2017_06
28
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その7 プラド庭園:タイル装飾の教会)

Hola.  

ここのところ天気も良くなくて、本格的に梅雨に入った感じがしますね。
こういう天気だと体調も崩しがち。。。
も調子のよくない日々が続いています。 なんとか天気も調子も上がってきて欲しいのですが。。。
皆さんはいかがでしょうか?

さて、今日は前回に引き続いてタラベラのプラド庭園(Jardines del Prado)の中の様子をお届けします。
先のご紹介した闘牛場のまわりを進んでいくと、その先に教会が見えてきます。
00365M Plaza de Toros

近くへ行ってみると、この教会は下写真のようになっていました。
名前は、 ”バシリカ・ヌエストラ・セニョーラ・デル・プラド”(プラド聖母教会) といいます。
この教会、他の教会とはちょっと違って、正面にテラスのようなものが取り付けられたつくりになっていますよ。
00371 Basilica Nuestra Senora del Prado

横から見てみるとこんな感じ。
00374 Basilica Nuestra Senora del Prado

では、このテラス部分に入ってみましょう!
ここは、ブルー、グリーン、イエローを基調とした色で描かれた画タイルで装飾してありますね。
00389 Basilica Nuestra Senora del Prado

正面からみて一番右手に描かれていたのはこれ。 たぶん、アダムとイブの絵でしょうかね。
00390 Basilica Nuestra Senora del Prado

あとは、キリストにかかわる物語などが描かれていると思われます。
右手から左手に向かうにつれ、時代が進んでいくように描かれています。
00391 Basilica Nuestra Senora del Prado

で、こちらが正面入り口。
やっぱり、ここも今日は中に入れないようです。残念。
00392 Basilica Nuestra Senora del Prado

こちらは、正面向かって左手にある画タイル。 こちら側にはたくさんの人物が描かれております。
みなさん聖人なのでしょうかね。
00393 Basilica Nuestra Senora del Prado

教会周辺にある壁にもこのような装飾がしてありまーす。
00386M Basilica Nuestra Senora del Prado

ここは庭園というだけあって、なかなかきれいに手入れがしてあります。
緑もたくさんあって落ち着きますね。
00366M Parque de la Alameda

次回は、この庭園をもうちょっとご紹介。 たくさんある陶製の装飾を中心に皆さんにお届けします。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_06
26
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その6 プラド庭園:闘牛場 La Caprichosa)

? Todo bien ? 

先日のリーガ2部の昇格試合、柴崎選手所属のテネリフェは惜しかったですねー。
あと1点届かず! 残念。。。
     pan006
ただ、たとえ昇格できたとしても、あの様子ではプリメーラで戦い抜くのはちょっと厳しかったかもしれないですね。
また1年努力してチーム力をアップさせたほうが良いように思います。

それに引き換え...
日本の天皇杯では、ジャイアントキリングとか言って、J1のチームが大学生のチームに負けるという大失態をおかすという。。。なんとも情けない状態ですね~。 もうあきれちゃいます。
     pan003
『Jのチームも主力選手を落としてのぞんでいるから。』 とか、
『サッカーってそういうもの。何が起こるかわからない。』 っていう方もいらっしゃるかもしれませんが、それは言い訳。
だって... プロなんだもん
お金をもらってサッカーをしているプロの人たちが、学生に負けるなんて有り得ない! 『ほんとにプロ?』
お金もらってるサッカーしてる意味が分かんない...  こりゃ負けたチームの選手・監督の年俸は減額だな。

それにある意味Jリーグのレベルは低いって露呈しちゃった感もありますね-。
海外の選手からは 『Jの練習はぬるい。 練習のための練習をしているようだ。(本気で練習してない)』 って言われているようですし。
やっぱりチーム数が多すぎるんじゃないかなー。 サッカー選手もしのぎを削ってレギュラーを勝ち取るって意識が低くなっちゃうんじゃないですかね。 
このままだと、Jリーグにいても選手の技術は上がらないでしょうから、有望な選手は早く海外に出た方が良いですよ。
Jリーグが世界のトップリーグの一つになるのは、まだまだ遠そうですからね。 夢のまた夢ですよ。
     pan005

さて、サッカーに関するお話はここまでにして...
いつものように、スペイン旅のお話に戻ります。
今回は、タラベラの街で軽くお昼ごはんをいただいてから、街の闘牛場あたりを散策した様子をお届けしますね。

タラベラの街を散策してそろそろお昼ごはんという時間になったのですが... あまり食べ物屋さんが見当たらない。
で、パッと目についたプラド庭園の入り口にある ”La Manuela” というお店に入ることにしました。
00330 Restaurante

レストランとして利用できるようなテーブル席もあったのですが、ここではカウンターで軽く食べるということにしましたよ。
だって...本格的に食べるって場所でもなさそうでしたしねー。
00334M Restaurante

この日も暑かったのでまずビールでのどを潤します~。
冷たく冷えてて絶品です~。
00332M Restaurante

猫さんはアルコールをやめてお水です。 
00333M Restaurante

で、オーダーした食べ物は、ボカディージョ。 スペイン版サンドイッチですね。
一つは、生ハムのボカディージョ。 
これは、どこでも安定した美味しさです。
00339M Restaurante

続いては、イカリングフライのボカディージョ
これはまあ普通のお味。 ただ、こちらはお店によって美味しさのレベルに差が出ます。
美味しいお店のイカリングフライは、ほんとにふわっふわで美味しいんですよ!
00341M Restaurante

さてさて。
このあたりは街の中でも特に公園などが集中していて緑の多い場所です。 (田舎なので街の外には緑がたくさんありますが...)
カリニョ公園、アラメダ公園、プラド庭園の3つがありますよ。
parque de Talavera

なかでも庭園というだけあって、プラド庭園はきれいに手入れされていて、園内にいくつか見どころがあるんです。
なので、たちもそちらを回ることにしました。
00345 Parque de la Alameda くまねこあるき

庭園の中に、ペタンカ(ペタンク)の競技場を発見! 
こんなところでも流行っているんですねー。
00347 Parque de la Alameda

庭園の中へと歩を進めていくと、次は ”闘牛場” が見えてきました。
入り口上には ”La Siesta”(シエスタ=お昼寝) って名前が書いてがありますね。 
00351 Plaza de Toros

まだシーズンじゃないみたいです。
ちなみに、チケットを買う窓口(タキージャ)はここ。 日陰席か日向席かって感じで席料が決まっているらしい。(聞いた話)
私たちも、まだ闘牛は見たことないんですよね~。
00355 Plaza de Toros

まだまだ散策は続きますが、今日のところはこの辺で。
00360M Plaza de Toros

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
23
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その5 アラブの城壁)

Hola. 

今日は暑くなりそうですねー。
熱中症にならないようにしながら仕事を頑張らないとですいけないですね。

さて、今日もスペインタラベラの街の散策の様子をお届けします。

前回に引き続き、きれいな花の咲く通り(カリニョ通り)を歩いていきます。
ここから、右手にはカリニョ公園が広がっていますよ。
00297M Talavera de la Reina くまねこあるき

しばらく歩いていくと、突然大きな城壁が現れました~。Munc.gif
00300 Murallas

思いのほか大きいですねー。
00301 Murallas

で、この城壁を眺めていると、名前が示してあるタイルを発見!
アラブ様式の城壁で、10世紀に作られたようですねー。
00302 Murallas muralla 50p

城壁沿いに歩いていき、次の角を曲がると、その先には城門が見えましたよ。
00306 Murallas

近づいてみると結構大きくて、しかも結構しっかりとした状態で残されてます。
この門の奥にもまた別の城門がありますね。
00310 Murallas

こちらは先ほどのものよりちょっと小ぶりです。 でも、大したものです!
00316 Murallas

さらに、城壁からちょっと離れてこんな石の門もあります。
こちらは...ちょっと新しいのかなぁ~。
00308 Murallas

この城壁に沿って歩いていき、途中からサンタ・レオカディア広場へと入ります。
この広場には、こんな感じの陶製のオブジェがあります。
00329 Talavera de la Reina panda_kya.gif

そして、こんな感じのも。
なんか徐々に ”陶器の街” って感じがしてきましたね。
00330 Talavera de la Reina

ということで、ここまでの散策ルートです。
mapa de Talavera 03

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
21
(Wed)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その4 タホ川)

? Todo bien ? 

今日は、タホ川の河畔の道を散策した時の様子をお届けします。
このタホ川、 スペインでは ”タホ川” ですが、ポルトガルでは ”テージョ川” と呼ばれます。
スペルはどちらも ”Tajo” 。
その始まりは遠くクエンカ、テルエル周辺で、アランフェス、トレド、タラベラと流れ、最後はポルトガルのリスボンで大西洋へと流れ込みます。
これはイベリア半島で一番長い川だそうですよ。
 
ということで、今回はそのタホ川沿いを散策~。くまねこあるき
赤く見える橋は レイナ・ソフィア橋です。
00266 Talavera de la Reina

川沿いの通り(カリニョ通り)をしばらく歩いていくと、ポツポツと陶製のタイルを売るお店がありました。
00268M Talavera de la Reina

こちらのウィンドウには、今風のちょっとポップなタイルもありましたよ。
00269M Talavera de la Reina

そして、さらに歩いていくと...
きれいなタイル画の壁が現れました!
00271 Talavera de la Reina

タイル画には、魚を捕っている人たちの姿がデザインされています。
00274M Talavera de la Reina

こちらも魚を捕っている人たちの図柄。
この街は、昔は川の魚を捕って暮らしていたんでしょうか?
00275M Talavera de la Reina

そして、このタイル画の壁がある場所には、この地域の ”民族博物館:museo etnografico” がありますよ。 →HPはここ
00278 Talavera de la Reina

ここにはこんな感じの場所があります。
ここには、入り口はないみたい。。。
広場の向こうに見える建物は、サンタ・カタリーナ教会です。
00276 Talavera de la Reina

この広場お隣には、ツーリスト・インフォメーションがありますよ。
なので、ここで街の情報を入手しましょう!

受付には、係の女性の方がいましたので、早速街の地図をもらって主な観光名所などを聞いてみました。
すると...
『あなたたちいつまでこの街にいるの?』
『今日、マドリッドへ戻ります。』
『そしたら、これからあなたたちが観られる観光場所は...    無いわ!!!
『え~っ!!! あはは~っ!』neko tanoshii

係のお姉さんも陽気な人でしたから、明るくそう言われちゃうとみんなで大笑いするしかなかった!
だって、もうどうしよう無いですからね~。
たぶん、この日が月曜日だったのもいけなかったんでしょう。 月曜日はお休みのところが多いですから。

『どちらからいらしたんですか?』
『日本からです。』
『そうでしたか。残念です。 また今度来てくださいね。』って。

で、とりあえず地図を見ながら、街の観光名所を教えていただきました。(下の地図をご参照ください)
0002_20170613221108233.jpg

ツーリスト・インフォメーションでいろいろ聞いた後は、目の前のタホ川に架かる橋に行ってみました。
石積みと煉瓦でできた橋で、 ”ロマノ橋” と呼ばれています。
00280 Talavera de la Reina

この橋を歩いていき、途中で街の方を振り返ってみるとこんな感じに見えます。
サンタ・カタリーナ教会が素敵に見えますね~。
00282 Talavera de la Reina

こちらが、タラベラのタホ川の流れです。
00283 Talavera de la Reina

この先は、きれいな花の咲くカリニョ通りをしばらく歩いていきます。
00293 Talavera de la Reina
     くまねこあるき2

この先の様子は、また次回ということで。
では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_06
19
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (タラベラ散策 :その3 パン広場)

! Hola a todos ! 

今朝は朗報が一つ。
スペインのリーガ2部のテネリフェで頑張っている柴崎岳選手が、カディスとの昇格プレーオフの2nd leg.で値千金のゴールを決め、次のヘタフェとのプレーオフ決勝へとコマを進めることができました!!!
     jpn_winner.gif
それにしても難しい試合でしたね~。
正直なところ、カディスが勝利してもおかしくない状況でしたよ。
1st legを0-1で落としていましたから、このホームの戦いで1点でも失うとまずい状況。 そんな中、なんとか最後まで1-0で持ちこたえることができたのは素晴らしかったです。 

ただ...チームの課題は多そうですね~。 
相手左サイドからの攻撃にかなりやられている感がありましたし、攻撃の連動性に関してもう~ん...といった感じです。
次のプレーオフ決勝の相手は難敵”ヘタフェ”。 
あのホルヘ・モリーナが攻撃陣をけん引する試合巧者のチームですから、相当頑張らないと難しいでしょうねぇ。
とはいえ、常に何が起こるかわからないのがサッカー!
次も柴崎選手の頑張りとチーム勝利を期待しましょう!!!
  

さて、ここからはいつものスペイン旅のお話になりまーす。
引き続きタラベラ・デ・ラ・レイナの街の散策の様子です。

街を散策しながら見えた大きな教会を目指して歩いていくと、、、、
その先にはちょっとした広場がありました~。
ここは、 ”パン広場” と呼ばれているところで、街の観光の中心みたいに感じられました。
00242 Talavera de la Reina

この広場には上の写真ような噴水があって、ところどころに陶器で作られた箇所があります。
こちらは吐水部分なんですが、人の顔をモチーフにカラフルな色合いで作られています。
00243 Talavera de la Reina

ここに来ると、さすが陶器の街と感じられるように、あちらこちらに陶器で装飾が施してあります。
こちらは、ポルトガルのアズレージョを感じさせるような ブルーを基調とした陶器で装飾されたベンチです。
※ちなみに、アズレージョは装飾タイルのことを指すそうです。
00241 Talavera de la Reina

こちらの花壇も、ブルーを基調としたタイルで装飾されています。
00245 Talavera de la Reina

こちらのベンチは、先ほどのベンチとは違ってカラフルな色合いでつくられたタイルで装飾してありますねー。
描かれている絵は、どんな場面なんでしょうか?
00244 Talavera de la Reina

さて、次はこのパン広場に私たちを導いてくれた大きな教会です。
この教会は、 ”サンタ・マリア・ラ・マヨール教区教会” と呼ばれています。
00257 Talavera de la Reina

もうちょっと近くによって見ると、その堂々とした作りを感じることができますね。
00254 Talavera de la Reina

正面入り口上には、透かし彫りのような装飾が施してあります。
中から見たらどんな風に見えるんだろ。 
でも、この時(この日?)は... 中には入れなかったんですー。
00260M Talavera de la Reina

ということで、せっかくの場所も見学できず...そのまま先に進んでいくことにしました。
すると、パン広場の先にはロータリー(交差点)があり、この先は街外れといった雰囲気です。
00264 Talavera de la Reina

ここには、川が流れていて、赤い橋が掛けられています。
この川は ”タホ川” 。 あのトレドのまわりを流れているのと同じ川ですよ。
ですので、この川をどんどん遡っていくと、トレドの街に着いちゃうってわけです。
00265 Talavera de la Reina

...懐かしいトレドの街...最近訪れてないなぁ~。
0594 Toledo

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ