

! Hola ! 

今日も、スペイン・ペニャフィエルの街の散策の様子をお届けします。

さて、旧市街を大体見てまわってところで、いよいよペニャフィエル城のある丘を登っていきくことにしましょう!
     くまねこあるき2
丘を登っていくと、ところどころでこのような ”巨大アリ塚” みたいなものを見つけることができます。ari-ab.gif
このアリ塚みたいなものは、上の方にいくつか穴があけられているのが特徴です。
01154 Calle Atarazanas

こんなところにも!
実はこれ、ワイン蔵(ボデガ)の温湿度を調節するための換気用の煙突なんです!
それにしても、煙突にしては...な形ですね~。
01161 Calle Atarazanas

ということで...
この換気用煙突の下には、ワインが貯蔵されているんですね!
ほらほら! この煙突の向こうにはボデガ(ワイン醸造所)があるでしょ?!
 (Bodegas Diez Villamar:ディエス・ビジャマール醸造所)
01165 Calle Atarazanas

ところで、グーグルで街の様子を調べた時、このあたりにワイン博物館があるって表示されてたんですけどねぇ...
何かの間違いか? このあたりにはないみたいです。
う~ん、残念。。。
     senda_gaku.gif
ここからさらに丘を登っていくと、、、
次第に民家の建物もなくなって、お城がだいぶ近くに見えるようになってきます。
ここから見ると、お城が船や潜水艦の ”船首” みたいに見えますね。
01182 Castillo de Penafiel

まさに船...戦艦みたいだー!
01179 Castillo de Penafiel

お城までの道をだいぶ登ってきましたよ。
周りの景色もここまでくるとこんな感じに見えます。 空もすっかり晴れてよかった~。
01191 Penafiel01192 Penafiel

ここから見ても、丘の斜面のあちこちに先ほどのボデガの換気用煙突が見えますね~。
01312 Castillo

こちらは、ちょうどお城の反対側に来たところ。
01202 Castillo de Penafiel

そして、これがペニャフィエルの街とは逆の方の景色。
左下の方に見える茶色屋根の大きな建物は、街一番の醸造所 ”Bodegas Protos:ボデガス・プロトス” の建物です。
噂によると、ボデガス・プロトスのワインは王室御用達らしいですよ。
ちなみに、あの茶色の屋根は、ブドウをイメージしてデザインされたとのことです。grape_3.gif
01206 Penafiel

ということで、次回はいよいよお城の中に入っていきます!

ではまた!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_08
09
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その4:コソ広場)

! Hola a todos ! 

今回の台風は、あちこちでたくさんの雨を降らせたみたいですねー。
     00aame.gif taifu_3_20110903102205.gif 
最近は、異常気象なのか、局地的に豪雨が何度も続くことが多くなったように感じます。 
また、それに伴う河川の氾濫や土砂崩れによる災害も多くなりましたよね。
なので、こういったゆっくり移動しながらあちこちでたくさんの雨を降らせる台風が来ると、ちょっと心配になっちゃいますね。
皆さんのお住まいの地域は大丈夫だったでしょうか?
それにしても今日は一転、暑くなりそうです。
     ker2i11.gif

さて、今日も2016スペイン旅行のお話を続けていきますね。
今回もペニャフィエルの街のお話です。

サン・パブロ修道院教会からさらに川に沿った道を歩いていくと、左手に小さな入り口があります。
そこには ”Plaza del Coso(コソ広場)” と書いてある表札があります。
ここを入っていくと、街の観光名所の一つ ”コソ広場” がありますよ。
01133 Plaza del Coso

このコソ広場はこんな感じで、一面で覆われています。
ここでは街のイベントなどが行われていて、8月に行われるサン・ロケのお祭りのときには、闘牛も行われるそうです。
だから芝生とかじゃなくて土のまんまなんでしょうね。
01137 Plaza del Coso

そして、何より気になるのは、この建物の2階以上の部分が木で作られてるところですよね。
でもね、よく見ると木でできてるのは表面の部分だけなんです。 この木で作られている部分は ”バルコニー” 部分で、この広場で行われるイベント・ショーを見ることができるそうです。 
このようなバルコニーが作られ始めたのは、18世紀から19世紀の間らしいですよ。
01342 Plaza del Coso

ここから見えるペニャフィエル城も素敵です! 
01340 Plaza del Coso

この広場の一角に、 ツーリスト・オフィス(観光案内所)があります。
旅行者としては、街中などのもっとわかりやすい場所にあった方が便利なんですけど。。。
01153 Oficina de Turismo en Plaza del Coso

こちらは、この広場にあった唯一のバル。
まだ時間が早かったせいか、お客さんは誰もいませんねー。
01346 Plaza del Coso
mapa de Penafiel 03

この後は、お城を目指して歩いていきまーす!
その様子はまた後日。

ではまた!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_08
07
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その3:サン・パブロ修道院)

! Hola amigos !  

先日、スペインのTVニュースを見ていたら、バルセロナで ”観光客排斥(観光客は街に来るな!)” と主張をする人たちが起こした事件に関するニュースが放送されていました。 (※事件は、街中での落書きや観光バスへの襲撃(落書きやタイヤをパンクさせる)などです。)

バルセロナでは、こういった意見(観光客排斥)は何年か前から出ていたようですよ。
街に観光客が溢れかえっていることに加え、観光客の滞在時のマナーがあまりにも悪いことが原因となっているようです。
観光客のマナーについては、有名な観光地での振る舞いはもちろんのこと、 ”民泊” 場所での問題行動がかなり批判されています。 
ある地域では、観光客による住環境の悪化で、もともと住んでいた住民がほとんど引っ越しちゃった地域もあるとか...。
このため、民泊等に関する法規制などがかけられるようなことが伝えられていました。

こういった場合、よく日本人(私も含めて)は 『私たち日本人はマナーを守ってるから大丈夫!』 などと甘く考えがちですが、そのような考えは通用しないと思いますよ。  特に、今回の場合は ”街を訪れる観光客” という括りで批判されていますのでね。
バルセロナを訪れる方は十分ご注意を!

また、こういった ”民泊問題” については、もうすでに日本でも発生しています。
訪日外国人観光客の宿泊場所が少ないからといって、安易にこういった民泊制度に関する規制緩和をすすめるというのもいかがなものでしょうか?
今回お伝えしたのはバルセロナの例ですが、アメリカをはじめドイツやイギリスなどでは、もうすでに外国人の民泊に関する規制が行われています。 こういった先例があるのですから、これらを参考にして政府には迅速に対応してもらいたいところです。
もうすぐオリンピックもあるわけですしね。。。


さて、今日も ”2016スペインの旅” をお届けしていきますよ~。
今回も前回に引き続き、ペニャフィエルの街の散策の様子です。
     くまねこあるき
まずは、サン・ミゲル教会から少し歩いたところにある ”サン・パブロ修道院教会” です。
スペインでは、こんな小さな町でも教会はたくさんありますよね~。 
そういえば、どこかで 『どんな小さな町でも教会バルは必ずある。』 って聞いたことがありますよ。
01109 Convento de San Pablo

近くに行くと結構大きいです。
01115 Convento de San Pablo

それにしてもこの修道院は、あちこちの窓が埋められているのが気になりますね。
01354 Convento de San Pablo

この修道院は、もともとはカスティーリャ王・アルフォンソX世の宮殿があった場所に建てられたとのこと。
修道院としての起源は1324年で、建物の様式はゴシック・ムデハル様式となっています。
1749年に一度火災にあっていて、その後再構築されました。
もしかしたら、その再構築の時にいくつかの窓が埋められちゃったのかもしれないですねー。(建物の強度の関係?)

修道院横にある小さな広場には、十字架が建てられていますよ。
この広場にある入り口が修道院のメインの入り口になっているようです。
地元の方々が何人かここから入っていくのを見ました。
01352 Convento de San Pablo ←修道院入り口

この修道院入り口横の広場からは、丘の上にあるペニャフィエル城も見ることができます。
01131M Castillo en Plaza de San Pablo

ではまたね!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
31
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その2)

! Hola ! 

今週も2016スペイン・バスクの旅のお話を続けていきますよ~。
今日は、前回に引き続き ”ペニャフィエル” の街の様子をお届けしていきます。

さあ! はいよいよペニャフィエルの旧市街に入ってきました!
     くまねこあるき2
こちらは、街を横切って流れている川。 名前は何でしょうかね?
この川は、街のすぐ北を流れているドゥエロ川の支流です。
01061M El río Duratón  swim_cr_20170720094422842.gif

こういった景色はヨーロッパならではな気がする~。
01071 El río Duratón

川を渡ってすぐに見えるのは、この ”サン・ミゲル教会” です。
01064 Parroquia De San Miguel Arcángel illust1553_thumb.jpg

教会横の芝生の広場には、ちょっと変わったこんなオブジェがたてられています。
何かの記念碑なのかも。。。
01067M Parroquia De San Miguel Arcángel

こっちが教会の正面。
01099 Parroquia De San Miguel Arcángel

写真的には、この角度の方が良く見えるかも。。。
01101 Parroquia De San Miguel Arcángel

入り口は先ほどの写真で紹介したこの扉。 以前に紹介した ”サンタ・クララ修道院” のところに書いてあったように、ここもミサの時しか入れないようです。
もしミサの時に信者の皆さんと一緒に入れたとしても... ちょっと気が引けちゃいますよね。
もちろん、写真なんか撮れないでしょうしね。 
01103M Parroquia De San Miguel Arcángel

この教会直道の反対側には、こんな感じの緑の素敵な芝生の広場があります。 ここは Plaza de San Miguel de Reoyo といいます。 そこには記念碑みたいなのがたてられていますよ。
1087 Plaza de San Miguel de Reoyo

そして、この広場のすぐ脇の道、レオヨ通りの景色。
遠くに見える鐘楼は ”Iglesia De Santa Maria De Mediavilla(サンタ・マリア・デ・メディアビジャ教会)” の鐘楼のようです。
01093 Calle de Reoyo

レオヨ通りで気になったこの建物。 なにかアジアの雰囲気が感じられる建物ですよね。
スペインではあまり見かけない作りです。
01092 Calle de Reoyo

ということで、今日のところはここまで。
01072 El río Duratón

ここまでの街の散策ルートはこんな感じです。
mapa de Penafiel 02

また次回もお付き合いください~。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
28
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエル散策 その1)

? Todo bien ? 

今日は、バジャドリッドから少し離れたところにある街 ”ペニャフィエル” を散策した時の様子をお届けします。
街を訪れた時はちょっと朝早かったせいか少し涼しい感じでしたよ。
こちらは、朝のコムネロス広場の様子。
01033M Plaza de los Comuneros

そして、この広場のすぐ近くにある ”サンタ・クララ修道院” 。
01038 Convento de Santa Clara

入り口上に鎮座してらっしゃる像が、サンタ・クララさんでしょうね。
01039 Convento de Santa Clara

この修道院には入れません。
...で、なにやら時間割が貼ってあります。
これはたぶんミサの時間割表。 サンタ・クララ以外のサン・ミゲル、サン・パブロは、街にある他の二つの教会/修道院のミサのスケジュールのようですよ。
01040 Convento de Santa Clara illust1099_thumb.gif

こちらは、サンタ・クララ修道院の別の入り口。
入り口の左手にホテルマークがついているので、宿泊施設があるようです。
01041 Convento de Santa Clara

と街を少々歩いたところで、バルに入ってコーヒーでも飲みながらこの後の行動を考えまーす!
ここで入ったのは、バル・アヴェニーダです。
01045 bar Avenida

お店の中はこんな感じ。
みなさんカウンターでちょっと一杯って感じの人ばかりなのか、テーブル席は少なかったです。
01046 bar Avenida

バルでのんびりした後は、いよいよ旧市街からお城へと向かって散策していきますよー!!!
01047 Calle del Mercado

メルカド通りから一つ南側にある橋からの景色。
ここからもお城がきれいに見えます。  
ただ、天気が少し良くないですねー。
01056M Castillo de Penafiel

さあ、この橋を渡渡ってペニャフィエルの旧市街へと入っていきますよ!
01054 Castillo de Penafiel くまねこあるき2

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
26
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ペニャフィエルへ!)

? Que tal, buenas ? 

今日は、またまたバジャドリッドから離れたところにある ”Peñafiel:ペニャフィエル” という街を訪れます。
バジャドリッドからは、バスが出ているのそれに乗っていけば1時間ちょっとほどで行くことが出来ますよ。
A Penafiel

この Peñafiel という街は、先史時代から人が住んでいたことが確認されている古い街です。
歴史上で登場するのは、912年の再入植と、1013年にレコンキスタがあったことです。
ペニャフィエルには製粉工場やビスケット工場などがあり、この地域の中心的な街でした。
現在では、街に大きなボデガ(ワイナリー)”Bodegas Protos” があり、ワインの生産地としても有名になっていますよ。wine.gif
     school_teacher_2_20140924121229ddd.gif
ということで、、、
まずは、ホテルを出たらバスターミナルへと向かいます。
バスターミナルまでは、ホテルからバジャドリッドの駅の前を通って行きます。
01001M Estacion de Valladolid ←朝の駅前

バジャドリッドのバスターミナルはこんな場所にあります。
Mapa de Valladolid 04
   くまねこあるき2
ホテルから10分ちょっとぐらい歩いたところで、バジャドリッドのバスターミナルへ到着~。
01008M Estacion de autobuses en Valladolid bus_20110518134854.gif

バスターミナルへ到着したら、まずは切符を購入。(4.65 €/人)
無事購入できたら、あとはバスの時間までカフェ・バルで待機です。 バスターミナルのカフェは人気です。
スペインのバルの店員さんは、いつもテキパキとよく働きますよね~。
01005M Estacion de autobuses en Valladolid
朝ですので、まずはカフェ・コン・レチェで。。coffee_4_20111016173644.gif
01003M Estacion de autobuses en Valladolid

休憩した後は、バスの出発時間に遅れないようにバス乗り場へと向かいます。
01007 Estacion de autobuses en Valladolid

あとは、バスに乗って一路ペニャフィエルへと向かいます!
     hatobasu-ani01.gif
01011M en autobus

ペニャフィエルのバス停に到着!
帰りも同じバス停からバスが出発します。
01012 paradad de autobuses en Penafiel

バス停からは、まず歩いて街の中心まで行きます。
で、街の目抜き通り?かな...メルカード通りまで来ました~。
ここまでくると、こんな景色が観られますよ! 
丘の上に見えるのは ”ペニャフィエル城” です。
01019 Calle del Mercado

こっちは、お城と反対側の景色。 
まあ、普通の街の景色ですね。
01025M Calle del Mercado

結構朝早く着いたので、まだ開いていないお店がほとんどです。
この方は、花壇の手入れをされているようですね。 
スペインの朝の街の一風景って感じでいいですねー。
01023 Calle del Mercado

朝早くから一生懸命働いているこの車は、街の清掃車です。
ゴミ収集もやってるのかも。。。 
それにしては、ちょっと可愛らしい感じの車ですね。
01022 Calle del Mercado

こちらもメルカード通りからの景色です。
01037M Calle del Mercado illust1553_thumb.jpg

街のあちこちから見えるこのペニャフィエル城。 まさに、街のシンボルですね。
もちろん、あとでこのお城にも登ってきましたので、その様子をまた後日お届けしま~す!
01024 Calle del Mercado

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
24
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (バジャドリッド散策 その5:フエンサルダーニャ)

Hola. 

今日も引き続きバジャドリッド郊外にあるフエンサルダーニャの街のお話です。

こちらは、フエンサルダーニャ城の裏手に回った時の景色。
00935M Castillo de Fuensaldaña

そして、その裏手にはこーんな景色が広がっていましたよ!
こういう景色は、日本じゃ北海道ぐらいしか見られないかもね~。
ちょっとアメリカっぽい感じもしなくもないかな。
00942 Fuensaldaña

ここに植えられているのは ”麦” のようですよ。 
そろそろ刈り入れ時でしょうかね?
バジャドリッド周辺は、農業を主産業として興した街(バジャヤドリッドもその一つ)がたくさんありますので、ここもそういった感じなのかなー。
00946M Fuensaldaña illust1553_thumb.jpg

で、お城の周りを一周まわってきました。
なかなかカッコええなぁ~。
00950 Castillo de Fuensaldaña

そして、こちらはお城の広場から見た街の景色。
00954 Castillo de Fuensaldaña

こちらは、街の観光名所を示した案内板。 
スペインではこういう小さな町にもちゃんと観光案内があるのがすごいですよね。
00959 mapa de Fuensaldaña

この赤い建物は、町役場です。
00957 Ayuntamiento de Fuensaldaña

こちらは、街のもう一つの観光名所 ”Iglesia Parroquial San Cipriano:サン・チプリアノ修道院教会” です。
こちらは、13世紀に作られたものなんですって。 お城より古いんですねー。
00965M Iglesia de San Cipriano

手前の ”イグレシア広場” から眺める姿も素敵です。
00964 Iglesia de San Cipriano

ということで、これでほぼ街の観光は終了です。kuma_ojigi.gif(笑)
そして、最後はバルで休憩です。
00969M bar Moderno

バルの中はこんな感じ。
もちろん、お客さんは地元の人っぽい方しかいません。
00970 bar Moderno00971 bar Moderno

ということで、バジャドリッドへと戻りまーす。
帰りのバス停はこんな感じのところですよ。 他にお客さんもそこそこいたのでわかりやすかったです。
00973M parada de autobuses

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
21
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (バジャドリッド散策 その4:フエンサルダーニャ)

Hola.  

今回は、バジャドリッドの街を抜けだして、近郊の街 ”Fuensaldaña:フエンサルダーニャ” へと向かったときの様子をお届けします。
この街は、先日ご紹介したとおり カトリック両王の新婚旅行先 です。king_20170714091519fa3.gif queen_kw.gif


最初は、バスターミナルまで戻ってそこからフエンサルダーニャ行きのバスに乗ろうと計画していたのですが...
いやいや、バスターミナルまでホント遠いこと遠いこと...。
これまでの散策で結構疲れちゃっていたので、もうそんな元気なし。
     pan006
そこで、いろいろ調べてフエンサルダーニャ行きのバスの途中の停留所をチェック!
現在の場所から一番近くにあるバス停を目指すことにしたんです~。

そのバス停は、この ”Plaza Poniente:ポニエンテ広場” のイサベル・ラ・カトリカ通りにありますした。
ちなみに、このポニエンテ広場は、いつもベンチにおばあちゃんが座っていますよ。
00894 Plaza de la Rinconada

『このバス停でバスに乗れなかったら、今回はフエンサルダーニャに行くのをやめよう』 と半ばあきらめていたのですが、、、
いやいや、ちゃんとバスに乗れましたよ~。
     pan015

で、バスに乗ってしばらく(15分ぐらいかな?)走ると、街の景色から郊外の風景に変わっていきます。
更に行って街らしきところに停車すると、そこがフエンサルダーニャの街でーす。
Mapa a Fuensaldana

注意しなきゃいけないのは、降り場所にバス停の標識もなにもないこと。 普通の道端にバスを横付けして停車します。
もちろん、バス内には停車時のアナウンスは流れないですよ。
参考までに、行きのバスが停車する場所(赤丸)と帰りのバスが停車する場所(青丸)を示しておきます。
帰りのバスの停車場所には、ちゃんと停留所(乗り場)がありますのですぐわかると思います。
Mapa de Fuensaldana 02

無事にバスを降りたら、そこからプラド通りをしばらく歩いていくと...
見えてきました! 
あれがカトリック両王が新婚旅行で滞在したという ”Castillo de Fuensaldaña:フエンサルダーニャ城” です! 
00896M Castillo de Fuensaldaña

どんどん近づいていくと、お城の上にたなびいている旗も良くわかるようになってきました。
00901 Castillo de Fuensaldaña 

もうすぐです!
00899 Castillo de Fuensaldaña くまねこあるき

じゃじゃーん! !Solpresa!
にしても、せっかくの景色がちょっと駐車スペースの屋根で邪魔されちゃってますねー。
ちょっと残念。。。
00900 Castillo de Fuensaldaña

そして、まずは館内入り口に向かってみます。
中は観覧できるかなー。
00902 Castillo de Fuensaldaña ←お城の入り口

入り口を入ると、すぐに受付のカウンターが目に入ります。
ちょうど受付け係の女性がいましたので、中が観覧できるか聞いてみたんですけど...
ダメだって~。。。
ネットの情報では、時間割が
 ・10月~4月 :土、日、祝 11:00~14:00、17:00~19:00
 ・ 5月~9月 :火~日   11:00~14:00、17:00~20:00
ってあったような気がするのですが、、、残念。

ということで、とりあえず館内入り口のところだけ写真を撮らせてもらってきました。
00903 Castillo de Fuensaldaña
今思うと、観覧には予約が必要とか、そういうことだったのかも。。。
00905 Castillo de Fuensaldaña

ということで、結局外からその外観を見学するだけになっちゃいました。。。 とほほ。
00909 Castillo de Fuensaldaña

そうはいうものの、外からの様子もなかなかすごいものがありますね。
日本大城やヨーロッパの他の国のお城とはちょっと違った良さがあります。
ちなみにこのお城、15世紀に貴族の邸宅として作られたそうです。
確かに... お城を守る城壁もお堀なかったですね。 それに建物自体にも”銃眼”的なものがほとんど無いようです。
00918 Castillo de Fuensaldaña

こちらは裏手から見た時のお城の姿です。
00920 Castillo de Fuensaldaña

この続きはまたあとで。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_07
19
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (バジャドリッド散策 その3:サン・パブロ修道院)

! Hola !  

今日も引き続きスペイン、バジャヤドリッドの街の観光名所をご紹介していきます。

私たちの次の目的地 ”フエンサルダーニャ” 行きのバスの停留所まで、街を散策しながら向かっていきます~。
その散策経路には、街一番の観光名所が沢山あってとても有名ですよ。
     
まずは、ちょっと奥まったところにある ”Palacio del Conde de Gondomar”(ゴンドマール伯爵の宮殿) という建物。 
建てられたのは1540年だそうです。
今は使ってないみたいなんですよね。 
確か、以前来た時も閉鎖されていたと思います。 なんだかもったいない...
調べてみると、現在は芸術品のレプリカを保存している場所(いわゆる倉庫?)として使われているようです。
ど-りでひと気がないわけだ。。。
00862 Palacio del Conde de Gondomar - Casa del Sol

この建物は、別名 ”Casa del sol”(太陽の家) と呼ばれています。 
その理由は、この建物のファサードの天辺に 太陽を表す装飾 があるからです。
鳥の上に、太陽の形を表した装飾が見えるでしょ?
00863 Casa del Sol ←太陽の家senda_fumufumu_20110215192657.gif

続いては、この ”太陽の家” から少し行ったところにある ”国立彫刻博物館 colegio de san gregorio” のファサードです。
ここは、1842年に設立されたスペイン最古の博物館ともいわれています。
また、建物自体は15世紀末に作られたもので、 ”colegio” の名がある通り、現在の博物館として利用される以前は ”学校(大学)” でした。 
それにしても細かい装飾が素晴らしいですねー。
00867M Colegio de San Gregorio ←国立彫刻博物館shie love

そして、 ”太陽の家” ”国立彫刻博物館” と続く道の先にあるのは...
サン・パブロ修道院教会のあるサン・パブロ広場です!
素晴らしいですねー。 
ここが街一番の観光スポットですね! この場所は、私のバジャドリッドの中のお気に入りの場所の一つになっています。
00873 Convento de San Pablo y San Gregorio

なにしろサン・パブロ修道院の正面ファサードの大きさとその装飾にはビックリ&感動させられます!
すごいなー!
00872 Convento de San Pablo y San Gregorio

こちらの観光客らしきお二人もその素晴らしいファサードに見入っていますね。
00875M Convento de San Pablo y San Gregorio illust1553_thumb.jpg

さて...
このサン・パブロ修道院に向かって広場右手にあるのが ”Palacio de Pimentel”(ピメンテル宮殿) 
現在はバジャドリッド州の持ち物になっています。
ちょっと調べたところによると、建物は15世紀に建築が開始され、アストルガの侯爵、ベルナルディーノ・ピメンテル氏、ベナベンテ公爵のなどの手に渡ったそうです。 その後、ここでフェリペIIが誕生したことで、1527年に王室の持ち物となったとか。。。
     pc_sousa.gif
それにしても、フェリペII世がここで生まれたってホントかな?  
でも、一応 フェリペII世はバジャドリッド生まれってことになってるから...
そうだとしたら、、、え~っ!!! Munc.gif もっとちゃんと見てくればよかったぁ~。 
だって、フェリペII世っていったら、スペインが ”太陽の沈まない国” って言われた最盛期の時の王様ですからね~。 
00884M Palacio de Pimentel

そして、左手にある赤い建物は、学校です。
こんな素敵な場所にあるなんて、うらやましいですよねー。
00881M Instituto De Educación Secundaria Ies Zorrilla

さらに、サン・パブロ修道院の反対側にあるのがこちら、 ”Palacio Real:王宮” です。
ちょっと質素な感じがしますが、フェリペIII世がこの地に首都を移したとき、ここでフェリペIV世が誕生したそうです。
00886M Palacio Real

ということで、ここから引き続き歩いてバス乗り場のある方へと移動します。
     くまねこあるき
そうそう、このサン・ベニート通りにあるこのお店 ”Achuri” 。 
以前にバジャドリッドを訪れた時、たまたま昼食に入ったお店なんですが、料理がすごくおいしかったのを覚えてます!
もう一回来たいなぁ~。
00889 Restaurante Achuri

そして、このお店のすぐ近くにあるのが ”Iglesia del monasterio de San Benito el Real”(王立サン・ベニート修道院教会) 。
バリャドリッドの最も古い寺院の一つだそうです。
この建物は、1569年にロドリーゴ・ギル・デ・ホンタノンによって設計されました。
白くて重量感のある堂々としたつくりを感じますよねー。
00892 Iglesia De San Benito

そのお隣にあるこちらの建物、市の公共的な施設のようですが...
00890 Museo del Patio Herreriano

上の写真の建物の対面にあるのがこちらの建物。
こちらは市場になっています。 
上のレストランAchuriのお料理が美味しかったのも、近くでこのような食材が手に入りやすいからでしょうか?
この市場周辺には何軒もレストランやバルがありますので、このあたりのお店の食事は美味しいかもしれないですねー。
00893 Mercado

ということで、今日のところはここまで。
散策してきたルートはこんな感じです。 ご参考までに。
Mapa de Valladolid 03


では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ