2017_11
25
(Sat)08:30

2016 ビルバオ散策 :サンセバスティアンへ! その1

! Hola !   

今日は、これまでお届けしてきたビルバオの街を離れ、スペインの中で ”美食の街” として知られている ”San Sebastian(サンセバスティアン)” へと移動したときの様子を紹介しようと思います。

では、まずホテルの朝食の様子から~。
02631M Hotel Bilbao Plaza 02632M Hotel Bilbao Plaza

02633M Hotel Bilbao Plaza 02637M Hotel Bilbao Plaza

ホテル前を流れているネルビオン川を渡り、対岸のトラム(市電)の駅へと向かいます。
02646M Ria Bilbao

こちらがホテルから一番近い場所にあるトラムの駅 ”ピオ・バロハ” 。
02650M estacion de Pio Baroja tramway_2.gif

駅にあるこの発券機で切符を購入します。
02651M estacion de Pio Baroja

切符を買ってしばらくしたら列車がやってきました~。
これに乗ってバスターミナルへと向かいます。
02652M Tranvia

トラムは、途中 ”グッゲンハイム美術館” やサッカー競技場 ”サン・マメス・バリア” の前を通っていきます。
02654M Tranvia 02656M Tranvia せりあい

バスターミナル前に到着したらトラムを下車。
切符売り場に行ってサンセバスティアンまでの切符を買おうと思ったのですが、、、
切符売り場(自販機)の前にはすごくたくさんの人、人、人! Munc.gif
そんな状態でも切符は買わなきゃいかん! ということで長い列に並びましたよ。

で、その列に並んでいる間、いろいろと調べてみたんですが...
なんと!!! 
サンセバスティアン行きのバスは軒並み ”満席” になっていて、次に切符が買えるバスは 20時以降のバスだって~!!! Gaan.gif
そんなのってあるー?
朝8時台にバスタミールに来て、乗れるバスが20時以降って...
もう信じらんないですよ! 
このままここで11時間待ち? 
こんなことなら前もって予約しときゃよかったです。。。 
甘かったわ。
     pan006
さすがにここで10時間も待てないですよね?
ってことで、すぐにバスで行くのは諦めましたよ。 

で、次なる作戦として、列車で向かうことにしました。
今回は、RENFE(国鉄)ではなくて、FEVEという会社の鉄道で行ってみることにしました。
FEVEに乗るには、旧市街近くにある ”Atxuri(アチューリ)” というところへと行かなければいけません。
このアチューリへは、バスターミナルからトラムに乗っていくことができます。

ということで、またトラムに乗ってもと来た方向を戻ることに。 
来るときに乗り込んだ駅を今度は逆方向に進むことになるとは...。
02680M Tranvia

トラムに乗って ”アチューリ駅” にやって来ました。
007 Estacion Atxuri

FEVEの駅であることを記す紋章みたいなもの。 なんか歴史を感じる~。
008 Estacion Atxuri

ちゃんと売店もあります。 どなたかの胸像も。
009 Estacion Atxuri 02684 Estacion Tren Atxuri

さらに中に入ると、ちょっとだけ洒落た感じでステンドグラスが使われています。
02686M Estacion Tren Atxuri 02687M Estacion Tren Atxuri

サンセバスティアンまでの切符はこれ。
サンセバスティアンまでの列車は、大体一時間おきに出ています。 所要時間は2時間半ほど。
少なくともビルバオで10時間ほど待つよりはよっぽどいいでしょ?
02709M Estacion Tren Atxuri

改札を入ったところ。
02696M Estacion Tren Atxuri

ホームに停まっている列車たち。 ここが始発です。
有名な ”ゲルニカ” に行く時もここから乗ってい行きます。
ただし、サンセバスティアン行きとは途中で路線が分かれるので注意してね。
02689 Estacion Tren Atxuri

駅名も ”アチューリ” です。
”ビルバオ” じゃないんです。
02706 Estacion Tren Atxuri

今回乗っていく列車は、この4番線に停まっている車両です。
行先は ”DONOSTIA(ドノスティア)” となっています。 
バスク語で、サンセバスティアンは ”ドノスティア” といいますよ。
ただねー、サンセバスティアンの駅名は ”Amara:アマラ” っていうんですよねー。
初めての方にはちょっと分かりにくいですよね。
02690 Estacion Tren Atxuri

列車の中の様子です。
狭軌鉄道なので、車幅がちょっと狭い感じですね。 でも、車内はきれいです。
02712 Estacion Tren Atxuri

あとはこれにのって終点の ”アマラ”(サンセバスティアン) まで レッツ・ゴー! です。

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
スポンサーサイト
2017_11
23
(Thu)08:20

2016 ビルバオ散策 :バル巡り④

! Hola !  

今日は、ビルバオ最後の夜のご飯の様子をご紹介します。

今回いったお店は、ガイドブックにものっている ”Bar Rio Oja(バル リオ・オハ)” というところです。 
02595M bar rio oja

お店はちょっと老舗っぽくて、最初は入りにくいかも。。。
店内の様子はこんな感じです。
カウンターにたくさんのピンチョスがのっているのではなくて、お料理の入ったお鍋がたくさん並べてあります。
02606M bar rio oja

内装は、お店の歴史を感じさせられるようなたくさんの写真が飾ってあります。
02598M bar rio oja 

こっちには何かの賞状みたいなのが飾ってあります。
02601M bar rio oja illust1553_thumb.jpg

タイルもいちいちおしゃれじゃの~。
02602M bar rio oja

もちろん地元のサッカーチーム ”アスレチック・ビルバオ” の写真もありまーす。
02604M bar rio oja

こちらは、アスレチック・ビルバオが国王杯で三連覇(1913-14、1914-15、1915-16)した時の記念のタイル画です。
02605M bar rio oja  hakushu_2.gif

...と、ビルバオのバルでは大体アスレチック・ビルバオの応援グッズがあるのですが、ここはそのほかにこんな競技についても応援しています。
みなさんはこの写真を見てその競技がなんだかわかりますか?  shie hatena 
02599M bar rio oja

こちらがその競技場の写真。
02600M bar rio oja

ちょっと写真撮り方が悪くて分かり難かったでしょうか?
実は、この競技はここビルバオをはじめとするバスク地方で主に行われている ”Pelota de mano :ペロタ・デ・マノ” という競技なんです。
調べてみると、バスク・ぺロタ ともいうらしいですね。
この競技は、亜麻布または革製の小さなボールを、壁に向かって手で打つ っていうものです。 テレビでやっているのを見たことがありますが、普通の人がやると相当手が痛くなるらしいです。 
そっ、そりゃそうだ。。。

お店の人に聞いてみると、従業員の中に昔このペロタ・デ・マノをやってたって人がいましたよ。
『今はやってないよ。』 って言ってたけど、、、
手を見せてもらえばよかったなぁ。
こういう時、あれこれ話せるようになれば楽しいんでしょうけどね~。 
もっとスペイン語を話せるようになりたいなぁ。

さて、肝心のお料理の方ですが...
こんな感じでお鍋に入って並べてあります。
ざっくりしてあまり美味しそうには見えないかもしれませんが... 実際はかなりウマイです!
02613M bar rio oja 02615M bar rio oja

これね、食べたはずなのに、写真みても何だったか全然覚えてないんですよね~。
02612M bar rio oja

これは牛テールの煮込み。 
トロっとして柔らかく、すごい美味!
ちょっと日本の肉じゃがっぽかったかなぁ。
02609M bar rio oja

こっちは、イカ墨の煮込んだ感じのもの。 中はゲソが詰めてあります。
こちらも柔らかく煮込んであって、味付けもとってもよろしいです! 
02608M bar rio oja

ビルバオに行ったら、是非また立ち寄りたいお店です

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_11
21
(Tue)14:09

くまねこさんぽ :2017 秋の昭和記念公園

! Hola !
? Como estan ?  

先週末の日曜日、天気も良かったので国営昭和記念公園の散策に行ってきました。
     くまねこあるき
昭和記念公園は、有名なイチョウ並木や紅葉があるので、この時期に散策するのがおススメです。
  aute icyou aute ochiba

昭和記念公園には、いつもだと立川駅から歩いて行くのですが、この日は西立川口(JR青梅線)が開いているとのことでしたので、そちらから行ってみましたよ。 (※園内地図参照)
昭和記念公園 園内地図

そして、まず最初にイチョウ並木(かたらいのイチョウ並木)に行ってみました~。 
こちらがそのイチョウ並木への入り口 ”いちょう橋” から見た景色です。 
もうだいぶ葉が落ちちゃっていて、ちょっと寂しい感じになっています。 
もう一週間ぐらい早く訪れたらちょうど良い頃合いだったかも。。。 
01 イチョウ橋

ここは海外からいらっしゃる方も多いです。
写真の女性たちは、話していた言葉から察すると... 東南アジア系の国からいらっしゃったみたいです。 
02 イチョウ並木  illust1553_thumb.jpg

並木道の真ん中ぐらいまで来てみると... もうほとんど枯れ木です~。 
03 イチョウ並木

でも、場所によってはまだこのぐらい残っているところもありました。 
05 イチョウ並木 07 イチョウ並木

こちらはイチョウ並木の反対側の入り口。
写真的には逆光になるので、こんな感じの写りになります。 
06 イチョウ並木

天気も良いし、そろそろお昼の時間ということで...
日当たりの良いベンチに腰掛け、立川駅で買ってきたお弁当をいただきます。
いつもと違って、外で食べるご飯も美味しいですね~。 
08 お弁当09 お弁当

お弁当をいただいていると、園内を回る ”パークトレイン” とやらに出くわしました。 
10 トロッコ
これまで2回ばかり訪れたことがあるのですが、この ”パークトレイン” を見たのは初めて。
しかも1台だけかと思いきや... 何台もあるみたい。。。 今までどこにいたの?11 トロッコ

イチョウ並木を過ぎて、次は ”花木園” エリアに来ました。
ここは、紅葉がきれいです~。
12 紅葉 13 花木園

お昼を過ぎた頃から太陽が雲に隠れてしまったので、このころには写真的に光が足りなくて、ちょっと残念な環境になってしまいました。
残念~。
14 花木園

園内で一番大きな池 ”水鳥の池” です。
足漕ぎボートで楽しむ方がたくさんいました。
15 水鳥の池

カモたちもたくさんいます。
kamo.jpg

紅葉を楽しんだら、後は立川駅に一番近い ”あけぼの口” を目指して歩いていきます。
その途中には、もう一つのイチョウ並木がありますよ。
ここのイチョウ並木も一番手前の木はまだ葉が落ちていませんでしたが... 
全体的にはかなり葉は落ちている感じでした。
16 カナール

もうそろそろここのイチョウは終わりですねー。
このあとしばらくは、もみじなどの紅葉が楽しめます。
17 カナール

落ちているイチョウの葉もだいぶ前に落ちたようで、色も黄色じゃなくて茶色に近くなってきています。
残念ながら ”黄色のじゅうたん” ...とはいかなかったですねー。
IMG_6695.jpg

ということで、この日の散策は天気も良くてのんびりできて気持ち良かったです。
ただ、イチョウ並木の紅葉は少し遅かったですかねぇ。
もしかしたら、神宮外苑のイチョウ並木は今週あたり見頃になっているかもしれませんよ。
もし時間があったらそちらに行ってみるとよいかもしれません。

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_11
17
(Fri)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ビルバオ散策 :グッゲンハイム美術館とスビスリ橋)

! Hola !  

きょうはのっけからサッカーのお話。
今月は代表戦がありましたよねー。 
ブラジル戦ベルギー戦...
結果については賛否両論あると思いますが、私は正直なところ 『このチームにしては良い出来だったなと...。』
まあ、ブラジルは1.5軍のチームであったうえに、後半は手を抜いていたのでそれなりの結果(1-3)でしたよね。
ベルギー戦では、ブラジル戦の影響もあり、ディフェンスに慎重になったのでそんな結果(0-1)かなと。
日本は相変わらず個人技での突破には弱いですね。 

この試合の結果、私が一番こころに残ったのは、1994年のW杯でのブラジル優勝メンバーであるジョルジーニョさんの言葉。

『...日本が理解しないといけないのは、ブラジルや幾つかのサッカー伝統国に対し、オープンに攻撃を仕掛ける試合はできない、ということだ。  というのも、日本はこれほどクオリティが高いく、技術力が高い選手達が多いから、対等に戦おうとする。それをやってはいけないんだ。
日本の選手達は、自分達のポテンシャルをもっと信じるべきだし、勇気を持たないといけない。
だけど、対戦相手によっては、完璧に守ることが必要になる。ピッチのスペースをしっかり埋めること。
そして、ここぞというチャンスを活かし、攻撃に出ていくんだ。  一番大事なのは、選手がそれを理解し、きっちりやることだ。

この言葉の中には、リップサービスが随所にちりばめられていますが、本当に言いたいことは次のようなことだと思っています。

『日本はサッカーが強くない国のチームの選手に比べれば、選手たちのクオリティは高いですが、まだまだブラジルの選手と比べたら全然下手。 対等に戦おうなんて考えは甘すぎる。(笑)  弱小チームは、守って守って一瞬のスキを突いてカウンター攻撃をするってのがセオリーだ。 日本はそうしなかったから大敗したんだよ。』

まあ...これが現実&真実かなと。。。
まずは、選手一人一人が ”自分たちはうまくない...” という考えにもう一度立ち返って、謙虚に日々の練習に励んで欲しいところです。 
『組織力で...』 っていうのはそのあとの話。
    pan006
それに、W杯前には弱小国と試合をして自信をつけるんじゃなくて、W杯には出られないチリやアメリカ、オランダなどといった強豪国と一度真剣に対戦してから大会に望んで欲しいですね~。
そのぐらいの気概を持ってW杯の本大会にのぞんで欲しいってことです。
    pan012


ということで、サッカーの話はここまでにして、いつもの ”2016スペイン・バスクの旅” の話に入りましょう。
今日はビルバオ散策の様子をご紹介します。

ビルバオ美術館が見られなかったので、ここからはホテルに戻ることになりました。
帰り道は、先日曇り空で写真がいまいちだった ”Museo Guggenheim Bilbao(グッゲンハイム美術館)” の ”パピー(子犬)” を撮り直してきました。
青空にパピーちゃんを飾る花々が奇麗に映えてますねー。
02555 Guggenheim Bilbao illust1553_thumb.jpg

そしてこちらがお馴染みの ”Museo Guggenheim Bilbao(グッゲンハイム美術館)” 。
建築家 フランク・ゲーリー の設計です。
内部には現代アート作品が展示されていますが... 
正直なところ、中よりこの建物の外観を楽しむ方が良いと思います。
02556 Guggenheim Bilbao

美術館の正面入り口ゲートのところ。 
02570 Guggenheim Bilbao

裏手に回ると、先日も紹介した ”蜘蛛のアート” があります。 
この蜘蛛のアートの名前は ”Maman(スペイン語ではMamá) っていうんですって。
確かに、おなかの部分にたくさんの卵っぽいのを抱えていますよ。  
このブロンズ像の作者は、パリ出身のアメリカの彫刻家 ”ルイーズ・ブルジョワ” さん。 
だから名前は ”お母さん” って意味の ”Maman” なんでしょうねぇ。
02586 Guggenheim Bilbao
この像は、日本の六本木ヒルズのほかに、ニューヨークのグッゲンハイム美術館、オタワのカナダ国立美術館、ロンドンのテート・モダン、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館などなど9か所に展示されているそうです。

続いては、こちらも先日からしつこいぐらい紹介している ”Zubizuri橋” バスク語で ”白い橋” っていう橋です。
02587 Zubizuri

楽器の ”ハープ” を思わせるような形になっていますよね。
02590 Zubizuri

このほか、ビルバオの橋と言えば、皆さんよくご存じなのがこちらの ”Puente de Vizcaya(ビスカヤ橋)” ですよね。
016 Vizcaya

このビスカヤ橋は、ネルビオン川の河口付近にあります。
ビルバオから地下鉄に乗っていくことができます。
行き方はこちらをどうぞ! ☛ 記事:スペイン バスク地方! (ビルバオ:ビスカヤ橋)
90 mapa de Bilbao

この橋の特徴は、橋を渡るというより こうやってゴンドラで乗って対岸に運んでもらうって感じのものです。
028 Vizcaya

また、歩いて渡ることもできるのですが、その場合この橋の上にエレベーターで上がり、そこから対岸まで歩いていきますよ。
橋の上はこうなっています。
029 ビスカヤ橋 👈ビスカヤ橋の上の様子

周りにはこんな素敵な景色が広がっています。
031 ビスカヤ橋

ただし... 下を見るとこんな感じ。
高いところが苦手な方はやめておいた方がいいかも。。。 
いったん上がってはみたものの、怖くて途中で引き返す方もいらっしゃいますので大丈夫!
写真は、橋の上から車などを運ぶゴンドラを見下ろしたものです。
036 ビスカヤ橋

ちなみに、今回紹介したビスカヤ橋の写真は、すべて8年前に訪れたときに撮影したものw使っています。
今回の旅(2016年)では訪れていませんので、ご承知おきください。 
(当時と様子が変わっているかもしれませんので、ご注意ください。 kuma_ojigi.gif) 

さて、話を戻しまして...
こちらはビルバオの街中をあちこち走っているトラム。 
バスターミナルやターミナル駅、先ほどのグッゲンハイム美術館などを結んでいるので、旅行者にはとっても便利です。 
02592 Tranvia Bilbao

ここまでくればホテルまではもう少し。
02593 Ria Bilbao

では。
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ
2017_11
13
(Mon)08:30

2016 スペイン・バスクの旅 (ビルバオへ :ビルバオ美術館)

? Que tal ?  

最近は、朝晩冷え込むようになってきましたね。
特に今日の朝はちょっと寒かったー。 
こういう時は暖かいものでも飲んで、体を温めてから仕事に入りたいですね。

ということで、今週もまた ”2016スペイン・バスクの旅” のお話続きを始めます。
ガステルガチェでビルバオ行きのバスに乗ってしばらくすると、途中バキオの街でしばらく(10分ぐらい?)停車しました。
写真は、停車したバスの中から見たバキオのビーチの景色です。
02524 Bakio bikini_girl_dance_2.gif

緯度的には結構北にあるんですけど、水は冷たくないんですかねー。
ちなみに、日本でいうとこの辺りはだいたい札幌と同じぐらいの緯度になります。

バキオの街を出てしばらく走っていくと、、、 バスは途中の踏切で停車。
スペインの旅で初めて踏切で止まりましたよ~!!!
この鉄道は、ビルバオ空港近くの ”Lezama(レサマ)” って街まで行く列車なんですけど、空港までは行かないっていう... 
日本人が考えると ”なぜ?” って思っちゃう路線です。 空港の利用者は少ないのかもね。
ちなみに、私たちは一度(行き帰りで二度)利用したことがあります。
02525 en autobus hasta Bilbao

上の踏切をこえると、ビルバオの街はもうすぐ。
しばらくして、最初にバスに乗ったビルバオのモジュア広場に到着します。
02529 Plaza de Don Federico Moyua

左はちょっと変わった感じの建物だったので写真を撮ってみました。 
後で調べてみたら、これはフィットネスセンターでした。  最近ではスペインでもあちこちでこういった施設を見かけるようになりました。 健康志向がすすんでいるのかも。。。
右は、Henao Kaleaから見たグッゲンハイム美術館の景色です。
02534 bilbao 02535 bilbao

そしてしばらく歩き、ちょっと来てみたかった ”ビルバオ美術館” に到着です。
02537 Museo de Bellas Artes de Bilbao

ここビルバオ美術館は、もう一つのグッゲンハイム美術館の方が有名なので忘れられがちですが、バスクで2番目に大きな美術館なのです!
しかも、ここにはエル・グレコムリーリョゴヤなどのスペインを代表する画家たちの作品や、ゴーギャンヴァン・ダイクなどといった海外の画家たちの作品もあるっていうんですから、ビルバオに来たら是非行っておきたいところですよね。

ということで、まずは美術館の周りを散策。
美術館らしくあちこちに芸術的な像が置かれています。
02539 Museo de Bellas Artes de Bilbao
こんな感じ~。
02540 Museo de Bellas Artes de Bilbao 02544 Museo de Bellas Artes de Bilbao

こちらもアート作品...なんでしょうな。 
きっと。
02543 Museo de Bellas Artes de Bilbao

と、ぐるっと周りを一回りした後、いよいよ美術館に突入!
    kibamusha.gif
...ということだったのですが、なんと! 美術館が閉館中!
お昼の休憩時間? と思っていたら、中にいた警備職員の方がやってきて、入り口前の張り紙を指して何やらしゃべったんです。
で、その張り紙をよく見たら...
”職員がストライキのため閉館中” ...ですって。 Gaan.gif
超ショック!!! pan006 
02545 Museo de Bellas Artes de Bilbao

また次の機会に来るしかないかぁ~。
ある意味またビルバオを訪れる理由ができたってことで...。
ついでに次回はサッカーも観られる日程で来ようかなぁ。
そう思うようにしとこ。

ではまた!
pan013
! Hasta luego !
にほんブログ村 海外生活ブログ スペイン情報へ

またこられ